この平等な時代に、唯一ヒエラルキーを見せつけられる場所、 それが飛行機のクラス!   

2017年 07月 10日

f0215324_11592168.jpg




と言うわけで、

【エアラインビッチまたはヒエラルキーの話】

またまた行きますよ。

エアラインネタ。

ちなみにエアライアンビッチっていうのは、

エアラインにまつわるあれこれ・・・つまり、

空港ラウンジやファーストクラス、ビジネスクラスの話などをさりげなーく自慢しつつ、

いかに自分がリッチでセレブな環境にいるかをアピールする、

せこいビッチのことらしい。

はじめてその話を聞いたときは、
すかさず、

それってわしのことですかー?って思ったわよーっ(ひーーーーーーっ)

ブログでも、あれこれ、エアラインネタ、書いておりますからね。

あ、しかしほとんどがエコノミーについて書いたことやんかーっ。

これでエアラインビッチと呼べるのかっ?!

ま、それはさておき。

我が心の恋人、Michael Ballがイギリスでまた、ミュージカルの舞台に立つので、

ちょっくら行くか…と、思ったんです。

しかしですがな、奥さん。

ロンドン行きエアチケットは、

実に困難を極めるんでがす。

というのも、旅行貯金はもはやすっからかん。

J◯LのマイルもLondonは特典旅行が取りにくく(っていうかほぼ全滅。許せん)

そんなの、マイケル君の公演に合わせて取るのは不可能。

で、以前乗った、
アシアナのビジネスがけっこうお安かったので、
調べると、ひえええ、当時より10万上がっとるやないかーっ(きーっ)

えっと、

J◯LやA◯Aさんは言うだけ虚しくなりますが、

60万から80万ぐらいです。たぶん。

そりゃ、お仕事で役員さんが経費で乗るなら、それぐらい平気で出せるでしょうよ。

しかし、わたしら女工哀史が血と汗と涙にまみれながら

一生懸命働いて(ほんまか?)
貯めた¥¥¥¥¥¥で、

そんな高杉チケット買えますかいなって話よっ。

知性が許さん(ってイミフ)

もはや軽自動車の値段じゃないかーーーーーっ。

相方に嘆くと、それならエコノミーで行ったらええやん?

「いや、きみはエコノミーというより貨物やな」

とか言われましたが、ごもっとも。

そりゃわたしはエコノミーの女よっ。

がしかし。もう、わしもええ年です。腰も痛いしさー。

エコノミーで10数時間揺られたら、途中で即死するかもしれん・・・

以前、
ハワイ線でどえらい目にあったしな。

もちろん、あのエコの真ん中の5席全部、わたしにくれるというのなら、

大喜びでのりますけどなっ。

しかし、最近のエアーったら、もはや両隣が空席なんてことありえんわけよ。

ぎっしぎしのぴっちぴっち。

ちなみに、エコノミーの女の悲劇についてはまた、アップいたしますよ、こんどね。

そう言えば、
わしだって、
ファーストクラスの女になったことあるんやー

ロケのとき、仕事でエアフラのビジネスに乗せてもらったら、

いつもFにUGしてくださったのですよーっ。

そんな話ももはや20億年前の話か・・・・

そんな過去の栄光、
わしのすっとこどっこい、
『キャビアはないんかい?ファーーストクラスな体験記』
も、また、アップいたしますが…(いらんと思いますが)

そういえば、わたしの大好きなイギリスの超人気TVコメディドラマ、

アブファブこと Absolutely Fabulousにも、

爆笑のエアラインネタが出てきます。

このドラマ、

ファッション業界に生きる(しかし仕事はそっちのけ)

幼馴染みのエディナとパッツィーの大爆笑コンビのセリフとファッションが、

サイッコー中のサイッコーです。

まだ観てない人、ぜったい観るべき!

この二人がファーストクラスに乗ると、

ただで飲めるお酒は飲み放題、
さらにたくさんもらって、
ポケットに入れ放題。

ポケットにただのもの入れすぎて、パンパン。

で、パッチィ(金髪の方)酔っ払ってふらふら〜。

で、わたしも彼女たちを見習って、アシアナ航空乗った時に、

お食事のときに出る、巷で密かな人気、奪い合い必至の「チューブのコチジャン」を

すかさずアディショナルに頂きまして、
ポケットに入れときましたっ(まだ使ってないけど)

それに、J◯Lで出る、三島屋の紫蘇ふりかけも、

日本では、食べることないけど、

海外では大変貴重になるので、

いつもCAさんに多めにもらっております(ひえええーっ)

いやあ、スケール小さすぎっ。

せこすぎっ。

それにしても!

この平等な時代に、唯一ヒエラルキーを見せつけられる場所、

それが、飛行機のクラス!

これまで何度もエッセイやブログにも書いてきましたが、

エアラインの話で思い出すのは、

以前、ボストンで取材した超リッチな実業家(当時GAPなどの株も持ってるすっげー人でした)

のこと。

インタビューに指定されたのは、いまは亡き、ロバート・B・パーカーも大好きだった、

ハーバードスクエアにある、チャールズホテル。

バーブラ・ストライザンドやトム・クルーズ、ケビン・コスナーなども

宿泊したという、ペントハウスで朝食を食べながら・・・だったのですが、

インタビューが終わって、翌日わたしがマーサスヴィニヤードに行くのですよ〜というと、

「じゃ、うちの会社のヘリコプター出してあげるよ」

と言われて、ひええええーっ。

で、すかさずわたしはその方に質問したのですよ。

「もちろん、海外に行かれるときは、ファーストクラスなんでしょうね?

あるいは、プライベートジェット?」

するとその元オリンピックのスキー選手であり、

ハーバード出身の実業家はすかさず答えてくれました。

「プライベートジェットを所有すると経費がかかるからね。
もちろん、移動するときはみなと同じ普通の飛行機だよ。
当然、エコノミー。

同じ時間につくのに、

ファーストクラスになんであんなバカ高い金額払う必要がある?」

クラスのある人は、飛行機のシートになんてこだわらないんだ・・・と

しみじみ、思いましたことよ・・・およよ。

よって、エアラインの話をどーのこーのと言うエアラインビッチってのはさ、

わたしのようなド平民のことを言うんですわね〜

ふがっ。




by madamregina | 2017-07-10 11:55 | Air Line