カテゴリ:Michael Ball( 17 )   

〜チケットの神様〜   

2017年 10月 09日

f0215324_01500324.jpeg


f0215324_01502582.jpeg


真夜中の長文。ものごっつい長いです。

どもども〜

このところほんっとあっぷあっぷな日々で、

またもや相当な崖っぷちを彷徨っていたおいら。





いちばんの理由は、

そうよっ!

Micheal Ball&Alfie Boeの来日コンサートのチケット問題よ。

こちらにも何度かお伝えしておりますが、

イギリスのトップスターMichael Ball Alfie Boe

初来日コンサートが来年2月に決定。




彼の来日コンサートは

20年来のファンだったわたくしの悲願でしたよ、悲願。

そして、彼が日本でコンサートするときは、

心に決めていたことがありました。



それは、


ぜーーーーった


い最前列ど真ん


中の、


神席に座る!





という、もはやこの生涯でいちばんの使命かっ?!

というほどに悲痛な想い・・・

いや女の意地!というべきか。

自分でも痛々しくって泣けてくるわ。



ま、そんなわけで、

有料会員の先行予約、

無料会員の先行予約、

そして一般売り出しなど、


お友達にもお願いしてチケット買いまくりました。



でも日本ではこのチケットが

お金はすぐに支払わなきゃならないのに、

自分がどこに座るかわかんないっていう、

席は抽選っていう、なんとも不条理な掟。



まっジーーー?!

また予約してからチケットが送られてくるまで、

ほぼ2ヶ月近くあるって言うじゃないすか。



あたくしは毎日、どの席が当たるのか?

もしかして最前列?

いや、でもきっと無理かも・・

という感情の乱れっぷりで、

ほんっと神経ズタズタ。



そして、数日前から待望のチケットがお家に送られてくるという

そのとき。



脈拍は早まるし、血圧急上昇。

心乱れまくって、およよ〜。



これまたそんな人生の一大事に、

かなり憂鬱な事件も勃発でもはや発狂寸前。



しかし。

いまのわたしにはチケット問題の方がよほど人生の一大事!





そんなとき、動物園のキリンの首を100倍ほど長くして

待っていた待望のチケットが

郵送されてきたわけであります・・。



合掌。





まずは、封を切る前に、

わたくし、神棚に手を合わせて、

心臓破裂しそうなほどどきどきしながら、

お祈りを捧げましたよ。



神様、どうぞ最前列があたりますように・・って。

我ながら、けなげだ。



ほええーーー。

まるで大学の合格通知を受け取るような気分っ。

これで人生が決まるっていうような。




このチケットは、

天国へのパスポートか

はたまた、地獄行きの切符か。




それでね、震える指で封を切り、

チケットを出そうとするも、

いやなかなか出てこない。

えらい梱包が頑丈なんです。




もう、どの席なんよーーーとだんだん腹立ちながら

ビリビリビリ〜っ。

もうちょっとでチケットまでバラバラになるところやんかっ。

で、登場したチケット。




おら、我が目を疑ったね。



うっそーーーーーーーーーーっ。

うそでしょ?



ほんと、



これまでの人生で、

ここまで失望を感じたことがかつてあっただろうか?!




最前列はおろか、

どの席も、端っこの端のどてっちょの端ばかり。



期待していた有料プレミアムメンバーで予約したチケットも、

ほとんどの人が4列目以内というのに、

あっしのは一枚が4列目。でも真ん中じゃない。

あと一枚は6列目っすわ。





何———————?これ。



もう、わたし暴れますよ。



どこでもいいから放火したいぐらいの怒りっ。

神様なんてこの世にいるんかい?



しかし。

やがて悲しくなってきました〜。



わたしったら、どうしてこんなに席運悪いの?

