真夏の煌き、ポメリーのラグジャリーイベント!@リッツカールトン大阪   

2016年 08月 22日
f0215324_15485018.jpg




みなさま〜

昨日は、
リッツ・カールトン大阪のThe Barで
開催された、
とっても素敵なパーティに行ってきました〜。

f0215324_15485150.jpg


f0215324_15485133.jpg




先日、
こちらでもご紹介させていただいた、



リゾートをテーマに、

ポメリーをいただきながら美味なるフレンチを楽しむ、
イベント ウェディングプランナーで
いらっしゃる、
Keiko Nojiさんプロデュースによる、
とってもラグジュアリーなイベント。

f0215324_15485158.jpg


f0215324_15545004.jpg





わたくしはゲストスピーカーとして
お招きいただいたんですが、

集まった素敵なゲストの中には、

「きゃーーー久しぶり!」

ないつものゴージャスなお友達もいっぱい。

f0215324_15485245.jpg


f0215324_15485399.jpg







そして。

ずっとお会いしたかった、
素敵な方たちとも再会、
またはじめましての
新しいご縁も出来て、
うれしかったー。

f0215324_15485346.jpg


f0215324_15485415.jpg


f0215324_15485478.jpg


f0215324_15485452.jpg





しあわせ。


会場となった、
The Barは、
この日だけのスペシャルで
華やかな演出で、

f0215324_15545033.jpg









デヴィ夫人のトップマネージャー、
トニ・海渡氏、

数々の賞を受賞されている
トップネイリストの前島みどりさんたちによる、
展示もあり、
さらに華やかな雰囲気に!

f0215324_15545115.jpg







この日頂いた、ポメリーは、

真夏の煌めきを
イメージするような
ブルーのボトルデザイン。

f0215324_15545158.jpg



今年 6月に発売されたばかりの
新作で、その名も、
『ロイヤル ブルースカイ』。


氷を浮かべて頂くと、
リゾートの爽やかな風が
すっと吹き抜けるよう。

すごーく飲みやすく、
華やかな味わいです。

そんなロイヤル ブルースカイに合わせた、
スペシャルなフレンチのコースで、
デザートまで、
ハッピーな気持ちで頂きました。

f0215324_15545211.jpg


f0215324_15545282.jpg


f0215324_15545240.jpg



f0215324_15545387.jpg



ヴランケン ポメリー ジャパン株式会社の、
師井(モロイ)研氏による、
ポメリーの歴史のお話もとっても興味深く、

今年10月にフランスを巡る旅では
ぜひ、シャンパーニュ、ランスにある、
ポメリーのセラーにまたお邪魔したいと思いました〜

f0215324_15545315.jpg





もうひとりのゲストスピーカーでいらっしゃる
ソラディアの西川 学氏のリゾートのお話も
素敵でした。

f0215324_15545419.jpg



Keikoさまの、
華やかで軽快なトークも
楽しく、
あっという間の2時間。

f0215324_15573093.jpg




最後にはベストドレッサー賞がたったひとりだけ選ばれたのですが、

なんとなんと!
わたしのお友達、リカしゃまが受賞!

f0215324_15573104.jpg



凄い!

おめでとうございます。

ほんとに華やかなゲストが集い、
それぞれのファッションも楽しめる
エクスクルーシブなイベントでした。

さすが恵子さま。

そういえば、

リゾートという言葉には、
本来、
「魂を生き返らせるする」という意味もこめられているとか。

そんなリゾートには、
やっぱり素敵なシャンパンがなくっちゃね。

f0215324_15573270.jpg







# by madamregina | 2016-08-22 16:40 | event | Comments(0)

愛すべきイニシャルペンダント@ジュエリー神吉   

2016年 08月 22日

f0215324_12445535.jpg



みなさまーーー


わたしがいつも、どんなときにもつけている丸いキラキラなペンダント、
ご存知でしょうか?

