神戸北野ホテルへ   

2014年 11月 03日
f0215324_128971.jpg



先週、秋晴れの爽やかなお天気の日、

久々に、神戸の北野ホテルへ行ってきましたー。


わああ、やっぱりこの外観。

素敵ーーー。



f0215324_128872.jpg


エントランスを抜けると、

ラブリーなロビーが出現。

ああ、わたしにとっては、

マイケルロードといいますか(笑)

我が心のイングランドを旅しているときに訪れる、

カントリーサイドのマナーハウスにいるみたい。

f0215324_1281079.jpg


f0215324_1281458.jpg



こちらは北野ホテル総支配人、
総料理長の山口浩シェフのルレ・エ・シャトー歴代のガイドブックのコレクションです。

60年分のBOOKがつまっております。

素敵ーーー。圧巻です。





f0215324_1281030.jpg









そして、

北野ホテルといえば、

美食家にとって、こちらははずせませんよね。


世界一の朝食ですっかり有名になった、

レストラン「アッシュ」。

今日はこちらで、ランチです!

ああ、このラグジュアリーででも、アトホームな空気感。

ゲストはみんなめいめいにくつろぎながら、

美味しいお料理を心から楽しんでいる・・

そんな気配が充満していて、

とってもいい感じ。









まずは、ローランペリエでかんぱーい。

f0215324_1281511.jpg


f0215324_1281471.jpg



f0215324_1282099.jpg



そして、アミューズ。

シェフからのご挨拶の一品・・。

わわわ、この揚げたて白子にまず、ノックダウン。

美味しすぎるーーー-。


f0215324_128172.jpg





次に出されたのは・・・・

このような中に煙がたちこめるドーム。



f0215324_1282185.jpg




このドームを取ると・・


わーーー。めっちゃくちゃいい香りが漂う、

ニース風の燻製サラダの登場。

f0215324_128227.jpg





~サラダニソワーズ~
長年愛されているクラシックな一皿を表現されたものだとか。




そしてー!


自家製キャヴィアっ!!!!!!


f0215324_1282289.jpg



ローラン・ペリエのエレガントな味に、

素晴らしいマッチング。



次に出されたのは、


~季節野菜のブルテ~
ジャガイモのエスプーマ ビーフコンソメのジュレ


f0215324_1282359.jpg






中に敷き詰められた、

ビーフコンソメのジュレとの相性も最高です。


最近フレンチレストランで、コンソメがあまり出されなくなったよね・・

と、先日も食いしん坊たちの間で、話題にのぼったばかりだったんですが、

コンソメって時間も手間もそして費用もかかる、ほんっとに贅沢なもの。

日本で言うならお出汁みたいなものでしょうか?

それが、一流のフレンチレストランでもメニューからなくなっていることが多く、

寂しく思っていたので、

このブルテはほんっとにうれしかったー(長々とコンソメ話すいませんっ)



この日のお魚料理は、

タラです。


f0215324_12825100.jpg


茸の香りのソースをかけて・・・

ああ、深まる秋の風情が炸裂です。


f0215324_1282613.jpg


お皿の上がアートですね〜。




そしてーー。


メインは、
Bœuf "kobeTAKAMI"


~神戸高見牛~です。

奥丹波にある、高見さんの牧場で育った極上ビーフを

低温オイルバスで調理し、
 マイクロサラダと小野菜を菜園仕立てに仕上げ、

じつくり旨みを抽出した牛テールジュー。

f0215324_1282615.jpg



とろーりと舌の上でとろけるような、霜降り牛、

まいうーーーーまいうーーー。


デザートは、旬の

"栗をモチーフに
マロングラッセをバニラとマロンのムースで球体に
栗の葉をイメージしたチョコレートとカカオ風味のアングレーズソースと
カシスのコンポート。


f0215324_1282754.jpg



なんて美しいビジュアル。




スタッフの方がテーブルまで運ばれる間も、

とっても大切に扱われ、

そしてわたしたちの目の前へ。

f0215324_12828100.jpg


もうお腹いっぱい!と言いながら、

最後に出されたプティフールまで、

感動と驚きの連続でした。

f0215324_1282969.jpg





いや、久しぶりに、

王道のフレンチレストランで過ごす、贅沢!

揺るぎない、素晴らしいお料理をいただくことが出来ました。




ランチのあとは、

北野ホテルの広報の岸本さんに、

ホテルツアーをして頂きました。

f0215324_1281271.jpg





廊下や客室のドア、

ソファや調度品の感じが、

ほんとにわたしの大好きな、

イギリスカントリーサイドのマナハウスのように、

すっごくラブリーなんです。

f0215324_1302313.jpg



一部屋一部屋、

インテリアも雰囲気も違います。

f0215324_1302511.jpg






アメニティはクラランス。

f0215324_1302188.jpg





でも、イギリスと違って、

バスルームなど水周りは、

最新で(笑)

f0215324_1302616.jpg



これはもう、一度ぜひ、泊まってみたい!


そして翌朝は、

あまりにも有名な世界一の朝食を頂きたいっ。


アッシュの手前にある、BARとワインセラーも素敵でした。

ちょっとエッジィな感じでしょ?

f0215324_1302622.jpg




ディナーならここで食前酒を頂いてもいいですよね。




あ、ワインセラーには、

すっごいお宝ワインもございました。

f0215324_1302813.jpg



で、ラウンジとカフェの雰囲気が、

Parisのヒップなホテル、

Hotel Costesに似ているような…。

f0215324_1302756.jpg




素敵です!

北野ホテル♡



※わたしが訪れた日は、ハロウィーンの飾り付けでしたが、

いまはもう、クリスマスの装いです。

きらっきらな輝きがいっぱいの北野ホテル、ぜひ、

行って見て下さいね!


そしてーーーー。

興奮のお知らせなんですけどーーーーー。

11月24日(祭日)

【レストランアッシュ】と
ルレ・エ・シャトーグランシェフ 美食の協演開催されます。

21世紀のフランス料理の扉を開けたと言われるベルナール・ロワゾー氏のエスプリを引き継ぐ、

フランスの名店「ルレ・ベルナール・ロワゾー」。

その総料理長であるパトリック・ベルトロン氏を招き、

「ルレ・エ・シャトー グランシェフ 美食の協演」。

たった一夜だけのとっても贅沢な美食の宴。

こちらもぜひぜひ、

行ってみてくださいね。

詳しくはこちらのブログをご覧くださいませ〜





f0215324_10501632.jpg



f0215324_10503881.jpg



神戸北野ホテル



〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目3番20号 

TEL:078-271-3711 FAX:078-271-3700

by madamregina | 2014-11-03 10:50 | Hotel(Japan)