イギリスでの遠征だってそうでしたよ。



まあ、イギリスのコンサートでは席を選びながら買えるわけですが、

わたしが電話したときは、またオンラインで見たときは

たいてい、ドテッちょのドテの席しか残ってませんっ。




すでに本国イギリスのファンたちに荒らされたあとの、

焼け野原状態。

ペンペン草も生えてないって感じ。





席運悪いわたしは、ebayとかで

いつも定価の何倍もの値段で神席買ってきました



無駄なお布施チケもいっぱい



この20年、

イギリスくんだりまで行きながら、

最悪の席で何度泥水を飲んできたことか・・・




ったく。

自分で自分が気の毒になってくるわ。



そんなわけで、

今回チケット予約でいろいろとお世話になったゆりちゃん。

彼女のお友達Aさんが

同じく有料会員の先行予約でチケットを買われていたんです。



それで、ゆりちゃんがAさんに、

もしもし、最前列の席が来たら、

私に譲ってあげて・・と言ってくれていて・・



そうしたら、Aさんはもちろんと。

おら、もう、そのお優しいお気持ちだけで、

胸がいっぱいになってしまいました。

でも心の中ではもう、最前列がわたしの元に来ることはないだろうって、いう諦め。

しかし。そんなときですよ、奥さんっ。



AさんがあるSNS



Michael & Alfieのコンサートでまさかの最前列ど真ん中・・・】



と投稿していた人がいたと教えてくれたんです。

えーーーーー。それを見たときのわたしの落胆、嫉妬、

説明しがたいぐるんぐるんな感情が入り乱れて、

打ち合わせ中だったにも関わらず、

もはや失神寸前っ。



こんな人いるんだ・・・・ほんとに最前列を当てた人が。

しかもど真ん中を。



と、茫然自失しながら思ってた。

ということはもう、



私にはこの席はぜったいに回ってこないよね。

そう思うともうこの世が終わった感じ。




コンサートは2日あるんですが、

とにかくそのうちの1日の希望は無残にも消え果てた。



でも、ゆりちゃんが、とんでもないことを言ったんです。



「マダム、この人にチケット譲ってもらったらどうですか?」



えーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

そんなアフォな!

それはあり得ない。あり得ませんわ。



だって、見ず知らずの人なんです。

わたしのこと知ってる人ならいざしらず。

男性か女性かもわからない。

わかっているのは、ただ、ニックネームだけの人。

300%無理・・です。



だけど・・・

ふとわたしはあるローリング・ストーンズファンの男友達が教えてくれた、あの話をン十年ぶりに思い出したんです。

彼は当時NYに住んでいて、

どうしてもローリング・ストーンズのコンサートが観たかった。

でも、凄い人気のチケットで彼のところには運悪く回ってこず。

そこで彼は決意したわけです。

チケットを持っている人から譲ってもらおうと。




でももちろん知り合いにはいません。

そこであらゆるツテをつたって、

とにかくチケットを持っている人を何人か調べた。

そこで彼が取った行動は、


その人の家を調べて、直接ドアを叩いたのだそうです。

すっげーーーー。



で、僕はものすっごいローリング・ストーンズファンで、

このコンサートがどれだけ観たいかという情熱の強さと、

あらゆる理由を、並べ立てたそうです。



そうしたら、なんと!

彼の熱意にほだされたその人が

チケットを譲ってくれたっていうじゃないですか?




それを聞いたとき、ありえなーーいと思いました。



いくら観たいコンサートでもそこまでは出来ないと。

でも、その男の子は私に言ったんです。



「どうしてもど


うしても観たい


という強い想い


があれば、チケ


ットの神様はき


っと微笑んでく


れる」

と。



その彼の言葉を胸に、

わたしはまず、Aさんから教えてもらった見ず知らずの人をフォローし、コメントしました。

ごく無難なコメントです。




作戦はそこから。



でも、気をつけないといけないのは、

その人がめちゃMichealのファンとか、

Alfieのファンならわたしがどれほどいい条件を出そうと、

神席のチケットは死んでも手離さないだろうってこと。



だって、最前列のど真ん中なんだから〜。

そこでこの方にメッセージを送りました。

私は20年来のファンで来日コンサートがあったら最前列で観たいと思っていた。

なんとか譲ってもらえないだろうか・・・と。




で、この人はもし売りたかったら、

チケットリセールのサイトに出していたはずです。



コメントを見れば、

コンサートをとても楽しみにしている様子でした。

そこで、魂席ゲット作戦としては、

やはりそれなりの対価を提示しなければ相手もこんな神席そうそう手放さないだろうってこと。



だからわたくし、

チケットリセールのサイトなどで売られている以上の条件を提示しました。



そうしたら、お返事が来ました。

「妻と相談した結果、そんなに前からのファンの方が、

この最前列の席で観ていただけるなら本望です」



おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


わたくし泣きました。



なんていい人なんだーーー。

そして親切なその方は、

チケットを写メしてくれました。

そこには紛れもない、わたしが夢見た、

最前列の神席番号。




わたしがずっと


座りたかった、


玉座。


聖地。

おおおおおーまいがーーーー。

ずっとずっと、

自分の魂を売ってまで欲しいと願ってきた


MichealAlfieのコンサートの最前列ど真ん中の、ど真ん中が

手にできる日が来るとは・・・。



もうしあわせすぎてこの日は眠れませんでした。

もうこれで女の意地をかけたミッションは終了。



ほんとは2日とも最前で観たいけど、

それは贅沢ってもんです。

欲どうしいってもんです。

チケットの神様もそこまで甘くないはず。



だから残りの1日はわたくし4列目で観るつもりでした。



つもりでしたが・・・

やっぱり2日とも最前列で観たいよね。本音をいえば・・・。

だけどどうやって?



もうかなり高額なチケット代を支払ってしまったから、

チケットリセールで買うことはままならないわけです。



そんなこんなで悶々としていた翌日のことですよ、奥さん。

例のゆりちゃんのお友達から、




「きたーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーー



ーっ


最前列!!!!!」

とのメッセージが。




えーーーーーー 


ーーーーーーー


ーーーーっ。

ぎゃーーーーー


ーーーーーー

っ。

まじまじまじ?


ほええええーー


ーーーーー。

わたしもう、心肺停止状態。



うそでしょ?

