カテゴリ:Hotel( 34 )   

Cewton Glenで静かな休日   

2016年 11月 21日

f0215324_06132147.jpg



f0215324_06132291.jpg



ひゃー。


もー、嘘でしょ?

嘘といってー!

まったくもって、
悪夢としか言いようがない、
トランプの当選。

我らの日本はどないなるんでしょ…。


まぁ、そんな、およよな話は置いといて。


ダイハードな今回の旅の、
癒しのカントリーハウス
Cewton Glenで静かな休日は、
素晴らしかったよ。

朝食は眺めのいいテーブルで。

f0215324_06132230.jpg



f0215324_06132373.jpg



お天気もずっと最高。

私たちがステイしている、
Tree House Suiteは、
メインの建物からずっと奥まった、
森の中。


朝食を頂くときは、
バギーで送迎してもらいます。

f0215324_06132330.jpg



なんとも素敵な小径。

f0215324_06132498.jpg



朝食を頂いたあと、
お部屋で暖炉を焚きながら、
のんびりする時間も好き。

f0215324_06132534.jpg



で、ギフトショップで、
チュートンベアゲット。

f0215324_06132535.jpg



中サイズのは持っているんですが、
大きいサイズが登場。

しかも、最後のひとつだったので
連れて帰ります。

きゃん♬






by madamregina | 2016-11-21 16:27 | Hotel

コンデナストNo.1に輝くホテルでSpa   

2016年 11月 21日
f0215324_06471819.jpg




Chewton Glenは
ホテルも素敵なんですが、
Spaはヨーロッパでも屈指のラグジュアリーな
施設で、
コンデナストトラベルの
Spa部門でも何度も賞に輝いています。


そんなSpaで一日、のんびり過ごしました。

宮殿を模したインドアプールのチェアは、
絵になるよねー。

f0215324_06471941.jpg



f0215324_06471939.jpg


f0215324_06472043.jpg




この奥にはジャクージや、
さまざまなタイプのバスがあり、
ヨーロッパのマダムたちが
楽しそうに会話しながら
バスにつかっています。

フェイシャルトリートメントの前に、
大好きなパレスプールで、
しばし休憩の巻〜のわし。笑

f0215324_06472151.jpg



相方さんも。笑


f0215324_06472121.jpg


f0215324_06472202.jpg



今回チョイスしたトリートメントは、
ナチュラビセのアンチエイジングに
特化したダイヤモンドフェイシャル。

f0215324_06472200.jpg



f0215324_06472384.jpg




ナチュラビセの代名詞のような、
グライコでピーリングをしたあと、
高価なクリームやマスク、セラムを
ふんだんに使って、
60分のダイヤモンドスペシャルコースは、
終わったあと、
まさに!
ダイヤモンドな肌になり、
眼もパチっと、
リフトアップ。

さすがナチュラビセの威力、
ハンパないですね!


トリートメントを終えたあとは、
お部屋にもどって、
シャンタイム。

f0215324_06472466.jpg



まだまだハードな旅が続く中の、
しばしの平穏。


いや、英気を養い、
すっかり元気になりました。


とっても贅沢な一日だったぁー。


by madamregina | 2016-11-21 16:26 | Hotel

ル・ムーリスのスーパーラグジュアリースゥイート!   

2016年 10月 28日
f0215324_06425090.jpg



今回、泊まったムーリスのお部屋は
とっても麗しいまさに、
スーパーラグジュアリースゥイートでした。

f0215324_06425047.jpg




広々としたリビングルームの
フランス窓からは、
色づくチュイルリー公園、
ルーブル美術館、
エッフェル塔が見えて

まさに、
映画のワンシーンのような世界。

f0215324_06425131.jpg



なんて美しいスイートなんでしょう。

ウェルカムchampagneは、
ムーリスのミシュランスター、
ダイニング、
アラン・デュカスのオリジナル。

f0215324_06425179.jpg



f0215324_06474784.jpg



同じくデュカスのショコラに、
ムーリス印のギフトが‼️

わたくしは、
レジィーナロマンティコの
新作に着替えて、
ミーティング。

f0215324_06425296.jpg



夜は評判のSpaでトリートメント。






はーっ。

ムーリスのSpaで、
スイスのプロダクト、
バルモアのフェイシャルトリートメントを
して頂き、お部屋に帰ると、


きゃー!

