カテゴリ:グランドフードホール(グラホ( 43 )   

日本の有名バーテンダーが惚れ抜いたレモン!   

2018年 01月 23日


f0215324_13312757.jpg



みなさまーーーーっ、

グラホに本日火曜日から入荷する、

レモンが

もうーーーとんでもなく凄いんです。


瀬戸内しまなみ海道にある生口島。

このあたり一帯と高根島を占める広島尾道市瀬戸田町は、

レモンの一大産地。

名前もレモン谷。


f0215324_13314641.jpg

f0215324_13314892.jpg

観光地としてもつとに知られています。


海外からも観光客がたくさん訪れるそう。


でー、

こちらで作られる

レモンの人気の秘訣は

皮まで食べれるあまーいレモン。


もちろん、農薬や化学肥料を極力減らしています。



そんな中でも、

グラホが取り扱う、

能勢農園のレモンは、

海を見下ろす日当たりのいい急斜面で

有機栽培で作られています。


f0215324_13321538.jpg


日本で唯一魚ぼかしだけで育てているそう。


魚ぼかしとは、

魚原料をぜいたくに使って、

野菜・果樹のおいしさを追求した肥料。


だから、安全、安心。

そして、とーーーっても甘い

スーパースペシャルなレモンです。


ワックスもかけないから、

自然のツヤと色が、美しい!


f0215324_13323097.jpg



なんでも日本の有名バーテンダーが

惚れ抜いたレモンだとか。


これはもうーーーー買わなきゃはじまりませんっ。


ふがっ。



by madamregina | 2018-01-23 13:30 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)

グラホでこれ買いたいシリーズ年末年始編   

2017年 12月 28日
f0215324_15102986.jpg

f0215324_15103054.jpg



どもども〜
みなさま、
お正月の準備は大丈夫ですかっ。

大掃除している人も多いはず〜。

山の我が家はチラチラ雪がああああ。

で、さきほど、
食いしん坊バンザイなお友達から連絡があり、
「いっちゃん、これぜったいおすすめ」

と教えてくれたのが、

グラホのお取り寄せ、「縁く栗」。

こちらは西宮・夙川の菓一條榮久堂吉宗の和菓子の
大人気商品です。

f0215324_15104820.jpg


栗好きな相方も、
グラホの美味しいカレンダーを見て、
ずっと欲しいと騒いでた和菓子だぁ。

栗は九州産生栗100%から製作した半生菓子。

栗の風味をぎゅっと閉じ込め、
徳島産和三盆糖をまぶして
とっても上品な味〜。

箱も「桐箱」なので、
お年始のおもたせにもぴったりじゃない?

夙川、苦楽園、芦屋マダムにも大人気の絶品和菓子だそう。


f0215324_15131310.jpg


そしてー。
年末年始にマストなのが
無漂白数の子、すし具、お蕎麦です。

f0215324_15111186.jpg



すし具はグラホのスタッフも使っている
大人気商品で、
無添加で混ぜるだけ。

ほのかな甘味が美味しく
お野菜もめっちゃシャキシャキ。

お客さまがふいにいらしたときも、
錦糸卵や贅沢にイクラをのせれば、

豪華ちらし寿司が
さっと出来ちゃう、優れもの。

お蕎麦はね、
これもすごいよ。

f0215324_15123177.jpg


お蕎麦の原種の産地は
実は日本でも6箇所しかないんです。

この兵庫県 赤松はそのひとつ。

わたくし、お蕎麦は生そば一辺倒でしたが、
この
「赤松の石臼挽きそばの郷」は、
乾麺なのにとっても香りが高く、
蕎麦好きにも大人気の逸品とか。

生蕎麦は、あまり日持ちがしませんが、
乾麺なら10カ月は持ちます。

蕎麦好きな我が家、
10個ぐらい欲しいです。

そして、
北海道産数の子。
天然物で冷凍処理もしていません。
無着色、無漂白。
f0215324_15125556.jpg


さすが、グラホのセレクトだけありますっ。

あ、グラホチョイスの白味噌もマストですね〜

f0215324_15134659.jpg
ちなみに、
こちらは
先日グラホに行ったとき買ったものー。
手前にちらっと見えているのは、
いま、ハマっている
ニイハオの餃子です。

皮がもっちもちで、
もー、台湾で食べているような
本格派。

1週間に一度は食べてますっ。
ご馳走の合間に食べます(笑)

f0215324_15135087.jpg

これぜんぶ、
ぜーーーったい買いにいかなきゃ。

でー、ただいま
グラホでは店頭のお買い物、
1万円以上ごとに
素敵なオリジナルトートが
プレゼントされますよー。

f0215324_15164955.jpg

f0215324_15165674.jpg


わたしはもう、だいぶたまりました。



でもまだまだためすよー。

いや、ほんまに、
急いで行かなきゃ、
売り切れそうです〜

むふ〜っ。


株式会社 グランドフードホール

住所 / 〒659-0091 兵庫県芦屋市東山町6-6 TEL / 0797-35-2020

営業時間 / 10:30am ~ 8:00pm <日曜・祝日は6:00pmまで>【不定休】


JR「芦屋」駅より徒歩13分 ・ 阪急神戸線「芦屋川」駅より徒歩12分


お客様専用駐車場8台完備


年末年始の営業

12月30日まで。

※お節の受け取りは31日まで。


新年は1月5日より。


オンラインは年始は1月11日より発送開始。







by madamregina | 2017-12-28 15:09 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)

人とは違うセンスいいプチギフトを贈りたい!   