うそよね。

だけどだけど。

夢じゃなかった。



ゆりちゃんのお友達が、



とんでもない神席を引き


当てたのでした。




しかし・・・・それがわたしが譲ってもらった日と同じなら、

最前列が4枚あっても・・・寝転んでみるわけにもいかず。

どうしよう。

どうしよう。



どうか神様、

このチケットが別の日でありますように・・・と

わたしは祈りました。



そうしたらーーーーー!

なんとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

そーれーがー。

彼女が引き当てた最前列は、

別の日のチケットだったんです。

もう、涙が溢れてきました。





そして、

彼女は約束通り、わたしにその最前列の神席を譲ってくれました。

しかもこちらもど真ん中!

うそでしょう?

嘘に決まってる。

これって夢じゃない?




なんかなんか、わたし騙されてる?そのへんにたぬき100匹ぐらいいるんじゃない?

・といつも席運悪く嘆いていたわたしに、



こんな形でチケットの神様が舞い降りて来てくれることになるなんて・・・。



でも、でも。



このチケットの神様の正体は、

実はゆりちゃんであり、

気持ちよく譲ってくれた見ず知らずのSさんであり、

ゆりちゃんのお友達のAさんであり、

そして彩さんであり、


これまでずっと私の最前列ゲットを祈ってくれた

祐子ちゃん、

桂子ちゃん、

あこちゃん、

そして我が心友さをちゃんの愛なんだって、

気がつきました。



そう。



チケットの神様は私の心友たちだったんです。

みんなほんとにありがとう。



なんてしあわせな私の人生。


もうこんなミラクルが起こったんだから


ちょっとぐらいのことで、


嘆いたり、怒ったり、悲しんだりはしませんっ。



いや、人生って、悪くな


いですね。





by madamregina | 2017-10-09 02:06 | Michael Ball | Comments(0)

緊急速報! NY 魂席を巡る物語〜   

2017年 04月 06日




はーーーーーっはーーーーっはーーーーっ!!!


なんとなんと!

NY行きが決まったその日、

Michael と Alfieeのコンサートが、

NYで開催されるとのニュースを受けたわたくし・・・。

なんという奇遇。

だって、彼らNYでコンサートするなんて、
そうそうあるもんじゃないんですよ〜


しかも、

たった一回だけですわ。


そんなわけで、
NY City Centerのコンサートのチケット大作戦!
わたくし、参戦いたしましたわよーーーーーーーーっ。


そうよ。
先日のアメックスのメンバー先行予約に続く、

ファンクラブ先行! 決戦の日だあああああ。


NY時間の12時。

つまり日本時間の真夜中1時に、
わたくし、PCに張り付き、
震える指でプロモコードを入れました・・


し、し、しかし、
まったくアクセスが集中して、
ページが出てこないじゃないかーーーっ。

わしは、もはやヤク中のおっさんのように、
のどをぜぃぜぃ鳴らしながら、
ほええええーーほえええええええと、
腱鞘炎になるほどサイトをたたきまくっておりましたら、



な、な、な、なんとーーーーーーーーーーー!!!!
アメックス先行予約では影も形もなかった、
いわゆるステージのすぐ前となるオーケストラピットの
3列すべてが大放出しとるではありませんかーーーーーーーー!


ひええええーーーーーーーー
まじかーーーーーーーーーーーーーーーーー?!


ってことはっ
てことは、

わしにもひょっとして、
ひょっとして、

最前列をゲットするチャンスが巡ってきたというわけかっ?!



しかもーーー
しかもですよ、奥さんっ。


最前列AAの、
ど、ど、ど真ん前の、

ど、ど、ど真ん中が
あるじゃないですかーーーーーーーー?!



いや、これは幻かもしれん。


だって、
そんなわけがないだろう。
自らの魂を売ってまで、
欲しかった、
最前列ど真ん中の魂席が

いま、すぐそこにあるなんてーーーー。


おかーさーーーーーん。


わしは、
口から心臓が飛び出しそうになりながら、


その席をカートに入れましたよ。

次は、
Check out よ。



これまたアル中のおっさんさながらに、

1秒間に500万回ほど震える指で、
クリック。


神様。
お願い、いってくれーーーー。


しっかし、
めっちゃ遅いんだよ、



これが。
ようやく購入画面へと移り変わったと思ったら・・
真っ赤な字で、


Sorry not accessと出るじゃないかーーー。
もはや発狂寸前。

いやすでに発狂しとりますがな。


わたくしもう一度前の画面にもどって
クリック200万回しました。


すると、今度は、
アクセスが集中しているので、
BOXオフィスに電話しろ!という、
注意書きが登場。
えーーーーーーーーーーーーーーーーー?!