エッフェル塔がスパークしていました。
f0215324_06463188.jpg




お部屋から眺める
この風景…

f0215324_06463140.jpg



なんてParisなんざんしょ。

ではっ、
おやすみなさい。

幸せなParisの夜。

by madamregina | 2016-10-28 06:39 | Hotel

Parisのパラスホテル、唯一の日本人コンシェルジュ。   

2016年 10月 28日
f0215324_06364728.jpg






えーっと、
みなさま。

現在Parisには10軒のパラスホテルがありますが、

パラスホテルとは、
5ツ星以上にさらに上に格付けされる
ホテルの名称。

そんなパリのパラスホテルで、
随一の日本人コンシェルジュが
います。

そう、私が現在滞在中の、
ル・ムーリスで活躍する
木村大介さん。

f0215324_06364867.jpg



木村さんは
2013年度、クレドール主催の若手コンシェルジュで見事優勝を獲得。

その素晴らしい機転、
ホスピタリティ、
人間的魅力でゲストのみならず
ホテルスタッフにも
愛される素敵なコンシェルジュ。

f0215324_06364801.jpg



実は、
ル・ムーリスに延泊することになり、
レンタカーを変更しなくちゃいけなかったんですが、

これが
かなりややこしい。

でも、
木村さんに
お願いすれば魔法のように
あっと言う間にすべてがオーライ。

やっぱり日本人コンシェルジュの存在が、
海外の旅先では
どれほど心強いか、
改めて感じた次第です。

そんな優秀なコンシェルジュがいることもまた、パラスホテルならでは!
なんですよね。

ちなみに、
いま発売中の旅雑誌『美プレミアム』
に、木村さんが大きく取り上げられています!

f0215324_06364931.jpg



f0215324_06365007.jpg


by madamregina | 2016-10-28 06:31 | Hotel

憧れのParisのパラスホテル Le Meuriceへ   

2016年 10月 27日
f0215324_05361688.jpg



今回の旅のハイライトのひとつ!

Dorchester グループのLe Meurice に移動しました!

f0215324_05361792.jpg


f0215324_05361700.jpg



f0215324_05361807.jpg






きゃーっ。
ま、ま、マジですかっ⁉️

Parisで、真っ先にパレスホテルに
認定された超ラグジュアリーホテル。

素敵すぎます!

お部屋の準備ができるまで、
BARでウェルカムドリンクを。

f0215324_05361820.jpg



ダイレクターのFrederic氏おすすめの
ピンクchampagneとオレンジカクテル、
ル・ムーリスミレニアム!

こ、こんな美味しいカクテル、
飲んだことないよ!

f0215324_05361979.jpg


もー、
このカクテルで一瞬にして
ムーリスマジックにかかっちゃいました。

しーあーせー。

少しずつ出してくださる
ポテトチップスや
ピンチョスも
美味しすぎるー。


f0215324_05362049.jpg



人生はこーゆーホテルに泊まるために
あるんだ!

と、思えましたです、はい。

f0215324_05362098.jpg


f0215324_05362104.jpg


f0215324_05362110.jpg



移動服で、
びつれいいたしますがーっ。

ふがっ。

by madamregina | 2016-10-27 05:26 | Hotel | Comments(0)

イギリスはやっぱり特別な場所   

2016年 10月 13日
もうすぐ、
イギリス旅がはじまります。

いや、その前にフランス、
ベルギーにもいきますが、

気分はやっぱし、
England……

というわけで、
この投稿をトップに持って来ていますが、
最新トピックは、
この下にございます。

どうぞよろしくね!