すでに持ってます!と言う方も多いと思います。

このペンダントは、

バンコク在住のジュエリーデザイナー、

Jewelry Kamiyoshi

の神吉佐知さんが手掛ける
世界でひとつだけのペンダントです。


わたしのファーストイニシャルペンダントは、
いまから4年前、
自分のイニシャルをモチーフにして作ってもらいました。


f0215324_12445660.jpg



このペンダントも、ずっとずっとお気に入りで、
毎日使っていましたが、

もう少し大きいサイズでダイヤモンドがたくさんついた、
イニシャルペンダントが欲しくなって、
2つ目を作ったのが
2年前の夏〜。

セカンドペンダントには、

わたしが愛して止まない英国の国民的スター、
Michael Ballの「M」と自分の名前をミックスして、
デザインしていただきました。


f0215324_12445610.jpg


2つ目(左)がちょっと大きくて、
ダイヤがさらにきらっきら。

f0215324_12445725.jpg





わたしのお友達やお知り合いにも
2つ目、3つ目と作る人が、
多いんです〜

大きさやデザインはもちろんですが、

例えば、同じゴールドでも
イエローゴールドかピンクゴールドか、
またホワイトゴールドにするかで、

そしてプラチナにするか・・

で、
まったく印象が違ってくるんですよね〜

f0215324_12445739.jpg



たとえば、パーティなど華やかなシーンでは
ダイヤモンドがきらっきらっに輝く大きなサイズのイニシャルペンダントが良かったり。

逆にリゾートでカジュアルなファッションでいるときには
ちょっと小ぶりのシンプルなデザインのものにする方が似合っていたり。

そんな風に楽しむことで、
自分の着こなしがさらに磨かれるような気がします

佐知さんももちろん、
何種類かのイニシャルペンダントをお持ちです。


f0215324_0365424.jpg


f0215324_0371773.jpg


f0215324_0374616.jpg

(左は佐知さんのとっても素敵な旦那さま、Ekiさんです)


佐知さんはイニシャルペンダントについて、
こう語っていらしてます。

「イニシャルペンダントは
自分やご家族の名前や
お気に入りの言葉やナンバーなどをあしらって
私がひとつひとつデザインして
お客様1人1人のために
オーダーメイドで作る
世界にひとつのペンダント。


自分の名前は
大切な人が
心を込めて考えて贈ってくれたもの。

この世に生まれてから
天国に行くまで
ずっとずっとお付き合いする特別なもの。

自分や大切な人の名前が入ったペンダントを
身につけてると。。。

”お守りみたいで
安心する
心強い!
うれしい!

”ラッキーなことがあった!”
”元気もらえる!”

中には

”神吉さんのポジティブパワーを
もらえます”

そんな うれしいお言葉もいただきます。

イニシャルペンダントは
バンコクでも毎回の日本フェアでも
大好評なんですよ」




こちらは、
イニシャルペンダントについて書かれた、
佐知さんのBlogですが


読めば読むほど、また2つめ、3つめの
イニシャルペンダントが欲しくなっちゃいますよね〜。






佐知さんがこの夏、旅されたとっても素敵なイタリア湖畔ドライブのバカンス。

そんな旅先でもイニシャルペンダントが大活躍です。

『イニシャルペンダント ジュエリー神吉の世界にひとつのオーダーメイド お守りジュエリー!旅先でも大活躍 2つ目のイニシャルペンダント♡おすすめ!』


もちろんフェアではイニシャルペンダントだけではなく、
世界にあまり類を見ない、
素晴らしい色石の宝石もたくさんあります!

でも、まずはファーストイニシャルペンダントから、
作ってみませんか?

ひとつめをお持ちの方は、
ぜひ2つ目を(笑)

そんなジュエリー神吉の恒例の春と秋の日本フェア。


2016秋フェアは10月、11月と開催されます!