で、またもやNYに電話しましたとも。
待たされること、10分。


ようやくオペレーターが出てくれました。
わしはもう、
焦りまくったもんのすごい北朝鮮英語で、

「あふあふあふ。あのーーーわたくす、

カートにAA110のシートを入れたんだけんど、
チェックアウトしようと思ったんら、
ここに電話すろーーーと言われて、
かけてますンだ。
なんとかこのシートを
いまこの電話で買えませんことか?」
と、聞きましたら、



「べらべらべらべら」
とそのおばさまにまくしたてられたけど、
もうさっぱりわからん。


え?
も一回言ってぐれーーー。



「だーかーらー、
もういちど前のページにもどって・・そのシートをリリースして!」
えーーーー?!
そ、そ、そんな‼️
こんな魂席、一回でも手離したら、
もうそこらのハイエナどもの餌食になること、
間違いないわ。
そんなことできないわーーーー!
と叫んだら、
彼女も、
「あなたのカートから、
シートをはずしてーーーー!!!
でないきゃ
電話で売れないのよー‼️」と
絶叫っ。


あ、そういうことか。
わたしのカートに魂席が入ったまんまだと、
電話で買えないってことよね。


で、ようやく事態がのみこめて、
カートから削除しました。


そこからよ、これまた別のハードルが!


「じゃ、名前を言って。ラストネームから」
とオペレーター。
Ma Tsu Za Wa......
と何度スペルを言っても
わかってもらえません。
これ、ほんといつもめっちゃいやなんだけど、

「Matsuzawa」の「Z」ってわかってもらいにくいんだよね。


ゼブラのZ
とか、
ジップコードのZ
とか5分ぐらいZのつく言葉を並べて、
ようやく理解いただけました。

そしてーーーー
ようやく、
やっとこさ、
悲願の魂席ゲット!


やったー❣️
あ、すでにアメックスの先行予約で、
7列目センターの席は買ってるんですけどね。笑


好きなスターのチケットは、
Saori Shinomiyaちゃんの言う、
「匍匐前進」。


先にゲットした席より、
前方の席が見つかったら、
迷うことなく買っとく!
これ、チケットの掟。


余ったチケットは、
捨てチケ。
またの名を、お布施…


と、呼ばれます、はい。


ほんま、疲れるわ〜


というわけで、
みなさま、
画像の赤い点のシートがわしの席よーーー。


f0215324_12060505.png


きゃっ。
たった1度のNYのコンサートで、
世界中のファンが
命をかけて奪い合う
最前列のわずか20席しかない、
ど真ん中の魂席が
ゲットできました。


どうだ、まいったか?
(と、Michealに言ってるww)

by madamregina | 2017-04-06 02:09 | Michael Ball

Michael,Alfie,andMe‼️   

2016年 11月 08日
f0215324_21124695.jpg




えと。

とうとうこのときが!

わたくしは、
一昨日、
麗しすぎるチュートングレンから、
相方を置いて、
ひとり鉄子になりました…

しーかーし。

オーマイゴーッド!

MichaelとAlfieに会いましたよっ。

もうね、
いままでの疲れが吹っ飛びました。

今回はMeet & Greetと言う、
スターに特別に会って、
写真も取れるつー、
バカ高いチケットを買ったおれ。

なぜなら、
魂席は、Meet&Greetでしか買えなかったんであります。

でも、でも、でも!

Meet&Greetに来た人30名。

我らは劇場のサロンに招待され、
待つこと5分。

きゃー!

MichaelとAlfieが来ましたっ。

そしたら、Michaelは、
真っ先に

「Ichiko!How are you⁉️」

と、私だけに、
名前を呼んでくれたでありますよ!

おーまいがぁ。

He got hug & big kiss!

Alfieも、めちゃうれしそうで、
very nice to see you again‼️

と、Hug&Kiss,

もう、死んでもいいーっ。
だーい好きな二人のシンガーに
囲まれて、幸せすぎるー。

f0215324_21124717.jpg



ショーがはじまるまで、
バーでシャンパン飲んでたら、
バーマンが
一緒に写真撮ろう!
と。

彼は後ろに隠れちゃったけど。

f0215324_21124779.jpg



I love here.

生きてて、良かったー!

コンサートはね、
もー、
書けません、いまは。

冷静には。笑


ただ、ひたすら、
めちゃくちゃ、
サイコーに素敵でしたぁ!


f0215324_21124820.jpg


f0215324_21124992.jpg


by madamregina | 2016-11-08 21:06 | Michael Ball

【死ぬ気で戦ってみたけれど・・】   

2016年 05月 19日
f0215324_01273347.jpg




本日、
英国時間の午前9時、
ジャパンでは夕刻5時より、
11月からスタートする、
わたくしが愛して止まない、
Micheal BallとAlfie Boeのライブチケット、
プレセール大争奪戦スタートしましたっ。


のべ1ヶ月の期間。

18箇所でのライブがあります。


あたくしは前半にかけてみました。


今日は、
4時45分頃からPCの前に陣取って、
それぞれの劇場の座席表を置いて、
準備万端っ。



そしてーーーー
4時55分・・・・57分・・・
59分・・・・・(ここからが永遠に5時にはならないように思えた)


でー!


カーンとゴングがなって(自分の頭の中で鳴らしたのよっ)


それいけーーー
松澤一等兵!




