カテゴリ:未分類( 228 )   

ダイナースクラブ フランスレストランウィーク ガラディナーに行ってきました!   

2017年 09月 23日



f0215324_16471599.jpg



 


さてーーー

 

ハワイから帰国して、

真っ先の楽しみだったイベントは、

これよ、これです。

 

今年で7回目を迎える、

ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2017

記念して、開催されたガラディナー


f0215324_16421301.jpg

 

ダイナースクラブ フランスレストランウィークは、

 

ちょっと敷居の高いフランス料理を気軽に、

そして多様に楽しむための17日間のイベント。

 

フランス国内で、

コレージュ・キュリネール・ド・フランス

とアラン・デュカス氏が発起人となり

スタートしたイベントです。

 

 

今年のガラディナーは、

920日に東京はパラスホテル東京で。

 

そして、昨日922日は、

我らがリーガロイヤルホテル大阪で開催されました!


f0215324_16445457.jpg

 

日仏の星付き精鋭シェフたちが集結して繰り広げるこの日一夜だけの

イベントです。

 

わたしたちのテーブルは、

きゃーーー

華やかでしたよー。


f0215324_16455091.jpg




いつもの仲良しグループ、

シャンデリアチームの

祐子ちゃま、

桂子ちゃんをはじめ、


f0215324_16480231.jpg

 

The Day SpaCEO河崎多恵さん。


f0215324_16483364.jpg

 

神戸北野にあるフレンチレストラングラシアニのディレクターマネージャー、原田杏子さん。


f0215324_16485701.jpg

 

そして、千里中央ゆみクリニックを経営されている

松原奈津子さん。

 

お友達の奈良のドクターでいらっしゃる昌子先生。



f0215324_16493039.jpg

 

そして芦屋マダムのリカしゃま〜

 

というきらっきらな最強メンバー。

 

祐子ちゃまと杏子ちゃまは見目麗しきお着物姿!



 

やっぱりこういうイベントでは日本女性は着物が素敵ですね〜。

 

 

でも、ドレスのみんなも負けておりませんでしたよっ。

 

f0215324_16465257.jpg


まずは協賛企業を代表として、

ダイナースクラブより三井住友トラストクラブ株式会社の

マーフィーさまよりご挨拶があり、

今年で7回目を迎えるフランスレストランウィークへの

展望と期待をこめたお話にわくわく。



f0215324_16503998.jpg

 

今年のテーマは

トレ・ボン!日本のテロワール。

 

そして、以下のシェフたちが壇上へ。


f0215324_16423917.jpg


 

フランス本土より来日したのは、

 

マンダリン オリエンタル

パリ「シュール ムジュール

パール ティエリー・マルクス」★★

総料理長

ティエリー・マルクス氏。

 


f0215324_17090487.png

 



メゾン ティレル・ゲラン

「ラ・グエニエール」

総料理長

オリヴィエ・ヴァラード氏。


f0215324_17092506.png

 

 

オテル ル・ムーリス

「ル・ムーリス アラン・

デュカス」★★

シェフパティシェ

セドリック・グロレ氏・・・


f0215324_17093761.png

 

といういまをときめく天才シェフたち。



そして、

「ラシーム」★★

オーナーシェフ

高田 裕介氏


f0215324_17095486.png

 



リーガロイヤルホテル(大阪)

総料理長

太田 昌利氏の5名が腕を振るう

スーパースペシャルなコースです。



f0215324_17101028.png

 

おお、彼らが壇上に上がると、壮観です。

そして、フランス駐日大使ローラン・ピック氏の

ご発声で乾杯、ガラディナーがスタートしました。

f0215324_17111432.jpg

 


f0215324_17113774.jpg

本イベントの公式パートナーである

メゾンMammのキリッと爽やかなシャンパンがおいしーーー。


f0215324_16515777.jpg

 

そうしてはじまった今年のテーマである「和食材」をふんだんに取り入れた華やかな饗宴。

どれもがほんとにエッジィの効いた、

いま旬のプレゼンテーションにして味わい。


バターには蕎麦の実が練りこまれていました。


f0215324_16572152.jpg



f0215324_16522356.jpg



f0215324_16525198.jpg


f0215324_16531475.jpg



f0215324_16534567.jpg



f0215324_16541197.jpg




f0215324_16544731.jpg



f0215324_16551412.jpg




f0215324_16553330.jpg



それぞれのお皿にムルソーやサンテミリオン、

 

そして獺祭の磨き二割三分や発泡濁り酒など、

ペアリングも斬新で、

食通のみなさんも、とっても楽しんでくれました〜。



f0215324_16563045.jpg


f0215324_16560109.jpg


 

f0215324_17121356.jpg


会場には、

リーガロイヤルホテルの名物ソムリエ岡さんや

チーズソムリエの中林さんなどもいらっしゃって、

見事なホスピタリティで楽しませてくれました。



f0215324_16575143.jpg

 

最後のデセールを担当した、

オテル ル・ムーリス

「ル・ムーリス アラン・

デュカス」★★

シェフパティシェ

セドリック・グロレ氏ともお会いできましたよ。


f0215324_16581837.jpg

 

わたくし、昨年10月にParisのオテル ル・ムーリスにステイさせていただきましたが、

いやこのパラスホテルは世界一素敵なホテルだと思います。

そんな華麗なる歴史と格式に根ざした、

フランスを代表するホテル内のダイニングレストラン、

アラン・デュカスで頂いたお料理がほんっとに美味しくて、

あの日の感動が蘇り、もうーーーうれしすぎました。

 