2017年 12月 19日

f0215324_13480270.jpeg



 年末年始のこの時期、

いろんなお食事会やパーティがあって、

そのときちょっとしたプチギフトを贈ることも多いですよね。

 

わたしもよくいただきます。

先日はある女性から京都宇治園の大福茶や、

梅びしおなどをいただきました。

 

これがなんともお洒落で、

どこでも買えるものなじゃいので、

とっても印象に残りました。

 

こんなセンスのいい贈り物をくださる方は、

やっぱり仕事もできて、みなから愛される人ばかり。

 

ギフトってほんとにその人そのものなんだ・・・

と言う思いを改めて感じだ次第。

 

やっぱりデパートですぐに帰るものじゃなくて、

わざわざその人のために「見つけました感」が、

伝わる贈り物がいいよね。

 

 

そういう意味で、

芦屋のグランドフードホールは

気の利いた贈り物の宝庫!!!


f0215324_13490151.jpeg

 

 

わたしの定番は、

グラホオリジナルのローストナッツです。

 


 

なんとーーー。

グラホ店内でシェフがひとつひとつ丁寧にローストしているんです!

 

 

グラホはシェフのいるデリで、

そのコンセプトも「シェフが選び・作る」。

だから、このローストナッツもシェフがデリと同じように、

選りすぐりのナッツをローストしたあと、

特製のハーブや蜂蜜、コーヒー味を馴染ませているんですーーー。

いやあ、凄い。

 

ローストナッツは3種類。

 

ハニーとローストナッツ。

ハーブローストナッツ。

コーヒーローストナッツ。


f0215324_13511981.jpeg

 

それぞれ、

アーモンド、カシューナッツ、くるみ、マカダミアナッツ、ピーカンナッツ、ピスタチオを丁寧にローストしたあと、

特製ハーブやはちみつ、エスプレッソで味を染み込ませています。

 

このオリジナルナッツを作る南シェフは

「ただナッツのまわりに味をつけるだけじゃなくて、

ナッツの中にまで味が染み込ませています」とのこと。

 

だから他のローストナッツとはまったく違う、

深みのある味わいになるんですね〜。

 

 

f0215324_13530355.jpeg

 

いやもう、

こんな美味しいナッツはちょっと食べたことないよっ。

 

とにかく軽くて、カリッと口の中で弾ける香ばしさ。

一度食べたら、病みつきです、ほんっとに。

 

わたしは蜂蜜とバター、塩でローストされた、ハニーローストナッツが大好きなんですが、


f0215324_13590344.jpeg

 

お友達はワインのお供に、ハーブローストナッツが最高!と

絶賛していました。

同じくローストした6種類のナッツに、

香り高いローズマリーなどのスパイスで味つけした

大人の味。

 

ワインやビールはもちろん、

サラダにもぴったり。


f0215324_13592205.jpeg

 

男性へのお土産にもめっちゃ喜ばれました。

 

 

コーヒーローストは、

上質なエスプレッソを極限まで入れた

コーヒー好きにはたまらない美味しさ。

 

f0215324_13594012.jpeg

 

アンティーク調のカンカンもお洒落で、

プチギフトとは言えないほど、存在感もたっぷり。


f0215324_13550560.jpeg



 

わたしよく海外のお友達のお土産にもするんですが、

 

「こんな美味しいローストナッツ、食べたことないわ!」

 

と感激していました。


f0215324_13540232.jpeg

 

 

お値段はひとつ2000円(税別)。

 

相手の負担にもならず、

差し上げやすい素晴らしいプチギフト。

グラホでも大人気ロングセラーです。

 

 

これから年末年始には

お客様も多いし、

最後にさらっとお渡しするギフトにもぴったり。

 

自宅用にはつめかえ用もあります。

ちょっとシャンパンのアテにもめっちゃ合います。



f0215324_13562836.jpeg

 

ほんっとにおすすめ!

 

 

 

オンラインではこちらから買えます。



 

 


by madamregina | 2017-12-19 13:40 | グランドフードホール(グラホ

史上最強のごぼうと里芋。   

2017年 12月 19日
f0215324_12063941.jpg


えっと、

先日、わたしのお料理の師匠にいただいた筑前煮が

ほんっとにただならぬ美味しさで

特にごぼうの味がめちゃくちゃ

味わい深く、

こんなごぼうは食べたことないと思っていたら・・・



それがーっ。



とんでもない、

ごぼうの王者だったことが

判明いたしました!