と意気揚々と途方もない大海原へと漕ぎ出しましたが、


いやあ。
さすが、
現代ミュージカル界を支える、
2大巨頭Micheal Ball とAlfie Boe
のジョイントコンサートだけあって、


チケット参戦者、たぶん、
Michealひとりのときと比べたら、
1000000万倍増えてる感じ・・・・


松澤一等兵が狙うのは、


もっちろん、

最前列よっ、奥様っ。

最前列がなかったら、
少なくとも2列目までの
センターブロック。



まあ、欲をいえばね、
最前列のど真ん中をゲットしたいけど、

それは不可能に近い。
しっかし、
ファンが欲しい席は、

みな同じ。


ステージから近い前列の魂席ですわ

そんな世界中のファンたちが、

PCの前に陣取って、

同時刻に、

それぞれのコンサートで、

わずか10シートほどのスーパー神席を、

死ぬ気で取ろうと
戦ってるわけですから、
まぁ、


あっしが神席をゲット出来る可能性は

限りなくゼロにちかい〜


Londonなんて、
あーた、
3階のどてっちょさえなかった!
でもーーーーー
でもーーーーーー
でもーーーー


たった2箇所だけですが、
とりあえず、


神席押さえました!


ひとつはPortsmouth。

最前列センターブロックほぼど真ん中より。


f0215324_01273460.jpg



もうひとつは、Southampton.

惜しくも2列目ですが、
文句はないよね。


f0215324_01273434.jpg



ただし、
わたしが取れるチケットですから、
ようは、


ノーマルなお値段の約6倍でございましたわ。

おーのー(≧∇≦)

f0215324_01273408.jpg




いわゆる、
最近流行りの、
Meet & Greet,ってやつでして、

コンサートがはじまる前に、
限られたファンたちだけが、
スターに会えて、
写真撮れるという特権があるパッケージシート。

正直、
MichealやAlfieには、
わざわざそんなところで会いたくないんだけど(笑)


彼らのステージは、
ぜったいいい席で観たいんですよね。


だって、もうこんな二人のとんでもなく心揺さぶる、
歌声を聴けるチャンス、
そうそうあるもんじゃないでしょ?


そんなわけで
しばらく、わたくし、ボンビー生活続きます。
よって、ゴージャスなお食事会にも
行けないと思われます。


およよ。
写真は愛想ないですけどな、

わたしが
いちばんときめく画像なのー(≧∇≦)


ハートマークがわしの席やー。

参ったかっ?!(誰に言ってる?ww)



がるーっ。

by madamregina | 2016-05-19 19:58 | Michael Ball

I won't send roses ♡Michael Ball のLIVEより   

2015年 04月 29日
f0215324_1338567.jpg

f0215324_13385784.jpg

f0215324_13385791.jpg




えとえと。

わたくし、ブリテン巡業行っておりましたでしょ?

そのオックスフォードでの
MichealのLIVEでの録画、

YouTubeにUPいたしましたーー。


この動画、
スクリーンは、
真っ黒なんだけどね。

Michealの姿は写ってないの。

でも、

もう、最高のMichealの歌が聴けるのーーー(って思うのはわしだけ?)



今回、

最前列ど真ん中に座っていましたときに、


こっそり録画した、”I won't send roses”


Michaelは私のすぐ50センチ前にいるでしょ?


だからさすがに、姿は写せませんなんだ(; ̄ェ ̄)


この歌は、

この夏からMichealが主演するミュージカル「Mark and Mabel」

の中で、わたしがいっちばん好きな歌

I won't send roses.


もう、歌詞もたまらんですばいっ。



聞いてーーーー??


マジで、


しびれるー。


メルトメルトメルトーーーーーー(´;ω;`)




Screen is not come out but you can hear Michael's amazing song .
My favorite title song from " Mark & Mabel"
I won't send roses.
I am almost melting〜〜( ;∀;)
I know everybody almost melt:)




見れなかったら、
このLinkを貼り付けて見てくださいね。



https://www.youtube.com/watch?v=yTWIhMl85Ig&feature=em-upload_owner#action=share

by madamregina | 2015-04-29 13:44 | Michael Ball

Michael & me   

2015年 04月 09日
f0215324_16292854.jpg


Michael & Me at Oxford.


I really am the luckyist girl in the world ;-)

by madamregina | 2015-04-09 16:28 | Michael Ball | Comments(0)

8桁の円を使った人だけが・・笑   

2014年 06月 11日

えーっと、

昨日、トニー賞のレ・ミゼラブルのパフォーマンスについて、
ちょっとあたくし、
FBでも戯言ほざかさせて頂きましたがw

わたしの敬愛する、
ミュージカル、演劇、オペラの博士(ゆりちゃん用語w)
MさまからTwitterで
うれしい、メンションがっ。

『ブロードウェイとかウエスト・エンドについて、
好きなように語っていいのは
最低でも7ケタの円を落としてきたひとだけです(笑)。
記事拝見しました。レミは私も同じような感想です。
一番好きなミュージカル作品だけどあの場にはなくてもいいや、って思いました』



・・・ってうれしーー。

あはははーー。ほんまや。

レ・ミゼラブルは特にマイ・ダーリン、マイケル・ボールが

オリジナルのマリウス役で、

大ブレークした、記念すべき作品だから、余計思い入れ強いです、はい。


あ、だけど、わたしたち、7桁じゃなくて、

8桁に近い円は落としてきた。

いや、おそらく8桁は行ってるだろう。

毎回UKまでの旅行代やその他海外遠征も入れたらね(恐)

いやあ、自慢かって?