いや、それにしてもイケメンですね、彼(笑)

人柄も良くて、チャーミングで、

とっても人気のあるシェフというのがわかりました。

 

そしてル・ムーリスの取材で大変お世話になった、

同ホテルとプラザ・アテネの広報をされている

大岡陽子さまともうれしい再会ができました。


f0215324_16585177.jpg

 


f0215324_16591864.jpg


また、会場にはタキシードをキリッと着こなした

神戸北野ホテルの総料理長山口シェフもいらしていました。

 


f0215324_16594394.jpg



f0215324_17000770.jpg


山口シェフがフランス、コート・ドールにいらしたとき

ご一緒だった、

「ラ・グエニエール」

総料理長

オリヴィエ・ヴァラード氏もご紹介していただけて、

しあわせ〜。



f0215324_17004876.jpg

 

オリヴィエさんがいらっしゃるモンサンミッシェルの近く、

カンカラはそうよ!

極上牡蠣の故郷。

 

私が一度行きたいと思っていたホテル内のレストランなんです。

山口シェフ、ありがとうございました。

 

 

こんな風に世界の名だたるシェフたちと

身近いに触れ合うことができる

ガラディナー。

改めてフランス料理の魅力を再発見する一夜の素晴らしき宴でした〜。

 

f0215324_17012800.jpg



f0215324_17020041.jpg




さて。

 

そんなダイナースクラブ フランスレストランウィークが

本日よりはじまりましたー。


f0215324_17064020.png

 

期間は109まで。

 

詳しくはこちらからご覧くださいね。


 

期間中、ランチ:2,500円もしくは5,000円、ディナー:5,000円(いずれも税・サービス料込)の驚きの一律価格で、前菜・メイン・デザート・食後の飲物のコースを楽しむことができます。

参加レストランは全国で約600軒。

 

このチャンスにぜひ一度行きたかった!というレストランに足を運んで、

さまざまなタイプのフランス料理を楽しんでみませんか?

 

私の大好きな大阪 本町のフレンチレストラン

カルト・ブランシュも加盟しています。

 

こちらでチェックしてみてくださいね。


f0215324_17060725.jpg

 


 

f0215324_17124765.jpg

 


by madamregina | 2017-09-23 16:40 | Comments(0)

空港からグラホに直行!   

2017年 09月 16日

f0215324_12563759.jpg

どもども〜

みなさま。
わたくし、無事ワイハより帰還いたしました〜。

台風は逃れて良かったけど、
でもフライは微妙に揺れまして、
たぶん、他の人にとってはこれっくらい・・というレベルでしょうが、
あっしにとっては、一大事。
生きた心地しませんでしたよ、ほんと。

毎回飛行機が揺れる度、
もうぜったい海外にはいかないよ、と誓うんだけど、
1週間もするとその恐怖を忘れてしまうんですよね。

f0215324_12545031.jpg

ま、それぐらいのほうが人生楽しめるけど。


さてー、
そんなわけで夕方に関空に到着すると、
即、向かうべきところといえば

グラホだろーーーーーー。笑っ

閉店ギリギリに間に合いまして、
またもやあれも欲しい、、これも欲しいとぜぃぜぃいいながら、
カゴに入れてきました〜。


まずはこれはマストの、
グラホで最高人気を誇る
自家製ローストビーフ。

f0215324_12552180.jpg

今日もまたなんて美味しそうなんでしょう。


そして、
お宝たまごでしょ。

f0215324_12554144.jpg

納豆。
ゆし豆腐。
デリ3種盛り。
豚汁キット。
たからづか牛乳のヨーグルト。
カットネギ。
肉うどん。などなど。

f0215324_12570008.jpg



ちょうど、イタリアンフェアがはじまったばかりで、
スタッフにおすすめを選んでいただきました〜。

f0215324_12571524.jpg


鴨ロースの自家ローストのサラダ。
脂メカジキのピーナツバター風味。
リコッタチーズとほうれん草のカネロ。
そして、エスプレッソ香るパンナコッタ。

f0215324_12573799.jpg


さっそくお家に帰って酒盛り〜笑

いやーんもう、
鴨ロースの自家製スモークサラダ。
f0215324_12581525.jpg

なにーーーーーーー、この美味しさ!

脂がたっぷりのった鴨ロース。
口に入れると、
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

まるでベルベッドのようにやわらかく、とろりんちょと溶けて、
美味しいといったらないっ。

つけあわせのオリジナルバルサミコドレッシングがこれまた激ウマなんです。

f0215324_12583582.jpg

他にもこんな美味しそうなイタリアンのお惣菜が!


