カテゴリ:MANOLO BLAHNIK( 3 )   

どびつこく、も1回マノロ!   

2005年 02月 10日

NYでセールのマノロを買いあさってからというもの、

なぜか再びお買い物熱が勃発!

54丁目のマノロで激震の靴ゲットをしてすぐに

私はNYに住む友人のあつこにTEL。

「もう、買うしかない!」宣言をしたら、

彼女は翌日即マノロの聖地に突入。で、ゲット。

そんなあつこがマノロについておもしろいことを

書いていたので、思わず、

以前SAVVYに書いたエッセイをTBします。

しつこくて、しかも長文で、ごめんねー。







女の人生まで変える?!世界最高峰の靴をチェ〜ック。

ラグジュアリ靴の女王マロノ・ブラニクって

ホントのところどうなのよ?!





およそこの世に存在する贅沢の中でも、マノロ・ブラニクの靴は別格だ。エルメスのプリュムやバーキンが高いのは納得できる。飛行機のファーストクラスがエコノミーの3倍というのも納得がいく。ハリーのダイヤの天文学的価格も同じく。しかし!たかがヒール一足10万円つー値段は、いったい何なの?



私がマノロの存在をはじめて知ったのは、いまから6〜7年ぐらい前。NYのバーグドルフ・グッドマンのセールでだった。セールのくせにお値段600ドル。シャネルやグッチの靴でも300ドル以下なのに・・。



見れば今にも切れそうな細い紐に皮の仕様面積はどの靴よりも最小。ヒールの高さはエッフェル塔のごとく。その妙に華奢な黒いヒールを手にしてみると蝶々でもこれよりは重いと感じた。まさに非日常な靴!私のごっつい脚を一度でも入れたら即崩壊・・。



・・・と他を見ようとするのに、どうしたことなの?目が、目が離せないのだ!たかが靴のくせにその恐ろしいまでの吸引力と存在感に私は思わずスペルを確認した。



Manolo blahnik.それが私と靴の女王との最初の出会い。けれど、私は買わなかった。だって、あまりにも高過ぎるもん。



 それからすぐ林真里子がマノロのヒールを履いても決して疲れない、これは靴のロールスロイスだとか、SATCの原作者が「セックスとニューヨーク」という本のあとがきに「年を取ってもヒールが似合うおばあさんになるため今からマノロの靴を履いて練習してるの」なんて書いていて、気になっていた。



高校生の頃からマノロに憧れていたというMちゃんもマノロの洗礼を受けたひとり。去年のバーゲンで一気に2足買い。今年はプロパーで75000円の紐タイプのヒールを買ったとのこと。



「林真里子のコラムを読んで、私は一生ロールスロイスには乗れないかもしれないけれど、靴のロールスロイスなら乗れるかなって思ったのが買ったきっかけ。でもマノロの靴って履いているとその名前すら知らない人たちから必ずほめられるんです。それはもう老若男女問わず。ただはきやすいとはいえ、やっぱり9センチ以上のヒールは不自由を強いられる。一種纏足にも似たところがありますよね。でも、その不自然さこそが、女が女でいられるための証ではないかなと思うようになりました」というMちゃんはマノロを知ってから確実にエレガントにそしてちょっとぴりセクシーになった。



マノロの靴はハリウッドスターでも歯を食いしばって履いているーなんて聞いたこともある。そうなのだ。歯を食いしばってでも履きたい靴。それがマノロ。そんな気合がなくなったら、女も終わり。マノロは女が女でいられるための現代最後の踏絵なのかも、ね。



ただし、マノロのヒールでティラノザウルスみたいな歩き方になる女子を見るのはご勘弁と言ってる男子も多い。マノロのヒールを履きこなすのは一筋縄ではいきません。

「負けてたまるか!」の根性とエレガントでありたいと願う心意気がなくちゃ。

by madamregina | 2005-02-10 00:53 | MANOLO BLAHNIK

NYハニー大興奮!続マノロ   

2005年 02月 04日

一昨日マノロのセールで散々買い倒したのに、

欲どおしい私は、

本日朝11時にミーティングというのに、

仕事の場所がマノロの店に近かったんで

10時からお店に突入しよと行ったら、

開店10時半〜。



しかし、すでにお店にはNYハニーたちが

列をなし、戦闘態勢に入ってます。

おっし、と私も待ちましたとも。



で、友達のAちゃんも買ったという

ハラコのビューティフルなヒールを

履いて、鏡で見てると、

またもや年のころなら70歳!ぐらいのセーブルマダムが

「あら、それいいじゃない?」

と褒めてくれた。

でもやっぱりもう少しゆっくリ見てから買いたいと

思って先にミーティングに。

(これでも一応マノロより仕事優先してます)。



その後、仕事をかねて新生MOMAを見学。

GUCHIさまの建築はもう大変に素晴らしいです。

しかし私はマノロが気になるーー。



そうしてなんとか午後3時すぎに

マノロの聖地に到着したところ・・・

な、な、な、なんと!