f0215324_00231140.jpg


f0215324_00264516.jpg




最近、
Facebookで過去のこの日、
というのが出てくるんですが、

3年前のGWは、
わたくし、ブリテンお遍路旅でございました。

そうよ。
Michaelのツアーのためっすね。

相変わらず、
ダイハードな旅の中、
ようやく羽を休めた、
大好きなホテル
Chewton Grenで3泊ゆっくりいたしました。


f0215324_00231251.jpg




そんな日の、
ダイヤリーです。

良かったら読んでくださいね。

2013年 5月2日

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ああ、それにしても信じられないぐらい、最高のお天気だ!

あたくしが滞在した、マスタースイートは、
チュートングレンのアイコンのようなお部屋。

f0215324_08323376.jpg


f0215324_08323349.jpg





これぞEngland!
と、言う素敵すぎるインテリア、
調度品にあふれています。

まるで、イギリス映画の主人公になったような、気分に浸れるー(≧∇≦)

f0215324_08323317.jpg



お部屋から、
ホテルの素晴らしいお庭が見える、
大きなプライベートテラスに出られます。

f0215324_08323472.jpg






で、マスタースイートの麗しいバスルームで、
シャワーを浴びまして、
ド汚い鉄子ファッションからレジィーナに着替えて、リフレッシュ!


Chewton Glenの総支配人Andrewとお庭の見えるサロンでアフタヌーンティ。
世界のホテルのお話で盛り上がりました!

f0215324_00231228.jpg



みなさまぁ、ぜひチュートンへ。

f0215324_00231276.jpg



f0215324_00231285.jpg


f0215324_00231324.jpg


f0215324_00231353.jpg




エモーショナルデトックスの新しいプログラムもありますよ!スパも素晴らしいのーっ。



朝起きたら、
まずは、テラスで目覚めのエスプレッソ。

f0215324_00264579.jpg




こんな小鳥もやってくるよ。

f0215324_00264638.jpg




ニューフォレストの空気が気持ちいいーっ。

いや、現実を忘れるねー。
もう、一生忘れてたいっ。ひー。

でも、
お部屋にあったネスプレッソで、
自分で入れたコーヒーより、
やっぱりルームサービスの方が美味しいよね。
ホットミルクもオンサイド。


f0215324_00324760.jpg



チェックインのとき、モーニングコールをお願いしたら、コーヒーかティのサービスがありますん。

写真いいかしら?とiPhoneを構えると、
ぼ、ぼくよりハンサムなスタッフを呼んできますからっと、ちと緊張気味の彼。

アンドレ、ありがとう。

あたくし、寝起きですびばせんっ。は。


でー!

朝食、到着。

f0215324_00324719.jpg



テラスでいただきますわよ。


f0215324_00324886.jpg



自家農園で採れたベリーもめちゃくちゃ素敵な甘さよー。


f0215324_00324895.jpg



バークシャー豚の自家製ソーセージもベーコンもハムも、ほんっとに優しい味。

f0215324_00324890.jpg




塩分控え目です(≧∇≦)








by madamregina | 2016-10-13 00:14 | Hotel

My favorite hotel at One Aldwych in London   

2016年 10月 07日

f0215324_18141830.jpg




f0215324_18141915.jpg





ひええええーーー。

約1ヶ月のヨーロッパ旅を控えて、
その準備や取材手配で、
わたくし、発狂寸前でございます〜


今回はフランス、ベルギー、イギリスを車で巡る旅をしたいと
思ってるんだけど、

30日間、それぞれホテルを予約するだけで、
万里の長城に登るほど、たいへんすぎるーーーー。

しっかし、
我が愛しのLondonでは、
もうホテルは決まってるんですけどね。

そうよ。

わたくしのLondonの定宿、

One Aldwychでありますっ。

f0215324_18142023.jpg




Londonといえば、Theatre!

