2018年 01月 05日 ( 2 )   

グラホのバーニャカウダはそうとう、凄い!   

2018年 01月 05日
f0215324_14373901.jpg



みなさまーーーーっ。

私の愛する芦屋のグランドフードホールは

今日からオープンですよ〜。

 
f0215324_14380001.jpg

f0215324_14380152.jpg


いやもう、何買う?

と迷っているあなたに、

 

いまいっちばんおすすめしたいのが、

グラホのオリジナル新商品、

バーニャカウダですっ。

 
f0215324_14385905.jpg


これ、このお正月どれだけ使ったことかっ。

 

わたくしこれまで

バーニャカウダといえば、

野菜スティックにつけるディップよね・・・

ぐらいの認識しかなく・・。

 

 

まったくもって、

何もわかってなかった。

 

 

いや、

グラホのバーニャカウダは、

生クリーム、オリーブオイル、

にんにく、ナチュラルチーズ、

バター、アンチョビ、レモン果汁を

バランスよく配合し、

何度も何度も試作を重ねて

ようやく生まれた

完全無欠の

魔法のソースなのですよ。

 

 

グラホバーニャ(略)は、

クリームやチーズを加えたクリーミータイプ。

定番の野菜やパン、ソーセージなど、

ディップとしてはもちろん、

 

生クリームや

オリーブオイルでのばしてパスタに絡めると、

さっと出来て美味しいパスタソースとして大活躍。

 


そして。

私のお料理の師匠の、

グラホバーニャの活用法を聞いて、

これまた目からウロコでしたーーー。

 

その裏技とは・・・

 

パスタにはベーコンとキャベツがバッチリ。

コップなどにバーニャカウダ適量入れて、

その上に牛乳、あれば鷹の爪、

なければブラックペッパーを加えて混ぜて、

バスタにからめるだけでオッケー。

美味しそう。

 

 

意外なのが、ごぼうを炒めて混ぜると素晴らしいワインのアテに。

鳥と長ネギのコンビで炒めてもおいしい。

 

また、クリームシチューにちょっといれて隠し味に。

じゃがいも、アスパラ、ベーコンの炒め物は鉄板とのことで、

グラホバーニャ、ほんっと頼もしーーーっ。

 

 

わたしはこの前、

ちょっとお正月らしく、

鮑のバター炒めに、肝をとろりんちょとからめて、

くつくつとしてきたら、

そこにひとさじのグラホバーニャを投入。

 
f0215324_14401290.jpg


ひっえええええーーーー。

f0215324_14404282.jpg


鮑、肝、バター、グラホバーニャの桃源郷的味のハーモニーが、

もう、奥さん、

美味しすぎて、

卒倒するかと思いました。


f0215324_14410526.jpg

 

またそのソースの中に固めのご飯を入れて、

リゾットにしたら、

あかん、あかんっ。

やばやばやばーーーー。

 

これまた気絶級の美味しさですよ〜。

 
f0215324_14413141.jpg


サザエなどを使ってお家でエスカルゴ風前菜も

これひとつで作れます。

 

ちなみに、

バーニャカウダはイタリアの北部、ピエモンテ州の代表的な郷土料理です。

ピエモンテ語でバーニャが「ソース」、カウダが「熱い」という意味。

 

「フォイョ」と呼ばれる陶器のフォンデュっぽい小鍋をテーブルにおいて、

温めながら、野菜や鶏肉などを食べるスタイル。

 

イタリアでは「冬の鍋料理」として親しまれています。

 

ソースが少なくなると、最後に卵を割りいれてスクランブルエッグにして食べるのも本場流。

 

我が家にはその小鍋がなかったので、

卓上タイプのミニホットプレートを置いて、

その上にグラホバーニャをたらりんちょ。

 
f0215324_14440121.jpg


グラホで人気の玄米ミルクバゲットや

野菜や焼いたお肉やサーモンをのせて、

あっつあつをいただきましたら、

 