うれしいことに、

グラホで売られております!


こちらは、岡山県吉井町の佐藤農園さんが作る

有機栽培のごぼうです。



標高300m以上の環境で作られていて、

ごぼうに大変適した粘土質な土。


f0215324_12081239.jpg

f0215324_12081787.jpg



その土地の表面に枯れ葉を被せて、

ふかふかとした土壌で作られております。


粘土質の強い土で出来るごぼうは、

繊維が細かくなり柔らか。



そしてーーー。

何と言っても、このこの太さ!どう?


f0215324_12084519.jpg

通常ここまで太いごぼうは、

芯を抜いて炊いたり、

詰め物をした料理で使われます。


でも、このごぼうは、

芯までしっかり食べれるので、

ごぼうの持つ栄養素をしっかりと取ることができるんです。



そのごぼうを愛情込めて作られているのが

写真のおばあちゃん。


この表情を見るだけで、

このごぼうがただならぬ美味しさだって、

わかりますよね。




わたくしのお料理の師匠が作られたように、

筑前煮にはまさにぴったり。


きんびらごぼうもちょっと今までとは違う、

感動の味になります。


早く買いに行かないとなくなっちゃうと思います。

急がなきゃ。



そして、もうひとつ、こちらも、冬にはぜったい食べるべき、身体にやさしい根菜の代表選手、里芋です。


f0215324_12091466.jpg


こちらの里芋も、

ごぼうと同じ場所と土壌で作られているので、

繊維が細かく、

なめらかでとろっとろ。


最高に美味なる里芋の煮っころがしが作れます。


それにしても。


ごぼうも里芋も、

なんとも地味~なビジュアルです。


見た目とにかく冴えない。(笑)

土をまとっていたり、

ひげひげだったり、

なかなかその本性を現さないんだけど(笑)

いざその衣を脱ぐと、凄いよっ。


長い間。土の中で蓄えたエネルギーを

わたしたちの身体の芯に運んでくれる

冬に食べるべき、根菜類です。


昔の人達は、

免疫力が下がりやすい冬場にこそ、

そして身体が冷えるこの時期こそ、

根菜類を食べてしのいできたんですね。


そんな中でも、

グラホのこのごぼうと里芋は、

史上最強の根菜です。


早く買いにいかなきゃっ。




オンラインでも、購入可!





by madamregina | 2017-12-19 12:05 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)

グラホでクリスマススペシャルブランチ! oishii   

2017年 12月 14日


f0215324_12183808.jpeg



もうーーーー。

さっむいね〜

ぶるぶるぶるっ。



でも、冬はきーんと寒いからこそ、

空気も澄んでイルミネーションも

ひと際きれい。

我が家もようやく庭のもみの木にデコレーション、

ちょっとだけしました。


さて、みなさま。

そんなクリスマスの華やぐシーズン。


わたくし、

おとなびのダイニングサイトでもご紹介させていただきましたが、




クリスマスだからこそ行きたい。 大人の食いしん坊たちがぜったい満足出来る 兵庫の美味しいお店厳選4軒





その中から、

私が愛して止まない、

グラホのイートインでいただく、

クリスマスブランチメニューをご紹介しますよっ。



今回、グラホの料理長南俊幸さんと、

越智良典シェフが腕によりをかけて、

クリスマスのために特別に作ってくださった

期間限定の特別なブランチコースです。


f0215324_12111943.jpeg


内容がもうーーーすっばらしいよ。


まずは冷製オードブルの3種です。


f0215324_12102370.jpeg


タコとじゃがいものデュカ。

スモークサーモンとアボガドのカクテル。

さつま芋のマルブレ。


あかんあかん。

シャンパンにあいすぎますっ。



2皿目の温製オードブルは里芋のコロッケとピザ・マルゲリータ。

クリスマスにコロッケ?と思うなかれ、

これさっくさくでほっくほくでもう食べるだけでしあわせがこみ上げてくるあったかい味。


f0215324_12191787.jpeg



そしてーーーこのコースにはお魚とお肉のふたつのメインがつくのですが、

まずどーんっと出されましたのは、

ロブスターの香草バター焼き、

人参のアメリケーヌ。


f0215324_12122238.jpeg


ロブスターがもうぷりっぷりでなんて甘いんでしょう。



そしてお肉のメインは、

これぞグラホのシグニチャーともいえる、

特製ローストビーフーーーーーーーっ。



f0215324_12124221.jpeg


こだわった国内産の牛肉を野菜と塩だけでじっくり丁寧に焼き上げられた、

ほんっとにほんとに美味しすぎるローストビーフ。



これをオリジナルのオニオンドレッシングでいただきます。


ベルベットのような舌触り。

お肉の染み込んだ野菜の滋味がじんわりと染み込み、

味わうごとにまさに幻惑の味ーーーーーっ。




そして最後はこちらもスペシャルなグラホ特製ブッシュ・ド・ノエル。


f0215324_12204893.jpeg


このコースで5000円(2名から)パンとコーヒーがつきます。





また、シャンパンやワインも

グラホ店内から買って持ち込むことも可能。もちろんお値段は販売価格そのままです。

シャンパンはヴーヴ・クリコ。

ビールもありますよ。


f0215324_12194892.jpeg


こんな贅沢なコースならレストランやホテルなら2倍はしそうでしょ


それぞれ大皿で出されますが、

たとえばちょっとエビフライが食べたい、

NYサラダも食べたい、

和風のお惣菜も少し・・とか

店内で買ってそのまま持ち込んでいただくことも可能です。


これって最高じゃない?


