血管年齢を若くする、最強の石垣島富茶!   

2017年 10月 26日
f0215324_11473168.jpg

 

 

 

 

さてーーー。

 

先日、石垣島に行っておりました。

 

そうよ!

石垣島といえば、

マンジェリコン!

マンジェリコンといえば

石垣島富茶ですよーーーーーーーっ。

 

富茶は、石垣で栽培されている命草、

マンジェリコンなど8種類の野草を

煮出した最強の野草茶です。

  マンジェリコン?何それ?と思った人は

すぐにググってみてね。

 

でーーーーー。

もちろん、石垣島にも富茶を持って行きました。

 

富茶の効能については、

いままで何度もこちらでもご紹介しておりますが、

何に効果を発揮するって、

それはもう、

高血圧!

血糖値の改善です。

 

 

先日、たけしの家庭の医学を見てたら、

血管の老化を止めるには・・・

という特集があって

実は血管を老化させるのは

高血圧だと判明。

 

動脈硬化を引き起こす2大原因は、

「高血圧」と「高コレステロール」。

 

高血圧はいつ爆発するかわかんない、

時限爆弾なんです。

 

あらゆる病気の諸悪の根源。

 

 

 

そして、現在、さまざまな調査から、

日本人の3人に1人が「高血圧」、

4人に1人が「高コレステロール」を抱えている可能性があることがわかっているそうです。

 

で、たけしの医学では近年、この2大原因を予防・改善できる2つの食材があるとのことで、

 

それがお豆腐と青魚でした。

 

お豆腐は絹こしより、断然木綿の方がいいそう。

 

それはお豆腐の製造過程で生まれるマグネシウムが

高血圧に効果的なんだとのこと。

 

 

青魚はやっぱり鯖、さんまなど。

これ、私の大好物だわ。

 

鯖缶詰なんかでも代用できるといろんなレシピも紹介されていました。

 

 

しかしーーーーーーーー。

 

高血圧を防ぐいっちばんの早道は、

石垣島富茶を飲むことなんでなんですよーーー。

 

 

これ、160という高血圧だったわたしが言うんだから、

間違いない。

 

石垣島富茶を飲みはじめてわずか2週間ぐらいから効果が出てきて、

 

いまではもう8ヶ月以上になりますが、

なんとわたしの血圧は110台〜120台になりました。

 

わたしだけじゃありませんよっ。

 

先月ハワイのハレクラニでお会いした

素敵なお友達Mさまのお母様が

なんと180もの高血圧で、

お医者様にかかってお薬も飲んでいると聞いて・・・

 

 

とりあえず騙されたと思って

石垣島富茶を飲んでください!と

お伝えしましたら、

 

1本飲んだあたりで、

180あった血圧がずいぶん下がってきて、

それからリピートされて、

なんといまでは血圧のお薬を飲まなくてもよくなったらしいのです。

 

 

もちろん高血圧ならお薬を飲む・・というチョイスも正しいと思います。

でもわたしはお薬はできるだけ飲みたくない・・

いままでの人生、

余程のことがないかぎり、

風邪薬さえ飲みませんっ。

 

 

だから、血圧が150あったときも

ドクターからは血圧を下げるお薬を飲んだ方がいいよ、

と言われつつ、

言うこと聞かず飲まなかったんです。

 

ちなみに私の叔父は、この高血圧をはじめとする

メタボリックシンドローム研究の第一人者なんですが、

彼から高血圧の弊害をいつも聞いておりました。

 

 

そんなわけで、

このまま160という高血圧を放置するのは、

やっぱり危険よね、

とそろそろ降圧剤を飲もうか・・・と

あきらめかけたとき、

まさにそのとき。

 

石垣島富茶と出逢ったわけです。

 

 

正直、この富茶、本気で凄いです。

 

高血圧で悩んでいる人は、

ぜったい飲むべき。

 

もう迷わず飲むべき。

 

 

私の周りの高血圧フレンズが

どんどん数値が良くなって、

富茶ミラクルが起きています。

 

もちろん、浮腫まなくなったとか、

夜眠れやすくなったとか、

ダイエットにも効果的・・・

とか、

 

富茶の効果はまだまだはかりしれないんですけど、

とりあえず、高血圧には効く!

 

高血圧を防ぎ、血圧を正常に保つことで、

血管の老化を止めることができるんです。

 

血管年齢を若く保つ秘訣!

 

それは富茶にあり!

 

f0215324_11480070.jpg

 

 

富茶に関してもっと詳しく知りたい方は、

こちらのサイトをご覧くださいね。

 

 

f0215324_11555438.jpeg

 

 


by madamregina | 2017-10-26 11:45 | 健康の話 | Comments(0)