Cartierの白い輝き。   

2014年 03月 26日
f0215324_18572687.jpg



我が時計人生についての長文ですっ(笑)



えーっと、少し前のことになりますが、

カルティエよりWatchmaking Collection 2014のカタログが届きましたー。

表紙はもちろん、あのカルティエレッド。

f0215324_18582878.jpg


もうこれ見るだけで、ハートに灯がともるよねっ。

買えないけど、見ているだけで、
うっとりだ〜。


f0215324_1902668.jpg

いつか、燦然と輝く、こんなベゼルダイヤの時計が欲しいなぁと

思ったり、

シンプルなタンクもやっぱりもうひとつ欲しいな、

とか。

これまで持ってるカルティエ、全部売り飛ばして、

この新作と交換できたらなw

とか、まあ、夢はひろがります(笑)

わたしの世代のマダムたちは、

高価なジュエリーをいっぱい持っておられてますが、
これ、負け惜しみじゃなく、
わたしは、
それほど、ジュエリーには興味がありませんっ(ま、買えないしな)


それより、時計が好き。

きっと父譲り。

うちのとうちゃんは、時計がすっごくすきで、

パティックフィリップやオーデマイピゲ、

ロレックスなどを集めておりました。

子供ながら、美しい時計やなぁと彼の時計ボックを見るのが好きだった。

父はもう、亡くなりましたが、

あの時計、どこにいったんだろう?

ま、そんなわけで、時計好きになったけど、

わたしと同世代の女性たちに比べたら、

ぜんぜんたいしたもんは持ってません。

ちなみに、わたしのこれまで時計人生、

ROLEXひと筋!でありました。

ROLEX以外は、時計にあらず・・というほどの

ロレックス偏愛主義者

ファッション雑誌がどれほど、ハイブランドのお洒落な時計を

取り上げても、まったく興味なしっ。


30歳のときに買った、オイスターパペチュアルデイジャストの

金無垢テンポイントのダイヤが特にお気に入りでした。

でも、カルティエがちょっとだけ好きになったのは、

マイダーリン、Michaelがカルティエの腕時計をしているのを発見。


はじめて買ったのはコンビのタンクフランセーズでした。

Michaelがしてたからです。

気分はペアで(恐)

どあふぉです。


母に買ってもらいました(情けなやーー)




しかし、これ、わたしには似合わなかったんよね。



やっぱりタンクフラセーズは金無垢の白いダイヤ入りじゃなきゃ、

テンションあがれへん。

でも高杉開発で、そんなの若い身空で買うのは無理やん。

それで、なぐさめに、母が持ってたタンクをもらって、

しばらくつけてたけど、革ベルトでして、

どっか違和感があったんよね。

とにかくわたしのタイプじゃなかった。


ロレックスはエクスプローラとか、


ホワイトゴールとか、シルバーのデイジャストもお気に入りで、

ときどき、ロレックスふたつ付け〜みたいな付け方をしておりました。

あ、中田さんがするずっと前です、すいませんっ(笑)

ちなみに両手につけるんやなくて、

片方に金と銀のふたつをつけるの。

もう、持ってるもん、ぜんぶ見せとかなって、感じよ。



ま、そんなわけで、Michaelはじめヨーロッパの方々の、

「カルティエこそ時計の王道」という、

[超ブランドの掟]には背を向けて(大げさやな)

孤高のロレックスファンとして、これまで生きてきました。


ところがっ!

ある日、出会ってしまった、カルティエのあの時計・・・。

それはもう、完璧に恋に落ちたというべき、ハマり方で、

毎日、その時計のことばかり考えてました。

これまでそんな時計を買うなら、

おらぁ、Michaelファンドに貯金、みたいな、

けなげなファンでしたが、

そろそろ新しい時計が欲しくなったんやね。

というわけで、手に入れた、新しいカルティエの時計。

いやあ、そのダイヤの白い輝きがね、

ぜんぜん、ロレックスとは違います。

デザインもほんとに目立たなくて、華美じゃなくって、

腕にしっくりおさまり、

さりげないんです。

ロレックスのあの強さ。

なんというか、前へ前へと突き進む、

ポジティブ一直線な輝きと違って、

控えめで、

薄くて上品で、クラシック。

ロレックスは時計屋の時計。

カルティエは、宝飾屋の時計


そこの違いだよね、たぶん。

ま、どっちも好きだけどね。


恋人にする男はジゴロみたいにいつもどきどきさせてくれて、

華奢で、いざというとき、あんまり役に立たないけど、

そばにいるだけで、心がときめく、そんな時計。


ロレックスは、

夫としていつも見守ってくれる、あったかくて、

誠実で、緊急事態に毛布を持って駆けつけてくれる男のような、

頼りになる時計。

時計も男も、女の人生には2種類必要だよね。



あ、もう、一生、時計は買わないよ(ほんまかっ)

by madamregina | 2014-03-26 00:04 | Jewelry