West End界隈にも歩いて行ける、
このロケーションはもうーーーー何にもかえられない贅沢。

(ま、劇場街にもっと近いホテルもたくさんありますが、
空間、サービス、すべての面でやっぱり、One Aldwychに軍配があがります!)



One Aldwychhは、

元新聞社のビルだった、歴史的建造物。

f0215324_20235556.jpg



f0215324_18142010.jpg




でも、中味はめっちゃくちゃかっこいいモダンブリティッシュです。



こちらのロビーはLondonっ子たちの
隠れ家的憩いの場所。


f0215324_18142025.jpg



f0215324_20463791.jpg




観光客もほとんど来ないので、
昼下がり、
ここでのんびりアフタヌーンティーをしている
マダムたちは、
エグゼクティブなビジネスマンの人たちも多い。


f0215324_18142193.jpg





f0215324_18501059.jpg




ホテル内にレストランは2つあって、
わたしはよくこちらの
AXIS にお邪魔します!


f0215324_20235652.jpg





繊細でとっても優美なお料理で、
空間も重厚ながらお洒落で、
ロンドナーたちが毎晩、テーブルを囲んでいます。

f0215324_20284245.jpg


f0215324_20463877.jpg




f0215324_20463838.jpg




さて、
客室について。

わたしの好きな客室は6階ですが、

f0215324_20463909.jpg




f0215324_20284293.jpg



窓からのぞくと、
シアターが目の前!

f0215324_20284347.jpg



シアターラバーにはたまんないね〜。


こちらではいつも朝食のルームサービスをお願いするのが
楽しみのひとつ。

f0215324_20284472.jpg




これぞ!イギリスの王道ブレックファストがいただけます。

f0215324_20284490.jpg



f0215324_20284535.jpg


f0215324_20284517.jpg


f0215324_20284693.jpg



メニューにはないけど、
搾りたてキャロットジュースもお願いすれば
作ってくれます。

f0215324_20284776.jpg



リピーターには
そんなサービスもうれしいですよね〜


シンプルで何気ないお部屋ですが、
イギリスにおいては、
ベッドも広々していて、

f0215324_20342496.jpg




リネン類は、最高級ブランドのフレッテを使い、

f0215324_20464086.jpg



f0215324_20342507.jpg





肌触りのいい、バスローブや、

f0215324_20342561.jpg


シャーブースがちゃんとバスタブとわかれているなど、

高級ホテルとしてのファシリティもスタンダード以上です。


ゲストだけが使える、
クラブラウンジで、
アフタヌーンティやカクテルを楽むこともできます。

f0215324_20342667.jpg



f0215324_20342781.jpg




f0215324_20342884.jpg


f0215324_20342864.jpg



f0215324_20342909.jpg





こちらは、
このホテルの名物広報マネージャーの
Mr Howard Rombough 

f0215324_20343081.jpg



元旅行ジャーナリストで、
美意識の高いHawardから
いつもLondonでいまいちばん旬のレストランや
美術館のExhibitionを教えてもらっています。



ロンドンっ子たちも憧れのSpaは、スペインの最高級スキンケア「ナチュラビセ」を使用。

f0215324_20343047.jpg



こちらでフェイシャルをしてもらうのもいつも楽しみ。

Londonでは長期滞在になるので、
毎朝、ヘルスクラブのジムやスタイリッシュなインドアプールで
エクササイズをいているわたし。


そのホスピタリティはおそらくロンドンでも屈指の素晴らしさ。

心のこもったサービスと洗練された空間、
Londonらしいエッジィの効いたテイストも
大好きなところ。

f0215324_20464147.jpg





一度ステイした人が
リピーターになるのもよくわかります。

Londonに行く人、
めっちゃおすすめです!

ぜひぜひ泊まってみてね。

f0215324_20464263.jpg




One Aldwych
London WC2B 4BZ
Tel: +44 (0)20 7300 1000
http://www.onealdwych.com/home.aspx

by madamregina | 2016-10-07 17:53 | Hotel

Hello  Kahala !   

2016年 10月 01日
f0215324_08115507.jpg





そしてー!

