カテゴリ:Champagne( 2 )   

この世はシャンパンなのだ!再び〜   

2014年 12月 19日

f0215324_1352492.jpg

f0215324_1352615.jpg




木曜日の長文です(笑)

いかがお過ごし?(笑)

わたくし?

大掃除もまだ出来ておりませんよっ(涙)

しかし、こんなド忙しい最中、

去年の今日は何をしていたのかなぁとか。

過去のブログを読み返してしまった。

わたしがブログというものを書きはじめたのは、

2004年の9月のことです。

思えば遠くまで来たもんだ。

ブログを書きはじめたきっかけは、お仕事でしたが、

いまでは頼まれてもいないのに、

書いてます。気の向くまま。

そして、

7年前の今日、2007年12月18日のブログには、

冒頭のタイトル、

でシャンパンネタをUPしておりました。

まあ、はっきりいって、シャンパンやワインについて、

何の知識もない愚かなわしですが、

不二家の子供シャンパンの次に、

本物のシャンパンに目覚めたのは、30年近く前です。


NYのレストランで、Parisで、Milanoで、

ビバリーヒルズで、そしてもちろん、エペルネの

素敵なレストランで、

美味しいシャンパーニュを飲むことを史上の喜びとしていた時代もありました。

もちろん、素晴らしい赤も白もある。

だけど、最近また、

ゴージャスなフレンチには、

仏、シャンパーニュのオーベルジュ「レクイエール」

で楽しんだように、

アミューズからデセールまで、

もう、ずーーーっとずっと、ずっと、

ひたすら、

シャンパーニュひと筋ですごしたい。


(たとえトーシローと言われようとw)


ま、日常ではサン・ピエトロとかさ、

1000円台でいただけるスパークリングも飲んでますけどね。


でも、クリスマスのこの時期は、やっぱり

華やぐシャンパーニュをいただきたよね。

というわけで、

今年のクリスマスには、

大好きなゆりこ姫から頂いた、

このシャンパンを飲むのだ。

楽しみーーーーーーっ。


そんなわけで、

2007年12月18日にUPしていた、このブログ、

良かったら読んでみて。


時代背景もかなり違いますけど(>_<)


※わたしの初期のブログはこちら〜



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【この世はシャンパンなのだ!】〜2007.12.18
久々にシャンパンネタいくよ〜。
本日、自宅にて、あまりの膨大な仕事量を前にしながら
半泣き状態で、TVを見ておりましたら、
どうも、シャンパンが品うす状態にあるっていうじゃないですかっ?
何でもあのドンペリさんが、
来年より1本(750ml)につき3000円も上がるとのこと。
ひええええ・・・・
とは言いつつ、おいら、ドンペリを買うことも、
新地で抜くことも、まあ、ないけんだけどさ。
でも、神戸牛の値上げに続く、ショッキングな出来事なんであります。
どうもその理由は
香港やロシア、インドなどでのシャンパン消費量が、
飛躍的に増えたってことらしいのです。
しかし、おいらの意見はちょっと違います。
わがジャパンのホストクラブにおいて、ドンペリ消費量がかなり増え続けていることも、決して無視できない事実だと思うんだけどなー。
あの人たち、シャンパンタワーで一気に消費しますからcoldsweats02
なにせ、かつて取材したミナミの小さなホストクラブの社長曰く、
「クリュグの社長さんがフランスから挨拶に来たよー」
なんてほどですから、
その消費量、どんだけ〜ってことでしょう。
ま、そんなわけで、シャンパンの時代なのかもしれません。
(強引にそうもってくるか)
ランボー(詩人の方やで)