もう、楽ちんなのに、

めっちゃレストランみたいな味が楽しめました。

シャンパンにも合うーーーーっ。

 
このグラホバーニャ、

スプーン一杯で、

ほんっとに美味しくなります。

 

まじで、

魔法のソース。

f0215324_14493661.jpeg

 

お料理好きな奥様へのプチギフトにも最高です。

わたしは同じくグラホの大人気オリジナル商品、

にんにくオリーブオイルとのコンビで贈り物にしたいです。

f0215324_14420868.jpg


ちなみに、このにんにくオリーブオイルも

バーニャカウダもグラホの社長が

お家のキッチンで1週間にひと瓶ずつ使い切るそうです。

 
f0215324_14432284.jpg


これでわかるよね。どれだけ美味しいか。

 
f0215324_14444763.jpg


 

えっ?まだ買ってない?

 

えええええええええええええええっ。

 

あり得へんわっ(笑)

 
f0215324_14485014.jpeg


オンラインでは、こちらから買えますよ〜



by madamregina | 2018-01-05 14:36 | Comments(0)

明けましておめでとうございますっ   

2018年 01月 05日
f0215324_13132570.jpeg


f0215324_13185734.jpeg

みなさまー。

元旦いかがお過ごしですか?



わたくしは、

怒涛の師走から気がつけば、

2018年の幕開け〜


大晦日には、

広島三次水産の女社長、

円ちゃんから

凄いトロ箱がどっさり到着っ。


ひっえー。


ふぐ、

渡り蟹

車海老

黒鮑

カラスミ

天然白子はなんとー、

2キロ近くよー。


ふぐ業者の方に

「天然白子、揃えておいてね。

1キロ以上ないといけんよーっ」


と、威嚇(笑)して、

集めてくれたそうです。


もー、その愛に泣けちゃう。


f0215324_13262521.jpeg


f0215324_13271758.jpeg


f0215324_13274972.jpeg

f0215324_13282877.jpeg

カラスミは三次水産オリジナル、

塩分控えめ、

しっとり、

こっくり、

むちゃくちゃ美味しいです!


f0215324_13293319.jpeg


そしてー。

広島黒毛和牛の

シャトーブリアンと

すき焼き用のお肉まで!


f0215324_13310051.jpeg



今井の年越しそばバージョンのうどん寄せで

年越ししました。


f0215324_13340052.jpeg

さて、

今年のおせちは、
大好きなグラホでした。


f0215324_13142850.jpeg

どれを食べてもしみじみ
美味しく、優しい気持ちになれる味。


歴代お節ではじめて

ぜんぶ食べきりました。




お雑煮は、
相方のお母様直伝の鴨だし。
相方が作りました。

京都から取り寄せた合鴨、
祐子ちゃまにいただいた
希少なお米屋さんのお餅ときずし、
ごまめ。

f0215324_13150316.jpeg



円ちゃんから頂いた

渡り蟹に、
いくら。


f0215324_13154214.jpeg

シャンは並べただけ(笑)


私は子持ち数の子を漬けただけ。


これ、大好物なんです。


f0215324_13324050.jpeg

グラホで買った赤葡萄ジュースが

年末から飲んで食べてな、

胃腸のやさしくて、
おいしー。


f0215324_13162272.jpeg



また、年末には

フラワーアーティストの

お友達、よしかちゃんから、

アイロニー仕込みの

センスばつぐんのお花をいただき、

お部屋が一気に華やかに。

f0215324_13195919.jpeg



f0215324_13210865.jpeg

また、Mちゃんからも

とってもラブリーなお花をいただいて、

素敵なお正月となりました。


f0215324_13214080.jpeg


今年もたくさん
ご機嫌なことが起こる予感、満載っ。


そして、

いつも私のブログをご覧くださっている

愛すべきみなさまにも、


素晴らしい年となりますように。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。





by madamregina | 2018-01-05 13:09 | Comments(0)