取材をかねて、
カハラリゾートに
やってきました。

カハラリゾートも、
やっぱり素敵ですね。


このロビーに
身を置くと、
やっぱり幸せ。

重厚で
どっしりとした
包み込むような温もりと
ラグジュアリー感があります。





f0215324_08115656.jpg






お部屋はオーシャンフロントスイートで、

バルコニーから、海がドーンっ。

リビングからも、
ベッドルームからも、
ロイヤルブルーの海が!

f0215324_08115853.jpg



f0215324_08115800.jpg


f0215324_08115937.jpg





ラナイも広々として、
海がほんとに目の前!

f0215324_08120031.jpg



ドルフィンラグーン、
プールも見える

眺めのいいスイート。

f0215324_08120032.jpg



大きなクロゼットがふたつあり、
バスルームも
おトイレも
それぞれふたつずつあります。


f0215324_08120239.jpg


キャノピーの
ベッドも素敵ですね。


f0215324_08120350.jpg



f0215324_08120368.jpg




趣味のいい家具や調度品がそろう
ゴージャスシックな
ハワイアンテイストのお部屋。

スイートの広さは102平米あり、
スタンダードのお部屋も
51平米とゆったりしています。

2年前に
リゾートトラストがオーナーなり、
全室トイレに

ウォシュレットを設置。


これ、うれしいですよね。



そしてー。
さっそく
プールサイドへ。


f0215324_08222865.jpg


こちらのテントで、
マイタイでも飲みながら、
明日はゆっくりしよう…

f0215324_08223037.jpg


f0215324_08223119.jpg





私のお友達の中にも
カハラファンがたくさんいます。

喧騒から離れた、
優雅なリゾート。

セレブリティたちにも人気がありますよね。


日本人ゲストは35パーセント。
サービスも温かみがありフレンドリーです。

明日は何しようかなぁ……。

f0215324_08223114.jpg





by madamregina | 2016-10-01 01:30 | Hotel | Comments(0)

欲しかったカハラのバスローブ…   

2016年 09月 18日

f0215324_07533999.jpg




今回、
カハラホテルのバスローブが
とっても
着心地良かったので、
買うつもりでしたが、

案の定、
荷物が大八車で
もー、
チューイングガムが
入る隙間もないほど、
格スーツケースはパンパンっ。

仕方なくあきらめました…

カシウェアっぽい素材で、
肌触りバツグン。


f0215324_07534081.jpg



この、ガウンに包まれたら、
ハワイを思い出すよね、きっと。

やっぱりほしーっ。

しかし、
相方から

お風呂上がりにサングラスするのは、

野坂昭如と君ぐらいちがうか…
と、言われますた。


f0215324_07534111.jpg



はー⁉️

by madamregina | 2016-09-18 07:51 | Hotel

カハラ最後の夜は、Huku's でディナー   

2016年 09月 16日
f0215324_17344089.jpg





カハラホテル最後の夜は、
メインダイニング
Hoku'sでディナー。

1年半前から、
総料理長が、
日本人の井上シェフに変わり、
お料理がさらに繊細に、
美味しくなり、
評判です。

f0215324_17344190.jpg




この日は、
井上シェフのおまかせコースで、
前菜のハワイ島コナ産のロブスターサラダにはじまり、

f0215324_17344268.jpg



フォアグラのスープ、

f0215324_17344289.jpg



贅沢なシーフード満載のブイヤベースは、
ラップに包まれて登場。
f0215324_17344304.jpg




f0215324_17344414.jpg



仔鹿や牛肉、ラムの肉トリオステーキ、



デセールまで、

大満足の夜でした。

そして、
きゃー!
最後にサプライズのケーキを
出して頂きました。

私のFBをご覧くださっていた、
カハラホテル&リゾートのPR、
和歌子さまの
ご配慮に感激っ!

f0215324_17344519.jpg




ありがとうございます。




by madamregina | 2016-09-16 06:15 | Hotel