ドアに張り紙が・・・いやーな予感。

「本日PM2:00にて閉店」

ガーン、ガーン、ガーン

そ、そ、そんな無体な・・・。

あまりのショックでその場に座りこみそうになりました。

なんとか体制立て直して、サックスのセールに。

そこでみた靴の値段を見て再び、

貧血状態に。

だってー

めちゃしょうもないヒールがセールで250ドルよ。

私が目をつけていたマノロのヒールは

175ドルだったのにぃいいい。



はー。逃したマノロは大きかったぜ。

by madamregina | 2005-02-04 00:45 | MANOLO BLAHNIK

マノロ!マノロ!マノロ!   

2005年 02月 02日


「NYタイムスの5センチ角ぐらいの広告に、

マノロ・ブロニクSaleの文字を見つけたよ、行こうか!」

という仕事仲間のコーディネーターMさんのお誘いで、

5番街と6番の間の54丁目の店に突入。

店内ではミンクやセーブルの毛皮を着た

NYマダムたちが目を血走らせながら、

ありとあらゆるマノロを履きまくっていて、熱気ムンムン。



私たちも負けずに7ハーフ持ってきて、8持ってきて!と

スタッフにお願いして、履いたそばから、

「はい、これいただくわ!」と目の前にいつしかマノロの箱が

山積み!

だって、日本で10万円のマノロが約2万円と聞けば、

これを買わねば、女がすたるってもんでしょう。



もはや脅迫観念にも似た高揚した感情を抱きつつ、

瞳孔開きっぱなしで、息もたえだえ。ぜぃぜぃ状態。

私はわずか30分の間に

1400ドル→375ドルになったヘビ皮のハーフブーツ。

めちゃフォルムの美しいお出かけ用クロのスエードのミュール。

そしてスクエアの光モンがパキっと付いたパーティー用のミュール1足。

スエードのターコイズカラーのミュール一足の計4足一気買い。

ヘビ皮のブーツは、派手だしどうしよう?と迷ってたら、

ふわふわのフェンディの毛皮を着た超べっぴんのチャイニーズマダムが

「あら、それちょっと見せてくださる?」」

と目ざとく見つけて、

「ねえ、これもし買わなかったら、譲ってね」と一言。

なんだかそういうこと言われると闘志剥き出しになるのが私の悪いクセ。

ぜったいに譲りたくない状態に(笑)。

で、結局買ったけど、あとの2足のミュールはその彼女が

すごーくいいわ!を連発するので思わず購入したってわけで。



久々にAMEX切るとき、お買い物のカイカーンってやつを思い出した次第です。

ああ、やっぱり楽しいな。お買い物。

ホテルに帰ってからも、鏡の前で何度も履き比べて大満足。

少しぐらいサイズが大きくったって、いいのよ。

マノロだから。

靴のロールスロイスだから。

持っているってことに価値があるんだから・・・・。

と何度も言い聞かせた。

だって、どれも少しずつ大きくかったり、痛かったり、

きっと靴箱で永眠状態になるヤツも出現するだろうなーと

予感したから。





そういえば、今日ソーホーのバルザバールで、

牡蠣とシャンペン食べてると、

なんとジャン・レノが登場!

映画で見るよりほっそりしてて、セクシーでめちゃカッコいい。

思わずファンに。どうせなら、握手でもお願いすれば良かったわ。

ちなみに一緒にいたのは、ラルフ・ローレンのモデルをしていた、

元トップモデルと彼女の息子らしきティーンエイジャーの男の子

この3人どんな関係なのかしらん?



PS

マノロのセールは2月4日まで。

急いでNYくればまだ間に合うよ!

by madamregina | 2005-02-02 00:40 | MANOLO BLAHNIK