■スティック野菜とバーニャカウダ
■ポルチーニのパスタ
■鶏モモ肉の香草グリル
■イカスミリゾットのコロッケ
■とろけるご馳走ラザニア

f0215324_12585268.jpg


f0215324_12590981.jpg

いやそれにしても。
ローストビーフも、ほぇええええええー。
口の中でとろける美味しさ。

こんな美味しいローストビーフはどこを探してもありませんよっ。
毎日食べたい。

そしてメインは肉うどん。笑

わたし、グラホのこの冷凍肉うどん、
1週間に2回は食べてるんじゃないかってほど、
大好きすぎて困ってますねん。

さぬきにこだわった、おおみねの肉うどん。
国産小麦 さぬきの夢、そしてさぬき和牛100%。

わたしはテーブルにお鍋の用意をして、
2個分入れて、くつくつたきながら頂きますが、
ほんまにもう、お出汁も絶品で、
ハワイ帰りの舌に優しすぎて、泣きました。

そしてー、
今日の朝食です。

f0215324_12594365.jpg


f0215324_13000944.jpg





サラダには、
ネギドレッシングが最近のお気に入り。

f0215324_13012535.jpg



いや、奥さん、
ちなみに豚汁キットがあれば、
あっという間に最高に美味しい豚汁ができます。

f0215324_13024878.jpg

中身はこんな感じです。

f0215324_13030724.jpg

f0215324_13033960.jpg


まずはあらかじめ煮たお出汁と豚、

f0215324_13035776.jpg

そしてささがきゴボウのパックを入れて、

ちょっと煮立たったら、すぐに白菜、大根、人参など野菜を投入。


こちらな生ですが、あっという間に炊き込めます。

f0215324_13042019.jpg

そして、つけあわせのお味噌を溶かすだけで、
出来上がり。

f0215324_13043726.jpg


f0215324_13045818.jpg

ちなみにグラホのキットに入っている、
ビニール袋はどこからでも切れるので、
ストレスなし。

f0215324_13052279.jpg

よくあるでしょ?
ここから切れます・・と書かれたところを切っても
ちょっと手がぬれていたりしたら、
まったく切れなくて、いらいらっって。

そういうのもまったくない。

さらに工程がシンプルなのもうれしい。

あまり込み入ってくると、もうそれだけでストレスで、
それなら最初から自分で作るわ!
と思える複雑キットも多いんですよ、奥さん。


そして、お味はね。

なんというのかな?
料理人のプロの味・・というのではない、
めっちゃくちゃお料理が上手な
お母さんが作ってくれた・・・みたいな味。

こういうあったかな豚汁が食べたかったんです。

f0215324_13061419.jpg

わたしは自分でも作りますが、
正直、グラホのキットの方が好みです。

2人前で、お椀に2杯ずつぐらいあります。

そして、
お宝卵で溶いた納豆もまいうーーーまいうーー。

f0215324_13004181.jpg

お宝卵で作った卵焼きも最高に美味しかった〜

青唐辛子を入れた辛子明太子、青、もずっとハワイで食べたかったんです。

おかげで、ご飯2杯もおかわりしちゃったけど、
ま、いいか。




そんなわけで、
世間は3連休なんですね〜


わたしは仕事ですが、
今日のお昼も、夜も冷蔵庫には
グラホで買った美味しいものがいっぱいつまってる。

ああ、しあわせ〜



by madamregina | 2017-09-16 12:47 | Comments(0)

夢の時間@ラ メール Halekulani   

2017年 09月 12日
しばらくこの投稿を
トップ記事に固定しています。

新しい投稿はこのあとに。

f0215324_10545394.jpg

お誕生日ディナーは、
やはり!

La Merでした。

いやぁ、ほんとにほんとに
すべてが心に残る時間でした。

f0215324_10555795.jpg

今年100年を迎えるハレクラニの中でも、
その歴史を語る本館の2階。

エレベーターもありますが、
わたしはこの階段で2階に上がるのが好き。
このアプローチに
すでに心は高まりまくり。

f0215324_10563204.jpg

オーシャンフロントに佇むこのフレンチレストランは、フォーブス トラベル ガイドで最高の五つ星を受賞、
全米自動車協会によるレストラン格付けでは最高のファイブダイアモンドをハワイでもっとも長く獲得し続けています。

f0215324_10592072.jpg

うれしいのは、子供は8歳以上から。
それだけゲストにゆったりと過ごしてもらいたいことに、
重きを置いたレストランなんですね。

エントランスでは、
ラ メールのGMのスティーブンさんが
わたしたちの到着を待ってくださっていました。

案内して頂いたのは、

ちょっと奥まった海側のいつものプラチナシート。

f0215324_10582966.jpg

真ん前に海とヤシの木。
左側にはバーンっ、とダイヤモンドヘッドが
見えるため息のロケーション。

f0215324_10573367.jpg


f0215324_11205808.jpg

スティーブンさんと再会を記念して、パチリ。

f0215324_11010016.jpg

そして、わたしたちのテーブルを担当してくださるのは、ローレンスさん。

お誕生日のディナーは毎年彼が担当してくれます。

まずはシャンパンから。

f0215324_11014407.jpg


カンパーイ。

f0215324_11030890.jpg

そしてー
シェフ、Alexが自らアミューズを持って来てくれました!

f0215324_11042947.jpg

きゃあ!

なんて繊細で、美しいアミューズでしょう。

f0215324_11045630.jpg

ひとつは、フランス産キャヴィアの最高峰
ベルーガがびっしりと敷き詰められたカナッペ。

f0215324_11053973.jpg

もうひとつは、
オーストラリア産黒トリュフ。

まずは、キャヴィアから。
このマウンテンキャヴィアの、
下には生の甘エビが。
甘エビの甘さとキャヴィアの気品ある塩味、そしてシャンパン。

おお!
世界一魅力的組み合わせじゃあるまいか!