そりゃもう、自慢するしかないわーー(号泣)

あのお金がいまあれば・・

って思うよね。

老後に残しておくべきやったんちゃう?

とかね。



でも、舞台でもらった夢は、

一生消えないから。

それは、心のジュエリーですわ


そうおもえば、やっすいもんや(負け惜しみーーーーー)

そういえば、わたしの大半は、

この方、Michael Ball さんに貢いできたわけでありますが(頼まれてないけど)

最近、マイケルの話題がないね・・と

Nさまという素敵なマダムが心配されていましたので、

わたしの好きなマイケルのこの歌



久々にUPするですよーーーー。

良かったら、聞いてね!


ところでこの、トップの余計な写真はねw、

3年前の今日、2011年6月11日、

マイケルのコンサートを観にいった、
イギリスのPlymouthのステージ・ドアで撮ってもらったもの。

のKissがHow much?なんて考えませんよっ(泣)

なんとなく、この写真を見たくて、
探していたら、

彼のファンサイトにありました(えーー?残してないんかい?笑)

それで確認したら、

この日は、なんと6月11日だったの!

写真のクレジットでは6月24日になってますが・・
コンサートがあったのは、3年前の今日なんですよね〜

やっぱりマイケルとわたしは繋がってるね・・・

なんて、

こんな風に考えるのが人生をごきげんに過ごすコツ(笑)

ふがーー。

by madamregina | 2014-06-11 22:55 | Michael Ball

New Interview with Michael Ball @Shanghai   

2014年 01月 26日
f0215324_10454079.jpg




f0215324_21401295.jpg



2013年11月、

上海で素晴らしいコンサートを観ました。

そう。わたしの大好きすぎる、ミュージカルの帝王、

Michael Ballが、

上海グランドシアターで、

f0215324_23182632.jpg



「Do You Hear The People Sing?」 という、

コンサートに出演したからですよーー。

このコンサートはね、

日本でもおなじみのミュージカル、

Les Misérables や Miss Saigonを作った、

Alain Boublil & Claude-Michel Schönbergの代表的な人気のミュージカルソングを、


f0215324_22275746.jpg


海外の名だたるミュージカルスターたちが

それぞれのタイトルロールを演じて、歌い上げる、

ミュージカル好きにとっては、たまらない、コンサート。


f0215324_21401570.jpg



上海では地元のメディアもこのコンサートを大きく取り上げました。

キャストとアランブーブリルの記者会見の様子。

f0215324_21401044.jpg





上海グランドシアターで、まさにこのプレミアが行われたのですよ〜。

グラントシアターは、上海でも屈指の素晴らしいコンサート会場でした。

f0215324_21592153.jpg



f0215324_21592055.jpg


f0215324_21592244.jpg



f0215324_21591768.jpg


f0215324_21591411.jpg

f0215324_21591499.jpg




もう会場は地元の人はじめ、すごい熱気です。


f0215324_21591670.jpg



なんとMichaelのファンが、

イギリスやオーストラリアからこのコンサートのためにやってきておりました。

f0215324_21591815.jpg


f0215324_21591768.jpg


f0215324_21591878.jpg





コンサートはセットも壮麗で、

f0215324_21591940.jpg


f0215324_21591994.jpg


f0215324_23174977.jpg







オーケストラには上海のシンフォニーの人たち。



そしてコンダクターは、Rea Salongaの弟である、Gerard Salonga.



以下は上海プレミアのキャストの名前です。

f0215324_21401375.jpg


オーストラリア出身の、

DavidとAmandaもすっごく新鮮で素晴らしかった。

f0215324_10453697.jpg




そして、もちろん、Rea Salong.

f0215324_22355459.jpg


日本にも何度も来日していて、

彼女のファンも多いよね。




そして、肝心のコンサートです。

上演時間になり、

席が暗くなって、

幕が開いて、

まずはミスサイゴンからです。

壮大な音楽が鳴り響き、

上海の子供たちが、

何十人も出てきて、

コーラスを歌います。

それがもう、素晴らしくかわいらしく、

胸にせまってきます。


で!


いきなりMichaelが登場!

わたしは、初日最前列の真ん中あたりに座ってた。


ぎょえーーっ⁈

なんなん?

これ、なんなん⁈

こんなコンサート観たことないよ。

えーえーっ⁈

もう、世界最高峰のダイヤモンド製ダイナマイトで、

ぶっ放されたみたいに

わたし、死にそうー!

オープニングからいきなりMichaelが唄う、

ミスサイゴンのBUI-DOI。

マジ?

