カテゴリ:Music( 3 )   

ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番   

2014年 02月 27日

f0215324_1404683.jpg


真央ちゃんの、

フリーの演技、

テレビで何回観ただろう…。

何度観てもその度に涙する、わたし。

そして、まだまだ何回でもみたいよ。

帰国の記者会見も可愛かったね。

最高でした。

しかし、あの演技を観るたび思うんだけど、音楽の力も大きいよね。

ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」。

大好きな曲です。

この曲を聞く度、

佐渡裕さんのことを、思い出す。

私は2度佐渡さんにインタビューする、という幸運に恵まれた。

ラムール管弦楽団にいらしたときはParisまで取材に行った。

はじめてお会いした、佐渡さんは、がじゅまろの大木みたいに大きくて、

まさに威風堂々と言う表現が、ぴったりとくる紳士だった。

でも、気遣いがこまやかで、とても繊細なマエストロだと、すぐにわかった。

大阪名物の神宗の塩昆布を差し入れにお渡ししたら、喜んでいただいた。

「一年300日ぐらい演奏で旅するでしょ?ホテル暮らしが多くて、

野菜が取れないから、鍋するんですよ、ホテルの部屋で。

だから僕の演奏旅行は、鍋持参」

と笑っていらした。

そして、レニーの話をする佐渡さんは、とても、可愛らしかった。

インタビューが終わると、パリで旨い寿司屋があるから、

一緒にいきませんか?とお誘い頂いたが、

先約があり行けなかったこと、いまだに後悔しています。

あ、でもお誘いくださったのは、京都人らしく、社交辞令だったかも知れないけどね。

後日、佐渡さんが、パリでいちばんお好きだと、言ってらした、そのお鮨屋さんに行きました。

で、彼が真っ先に頼むと言う、鯖を頂きました。

美味しかった!

だから、佐渡さん、と聞くと、私はいつも、美味しいものを食べている、姿を想像してしまいます。

そして、Parisで聴いた、

佐渡裕のラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」。

演奏が終了して、楽屋に尋ねると、

先ほどのインタビューのときとうってかわって、汗だくで、キラキラされていた。

このとき聴いた、

佐渡裕のラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」は、

まるで心の中に、手形で、焼印をつけられるみたいに凄かった。

f0215324_1412323.jpg

by madamregina | 2014-02-27 01:41 | Music

祝!マエストロ小澤征爾   

2013年 08月 29日
f0215324_1563897.jpg


小澤征爾さん、2年ぶりにサイトウキネンフェスティバルで、復帰!

のnewsに、思わず、昔、小澤さんとお会いしたときの

写真を引っ張りだしてみました。



小澤さんには、一度ボストンでインタビューさせて頂いたことがあるんですが、

その後もタングルウッド音楽祭が開催される、米東海岸マサチューセッツ州のレノックスの、イタリアンレストランでお会いしたり、

ホノルルのダウンタウンのチャイニーズレストラン、

レジェンドで遭遇したり、なんだかうれしいご縁がありまして。

あのとき、ハワイでは、療養されていたんですねー。

小澤さんの完全復帰、心からうれしく思います。

ほんとにおめでとうございます!


写真は。小澤さんとのなつかしの2ショット。
レノックスのイタリアンで。
若いね。
小澤さんも、私もw

by madamregina | 2013-08-29 13:55 | Music

Jazz の素敵な夕べ@小川さんセミナー   

2011年 10月 06日
f0215324_23381374.jpg


I am in London but I would like to tell you this exiting news.

Please see.



突然ですが、この写真は、もう20年以上も前のNYのホテル、

The Pierreのお部屋からの眺めっ。

いや、なんで今頃こんな写真を思い出したのかと言いますと、

わたくし、いまではハワイかバリ、ロンドンしか行ってませんが
(ロンドンはほぼ追っかけメインっすね)

かつては、NY、BOSTONというアメリカ東海岸が命!だったことも

ある女なのよっ(それがどーしたって話ですけど。ひーっ)

で、若かりし頃のわたくしには、

NYで実現させたい夢が3つありました。

キャヴィア専門店、「ペトロシアン」でシャンパンブランチを食べること。


メトロポリタンミュージアムで、

フェルメールの「水差しを持った若い女」を観ること。

そしてセントラルパークを独り占め出来るスイートルームで

日曜の朝を迎えて、部厚いNYタイムスを読むこと(って読めないけど)。

いまではなんて可愛い夢・・・というところですが、

まあ、なんとかこの夢はすべて実現しました。

しかし、時代は変わるのね。

ピエールはもう高級コンドミニアムに変わってしまったし(ホテル営業もしているのかしらん?)