美味しすぎますっ。

いや、はっきり言いまして、
キャヴィアの最高峰は、
やはり大粒、灰色、塩味控えめ。
これにつきますね。

トリュフの方も負けていませんっ。

f0215324_11063273.jpg

もはや、このシャンパンとの究極のマリアージュに
すでに頂点を極めたかのような
限りなくゴージャスで、
限りなく贅沢なアミューズよっ!

f0215324_11071601.jpg

で、この華麗なるシャンパンタイムを
楽しみつつ、
この日のメニューについて
想いを馳せるとき…

いや、いままでのつらかったことや、
苦しかったことが、
霧が晴れるように消えちゃいますよ、ほんとに。

いつもとは違う、
こんな特別な時を過ごす時間は、
まさに、何にも勝るセラピーのような気さえしてきますな。

で、私たちが選んだのは、
デザートを含む、4つのコース。

まずはシェフからの一品。

■冷製鴨のフォアグラ
ビーツのゼリー、ラズベリーエッセンス、バターナッツスクワッシュのピュレ。

f0215324_11075131.jpg

二品目は、またまた
■フォアグラのポワレ パイナップルのクーリ

f0215324_11083233.jpg


NY Stateのフォアグラ、
中はとろーり、ふるふる、
濃厚にして、ふんわり溶ける最高のフォアグラ!

そういえば、
6月のNY旅で、
伝説のフレンチBuleyでも同じメニューを
いただきましたが、
ラ メールの圧勝です!



相方は
■帆立貝のロティと烏賊の薄造り
オレンジ風味キャビアのソース。

f0215324_11113014.jpg

ここにもキャヴィアが!

次は

■ロブスターのポーチとバジルのニョッキ ココナッツエッセンス

f0215324_11123479.jpg


だんだん夜の帳がおりて、
写真も暗くてすいません(〃ω〃)


そして、
メインはシェフにお任せいたしました。

そしたらー

■USプライムビーフフィレとフォアグラのソテーに、
これまたブラックトリュフがたっぷりのっかっていました。
添えられたトリュフたっぷりのマッシュポテトも最高に美味しかったです!

f0215324_11135154.jpg

デザートはスフレ。
オーダーしてから30分かかるので、
メインコースのときに
聞きにきてくれます。

ふっくら香ばしく焼き上がった、
ラ メールのスフレ、
あっつあつをまずはそのまま。
そして、
次はキャラメルソースで。
次はカプチーノ風味のソース。
最後はパッションフルーツソースで。


f0215324_11150554.jpg

そこに、
可愛いお祝いのケーキが登場。

ロウソクを消すとき
相方との健康を祈りました。

そして。
いつまでも元気で、
また、来年もラメールに来れますように…と。

いや、ほんとに、
世界中に素敵なレストランは数あれど、
どんなゲストにも変わらない
ハートのこもったホスピタリティと
適度な緊張感とゆるりとした絶妙の
心地よさを与えてくれる
こんな素敵なレストランを、
わたしは知りませんっ。



たぶん、ラメールより美味しいフレンチレストランはあるでしょう。

もっとゴージャスな空間も、あるよね。

でも、
これほど幸福感に満たされる場所はありません。

まさにこれぞ、ハレクラニ流儀に貫かれたファインダイニング。

どんな風に素晴らしいのか⁉️

それはやっぱり
実際ここを訪れないことには
わかりません。

みなさま、
ぜひ、ラ メールで、
夢のようなひとときを
お過ごしくださいませね。

f0215324_11220458.jpg


ラ メールの夢のようなディナーのあとは、
いつものように、
大好きなこの場所、
暖炉の前で
しばし、
余韻に浸っておりました…

f0215324_11180999.jpg
おまけ。

f0215324_11232572.jpg

by madamregina | 2017-09-12 10:53 | Comments(0)

グラホ絶品ローストビーフ!   

2017年 09月 10日
f0215324_15263093.jpg


きゃあ!

みなさまっ。

ニュースですよ。

わたしが愛してやまないグラホの中でも、
いっちばん好きな、
オリジナルのローストビーフ。

なんと!
期間限定で、
100グラムのお試しサイズが登場。

もうね、
はっきり言わせて頂きますが、
グラホのローストビーフを食べたら
そのへんのレストランやホテルの
ローストビーフは食べれませんよ。

味つけは塩とたっぷりの野菜だけ。

塩を振ったお肉を炒め、
玉ねぎやにんじんなどびっしり野菜を敷きつめた
上に焼いたお肉を乗せて、
オーブンで30分。

お肉に野菜の滋味がじんわりとしみて、
シンプルなのに、
とっても奥深い味わいに。

何より上質な国産牛を使っているので、
お肉そのもの味が別格の美味しさなんです。

わたしは300グラムぐらい買って、
冷凍し、少しずつ食べています。

ほんまに、
心底、
むちゃくちゃ美味しいよ。

グレービーソースで頂くのもよし。
グラホのオニオンドレッシングいいーっ。
本わさびにお醤油もいいし、
ポン酢もおすすめ。

食卓にグラホのローストビーフがあるだけで、
とっても豊かな気持ちになります。

f0215324_15421825.jpg

f0215324_15393741.jpg

f0215324_15410262.jpg

グラホのローストビーフを
食べたことない人は、
確実に人生損してますからっ笑

ぜーったい食べなあかんやつ、です。


まずは100グラムから試してみて。
必ずリピーターになって、
1キロぐらい買いたくなっちゃうから!