はじめて、彼がこの曲を唄うの聴きました。

涙が溢れて見えません。





わたしは、Michaelの歌を聞いて、

生きてきて良かった、

と心の底から思ったよ。

この瞬間のためなら、

何もいらん。

アルバ産白トリュフも、

上海蟹も、

ヴァンクリのダイヤ入りアルハンブラも、

カルティエの時計も

ほんっとに、なんにもいらん。




ファーストクラスなんか、乗らなくていい、貨物でw


だから、世界の果てまでついていく、

と思えた、ほんとに素晴らしいコンサートでした。

コンサートは、このあと、マータンゲア、そして、

メインのレミゼラブルも最高。

そして!なんと、Michaelが

Stars


を歌うのですよーーーっ。

いや、感動しました。


冒頭のマイケルのステージ写真は、

Miss Saigonから American Dream!

あのアクの強いエンジニアが歌う、


American Dream!

のけぞった。

真っ赤なスパンコールのジャケットで登場したMichael。

もう、エンジニアになりきって、歌う。踊る。くねっくね。


OMG!!!!

でも、何が驚いたかって、

レミッズから、Starsを歌ったことだ。


こ、こ、これがもうーーーーーーーーっ。

速攻、悶死。


あまりにも素敵すぎるんですけどーーーー。

実はあたくし、レ・ミゼラブルの中で、ジャベールのキャラクターがいっちばん好きなわけよね。

あの複雑な、そしてダークなキャラが好きな人、意外と多いと思います。

で、その中でも、Starsという曲は最高傑作!

映画版でラッセル・クロウが歌って、みんなからケチョンケチョンにけなされた、あの曲です。

私はラッセルのあの歌い方、かなり好きだったんだけど。

ま、声量はなかったけどねw.


これまで、Phirip Qastがわたしがいちばん好きなじゃベールでしたが、

Michael is the Best!


そんなこんなで、レア・サロンガも出ていて、

彼女も、ハートを、

ぐいぐい押してくるんです、

あのうますぎる、ソウル炸裂の歌声で!


そんなこんなで、


幕が降りたら、もはや放心状態。

Alain Boublil & Claude-Michel Schönbergと功績を

改めて実感する、

ほんとに偉大な音楽の祭典でした。


そして、今回の主役ともいえる、

Michael BallにInterview することができました!

f0215324_10453086.jpg


今回、イギリスから、こんなfar EastのShanghaiの舞台に出演することを
決めたのはどうしてですか?

と聞くと、

「2013年2月に一度、上海に来て、すごく気に入ったんだ。街も、人も、食事もshopingも最高に楽しいし」

と上海がとっても好きなようでした。

そして!

今回のツアーは、アジア全土を巡るようですが、

日本には?

「うーん。まだ決まってないけど、
呼んでくれたら、行くよ!世界中どこにでも」

Michaelが来日してくれるのが、わたしの長年の悲願!

もしかして、ほんとに実現するかも・・・と言う期待感が膨らむ、

うれしいインタビューでした。

上海からLondonに帰国してからもスケジュールがびっしり、
だったいうMichael。

「Londonに帰ってから翌日から、BBCで放映される、
ミュージカル映画Tubbyという作品のリハーサルがあるんだ。
これは、Sweenney Toddで共演した、
Imelda Stauntonと一緒なんで、すっごく楽しみだよ」

BBCでは他にもラジオ番組のパーソナリティをつとめたり、
大活躍のMichael。


f0215324_11582770.jpg


f0215324_10453882.jpg


f0215324_10453934.jpg



そしてまた、何か新しいことで、

わたしたちを驚かせてくれるはず!


ちなみにこちらは、
昨年11月にリリースされた、
Michaelの最新DVD.

なんとアルバムもボーナスとして入っています。

私はこのUK Tour2013に、もちろんいきましたよ!

もう、最高に素敵なMichael満載です。

ぜひ、買ってみてね。


f0215324_1158985.jpg



ここから買えます!

by madamregina | 2014-01-26 10:44 | Michael Ball

台湾チケット合戦狂想曲   

2014年 01月 16日
f0215324_1302315.jpg



なんと!

我が愛しのマイケル君が、

上海についで、

今度は台湾で、コンサートするっていうじゃないですかっ?!

ひえええー

もう、どうする?どうする?


f0215324_13232957.jpg


と激しく、1分ほど悩んで、

チケット争奪戦に参戦っーーーーー



で、もう、
昨日からぐったりよ。


しっかし、今回は、大好きな心友にして、

最強の旅友、台湾通のゆりこ姫が同行してくれるとのことで(きゃーーー)


ゆりりんおすすめの、

1ヶ月前から予約しないと食べれない北京ダックとか、


フカヒレとかマンゴーカキ氷とか、
いっぱい食べるんだ。ふがっ。

いやそれにしても、

今回も魂席取るのに、髪の毛逆立つことの連続

ゆりちゃんにも散々迷惑かけながら、

なんとかとれたわけですが、

NYやロンドンと違って、チケット取るの、

超めんどくせーーー。

ロンドンなんかだと、海外在住でも、

電話をかけてクレジットナンバーなどのデータを伝えて、

Confirmation number もらって当日ボックスオフィスでチケット受け取って終わり〜。

それが中国はどーだ。

チケットマスターみたいなところに電話して、

まず、Seatをホールドしてもらうでしょ?