福岡 10月 13木~15土
大阪 10月 19水~24月
東京 10月 27木 ~ 11月1 火
岡山 11月 6日 7月
名古屋 11月 9水 10木




場所や時間など フェアのお問い合わせは、
メールでお問い合わせくださいね。
sala@jewelry-kamiyoshi.com

■ジュエリー神吉のブログ
佐知のキラキラバンコク日記はこちら〜

# by madamregina | 2016-08-22 10:32

今日はテラスご飯   

2016年 08月 18日

f0215324_19525977.jpg




今日は、
テラスで3種類のサラダと、
パエリアでヘルシーご飯。

f0215324_19530027.jpg



f0215324_19530271.jpg



昨日TVで観た栗原はるみさんの
レシピで

フライパンパエリア作ってみました。

f0215324_19530242.jpg



炭火焼で、
だいぶ簡単にアレンジしたけど、
トマトと鶏のスープが
びよよん、びよよんと滲み出て
むっちゃくちゃ
美味しかったー。

おこげもたまらーん。

f0215324_19530321.jpg



サラダは、
トマトとバジルのレモンオリーブオイル和え。

f0215324_19530394.jpg



f0215324_19530463.jpg



アボカドとハム、
ゆで卵のターターソース。


f0215324_19530547.jpg



そして、
栗原はるみさんイチオシの、
キュウリとシーチキン、針生姜の
デコレーションケーキ風甘酢がけおつまみも
10分で出来て、
ちょー簡単なのに、
激まいうー。

f0215324_19530558.jpg



スライスしたキュウリに塩をして、
10分。

f0215324_19530600.jpg



しっかり絞って、
ケーキ風に飾り
シーチキンをその上に。

シーチキンは栗原はるみさんのレシピは、
水煮でしたが、
わたしは
マグロ油漬けでしましたー。

f0215324_20071690.jpg






最後に針生姜をのせて出来上がり。


f0215324_20071682.jpg




甘酢は、
米酢、塩、砂糖を適宜。
たっぷりすだちの絞り汁を入れるのが
コツ。

針生姜を出来るだけほそーく切って、

f0215324_20071722.jpg



冷やしてから食べると、
さらにおいしー。

陽が暮れはじめたお庭も、
いい感じですー。

f0215324_20071857.jpg



デザートは、
相方特製コーヒーゼリー。

Nespressoで入れたコーヒーに、
黒砂糖をいれて作る、
シンプルな味。

昔の喫茶店にあったような、
素朴でなつかしい味。

練乳をたらーりたらして、
濃いめに淹れたほうじ茶で。

f0215324_20071896.jpg



ごちそうさまでしたー。


きゃん🎵




# by madamregina | 2016-08-18 19:49 | Country Life

完全無敵!The Day Spaのオリジナル酵素ドリンクで夏を乗り切るっ!   

2016年 08月 16日

f0215324_16592529.jpg




f0215324_16592681.jpg





みなさまーーー。

まだまだ暑いっ。

暑いの好きなわたしですが、

さすがに身体がしんどいわ〜

いや、重い。

夏になると浮腫みが加速するわたし・・・

先日、余呉湖の徳山鮓に行ったときも、

顔なんかいつもの3倍ぐらいに膨れ上がってたじゃないかっ(頼むわ)