グラホのイートインはNYスタイルのお洒落な空間。



f0215324_12202084.jpeg


レストランとはまた違ったリラックス感と気軽さがあって、毎日訪れる人も多いの、わかりますっ。


f0215324_12211749.jpeg


あ?わたし?

もっちろん仲良しメンバーで予約しましたっ。


楽しみすぎるーーーーー。



グランドフードホール


住所 / 〒659-0091 兵庫県芦屋市東山町6-6

TEL / 0797-35-2020

http://grand-food-hall.com


店舗営業時間 / 10:30am ~ 8:00pm

日曜・祝日は6:00pmまで【月曜休】

お客様専用駐車場8台完備




クリスマス特別メニューは

5000円(2名から。税別)

12月20日〜12月25日の限定

3日前に要予約。

時間は11時〜18時(オーダーストップ)

 



by madamregina | 2017-12-14 12:04 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)

グラホの安納芋焼き芋はもはや世界遺産です!   

2017年 12月 03日


f0215324_14054679.jpeg


f0215324_14061655.jpeg


ちょっと、

奥さん。

わたくしとしたことが!

グラホにとんでもない安納芋があるのをいままで

知らなかったなんて、

信じられます?

いや、以前からその存在は知っていたんです。

なぜなら・・・

グラホに行くたび、何やらグラホのスタッフさんが

店頭に置かれた安納芋の焼き芋を2つ、3つとレジで買われているのを知っていたんです。

あら?グラホの食のプロたちが

自分のために買うおやつ?

でも、きっとどこかで作られた焼き芋だよね・・

と、かるーく考えていたわたしがアフォでしたーーーー。

いや、焼き芋についてはですね、

冬になると鳴門金時や紫芋・・

いろいろ美味しいさつまいもを探してきては、

我が家の薪ストーブで焼いておったのですよ。


f0215324_14075310.jpeg

この焼き立てが美味しい!と思っていたわたし、

ほんっとおめでたいわ。

世の中には、まだ見ぬ美味しいものがあるんですね〜

そんなまだ見ぬ最高の美味しい世界を、

グラホという食の最高のセレクトショップによって、

いろいろ教えてもらっているわけですが、

焼き芋にも、そこまでの逸品があったなんて!


f0215324_14083610.jpeg

グラホのコアなファンに

「グラホの安納芋知ってる?」

と聞くと、

「えーーーーーーーーーっ?!知らなかったの?信じられな〜い」

と言われる始末。

グラホファンの間では

つとに知られるまさに世界遺産的レベルのオリジナル焼き芋だったんですよっ。

もちろん、そのままの安納芋も置かれておりますが、

これを焼き芋にしたのが、ベストセラー。

聞けば、グラホで置かれている安納芋は、

なんと、

『安納芋原種を守る会・黎明(れいめい)』のもの。

ひっぇええええー

何とも凄い会じゃないですかっ。

安納芋は鹿児島県安納地区で生産されたさつま芋です。

数年前までは作付面崎、収穫量が紅東などの主要な品種に比べ少なく、

入手困難といわれていました。

しかし、その味の良さから最近では他の地区でも生産された芋が、

安納芋として販売されたり、

生産性を高めるために品種改良した安納芋が多く出回っているんですよね。

それらの安納芋や、当然ながら、

原種に比べて品質や味が著しく落ちるわけです。

そこで大変な危機感を感じた有志たちが集まって、

安納地区で生産された原種の安納芋を守るため、設立したのが

「安納芋原種を守る会・黎明(れいめい)」。

農薬の変わりに、酢や芋焼酎などを使用して害虫を防除し、

有機肥料を使用するなど、

美味しさだけでなく、食の安全・安心もとことん追求されています。

さらに、『さげ芋』という方法で、

安納芋の原種を屋根だけの建物で、

潮風が吹き抜ける海岸の小屋にさげ、

潮風にさらして、熟成することにより、

糖度が更に増して、濃厚な甘い味になったものだけを扱っています。

黎明さん曰く、

「今年の安納芋は昨年よりも糖度が高くて美味しいよ」とのこと。

ただでさえ甘くて濃厚なのに、

今年のはまださらに甘さが際立つというではないですかっ?!