こちらからオーダーできます!




by madamregina | 2017-09-10 15:27 | Comments(0)

シャンからスタート@ハレクラニ   

2017年 09月 01日
f0215324_08214561.jpg


まずは、
駆けつけ泡から。

そして、
プールボーイにして
格闘家、
サーファーでもある
ジャンカルロと再会。

f0215324_08245348.jpg

やっぱり、いいねー。
この雰囲気。

f0215324_08252298.jpg

by madamregina | 2017-09-01 11:14 | Comments(0)

コンラッド大阪で、うれしすぎるサプライズバースデー♡   

2017年 08月 15日


f0215324_12002239.jpg



2017年6月9日にオープンした、

コンラッド大阪へ行ってきました。


f0215324_12022385.jpg


中之島フェスティバルタワー・ウェストの高層階。


40階のロビーに着くと、

わああ、すっごいパノラマ。

素敵すぎるビューです。


f0215324_12025748.jpg



風神雷神をモチーフにした

ポップなアート作品がたのしい。


f0215324_12074936.jpg


実は、とってもお世話になった、

山本良樹さんが、沖縄のヒルトンから

コンラッド大阪へ、

料飲部長として栄転されたので、


The Day Spaの河崎多恵社長とランチへ〜。


f0215324_12082904.jpg


この日は、大阪で類をみない本格シーフードグリル料理がいただける

「C:GRILL(シーグリル)」へ。


f0215324_12090637.jpg



カウンターも素敵ですが、


f0215324_12102414.jpg

山本さんがご用意くださったのは、

8人用の個室です。


f0215324_12094447.jpg


この日は多恵さんとわたしの二人だけのためにテーブルがセッティングされていて、

感激です。



地上200メートルからの眺めは、

もうーーーため息出るほど。


ここは日本なのかしらん?

どこかNYか香港のホテルのようなアトモスフェアがあります。


まずは、
ホテルのハウスシャンパン
Ruinartからスタート。


久々に山本さんのサーブによる、

ルイナールのシャンパン。


f0215324_12112451.jpg


f0215324_12115956.jpg



f0215324_12123120.jpg


f0215324_12133101.jpg


特別おいしーーーーー。


f0215324_12125421.jpg





バゲットは燻製バターかオリーブオイルでいただきます。


f0215324_12141497.jpg



そしてこちらで頂いたのは、

山本さんおすすめのおまかせスペシャルコース。


ちなみにこちらのレストランはじめ、ラウンジなどで使われている、

器やカトラリーはすべて山本さんが

それぞれのコンセプトにあわせてセレクトされたのだとか。


素敵ですー。




さて、お料理スタートです。

イエロートマトにキャヴィア、あわびが入った前菜は

彩りも鮮やかで、

さわやかな酸っぱさと甘さのバランスがバツグンな

この季節にぴったりの一品。


f0215324_12155494.jpg


f0215324_12163986.jpg


次に登場したのは、


山本さん考案による、

その名もシーフードバケツ。

錫製のなんて、

お洒落なバケツでしょう。



f0215324_12173455.jpg

極上マグロの九条ネギソースや、

雲丹とマスカルポーネチーズなど

新鮮な魚介をC Grillならではの

お洒落な食べ方で。


f0215324_12225647.jpg


こちらはトングとしても使えて、

そのままお箸のように使える

ウェスタンチョップスティック&トング。



これも山本さんのアイディア。

海外のゲストたちからも大人気だそう。



f0215324_12214471.jpg


こちらには、

やっぱり日本酒で。


f0215324_12234964.jpg


キリッと辛口、

でも、まろやかな冷酒がすすみますー。


この錫のお猪口も素敵ー。



f0215324_12251660.jpg



f0215324_12255278.jpg



f0215324_12302040.jpg



さらに、京都のジンが登場。


f0215324_12284417.jpg

ロックアイスを少し入れていただくと、

わあ、めちゃさわかや。


京都らしいはんなり感。

おいしー。


f0215324_12275400.jpg




また、乾杯!

f0215324_12293338.jpg


続くお料理も、

薪で焼かれたコショウダイ、


f0215324_12263007.jpg


こちらには、

カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨン。


わああ、

これ、最高!


と、高校から大学を、カリフォルニアに留学され、

Napaにも、よく行かれる多恵さんも絶賛の白でした。


f0215324_12375777.jpg


f0215324_12373030.jpg



またまた、乾杯!


幸せやなぁ。


f0215324_12400409.jpg




そしてメインは、

こちらも薪でローストされた

宮崎の都萬牛(とまん牛)

京都牛


f0215324_12314464.jpg

素材の良さが薪によって、
最大限に生かれています。

薪料理、大好き!

そう言えば、
神戸のミシュラン3ツ星レストラン、
カセントも薪料理コースが
素晴らしいのですが、
お魚とお肉料理は、
まさにカセントで頂くひと皿のようで、
薪料理大好きなわたしには、
ほんとにうれしいひと皿でした。


こちらには、イタリアの赤。

素敵なデキャンタに入れて頂いて、
気分がますます上がりますー。


f0215324_12442516.jpg


f0215324_12432218.jpg


f0215324_12454113.jpg

それぞれお料理に合わせた、
ワインやお酒も、
さすが山本さん。

ペアリングも素晴らしくて、
感動のマリアージュでした!