ペトロシアンはとっくの昔にクローズドしたし、

フェルメールの水差しを持った女だけが、いまも永遠に昔と変わらない、

時を刻んでいるのですね。


はじめてNYを訪れたのは、もう20年以上も前のことでしょうか?

いやあ、あれから何度あの街を訪れただろう?



当事、私は、NYを拠点にアメリカ東海岸ばかりに通いつめてたんですが、


NYって街はほんとにヤバい(笑)。

行けば行くほど、蟻地獄(えっ?)

いやな目にも悲しい目にも、あいました。

特にムカつくことには事欠かなかった街。

そりゃもう、Parisに負けず劣らず、ニューヨーカーもツワモノ揃いですからねっ(笑)

なのに、これまで、50回以上は行ったな、NY(懲りないやつです)


でもそれ以上の喜びも感動ももらいました、あの街からは・・・。

私にとって、日本がオットなら、

NYは最強の愛人かっ(ひぃ)。

えらい目に合いながらも、あまりにも魅力的すぎて、別れられないあいつって感じかね?



特に、はじめてNYを訪れたときのことは、忘れられませんっ。


同行した方が、JASS関係者の方々ばかりで、ほんっとに刺激的でした~。


スウィングジャーナルの編集長中山さん(マイルス・デイヴィスの著書でも有名ですね)や、

マイルスの写真を撮り続けていたフォトグラファー、内山さんなど

日本でも屈指のジャズのエキスパートたちばかりでした。

ここでは名前を明かせない(ひぃ)ビッグネームもいらっしゃいました。


はじめてアルゴンキンのバーに連れて行ってもらったのも彼らです。



又来屋という焼肉店でご一緒するつもりが、途中ではぐれてしまって、

おいらひとりで、あのテーブルを囲み、焼肉を食べたのもなつかしすぎる思い出(ひぃ)


NYのジャズハウスにも連れて行ってもらいましたっけ。

BIRDLAND

BLUENOTE

VILLAGE VANGUARD







なーんて、ことを思い出したのは、


わたしの好きなジャズの先生、小川隆夫さん が

10 月にとっても素敵なJAZZセミナーを開催されると聞いたからです。

f0215324_231243.jpg




わたくし、以前から小川隆夫さんのブログのファンだったのですが、



小川さんは、日本でも有数のジャズ評論家でいらっしゃって、

整形外科医もされています。


そんな憧れの小川さんが、

偶然、わたしの英国旅ガラスの最強の相棒ゆりちゃんのお知り合いだったんです。


そんな小川さんの大人気のONGAKUゼミナール、


秋の夜長、小川さんの素敵なジャズの世界へいらっしゃいませんか?


『 小川隆夫ONGAKUゼミナール
    ~秋に聴くボサノヴァ~ 
  スペシャル・ゲスト=中村善郎 』
“神 戸”
◆10月8日(土) 午後5時~7時
 神戸元町「M&M」HP(℡:078-393-0788)
  神戸市中央区栄町通2丁目7-3
  チャージ:3,500円(1ドリンクつき)

“京 都”
◆10月9日(日) 午後5時~7時
 京都「バー探偵」HP (℡:075-708-2619)
  京都市左京区田中里ノ内町26
  チャージ:3,000円(1ドリンクつき)

“名古屋”
◆10月10日(月・祝) 午後3時~5時(開場2時半)
 名古屋ミュージックサルーン「アーデン」HP
   (℡:052-682-2164)
   名古屋市熱田区西野町2丁目90番地
  チャージ:3,000円(1ソフトドリンクつき)
全てのお問い合わせ・ご予約は、、、
tazukoh@zb3.so-net.ne.jp

メールにてコチラ(担当:堀込)までお願いいたします♪(メーラーが立ち上がりますっ)

by madamregina | 2011-10-06 18:29 | Music