グラホのにゅうめん、NYでも咽び泣きました(≧∀≦)   

2017年 06月 12日


f0215324_11202022.jpg






はーっはーっはーっ!

み、み、み、みなさまー。

この長かったアメリカ旅も、
もうすぐ終わり…


さみしいような、
うれしいような…


f0215324_11202050.jpg



でー。


実はわたくし
この旅でずっとずっと、
まるでお守りのように持ち歩いていたものが
ございます。


そうよ!
私の虎の子
グラホのこのにゅうめんよー!

f0215324_11202109.jpg





いつ食べようか…
いつ食べようか…
と、ボストンでも、メーンでも、
バーモントでも、
何度も手を出しそうになりつつ、
今日までなんとか持ちこたえましたー。


しーかーしー!

あっしはもはや、アメ食、玄界灘っ(≧∀≦)

誰か助けてー、
おかーさーん。

今日はどーしても、
おいしー出汁の誘惑に
勝てず、
とうとう結界を越えてしまったー。

あと2日で帰れる!

と、気が緩んだな(≧∀≦)

あふあふ。

そして、
ついにあっしは、
きのこ生姜にゅうめんと言う、
その名を聞くだけで、
ワナワナ心が震えそうな
美しい和紙で包まれたそれを
まるでジュエリーボックスから出すように、
スーツケースから
出しまして、


f0215324_11202187.jpg



いつも持参している
湯沸かし器でお湯をわかして、

にゅうめん、
フリーズドライになった出汁ときのこ、
乾燥わかめを器に入れて入れて

熱湯を注いで、待つこと3分。


f0215324_11202222.jpg




きゃー
きゃー。


あかん。

あかんすぎるー。



なにー⁉️
このハート鷲掴みの
愛しすぎるわかめの香り。

卒倒っ。

麺は小豆島の「島の光」から作ったこだわりの乾燥にゅうめんです。

お湯でもどすと、
もっちもちのコシ。
ツルッツルと喉越しよすぎるにゅうめんに早変わり。


この手のフリーズドライの麺は、
麺がぐったり、やわらかい・・という固定観念が、
860度覆りますよー、奥さん。

そーしてー。

醤油ベースのお出汁が、
もー、
もー、
もー、

たまらんですっ。

ほんのり効かせたみりんの優しい甘さに、
おら、
またもや
異国の地で、しのび泣き。

いやぁ、
マジで
おいしすぎますわ、このにゅうめん。


お出汁も一滴残さず、
ペロリと頂きましたー。


開花亭のこのにゅうめん、
「きのこ生姜」と「梅とろろ」の2種類があります。

f0215324_11202286.jpg




「梅とろろ」も、すっばらしく美味です。

f0215324_11202365.jpg





ほんと、のけぞるほど美味しいー。



そして、これひとつぜんぶ食べても、
280カロリーなのー。

海外だけじゃなく、
お家にいつも常備しておきたい。

なーんにもご飯の支度をしたくない日や
風邪で寝込んだとき、

ふいのお客様にも、
ぜーったい喜ばれる!

しっかし、
ただ熱湯を注ぐだけで
こんなにも本格的なにゅうめんが
いただけるなんて、
日本の食文化はなんと素晴らしいんでしょう。

グラホのオンラインから
買えますよー。



ぜーったい食べて❣️







by madamregina | 2017-06-12 11:12 | グランドフードホール(グラホ