山本さん、

ありがとございます!



でー。

そろそろデザート、というときになり、
山本さんが後ろから私に目隠しを・・

え?え?

なになになに?!

と、思っていたら、



きゃーーーーーーーーーっ!

目の前に、
バースデーケーキがっ!

f0215324_12462703.jpg


ええええええっーーーー。



まったく予想もしていなかっただけに、
もうーーーー驚きと感激で
泣きそう。

もー、ハッピーすぎるー。





なんてラブリーすぎるギフトボックスの
バースデーケーキ。


f0215324_12474875.jpg

わたしがこの日着ていたのは、

レジィーナロマンティコの

9月発売予定の星プリントの

メッセージジャケットのMuse,

同柄のパンツとベストを合わせていたんですが、


ケーキのギフトボックスリボンのピンクと、

ジャケットのお袖口のパイピングの色が偶然リンクしていて、

さらにテンションマックスに!


f0215324_14150689.jpg



多恵さんが山本さんに、
わたしをイメージして
お願いしてくださっていた、
サプライズ・・・。



それを形にしてくださった山本さん。

ゲストを幸せにする
その心のこもったホスピタリティは、
やっぱり山本さんの右に出る人はいないですね。


f0215324_12512219.jpg


ほんっとに感激です。



最高にうれしいお誕生日の贈り物。

今日は、
わたしのお誕生日をお祝いしてくださるための、
ランチだったんですね・・・。涙。



で、

まだまだデザートが。


ココナッツとヘーゼルナッツのチョコレートケーキ!


f0215324_14200282.jpg

これ、めちゃくちゃおいしー。


そして、山本さん自ら、カプチーノを

作ってくださいました。

感激。


f0215324_14193164.jpg



f0215324_14185062.jpg

いや、人生、いつもいいことばかりじゃない。

ときには凹むこともたくさんありますが、

こんな愛のこもったサプライズバースデーを

してもらえたら、

ぜーんぶ忘れちゃえますよね。


多恵さんのお気持ちがこもった、


素敵すぎるサプライズランチでした。


多恵さん、
ほんとに、ほんとにありがとうございました。


f0215324_12530626.jpg


ランチのあとは、

ラウンジで、

しょうが入りノンアルコールのカクテルを。




f0215324_12552672.jpg



f0215324_12563029.jpg


その名も『しゅうがなくない』。

たのしー。

こちらも、山本さんのアイディア。


そして、

だんだんと、夕暮れが深まり、

窓から見える大阪の風景も

また違う表情に。



f0215324_13004607.jpg





気がつくと、

ランチから7時間近くコンラッド大阪にいました。


f0215324_13021699.jpg


帰る頃には、

すでに夜の帳が降りていましたが、

この時間も素敵なコンラッド大阪でした。


多恵さんとのお喋りはいつも

素晴らしい刺激に溢れ、

ときには目からウロコのビジネス哲学も

学べて、

わたしには欠かすことのできない大切な時間。

お家に帰って、

お土産のバースデーケーキを

相方と頂きました。


f0215324_13033638.jpg


壱子、しあわせっ。


多恵さん。

ほんとに素敵な時間を

ありがとございました!







by madamregina | 2017-08-15 13:37 | Comments(0)

お家でのんびり簡単サンデーブランチ@グラホ   

2017年 07月 09日
f0215324_18043833.jpg


今日は、
なんだかさえないお天気でしたが、


グラホで毎週水曜日に販売される、
大人気の点心のトーストで
遅めのランチを
食べたら元気になりましたー。


点心のトースト!



もう、これほんっとに美味しい。
テーブルに置くだけで、
ふわわわーーんと
何とも言えないいい香りが漂って、
もう、たまりませんっ。

毎回大量に買って冷凍しておりますっ。


そしてーーーこんがり焼けたトーストにつけるのは、
こちらもグラホで大人気のブラン・ブール 白いバター。


f0215324_18054865.jpg

このバター、
めっちゃくちゃコクがあるのに、
あっさりとした口溶けで、
最近、我が家ではボラディアバターを抑えて、
一気にスタメンにのしあがりました。

f0215324_18061106.jpg



青草でなく干し草を食べた牛の生乳で作られているので、
ミルクのように白いのーーーー。

ほんっと絶品バターです。

1箱¥553。これぜったい安いーーーーー。

お料理にもがんがん使ってます。

お野菜を炒めるときに使って黒胡椒をいっぱいふりかけただけで、もうーーーーおいしーーー。




そして。
トーストにはやっぱりトンニーノツナ。

f0215324_18063659.jpg


新鮮なキハダマグロを贅沢にざっくり切って、
ひとつひとつ丁寧にオリーブオイルベースのオリジナルフレーバーに漬まれています。

これトロなんですよね。

そりゃ美味しいはずだわ。

もうこのツナをいただくと、
他のツナ缶食べれない。




オレガノなど5種類のフレーバーがあります。


ちょっと小さめサイズも登場しています。

ギフトにも良く出るそうよ。


そして。
サラダ嫌いのわたしをすっかり
サラダ好きにした、

新玉ねぎ生ドレッシング。

f0215324_18071598.jpg

いまの季節だけの限定商品。

めっちゃくちゃ売れているそうです。


冷蔵庫に買い置きがないと、
不安になるのよね。




でー
こちらもまた大人気、
とってもセレブな
石垣島の有機栽培にこだわった、
パイナップルで作られた希少なパイナップルジュース。


f0215324_18080850.jpg

すっきりとした甘さで、
こんなお天気の日には
気分まで爽やかになります。

f0215324_18082730.jpg



ぜーーんぶグラホのオンラインで買えます。


f0215324_18105892.jpg

点心のパンについてはお問い合わせくださいね。





by madamregina | 2017-07-09 18:02 | Comments(0)

疲れたときは、グラホよね!   

