夏バテにも石垣島の命草を煎じた富茶!   

2017年 08月 16日
f0215324_12120850.jpg



このところ、大食が続いております(笑)
でも、わたしは今日はぎょうさん食べたな、飲んだな、
というときには、
いつもより多くの石垣島富茶を飲んでおりますよ〜。


最近わたしの周りでも富茶フレンズが増えました。

女ともだちの多くは、富茶をのみはじめて
何より浮腫まなくなった!が圧倒的な意見。

浮腫まない→これ、女子にはめっちゃだいじです。

素敵なイベントやパーティ、お食事会の朝、
鏡をみて、自分の顔がガッツ石松のように浮腫んでいたら・・・

もう泣きたい。

特に私の場合は、
食べ過ぎの翌朝、
まぶたがどろりんちょ〜となります。

でも夜寝る前に、
コップ一杯の富茶を飲めば、
浮腫みません。

また足が浮腫み安い人にもめっちゃ効きます。




血糖値、血圧を下げるという効能はもちろんですが、
富茶に含まれているマンジェリコンの葉は、
実際糖尿病治療にも使われている国もあります。

高血圧、
甘いもの好きな人はぜったチェックです。


何より、血液をさらさらにしてくれる薬草茶なんですよね。

石垣島富茶は、
石垣島の家庭で代々受け継がれてきたレシピをベースに、
乾燥したものではなく、
生の葉をフレッシュなまま摘み取って、煎じていることが大きな特徴です。

なぜなら、
マンジェリコンとポルトジンユという野草は、
生の葉から煎じないと、その効果が得られない野草だからなんですね。


マンジェリコン、ポルトジンユ、それって何?
と思った人、
ググってみて。

もうーーーーすぐに富茶を飲みたくなりますから!

我が家でもときどき、
庭で育てたラベンダーやミントをそのまま摘み取ってハーブティにもしてよく飲んでいますが、
こういうのを飲むと、
胃腸がすーっとするでしょ?


富茶を飲むと、
そのすーっとする感じが、100倍気持いいです。

胃腸のもやもややカラダのどんよりも、
なかったことにしてくれる・・。


f0215324_12120991.jpg



そんな野草茶。

f0215324_12120992.jpg





というわけで、
いまからまた富茶飲もうっと。


f0215324_12121037.jpg



ここから買えます!



by madamregina | 2017-08-16 11:58 | Madam's Beauty