そんな安納芋を生のまま買って、

自宅で調理するのもいいですが、

グラホではシェフが低温でじっくりと時間をかけて、

熱を加えて焼き上げているので、

より旨味と甘味が凝縮されているんです。



わたくし、そんな安納芋の焼き立てを

グラホでいただきましたーーー。


f0215324_14093971.jpeg

ほえええええーーーーっ。

なに?

この美味しさ!

なに?

この甘さ?

きゃーーーーー。

こんなに甘くてこんなに濃い〜味わいの焼き芋って、

この世のものとは思えないわっ。

もはや卒倒レベル以上の美味しさよっ。


f0215324_14101847.jpeg

今日はさきほどおやつにもいただきました。


f0215324_14095915.jpeg

すると・・・蜜がぎゅっと凝縮されて、

さらにさらにさらに、あっまーーーい。

みなさま。

さつまいもってすっごく栄養価が高いのをご存知でした?

でんぷんに守れられているため、加熱に強いビタミンCが豊富。

そして、コレステロール値を下げ、

便通を良くする食物繊維も合わせもっています。

また皮は、「ヤラピン」という成分が含まれていて、

胃の粘膜を保護し、腸の動きも活性化させます。

さらに!

抗酸化作用のポリフェノールもたくさん含まれている、

まさに、

野菜界屈指のヘルシー食材なんです。

しかし、お家でのレンジでチンして食べると、

甘さが5分の1に減ってしまうとか。

最も甘さが際立つのが

グラホの焼き芋のように低温で1間ほどじっくり焼き上げることが大切。

だから、あのすっごい甘さが出るんですね〜。

いやもう、

これからグラホに行ったら、

ぜったい買わなきゃならない

グラホの名作、またひとつ増えました!


f0215324_14112100.jpeg

あああああ、ほんっとに美味しすぎるーーー。


by madamregina | 2017-12-03 13:55 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)

グラホのクリスマスギフト!   

2017年 12月 03日
f0215324_13095241.jpg

 

おおおお、

街はもう、クリスマス一色。

きらっきら気分が盛り上がってきましたよーーー。

 

 

そして!

昨日、グラホに突撃しましたーー。

 

インスタやFBですってきなツリーの写真が紹介されていて、

実物が見たかったんですか〜。

 

するとー。

店内に入ると、燦然と輝くクリスマスツリーがああああ。



 

でーーー。オーナメントを見ると・・・

なんと!

 

グラホで売られている商品のクリスマスギフトが可愛くパッケージされて

売られているんです。


f0215324_13104830.jpg


f0215324_13110119.jpg

f0215324_13111680.jpg

 

大人気の商品ばかりです。

 

赤いなつめ。

ガトージュジュのクッキー。

開花亭のにゅうめん。

リラクティ。

コスモ食品のスープシリーズ。

マヌカハニードロップ。



f0215324_13114211.jpg

 

これ、ほんっとに素敵なアイデアで、

なんだか、見ているだけで、

気分が上がりました〜。

 

というわけで、

グラホのこのツリーと写真を撮るのがお約束〜。


f0215324_13122065.jpg

 

みなさんもインスタにぜひ上げてくださいね〜。

 

で、

こちらのオーナメントは、

いつもお世話になっている人にちょっと差し上げるプチギフトとしても、

最高。

 

 

わたしはマヌカハニードロップの2個入りを買いました。



 

このマヌカハニーのドロップ。

6粒で1000円とちょっとお高いんですけど、

喉がいがらっぽいとか、ちょっと痛いとか、

このままだと風邪引くかも・・・という

わる〜い予感がするとき、一粒なめれば、

ほぼ風邪の菌は撃退できます。


f0215324_13125941.jpg

 

それほどすっごい威力があるのーーー。

 

わたしはいままでネットで探して買ってたんだけど、

グラホの「ハニードロップレットマヌカUMF+10 M.G.O 250 +

はこれまで飲んだ中で最高に効果があると思いました。

 

ご存知のようにマヌカハニーには風邪はもちろん、

インフルエンザ、口内炎、ピロリ菌まで撃退する・・という凄い効能があるんですが、

そのキーとなるのが、

 

UMFM.G.Oといった世界基準の数値。

 

UMFはマヌカハニーの抗菌活性力を示すために生まれた最初のマーク。

この数値が高いほど、抗菌力が高くなります。

 

M.G.Oは天然に生成するメチルグリオキザール(MGO)で、

マヌカハニーの抗菌性物質を担う主成分。

こちらの濃度も高いほど抗菌性が高いんです。

 

そういう意味で、このマヌカハニードロップは、

いまの時期欠かせない最強のインフルエンザ&風邪撃退の救世主なんです。



 

電車に乗って、咳をしている人がいたりすると、

わたしはバッグからこれをバーンっと取り出して、即、なめます(笑)

 

 

すると、たいていの風邪の菌は、飛んでいっちゃいます〜。

 

密室になる機内での旅にも必須です。

 

 

だから、いま大忙しの友人たちに、

風邪ひかないでね・・という気持をこめて贈りたい、

クリスマスプチギフト№1ですーーー。


f0215324_13145118.jpg

 

 

みなさまも、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

ほんっとにいいから!