そこからメールアドレスを伝えて、

先方から、ご丁寧にもクレジットカード入力のフォームが送られてきて、

それをプリントアウトして、

書き込んで、ファックス送ってくれ・・・

みたいな順序で、まったくもって、疲れるわ。

で、案の定、またもや

プリンター壊れてるから、

ゆりちゃんにお願いして、

彼女に送っていただきましたん。

ごめんね、ゆりちゃん。ほんとに・・・いつもいつも。


マイケルがアジアで舞台に立つたびに、

ご迷惑おかけしちゃって、

ほんとにごめんなさいです。


で、あたくし、チケットがちゃんととれてるか、どうか、

何度も台湾のチケットマスターに電話するものだから、

電話に出た人が、名前を伝えると、

あ、Ichikoね、
と全員に知られてしましましたーーーー(すでにブラックリストかっ?)

といっても、3人ぐらいしか、いなかったけどw.

電話ってあんまりかかんないのかね、台湾は・・・。

ところで、話はガラッと変わりまして、

わたしは旅の予定が決まると、

すぐに言いたくなる性格なんですがw

中には、

旅の途中に、Facebookに写真だけ、UPして、

その場所を書かず、

みなさま、想像して・・・みたいな方もいて、

どこやねーんっ?!と歯がゆくなったりします(笑)

おそらく、旅してる場所を知られたくないのか、

いやそれなら、そもそも旅先の写真なんてUPなんてしないしね。

これって、

たとえば、

年を聞かれてすぐには応えず、

「いくつだと思う?」

みたいなニュアンスかなぁなんて思ったり、

いや、たぶん、私と違って、

奥ゆかしい性格なんですね、きっと。

いつかわたしも

旅先で、写真だけUPしてみたいんだけど、


今回も言っちゃった。あはっ。


ちなみに、上海でMichael Ballにインタビューしたときのことは、

こちら〜

人生で最高の一瞬でしたわ。おろんおろん。

by madamregina | 2014-01-16 12:58 | Michael Ball

【Interview with Michael Ball on 30th Nov】   

2013年 12月 14日
f0215324_1152046.jpg


※新しい記事はこの下にございます〜。
しばらくはこの日記をトップにおいておりますのよーーーー。すんません(>_<)




みなさまー!

いや、11月30日は、
上海グランドシアターで上演された、レミゼラブルのコンサートの、
プロデューサーにインタビューすると言う、大仕事がありましたん。

そして!

実は私は、
Michaelにも上海に来てから、

直接、彼にお手紙を書いて、

インタビュー申し込んでたんですね。


いや、エージェントも通さず、
いきなり大スター本人への、
取材申し込み。ひー。

(でもMichaelには、2回目以降、ずっといままでこのスタイルでw)

ちなみにMichaelは、
ミュージカルの世界では第一人者であり、イギリスでは国民的人気歌手なんです…

それを、この日はいかがですか?
と、オファーした日にちが2日前。

120%無理やなぁ、と、

半ばやけくそに近いお願いでしたが、

なんとMichaelは、

快くインタビューを承諾してくれたのですっ。

なんて、いい人なんでしょう。

いや、ほんとは毎日、

ダブルライオンちゃんを手でスリスリして、

お祈りしてたん…。

f0215324_9352446.jpg




ところで、

前回の上海では、

水が悪いのか肌がかさかさにな
り、髪もパサパサに。

もう、
Michaelのインタビューのときに、

そんなんなったら、最悪やーん。


だから、いつものビオロジックルシェルシュのローションや

ナチュラビセのダイヤモンドクリームを持参して、

艶肌キープ!

f0215324_9351275.jpg

f0215324_9351327.jpg

f0215324_9351485.jpg



さらに毎日、

素敵な酵素のパウダーを水に溶かして、飲んで代謝をUP。

f0215324_9351561.jpg



身体の中から、艶出し!

髪はモロッカンオイルで、

バッチリさらさら、

ツヤツヤになったよ。


それで、レジィーナの白襟着れば、無敵やん!

と自画自賛モードwで挑みましたぁ。

きゃん。


で、はーっ。はーっ。はーっ。

これは楽屋でのショットです。むふ。



f0215324_1161948.jpg



f0215324_117792.jpg



Michaelが、いきなり

レジィーナの白襟ワンピース、

褒めてくれて、やったー!

やっぱりMichaelに会うとなると、

この勝負服だろーっ!



それで、この日、

マイダーリン、Michaelが、

ありえないぐらい優しくて、

あっしは、これからの人生、

この思い出だけで、

辛く厳しい日々も

乗り越えていけると

思ったのでありました。

苦節18年で、はじめての幸せ…。

だからたまには幸福感に浸りたいー。

f0215324_9351731.jpg


f0215324_9351821.jpg


f0215324_9352072.jpg



ひー。許したってー。

f0215324_1174675.jpg



すぐに壊れる、

脆くも、

でも価値のある幸せなん…涙。

by madamregina | 2013-12-14 09:21 | Michael Ball