しかし。
徳山鮓さんの美しき、栄養たっぷりの、
発酵食のお料理を頂いたら、
とっても元気になりました。

特に免疫力が下がっているときには、
発酵食品って大切なのよね。


でも、いつもいつも徳山鮓さんに行けるわけじゃなく・・・


だけど発酵食品はとらなきゃ。


そんなときは、
酵素ジュースですよ、奥様っ。

わたくしがいつも飲んでいますのは、

我が桃源郷のThe Day Spaオリジナル酵素ドリンク

「Koso Collections」です。

f0215324_16510621.jpg







スパのコンサルティング、プロデュースを手掛ける「The Day Spa(ザ・デイ・スパ)」

ならではの、すっごい優れもの。

CEOの河﨑多恵さんが満を持して発売された、
この酵素ドリンク、
めちゃ人気で、
The Day Spaが運営する全国のSpaサロンでも売り切れ続出なんです。


なにしろ、
この酵素ドリンク「Koso Collections」は、

The Day Spaが厳選した、
400年の歴史を誇る老舗酒蔵の圧倒的なパワーを持つ酵母から生まれた酵素ドリンクで、

その酵素に100種類以上の野菜、果物に、ジンジャー、ザクロ、
イソフラボン、沖縄の黒糖など、

女性を身体の中から美しくしてくれる原料が贅沢に入っています。

f0215324_16510659.jpg






深い琥珀色のドリンクは、
とろりとした舌触りで、
ナチュラルな甘さ。


f0215324_16592639.jpg



とっても美味しいの。


f0215324_16510731.jpg






わたしはこの酵素ドリンクを飲み始めてから、
目覚めがすっきり。

わたしは一日、朝か夜、自分の好きな時間に、
適量(付属カップ10ミリ程度)を原液で飲んでいます。

ペリエで割ったり、
ヨーグルトやスムージー、ジュースを作るときにまぜてもOK。

日々、美と健康に向き合っているCEOの多恵さんも
飲んでいらっしゃいます。

彼女のように、ヘルシーな美しさになれるなら・・・
とわたしものんでるのよ(笑)


特にしんどーーーい。
浮腫む〜っ。

だるい〜。

というときは、
まるでユンケルがわりに飲んでいるわたくし。

特に冷房が強くて、身体が芯から冷えているときなど、
めっちゃ効果テキメンです。


The Day Spaのスタッフも、
みんな飲んでいます。

そしてーーー。
プチファスティングにもぴったりなのー。

わたしは先日、2日間だけのプチプチファスティングをしたんですが、
そのときも、
この酵素ドリンクでぜんぜん無理なく出来ました〜


今から、はじめる!続ける! 酵素生活よおおおおおお。

効能はこんなにあります。


・ファスティング
・デトックス
・美肌
・疲労回復
・冷え対策
・便秘解消
・体質改善
・更年期対策


まさに完全無敵のスーパー元気ドリンクなのです〜



え?
まだ飲んでない?

あかんがなっ(笑)





酵素ドリンク「Koso Collections」
500mL 7,020円(税込み)

こちらのサイトからも買えますよ!

このしゅっとしたアイスワインみたいなボトルもお気に入り〜




お問い合わせ先
株式会社 ザ・デイ・スパ
Tel:06-6227-8086

f0215324_165569.jpg

# by madamregina | 2016-08-16 16:44 | The Day Spa

ミラノの1ツ星 リストランテTOKUYOSHIフェア@ホテルニューオータニ大阪   

2016年 08月 15日
f0215324_21475984.jpg



f0215324_22044344.jpg





いや、
それにしても、
記憶に残る料理でありました。

ホテルニューオータニ大阪で、
8月12日〜14日まで開催された、

1ツ星レストランオーナー【RISTORANTE TOKUYOSHI(リストランテ トクヨシ)】フェア

f0215324_21475944.jpg






こちらのイベントは、

ホテルニューオータニ大阪が開業30周年の記念として、
世界で活躍する日本人シェフに焦点を当てた、
招聘フェア。

その第一弾として招かれたのが、
日本人オーナーとしてイタリアで初のミシュラン1ツ星を獲得した

『「RISTORANTE TOKUYOSHI(リストランテ トクヨシ)』の
オーナーシェフ、徳吉洋二氏。

f0215324_21480058.jpg



今回ミラノのお店を休んで、
総勢9名で来日されました。

f0215324_22044382.jpg



徳吉氏は、2005年渡伊。
かの有名なイタリア モデナのミシュラン3ツ星、

『オステリア フランチェスカーナ』に勤務し、
わずか1ヶ月でスーシェフとなり、
当時ひとつ星だった同店を2006年に2ツ星に、
そして、2012年に3ツ星に引き上げた立役者。