 



オンラインでも買えます。


お問い合わせくださいね。


📞0797-35-2020

 

 

 

 

 

 


by madamregina | 2017-12-03 13:09 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)

~美味しい贈り物を送りたい~   

2017年 11月 19日
f0215324_12460383.jpg

f0215324_12460761.jpg


あっという間に今年もあと少しで終わり・・。

なんて早いんでしょうかっ?!


わたしはようやく来年の旅の予約も完了。


もっちろん、

その前にしっかり、

お歳暮の段取りも完了いたしましたよ。



毎年この時期になると百貨店から

ぶ厚いお歳暮の本が送られてくるんですが、なんというか、


これ!

というのがほんとになくて、

結局ビールとか、

ハムとか、

まったく面白みのないお歳暮を送ったりしておりました。




しかしーーーーーーーーーーーーーーー!


お歳暮の時期って

みなさん、たくさんの贈り物が送られてきて、

どれが何やら、わからなくなり、


特にありきたりなお歳暮って、

正直、

誰からどんなものもらったかさえ、

印象に残らないこと、

多いですよね~。


そんなわけで、

ずっと悩んでいたわけですが、


今年はグラホに決めましたよーーーーーーーっ。

f0215324_12463496.jpg


なぜかって?

それはわたしがお歳暮にこんなものもらったら、

めっちゃうれしいだろうな・・

と思うものばかりだからです。



特にローストビーフは、

サイッコーにうれしいよね。

お家でクリスマスのときに、

贅沢に並べたい。


f0215324_12465215.jpg


そして。

わたしもたくさんの方に送ったのが、

史上最強の贅沢トマトジュース、

トマトの中のトマト2本セットです。


f0215324_12470740.jpg


これは、

自分ではなかなか買えないけど、

もらったら最高にうれしいお歳暮のひとつです、ぜったい!


特に、私がいつもお世話になっている、

お仕事関係の人たちは、

編集や執筆のお仕事で、

毎日真夜中までお仕事されている人が多いし、

忘年会シーズンで暴飲暴食する人多いし(笑)


だから、栄養バランスをしっかり取って、

身体を労ってくださいね・・

という意味もこめて、

ビールやシャンパンより、

セレブなトマトジュースが、

年末にはいいような気がするでしょ?




他にもわたしの大好きな開花亭のにゅうめんセット。


グラホ最強の調味料セット。


f0215324_12474364.jpg


人気メニュー、ロールキャベツとラザニアセット。


ローストナッツ缶セット。


などなど。


お洒落なグラホのラッピングで

さらっと送りたいものがいっぱい。


もちろん、予算を伝えて、

あれこれアレンジしてもらうことも可能です。



そんなわけで、

今年のお歳暮は、

グラホで!!!!!!



お歳暮はもちろん店頭でも。

そしてオンラインでも購入可能です!





by madamregina | 2017-11-19 12:44 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)

ふるっふるっ、ふんわふわっ。淡雪のような蟹の極上生ふりかけ!!   

2017年 11月 09日
f0215324_12481052.jpg


みなさまっ。

ぼーーーーっぼーっぼーーーーーーーっ。

またまたえらいことですよ〜。

私の愛するあの、グラホ!
あのグラホで!
きゃーーーーー。とんでもなく素敵すぎる商品が入荷いたしました。


その名も「蟹の淡雪」。

f0215324_12482619.jpg


おおおお!その名を聞くだけで心が騒ぐじゃないかっ。

これはですね、
越前蟹で知られる、福井県「開花亭」で、冬の季節の献立として出されている「こだわりの珍味」なんです。

「開花亭」といえば明治23年創業。これまで数々の文化人や政界の要人を迎え入れてきた老舗料亭で国指定登録有形文化財となった本館もさることながら、隈研吾氏設計によるモダンな別館も素敵で海外からのゲストも多い名店です。

またいま話題の世界ベストレストラン・ランキング1000「ラ・リスト」では56位に選ばれていて、本場フランスの名料理人たちとのコラボイベントなども積極的に行っている、まさに世界の開花亭なんです。

そうよ。
わたしが海外に行くたび、必ずスーツケースに入れてもっていく、あのにゅうめんも、こちら開花亭のもの。

f0215324_12543351.jpeg


f0215324_12555913.jpeg

さて、
またまた前置きが長くなったけど、
この蟹の淡雪は「開花亭」で、
お食事の際、コシヒカリとともにこの時期出されている「生ふりかけ」。

ひゃーーーーー。そ、そ、そんな贅沢な生ふりかけがこの世にあったとは!!!

