めくるめくベル・エポックの華麗なる宴@ル・コントワール・ド・ブノワ   

2011年 03月 30日
f0215324_12595194.jpg


f0215324_14411188.jpg



みなさまーっ。

ボンボンジューーーーーッルルルルルー



えーっと、待ちに待った、我らがプリンセスの会、

ル・コントワール・ド・ブノワの泡会の第2弾が先日開催されましたー。


そのときのレポ、いきますわよーっ。

覚悟はいいーっ?

Fasten seat belt !!!!  


(なんでやねんっ笑)

この日の午後は、わたくし、ザ・ロイヤル 

のお仕事で

中之島のリーガロイヤルホテルに行っておりました。

取材を終えて、携帯を見ると、ブノワの総支配人山本さんから着信がっ。

えーっ。何だろう。もしや、本日のお宝シャンパンがどうしても到着せず、

不二家のシャンパンになりましたーなんて知らせかしらん?

ひーっ。なわけありませんけど(泣笑)

ドキドキしながら急いでお電話いたしますと・・・


「松澤さま、本日は、10名のみなさまがすべて揃われてから、

プリンセスルームのドアをオープンさせたいと思います・・・」



きゃああああーっ。そ、そうなんですかっ?

いったい、どんな仕掛けがっ?!

楽しみすぎるー。

ひとり、リーガロイヤルのパウダールームで盛り上がりまくる、オレ。

大至急、今回参加してくださるプリンセスたちに時間厳守よろしくねん、のメールを送信。




で、5時半過ぎに到着。麗しのブノワにっ!

きゃん。
f0215324_13213014.jpg


この境界線をくぐると、もう、Paris だわねー。


ウェイティングルームでみなさんがいらっしゃるのを待っていると・・・

f0215324_13234635.jpg



すでに、東京プリンセスたち2名が到着しておりました!

今回、地震の前に、決定した、この泡会第2弾。

いつものように、わたしの最強の旅友、大好きな ゆりちゃん が

来阪できるスケジュールを調整して、決めたものの、

東京も、大変なことになり、こんなときに、お気楽に泡会なんてするべきじゃないだろう・・・と

わたくし、自身もとても悩みました。

でも、参加予定のみなさんに打診すると、

「こんなときだからこそ、やりましょう!」

というお返事。

さらに、いちばんうれしかったのは、

きっと難しいだろう・・・と懸念していた、ゆりちゃんとお友達のスーパーネイリストの

下前さんのお二人が、

「いまだからこそ、元気をもらいに、大阪行きたいです!」

と言ってくれたことです。


もうー、涙出ました。わし。

それに、わたしたちが、自粛したところで、

いったい誰が得するのか?

それより、少しでも経済を活発化させて、日本を支えることが大事なのではないか・・・

という結論に達して、今回の泡会は決行されることとなったのです。


そんなわけでーーーー。

6時前には、プリンセスたち全員集合で、いまかいまかと舞台の幕が開くのを待っておりました。

おおおおーーっ。

そこに山本総支配人が登場。


「では、みなさま。ここに1列に並んでくださいませ」

まるでディズニーランドのアトラクションのように楽しいではないかっ。

プリンセス一同、すっかり興奮。


そしてえええっ!

ぱーーーーーんっとプリンセスルームこと、特別室の部厚い木の扉が開きましたああああっ!


きゃあああーっ。

なんて、素敵。一同、感嘆の声。

f0215324_1351429.jpg


貴婦人が住むパリ郊外の邸宅にある、ダイニングルームのようです。



この麗しくも気品ある、テーブルは、今宵ベルエポックの夕べのために

山本総支配人が演出してくださったもの。

ああ、さすがのホスピタリティに涙・・・・。

f0215324_1444891.jpg




今日の泡会の主役は、

Perrier-Jouét Belle Epoque

そのベルエポックを造っている、老舗メゾンペリエ ジュエ社が、

今年、2011年3月に創業200周年を迎えるということで、

今回の泡会は、ぜひ、Perrier-Jouétで!と

山本総支配人がセレクトしてくださったシャンパーニュなのです。

そういえば、フランスノシャンパーニュ地方を旅したとき、

エペルネにこちらのメゾンがありました。

くーっ。5回ほど、訪れているのに、

一度もカーヴ見学も行ってないんて!(次回は必ず行くよー)


で、


この日、テーブルの上に、上品にアレンジされたアネモネの花たちは、


ペリエ ジュエのボトルに描かれた白いアネモネの花が有名ですよね。

(よく似た「なんちゃってペリエ ジュエ」みたいなのもありますので
類似品にはくれぐれもご注意くださいませ(笑)



このアネモネの絵柄は、3代目社長アンリ・ガリスが、

当事、親交のあった、アール・ヌーボーの旗手、エミール・ガレに依頼し、描かせたもの。

第一次世界単線の混乱の中で、封印されましたが、

1964年、当事のセラーマスター、アンドレ・バブレが、

エナメル塗料でアネモネが描かれたボトルを発見。

「アネモネはシャルドネの繊細さを表現している」とすっかり感銘をうけ、

シャルドネを主体とした、プレステージキュベをつくりあげる決心をしたという、

逸話を持つボトルデザインなのです。



f0215324_14565859.jpg


そして、1969年、、5年の熟成期間を経て、完成したのが、

ガレが生きた美しく良き時代「ベル エポック」と名づけれた、ペリエ ジュエを代表するシャンパーニュ。

封印された、ガレのアネモネが再び息を吹き返したのでした。

このシャンパーニュは、

その極上の華やかさと繊細さを称して、

「シャンパンの芸術品」と呼ばれているんですってー。



まさに、そんなエピソードを実感できるような、

アネモネのアレンジと、キャンドルの演出です。素敵ーっ。感動っ。

山本総支配人、ほんとにありがとうございますっ!

