2008年 10月 28日 ( 2 )   

愛の思い出救出大作戦っ!   

2008年 10月 28日


いきなりですが、
アメリカでどこのホテルが好き?
と聞かれたら、わたくし真っ先に
Wheatleign

と答えます。

ボストン郊外のLENOXにある小さなカントリーイン。
レナード・バーンスタインが、
タングルウッド音楽祭のとき常宿にしていた、
森と湖に囲まれたすてきーなホテルです。

こちらでの思い出も、
つれないあいつ、バイ男のハートに、
埋め込まれたまんまよっ(きーっ)

さて、このようにわたしがこれまで海外を旅し、
そこで激写してきた膨大な画像データが、
消滅寸前となっていた発狂寸前の夜、
1通のメールが届きました。

同級生Mちゃんの息子さん、高校生のK君からです。

「VAIO君が脳死したとのこと、
心中お察しいたします。

でも完全死はしていませんので
ご安心ください。

考えられる救済方法は

1)Windowsのセーフモードで立ち上げて救出。

2)LinuxのKNOPPIXをCDに焼いて、
Windowsのシステムを使わずに、
HDDにアクセスし、救出。
これやったら、BIOS壊れてなかったら、
明日中にでもデータ救出が出来ます!

なんせ、僕はかなりPCに詳しいと思います。
オタクではないですけど(笑)。

なんやったら出張修理に行かしていただきまっせ~」



きゃああーっ。
わたしがまさに望んでいたのは、
この「出張修理」ですっ。


宅急便で送ったら、なんとかできるかも・・・
と言ってくださった方は数人いらしたのですが、

もう、そんな梱包する心の余裕はなく、
バリ出発を控え、気分は動転しまくり、
家中、しっちゃかめっちゃか。

そんな中の超うれしいお申し出!

いままでたった一度しか会ったことがなかった、
K君でしたが、おやさしいお言葉に甘えて、
さっそく来ていただくことにいたしました。

けれど、K君の言う

1)Windowsのセーフモードで立ち上げて救出

はすでにVAIOカスタマーセンターの人の誘導で、実行済みで
その努力も虚しく、マイドキュメントやその他のデータを
移動するのはむりー。

何か片意地なまでにかたまっておるのだ(きーっ、きーっ)

VAIO担当者が教えてくれた最終手段は
「HDDを取り出し、そこからデータを抜き取るぐらいしかないでしょうか」(がーん。
そんなこと、ようしません)

さらに「システム復元するとPCは使えますが、
保存されたデータはすべて消滅しますので」(ぎょええええーっ)
とも教えてくれました(この時点でもはやがっくし)


しかし、
2)LinuxのKNOPPIXをCDに焼いて、
Windowsのシステムを使わずに、
HDDにアクセスし、救出。
これやったら、BIOS壊れてなかったら、
明日中にでもデータ救出が出来ます!

・・・・・???
これは、スワヒリ語か、
ロシアの暗号文書のようで、
世界一PC無知のわたくしにはもはや解読不可能。


そんなわけで、
学校帰り、ミッションを果たすため、
MIのトム・クルーズのごとく、
ぎっしりと詰まった
「マダム救出セット(@K君」
を持参して、
我が家にやってきてくれたK君。


用意してきてくれたディスクを入れて、
画面を立ち上げ、
マトリックスのような英語や数字の羅列画面を
操って、ささささーっと
マイドキュメント&マイピクチャーをCDに焼付け、
その他重要な仕事関係のデータも

さくさく~っとコピー完了!


「これでとにかくデータは保存されました。
でもマダムさん、これからはちゃんとバックアップを
徹底させてくださいね~。
そしてもう少し、PCについて、お勉強してくださいね~」

と素敵な言葉を残して立ち去りました。

きゃああああーっ。
なんてカッコイイのぉ?!

わたくしの目はもはやK君にハートマークよ(ひ-っ)

わたくし、こんな息子が欲しいっ!

いや、あと20歳若かったら(もっとでしょう?)
こんな彼が欲しいっ(殴、殴)


K君、本当にありがとうございましたっ!

あなたはわたしのヒーローですっ。

これからはK君のように、かっこよくて、
頭が良くて、仕事が出来て、やさしいハートをもった「彼」を
探します(はあと)

とはいえ、バイ男もまだシステム復元すれば
もう少し使えるとのことですので、
これまた強力な助っ人に
ゆだねることとなりました。

バリ島から帰国すれば、
元通りになっているとのことです。



K君の、惚れ惚れするような見事な手腕のお蔭で、
VAIO救出作戦は
こうして幕を下ろしたのであった・・・・・・・・。

ふーっ。

by madamregina | 2008-10-28 19:20 | Diary | Comments(0)

彼とのその後・・・・   

2008年 10月 28日



ひゃああーっ。
みなさまっ。

「彼バイ男」に裏切られたわたくしをご心配いただき、
数々のあたたかいコメント、励ましのメッセージ、
アドバイスをいただき、本当にありがとうございました!

そして真っ先に電話をくれ、解決策を必死で考えてくれた
あおやまさん


パソコンを、ついつい、
見た目重視で選んでしまった、あふぉのわたくし。

まるで、イケメンだけど誠実さゼロの
ホスト集団のようなVAI男を選んだわたしが、
バカだったのね・・・。(しかも2代目よっ)
と反省しきりでしたが、


「きっと新人の、仕事も出来て心根の優しいホストが現れるかもしれません。
でも、またドンペリとか入れさせられたりするのかなあ。

わたしはMacですが、ハナっから変わりもんゆえ、
俺アーティスト、カネつぎこめ、割あわんど、しったことか
宣言されております。ただ、友達が少なくて、
ヘンな病気にかかる機会も少ないのが、ええとこ・・・」


なーんて、メールもいただき、
悲嘆に暮れまくっているわたくしを笑わせ、
元気にしてくれました~。

あおやまさん、

取材や原稿書きで忙しいのに、
ほんまにありがとうございましたっ!!



そして同級生で、PCにも詳しい超インテリ、カリスマドクターのK君、
データ復旧の素晴らしいアイデアの数々を考えてくれてありがとう。
さすがですっ!!
すっごい助かりました。


その他、直接メールや電話をくださったみなさま、
むっちゃくちゃうれしかったです。

ありがとうございました。


そんなわけで、

バイ男との愛はとうとう破局か?

はたまた

復活愛に至るのか?!



追って「バイ男救出大作戦」に続く~のでありますっ(ひーっ)

PS
写真はバイ男とつきあいはじめたばかりの頃、
一緒に行ったロンドンのマンダリンオリエンタルの一室でございます~。

by madamregina | 2008-10-28 18:08 | Diary | Comments(0)