あっつあつのごはんにかけると、ほのかに漂う福井の地酒の香り。
その次に押し寄せてくる、
蟹の身のふんわりとした味わい。

そしてーーーーーーーー、
淡雪のような口どけにまさに陶然となる逸品なんでありますよ〜奥さんっ。

そして。
ほのかに感じる塩味は、なんと蟹の下茹に使用した塩分で、
一切の加塩はしていないとのこと。

ああ、なんて贅沢なんでしょう。

だからお酒の肴にも、またお酒が苦手な人や子どもたちも安心して食べられるんです。

この食感と鮮やかな色合いを出すために、
熟練の職人さんが片時も目を離すことなく、
沢山の手間と時間をかけ少しずつ少しずつ丁寧に調理されています。

だから量産はできません。

グラホではこの時期になると、毎年秋頃に入荷していたそうなんですが、年々人気が出てきてなかなか入手できない商品となっているんです。
またTV先日「なかい君の学スイッチ」の
お米が10倍美味しくなる授業『最強のごはんのお供&TKG!』の中で
紹介されてからまたまた大変なことになっております。


でもーーーーーーーーっ。

グラホにはまだ確保されておりますよ〜。

いやここだけの話、
グラホに置いてる商品はテレビ局の人が参考にしてるらしいんです。

グラホのバイヤーさんは いつも連日全国を駆け巡り、
必死に隠れた美味しい物みつけては すぐテレビに取り上げられ、まあちゃんと美味しいものが人気が出るのはうれしいけど、
生産が追いつかなくなっちゃうのが困りものと仰っていました。


でもグラホが選んだ生産者さんはみなさま、ほんとに義理がたく、テレビに取り上げられる前に、
グラホさんに必ず供給してくださるそう。

この蟹の淡雪も、そんなグラホと生産者さんとの絆があってこそ、
の入荷なんです。


そんなわけで、

みなさま、

急いでーーーーーっ。

わたしも急ぎますよっ。


もちろんオンラインでも購入可能ですっ。


ふがっふがっ(興奮の鼻息っ)

f0215324_12535205.jpeg




by madamregina | 2017-11-09 03:46 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)

【グラホアンバサダー試食会 第二弾】   

2017年 10月 07日

f0215324_17054635.jpeg

さてーーーー

 

昨日は大好きな芦屋のグランドフードホールにて

第二回『グラホアンバサダーによる試食会』が開催されました〜。

 

この日集まってくださったのは

Yuko Gunjiちゃま、
Keiko Tamaokaちゃん。

三原 玉実ちゃん、
江藤 千珠ちずさん、
Miyabi Uedaちゃんという

とっても素敵なアンバサダーのみなさま。

 

グラホの奥にあるイートインコーナーで

まずはキンと冷えたヴーヴ・クリコでかんぱーい。

 

試食会にこんなお洒落なシャンパンが出るなんて、

そうそうないですよね〜。

f0215324_17063051.jpeg

最初っからみんなテンション上がってます。

f0215324_17070065.jpeg

 

 

 

そして、

グラホの藤川店長、じゅんこさん、

友美ちゃん、

我らがグラホの立ち上げからバイヤーとして活躍されている、

敏腕仕事師、谷さんからご挨拶があり、

グラホの成りたちや

ブランドコンセプトについてお話を伺いました。

f0215324_17072919.jpeg

 

グラホに置いてある食材やデリは、

添加物がまだなかった1950年代の食生活を目指した、

安全で安心、もちろん無添加、

そして身体にも心の健康にいいものばかりをセレクトしています。

 

それなのにお洒落でとっても美味しい!

 

まずそこが他のスーパーやデリとは違うんですよね。

 

そんな食の安全や健康に留意した商品の多彩さ、

クオリティの高さも日本一だと思います。

 

今回のアンバサダーたちも食の安全、健康に関して特に意識の高い人たち。何より、世界中を旅する食通のみなさまだけに、

 

谷さんのお話に真剣に聞き入っていらっしゃいました。

 

そんなわけで今回の試食会のテーマは、

グラホ一押しの

新商品のサラダとデリキット。

 

 

まずはサラダですが、

市販されているカット野菜は長持ちさせるため、

また消毒、殺菌にはたいてい次亜塩素酸ソーダなどの薬品を使用していますが、

グラホのサラダは無農薬、減農薬にこだわ野菜を丸ごとから店内でカット、調理まで行っていて、

次亜塩素酸ソーダなどの有害な薬品は一切使用していません。

 

そんなサラダの中から、

今回新しくお目見えしたのが、以下の3品。

グラホのカリスマシェフたちがクリエートした自信作です。

 
f0215324_17084191.jpeg


f0215324_17112991.jpeg

パーティ仕様に素敵に
盛り付けてくださいました!

f0215324_17103251.jpeg



f0215324_17093084.jpeg

スチーム野菜とコールドミールの酵素サラダ

②瀬戸内蛸とジャガイモのデュカサラダ

③色々お豆と根菜のサラダ

 

どのサラダも他ではあまり見たこともなくて、きれいで、とってもヘルシー、そしてお洒落だあ〜。

 