f0215324_14544734.jpg




いえ、正直に申し上げると、

おいら、あまり、Perrier Jouet Belle Epoque のシャンパンには

なじみがありませんでした。


でも、聞けば、Belle Epoqueのロゼをグレース・ケリーは最も愛したそう。

そして、ベルエポックは

いまもヨーロッパの王室たちから愛され続けている、

本物のアッパークラス御用達のシャンパーニュなんであります。




いやあ。これまでの、おれ。

不覚だった。

イナカモンだった。

成金根性丸出しだった(笑)

いえ、そりゃ、クリスタルも好きですけどね(どっちやねんっ)


今回、Perrier Jouetの 目も眩むラグジュアリーラインが

次々と開けられ、

そして、生まれてはじめて、Belle Epoqueを頂き、

いままでの泡人生、損してたな、と思いました。マジで。



というわけで、続きはまたのちほどーーーー(えーっ)


めくるめく、泡会、ほんっとに素晴らしかったのよー。

今回参加してくださった、プリンセスたちですー!

みなさまーほんとにありがとうございますっ。

また追って、それぞれご紹介させていただきますのことよっ!

f0215324_1521548.jpg



お知らせ

ペリエ・ジュエ社創業200周年を迎えたことを記念し、

「ル・コントワール・ド・ブノワ」では

今回の泡会でも頂いた、

「ペリエ・ジュエ ベル エポック ブラン 2002」を

期間限定で、特別価格にて、楽しめます。

以下詳細です。

期間: 4月1日(火)~4月30日(土)

料金: ボトル一本20,000円(税込み、サービス料10%別)
※ご注文いただいた方に、もれなくボトル一本につき、
ささやかなプレゼントを進呈くださるとのこと。

数に限りがあるので、お早めにご予約くださいね。

これ、かなりの破格でございますよ。

巷のレストランやホテルでは7万円ぐらいで出されているところも多いのよっ。

急げーっ

詳しくはブノワの HP まで。



めくるめくベル・エポックの華麗なる宴Part 2、へと続く

by madamregina | 2011-03-30 12:58 | フランス料理 | Comments(4)

Commented by mt_sophia at 2011-03-30 16:10
うわ~素敵な会ですね。うらやましい~。ペリエ・ジュエ、めったにお目にかかれませんが、好きなシャンパンです。私のブログに貼り付けてあるGuy Buffetの絵にもよく登場し、ソムリエが抱えているのがベル・エポックです。
合わせて、テーブルにアネモネをアレンジなんて、素敵ですね!(プレートの絵柄もかしら?)こんな時ですから、影響ない地域の方々には、ばっちり経済活動お願いします!
Commented by yuricoz at 2011-03-31 08:25
すてきー♪
扉を開けたときの風景に見とれれて激写できなかった私。
また、こちらの写真を見て感動再びでございますう

ほんとにギリギリまで、中止にしようか悩んでいたマダムの心を
本当にお察しします。

中止覚悟で、私は関西へのスケジュールをたて、行く思いでおりましたっ!!
そして、直前にマダムが決行を決断してくださり、頭の下がる思いでした。(マダムが毎日、涙してくれていたのを知っている故に)

このようなすばらしい会にご招待いただき本当にありがとうございました。

山本総支配人にも、素晴らしい演出とお食事の内容、そして
この素晴らしい泡たちーーーーー!!!
感謝しきれませんっ

これは、何度もブノワさんに通わないといけませんっ!!>私

自粛をしなければ。。。という気持ちは、誰しもありますが
自粛をして、誰が得をするのか?(と朝テレビで阪急電車の作者の方が、言っておられておりました。)
私も、そう思いますっ

被災した方々のことも、ちゃんと毎日思いつつ、がんばれる何かを見つけ、自分でも楽しめる時間をみつけることは大切ですよね

楽しい時間をありがとうございました♪
Commented by madamregina at 2011-04-03 23:47
☆ソフィアさまーっ

わあああーっ。ソフィアさまっ。
コメントうれしかったです。
東京、まだまだ大変ですよねー。お友達もたくさんいるので、
胸を痛めています。
でも、東京の方にそう言っていただけるとなんだかうれしいです。
経済活動、がんばります。元手は少ないけど(涙)

いつもソフィアさんのお料理教室が主催されている、
シャンパーニュの会も素敵だなーと拝見しておりました。
ペリエ・ジュエ、今回の泡会で、すっかりファンになっちゃいました。
ソフィアさんのブログのGuy Buffetの絵、とっても好きなんですよねー。
はじめてブログに伺ったとき、なんてセンスのいい方だろう!と
いっぺんでお気に入りに。
これからもどうぞよろしくです!
一度機会を見つけて、お目にかかりたいなーと思っています。
Commented by madamregina at 2011-04-03 23:51
☆ゆりたーんっ

ほんとにほんとにゆりちゃんとSさんが来て下さって、
涙が出るほどうれしかったです。

よくぞ、いらしてくださいました!

でも、今回のベルエポックはちょっとすごすぎましたよねー。
エスカルゴもフォアグラも、最高だったし。
センレジにもお泊りできて、
ほんっとに久々に、心から笑って飲んで、
ガールズトークに花を咲かせた1泊2日でした。

というわけで、次回は5月ぐらいに開催ってことで、
どうぞよろしくーっ!