2017年 06月 29日

f0215324_20391624.jpg




やっぱり元気をつけに行きたいときは、

ここよね〜。



そうよ、わたしの桃源郷、パワースポット、

すぐご近所のグランドフードホールへ〜








もうね、この自動ドアを開けて中に入ると、

きゃーーーーー。

それだけでテンション一気に上るわたくし。





あかんっ。



欲しいものばっかりーーーーー!





もし誰かが、「壱子さん、ここにあるもの、ぜんぶ買っていいよ」



と言ってくれたら、わたし、その人と即結婚しますっ(笑)





いや、それはともかく。



この日はグラホのエースバイヤーである、

谷直樹さんがいらしたので、

いろいろおすすめを伺いました。


f0215324_20405307.jpg







最近大人気のパリパリチーズ。

これめっちゃシャンパンに合いそう。


f0215324_20391720.jpg





ピザチックなBOXは、
ちょっとしたおもたせにもいいよね。



こちらは、
岩手の美味しく食べる、牛乳寒天。


f0215324_20391777.jpg





昔ながらの素朴な寒天で人気があるとか。



こちらも買いました。



あとこちらも昔ながらの焼豚をずっと吊るしてローストする、

焼豚。



天日干し 愛媛のエビちりめんも買いました。


f0215324_20413199.jpg

これ、さっそくおやつにいただいたら、めっちゃ美味しい。





あと大人気の玄米ミルクのパン。

天然酵母で長時間発酵させ、牛乳や卵を使わず

生きた玄米ミルクを使用し、

しかも特製の窯でなんと薪木を燃やしてじっくり焼いているので、

ほんっとにほんっとに味わい深いパン。


f0215324_20421263.jpg



食パン、バゲット、レーズンとありますが、

子供がいるわたしのお友達も大絶賛。

子供たちが安全で安心に食べれて、しかもこんなに美味しいなんて・・と

毎日朝食に食べているそう。


大人気のいましか食べれない
たまねぎ生ドレッシングも2本目ー。


f0215324_21193585.jpg


あとはひじきも買いましたよ。

f0215324_20502198.jpg


そしてグラホの天ぷらがすっごく美味しいので、

ひじきに入れて炊くために買いました。





わたし、ひじきなんて今までの人生で炊いたことなかったんですけど、

グラホのスタッフおすすめの調味料を揃えて

使ってみたら、



えーーーーーーーーーーー?!



というほど、とってもおふくろの味・・・なひじきが作れて、

感動!


我が家のミラクル調味料セット。

f0215324_21200157.jpg

これさえあれば、
どんなたきもんでも
むちゃくちゃ美味しく作れます。


f0215324_21204453.jpg


f0215324_21210427.jpg

f0215324_21212931.jpg


f0215324_21202356.jpg

調味料の力、おそるべし。


とにかく、
この4点、迷わず買って使って見て!

お料理のクオリティがワンランクどころか、
10ランクぐらい上がりますっ。



この料理酒も、
なんともまろやかで
優しい味。

ほんにすっばらしいので、

使いすぎてついついなくなっちゃう。





新たにゲット。


f0215324_20435780.jpg







ここはほんとに食のワンダーランド。



グラホでお買い物しているお客さんたち、

みんな幸せそう。



この前こちらでご紹介した、白菜の塩漬けをまとめ買いしている人もいるーーー。


f0215324_11285016.jpg


で、この日買ったのをテーブルの上に。

f0215324_20442212.jpg

みなさま、グラホのフライもの、めっちゃ美味しいのご存知でした?



ミートコロッケなんかもう、

世界一美味しいと思います。



どうしていままで◯園のやつとか◯◯とかで買ってたんだろうーーーー笑



そしてーーー。

ここのエビフライを買うときも、心がめっちゃときめきます。







子供の頃から大好きだったエビフライ。



家族が大好きだった元外国船のシェフだったおじさまが営んでいる、

洋食屋で頂いたエビフライにそっくり。



エビそのものがしっかりとおっきいです。

衣もさっくさく。



タルタルソースもついてます。





デリのキヌアサラダも我が家の定番。


f0215324_20445458.jpg



そんなわけで、手抜きだけど、

家族がいちばんよろこぶグラホご飯。


f0215324_20452599.jpg


ああ、しあわせ。






お近くじゃない人は、

オンラインからも注文できます。

お問い合わせはこちらまで。

株式会社 グランドフードホール 

住所 / 〒659-0091 兵庫県芦屋市東山町6-6
TEL / 0797-35-2020
営業時間 / 10:30am ~ 8:00pm
日曜・祝日は6:00pmまで【不定休】
JR「芦屋」駅より徒歩13分
阪急神戸線「芦屋川」駅より徒歩12分
お客様専用駐車場8台完備

by madamregina | 2017-06-29 20:35 | Comments(0)

大好きなスンダリも登場!ナチュラルビューティスタイル展   

2017年 06月 28日
f0215324_15504967.jpg



みなさまー。

JR名古屋タカシマヤ店で
毎年大人気の『ナチュラル ビューティー スタイル展 ~』が
今年も開催されます!