『オステリア フランチェスカーナ』は、

米・ニューヨークで開催された、
「The World's 50 Best Restaurant 」で、
世界第一位にも輝いた名店です。

こんな凄いレストランで腕を磨かれてきた徳吉シェフ。

2015年、満を持して、自らのレストラン、
『RISTORANTE TOKUYOSHI』をオープン。
わずか10ヶ月で、
ミシュラン1ツ星に輝いた天才シェフ。

まさに世界が注目するシェフなのです。

もう、こんな経歴を見るだけで、
すでに興奮度MAXよーーーーっ。

フェア初日の12日、
久々にホテルニューオータニ大阪の18階、
フレンチレストラン『SAKURA』のランチにお邪魔いたしました〜。

f0215324_21480062.jpg





ああ、騒がしい外界とは別世界。
なんて素敵な空気感。

大阪城がすぐ目の前。
流れる川は、まるでParisのセーヌ川のごとく。

f0215324_21480153.jpg




気分はすっかりおParisざんす。

いえ、お料理は新生イタリアンですっ。

しかし・・・

テーブルについて、まず驚いたのが、
フォークもナイフもないセッティング。

飾り皿のかわりに、
丸めた和紙が
くしゃくしゃと置かれてるー。


f0215324_21480154.jpg


f0215324_22074165.jpg






今回お誘いくださった、
コピーズの中山阿津子さんと、
何が出てくるのか。

どきどき!


f0215324_21561761.jpg




え?
スタッフが
捨て忘れたの?(笑)

と、思えるぐらい、
茶目っ気たっぷりの演出じゃないかっ。

えと。

和食創作料理じゃなくて、
イタリアンだよね?



でも、そこに運ばれてきたのは、

ワックスペーパーに包まれて小さなピンチで止められた2つの物体。

f0215324_21480275.jpg



なになに?

中国のマンドゥと、蟹の形をした揚げ餃子?

f0215324_21480276.jpg



いやもう、味が、味が・・・まったく想像できんです。

でも、ひと口食べて、きゃーー。感激。

バターの香り漂うぷりぷり新鮮なアンチョビ(これがレアに調理されえいてめっちゃ美味〜)


もうひとつはトルテッリーニ。

で、 野菜の涙・・・というのは、

なんてロマンティックなネーミング。
徳吉シェフのお料理には、それぞれとっても詩的な名前がつけられているんです〜。

小さなおちょこのような白磁の器に入れられた琥珀色の野菜のコンソメ。




これをいただきながら、お料理と共に楽しむのが
徳吉スタイル。

今回頂いたお料理には、
それぞれのすべてに
お料理を引き立てる、手間暇かけて作られたスープがついていました〜。


たとえば、研ぎ澄まされビーフコンソメ。

じゃがいものローストスープ。

グリーンオリーブとグリーントマトのスープ。

とうもろこしのスープ・・と。

メインのお料理もさることながら、
このスープをひと口飲むことで、
またぜんぜん違う味わいが楽しめるんです〜。


f0215324_21480207.jpg


f0215324_22044459.jpg



「うにと ピアディーナ」の一皿も、
まるで印象派の絵画をみるように美しい。

f0215324_21480387.jpg





ミラノのお店ではうにのかわりに生ハムがのってるそうですが、
今回のフェアのために、
贅沢に、うに満載で!

あーーーーーたまらんっ。

f0215324_21561854.jpg







そして出てきた魚料理。

f0215324_21561877.jpg



名前は「魚拓 松の実のミルク」

魚拓?!

