カテゴリ:Principle of Shoes( 1 )   

ケート・スペードのサンダル   

2005年 02月 08日

今回のNYの旅ではなぜかシューズってのが

私のお買い物のテーマだったようです。



というのもマンハッタンのマノロ・ブラニクの店で

(54丁目のMOMAのすぐ前にあるんだけど、

看板何もなし。知ってる人だけいらっしゃいというような

高飛車な店よ)

セールの靴5足お買い上げしましたが、まだ足りなくて、

ウッドバリーコモンに突撃。

ここは一応全米一のアウトレットってことになってます。

マノロの店なんかはないけど、

バーニーズやニーマンマーカスやサックスの

アウトレットがあるので、そこのシューズ売場には

いろいろ欲しい靴があるのさ。



で、ラルフローレンのお店で

カシミヤのセーターを何枚か買って(やっすー)

ニーマンマーカスに行くと、

あらっ?なにやら光輝くサンダルが私の目の端に・・。

手に取るとkate spadeの文字。

ブルーやレッドやドロップみたいにキュートな

宝石(ニセだけど)いーっぱいついた

めちゃめちゃ素敵なシンデレラサンダル!

でも、片方が見つからない。

ま、いいか。後でチェックしよう。と

その前を離れたのが運のつき。



あっというまにケイトのサンダルがなぜか両足揃って

チビマダムの手に・・・。

お、お、お願い。

気が変わって。

棚に戻して。

私はずーっと彼女のあとを気づかれないよう

ストーカーさながらに付いてまわった。

そして、彼女が鏡の前でそのサンダルを履くと・・・

きゃーっつなんてなんてなんて可愛いの!



神様。あのサンダル、どうか彼女が買いませんように

と祈った。

しかしそいつったら、気を持たせあがってよー、

何度もあちこと歩きまわってなっかなか決断しないよの。

許せないわ。

その間約10分。

私は気がきじゃないっす。

「それ、もしいらなかったら譲ってくださる?」とは

絶対言わない。だってそういうと確実に相手は買うから。



でも、私の切望もむなしく、ケイトのサンダルは

結局そのチビマダムのものに。

あまりのショックでまだまだ行くべきお店があったけど、

もはやなーんにも買う気が失せて・・・。



ホテルに帰ってからも

日本に帰ってからも

ずっとずっと後悔しっぱなし。

いまもただただ、あのサンダルのことが気になる。

なんで、あのとき片方だけでも手にしなかったのよー。



ね、だから男ももとにかく気になった人は

キープ。これ鉄則です。

いらなくなったら、気が変わったら、

いつでも手離せるんだからさ。

by madamregina | 2005-02-08 00:51 | Principle of Shoes