サラダドレッシングももちろんグラホオリジナルです。


f0215324_17110213.jpeg

 

 

もう、それぞれシャキっ、パリっ、そして野菜本来の滋味がしっかりと味わえる贅沢サラダ。

 

パックを裏返してお皿に盛ると、すっごいボリュームでした。

 

そしてー。

メインはグラホで大人気のデリメニューを、

自宅でパッと簡単に調理して、

プロの味に仕上げるという他にはなかなかないデリキットです。

 
f0215324_17120606.jpeg
f0215324_17122987.jpeg



いままでもグラホにはシェフがいて店内でお肉やお魚、揚げ物などを買って調理してくれるというサービスがありましたが、

今回は最後の仕上げを自宅でして、

あつあつの出来たてを頂く・・と言ううれしいキットなのです〜。

 

デリキットのメニューはこちら。

 

①  サーモンのポワレ

②  本日のポワレ(この日はいま旬の鱸)

③  ジンジャーポーク

④  絶妙割合ハンバーグ

⑤  イカのハーブソテー

⑥  海老の香草焼き

 

それぞれの中には、

調理済みの付け合わせ野菜と調味料、メインの素材がセットされてます。もちろん安心なレシピ付き!


f0215324_17130178.jpeg


f0215324_17251240.jpeg

あとは自宅のフライパンでぱっと焼くだけ〜。

 


わずか10分以内で、

まるでレストランの一皿のような出来上がりに。

 

越智シェフが鱸のポワレを目の前で作ってくださいました〜。

 
f0215324_17145301.jpeg

祐子ちゃまも参戦っ。

f0215324_17142207.jpeg

まず、フライパンに備え付けのバターを。

このバターにはバジル、ピーナッツ、エシャロット、ピストゥが入っています。

 

鱸は皮目から焼いていきます。

f0215324_17152700.jpeg

そのときちょっと上から押さえると皮がそり返らないとのこと。

 

鱸を焼く時は(鯛など白身のお魚も)

皮9;身は1

という感じでとのこと。

身は焼きすぎると水分がなくなって固くなってしまうからだそう。

 

そうして出来上がった鱸、もうーー皮はパリっ、

身はしっとりと弾力もありめちゃくちゃ美味しかったー。

f0215324_17161562.jpeg

 
盛り付けも一流レストランのよう素敵!
真似しなきゃ。
f0215324_17171390.jpeg

実はあまり鱸は好きじゃなかったのに、

グラホのキットならこんな美味しいなんて!

 

 

他のデリキットもほんとに簡単にできて、

しかも深みのある味で、もうーーーすばらしーーー。

 

盛り付けもいろいろ工夫すればレストラン以上に素敵な一品を自宅で出せますよね〜。

f0215324_17211978.jpeg

 
f0215324_17214124.jpeg

 
f0215324_17223811.jpeg


f0215324_17230094.jpeg

f0215324_17231879.jpeg


アンバサダーたちもサラダ各種、それぞれのデリキットのお料理をいただいて、もうお腹はいっぱい。

 

でも、グラホのロングセラー、ローストビーフを頂かなければ

はじまりませんっ。

 
f0215324_17234259.jpeg

ああ、この日のローストビーフもたまらん美味しさでした。

 
f0215324_17240329.jpeg
 

このあと、谷さんからグラホに入荷したばかりの新商品、

イタリア産ブーラッターと、

世界一と評された究極のアンチョビを紹介頂きました。

 
f0215324_17255527.jpeg

f0215324_17262186.jpeg

ブーラッターは桂子ちゃん、祐子ちゃまの大好物。

去年パリに行った時、毎日ビストロやレストランで食べていたそう。

ワインにすごーく合うんですよね〜。

でもなかなか日本で美味しいブーラッターには出逢えません。

 

でもこのブーラッターは本場で食べる味そのもの。

 

そして、アンチョビはカンタブリア海で採れた、とっても高価なまさに、「海の生ハム」。

f0215324_17264868.jpeg

一枚一枚とってもしっとりしていて、なめらかで、

塩加減も絶妙、アンチョビ特有の魚臭さや塩辛さがなく、

最後のオリーブの一滴まで味わいたくなる

まさに世界一、究極のアンチョビ〜。

 

ゆで卵にちょんとのせたり、

サラダに入れたり、生のままでピンチョスとしても楽しめるのもこのアンチョビならでは。

 

 

そんな美味しい新商品を紹介してもらったあとは、

みんなでお買い物ターイム!

 

みなさん、噂のギバサはもちろん、

あっという間に買い物かごがいっぱい。

 

グラホにいる時間はほんっとにわくわく、楽しい時間。

 
f0215324_17271773.jpeg


f0215324_17274672.jpeg

今日は食についてお勉強しながら

とっても美味しく、そして楽しい試食会でした〜。

オンラインからでも買えますよ〜



by madamregina | 2017-10-07 17:03 | グランドフードホール(グラホ | Comments(0)