第20回記念となる今年は7月5日(水)→10日(月) 

私の大好きなスンダリも出店いたしますよー。



アーユルヴェーダをベースとした、
スンダリのスキンケアはほんとに香りも素敵で、
みんな大好き。

中でも私のおすすめは、
エッセンシャルオイル。


f0215324_15513147.jpg

毎回海外の旅にもぜったい持参する
大のお気に入り。

さっぱりとしたテクスチャーで、
翌朝のお肌の垢抜け感が
すばらしーです。

つやつや、ぷりぷりになって、
夜までしっとり。





f0215324_15530901.jpg




保湿と肌を輝かせたい人には、
マストなエッセンシャル。


これからの梅雨の季節、
ちょっと憂鬱な朝も
私はこのエッセンシャルオイル ヴァータをつけるだけで、
いっぺんに
リチャージできるんです。

f0215324_16161469.jpg



香りがー。
もーたまらんっ。

オーガニックになんともヒーリング効果のある香り。

数あるスキンケアの中でいちばん好きな香りかも。


ボックスは内側までこんなに素敵!

f0215324_16175835.jpg

そこも好き。




そして、
スンダリのもうひとつのおすすめは、
ボディケアのファーミングラインです。

特に人気なのが、
ファーミングボディローション。


f0215324_16173392.jpg

これは、スンダリのスパサロンで使われていたプロ用だったのですが、

あまりにもお客さんからのオファーが相次いだので、

商品化された、伝説のロングセラー。

美容家たちからも絶賛の嵐。



お風呂上り、気になるところにつけると、

確実に引き締まります。

ヒップ、ふくらはぎ、二の腕、お腹まわり・・・

ってもう気になるところばかりなんですけど!


このボディローションの優れている点は、
スリミング効果だけでなく、

つけるとお肌がすべすべ、つるつるになるところ。

f0215324_16182966.jpg


わたくし、これまで10本は使ってます、はい。

え?

使ったことない?

マジですか?


それはあかんがな。笑


ぜひ、ナチュラルビューティスタイル展で
ゲットしてくださいね。


とにかく、これから露出度が上がる、夏の必須アイテムですよー。



詳しくはこちらのサイトをご覧くださいね!






by madamregina | 2017-06-28 15:48

ほんとに喜んでもらえるお中元を送りたい!   

2017年 06月 24日
f0215324_11101628.jpg




f0215324_11043771.jpg



おはよーございます!

梅雨の合間の爽やかな土曜日、
みなさま、いかがお過ごし?

今朝は起きたてに、
このグラホのにんじんジュースを頂いて

ああ、気持ちいい。


f0215324_11104669.jpg

f0215324_11050673.jpg



ふふ。
バカラのシャンパングラスに入れて、
気分上げてますっ。



でー。
みなさま。
お中元、決まりました?

実は、わたくし、
ついつい忙しくて、
デパートから毎年同じもの!
と、わりといい加減に、
と言うか、まぁ形で!

みたいな送り方していました、白状すると…


でも!

それではまったく気持ち、伝わらないよね。

また、なんでもお家にあります、とか。
いただきものが、とにかく多いお宅とか。
贅沢を知り尽くしてるマダムとか。

わたしの周りには、
ちょっとやそっとの贈り物では
感動してくれないツワモノが多いんです。笑笑


そこでー。

わたくしの今年のお中元は、
すべてグラホから送ることにしました!

でー。
なんといってもおすすめは、
この、にんじんの中のにんじんジュース。


f0215324_11060934.jpg


奈良の農薬不使用栽培でできた
完熟人参のみを使用した
心底贅沢なにんじんジュースです!

f0215324_11064370.jpg


もう、ひとくち飲むと、
すっきりとした甘み、
そのエレガントな風味に
きゃあ!
めちゃ感動しますよー。


f0215324_11124091.jpg


本来人参ジュースは
りんごジュースやレモンを入れないとどうしても、
土臭くなっちゃうそうなんですが、
人参だけでここまでの甘さと美味しさを
表現できるなんて、
ほんとに凄すぎます。

f0215324_11070839.jpg

一本2000円。

ちょっとだけ高いです。
自分ではなかなか、買えない。
だからこそ頂いたら
めちゃうれしいセレブなにんじんジュース!


f0215324_11131672.jpg


このにんじんジュースの2本詰めもいいですが、





もう1本グラホの大人気商品、
トマトの中のトマトジュースとの組み合わせも
喜ばれること間違いありませんっ。


f0215324_11112391.jpg

このトマトジュースも、凄いよ。

「明日落ちるトマトだけで作ったトマト博士の最高傑作」


トマトは、有機肥料を使って20年以上もかけて
土つくりを行っている北海道の多田農園のもの。

そこで、
枝の上で真っ赤にはじけるまで完熟したものだけを
収穫して使っています。


トマトを搾っただけなのに、
まるでフルーツのような甘さが特徴です。

これ差し上げた方は、
ほんとにみなさん感動の嵐!


最高に贅沢なにんじんとトマトの
究極のジュース。






オンラインで、
こちらから買えます!


f0215324_11115848.jpg

















by madamregina | 2017-06-24 17:14