と思っていたら、

わああ、このスタイリッシュなビジュアル。

f0215324_21561919.jpg



このお料理は、
新鮮なアジを使って、
頭の部分はイカスミを塗ったオリジナルスタンプで彩られ、

身の部分は、中骨を抜いて、
中にオレンジ、とレモンの皮を合わせたホタテのムースが閉じこまれています。



そして身を覆っているこのブラックは、
なんと、ココナッツの皮で作られた”野菜のスミ”。

そして、仕上げのパン粉で魚の鱗に見立てた、
驚くべき、繊細で美しいお料理。

徳吉シェフは、

「魚拓は、自然に対する畏敬の念を示す、
日本ならではの、文化のひとつ。
これをあくまで『イタリア料理』として表現することで
まったく新しい料理になる」

と語ります。

そんな徳吉シェフの料理を引き立てるのが、
今回のフェアのためにニューオータニ大阪が特別にオーダーした、
有田焼作家、寺内信二氏による器の数々。

f0215324_22044450.jpg




f0215324_22044509.jpg



f0215324_22044537.jpg





f0215324_22044617.jpg





ミラノのお店でも徳吉シェフがこだわりを持って、、
寺内氏の作品を使っておられるとか。

『『RISTORANTE TOKUYOSHI』のコンセプトは

「Cucina Italiana Contaminata(クッチーナ イタリアーナ コンタミナータ」
コンタミナータとは「混成」という意味で、

徳吉シェフ曰く、
「新しいものは”文化と文化”が混ざり合った時にはじめて生まれるものだと思います。
料理に関して言えば、”味と味”が混ざり合ったものではありません。

それはただのフュージョンに過ぎず、コンタミナータではありません。

”コンタミナータ”とは日本とイタリアの文化が混ざり合ったものだと考えます。

だから新しいものが生まれるのです。

魚拓の料理は物にそれが現れていると思います」

そう。

徳吉シェフのお料理は、
まさに日本の文化と伝統をイタリア料理で表現する、まったく新しいイタリア料理。





そんな繊細で創造的な料理をひときわ印象づける、
器へのこだわりも、また、
徳吉シェフが自らのテーマとする、
「コンタミネーション(混成)」を体現しているんだと思います〜




今回頂いたお料理は、
すべて、見た目の想像をうれしく裏切る味。

こんな世界見たことない!と
思える、
徳吉シェフにしか作り得ない、
まさに徳吉ワールド炸裂でした。





そんな中で、お料理と共に、
私の心をとらえたのが、
さりげなく出されたパン。
そしてバター。

f0215324_21562195.jpg



な、なんだーーーこの美味しさはっ!

と思っていたら、パンはシェフがミラノから持ってきた
自家製酵母で焼かれたもの。

またバターはエシレバターにノワゼットを練り込んだ、
なんとも魅惑的な味わい。

f0215324_21562119.jpg



こちらは徳吉シェフのオリジナルのバターで
とにかく、もう何にでもつけて食べたいほど、
あまりにも美味しいのです!

聞けば、ミラノのお店のゲストたちも
持って帰りたい!と願う、天才シェフのバター。

もちろん、ミラノから届いた深い緑のオリーブも、
美味しかったですが、
やっぱりふっくら焼きたての香ばしいパンには、
バターが最高!と再認識いたしました〜。

それにしても、
お料理からワイン、最後の焼き菓子に至るまで
ゲストを楽しませながら、
バツグンのタイミングとホスピタリティで
サーブしてくれた、
SAKURAのスタッフのみなさまの
素晴らしいこと!

f0215324_22044622.jpg




美しき大阪の眺めと共に、
忘れられない、素敵なランチでした〜

f0215324_22074178.jpg




最後にご挨拶させていただいた徳吉シェフ。

笑顔が素敵でなんて人間力を感じさせて魅力的な方。

f0215324_22044706.jpg



徳吉シェフのお料理を一言で伝えるのは
とても難しいのですが、
彼曰く「美術館をあとにしたような気持ちで帰っていただけたら・・」

そう。

まさに美術館で、いままで出逢ったことのない、
素敵な絵画に巡りあったような、
そんな贅沢な気持ちになりました〜。

素晴らしい感動と驚きのスペシャルコース、
ありがとうございました!

f0215324_22044777.jpg





残念ながら大阪の徳吉フェアは終わってしまいましたが、
東京がありますよっ。


ホテルニューオータニ東京では
8月19日(金)〜21日(日)まで開催されます。

詳しくはこちらをご覧くださいね〜

※残席わずかのようです・・・

時 間:

ランチ 12:00
ディナー 18:30(19日は19:00)


上記時間はお食事スタート時間
お席へのご案内は30分前より
料 金:

ランチ ¥15,000(ワインペアリング +¥7,000~)
ディナー ¥26,000(ワインペアリング +¥8,000~)
税金・サービス料別


ご予約/お問合せ:Tel.03-3238-0020
(ベッラ・ヴィスタ 直通)


f0215324_20344164.jpg





# by madamregina | 2016-08-15 22:00 | Gourme