「シャンパンだけが人生だ」
と詠んだように、
ほんまにもう、この世はシャンパンでも飲んで、
現実を忘れるしか、生きる道はないと思うわけであります。
(それはおまえだけだろーって?そうかもしれません・・)
というわけで、
おいらがいちばん好きなシャンパンは、
クリスタルなんであります(殴殴)。
1990年のテタンジェとかももちろん、素敵!
ローラン・ペリエのロゼとかもいいし、
もちろん、クリュグは死ぬほど好きだけど、
やっぱし、クリスタルなんですわー。
クリスタルはご存知、ルイ・デレロール社のプレミアムシャンパンですが、1876年、ロシアの皇帝アレクサンドル2世専用のシャンパーニュとして作られたのがそのはじまりです。
もともとクリスタルのボトルに入れられていたので、
この名前がつきました。
オレンジ色のセロファンに包まれているのは、光りによる変色を防ぐため・・・と、他のシャンパンにはない、大切にされてる感じ、そして上等さも漂ってます。
おいら、酸味が勝ちすぎるのも香りが華やかすぎるのも、
いまいち好きじゃありません。
で、クリスタルは酸味、コクともにかなり濃厚でありますが、一口、飲めば、ぱあーっと、果実やハチミツの香りが漂って一気に現実逃避できるのも魅力!(えっ)
すっきり、ゴージャスで、飲んだあともずっと余韻がいつまでも残りますねん。
でもいつも飲めるわけじゃないから(高いもん)
余計思いがつのる〜っていう、まるで悪女のようなシャンパンなのです。
クリスタル好きといえば、マドンナやハリウッドスターのほとんどがその名前をあげますが、
ヒップホップ仲間の間でも、
このクリスタル、やたら人気があるようです。
そういえば、最近見た中で、
うわっ、カッコええなーと思ったのは、
海外ドラマに登場してた、
ヒップホップの連中のパーティにおける斬新な飲み方です。
あいつら、1本300ドル近い750ml入りのクリスタルを、
まるで、コロナビアーみたいにそれぞれが一本ずつ
片手に持って、
ガブ飲みしてました。
下品よね〜。でもなんか、素敵。
最高級シャンパンって、
それぐらいの気分で飲んだ方がいいのよっ。
みなさんもクリスマス、お正月向けに
いかがですか?
ラッパ飲み用に。
— 星野 由里子さんと一緒です。

by madamregina | 2014-12-19 01:37 | Champagne

麗しいマダムたちとゴージャスシャンパンナイト@リッツ・カールトン大阪   

2013年 08月 13日
f0215324_11535698.jpg


もう、毎日、あっついですね。

たまらんですね。

いや、こんなときは、真昼間から、おらあ、飲みたいよ、

何をって。

シャンパンを!

そんなわけで、

リッツ・カールトンのシャンパンの桃源郷、シャンパンガーデンに、


芦屋界隈のゴージャスマダムたちと行ってきましたああ。

いやあ、それにしても、

麗しいマダムたちとの

きらきらシャンパンナイト@リッツカールトン大阪は、凄すぎたね!



みなさん、旅好きで、お洒落も大好き。

そして、ほんとに知性と教養に溢れていて、お話しがつきないのーっ。

Parisやロンドンやモナコやタカラヅカや有馬やCAAZE、

そしてレジィーナやジュエリーのお洒落トークも炸裂。

この日、

Yuko さまはレジィーナのアメコミ(ピンク)のスーツ。

Keikoさまもレジィーナのカシュクールワンピ。

お二人とも、ほんっとにエレガントに華やかに、レジィーナを

着こなしてくださっていて、うれしーーーーっ。

f0215324_1149195.jpg



私は最近また原点回帰で、ヒョウ柄のカシュクール。

真っ赤なパイキングのフリルで、たまには女らしく(えっ)



大好きなacoちゃんは、

ドルチェ&ガッバーナのスーツ。めっちゃラブリーー。

f0215324_11511747.jpg




素敵すぎるゆうこさんや、桂子さん。

そして、可愛い年下のマダムあこちゃんたちとのこのメンバー、

【シャンデリアの集い】と命名。

ちなみにシャンデリアはバカラか、スワロスキーです、よろしく(笑)


そして、リッツのシャンパンガーデンのこちらのプラン、

シャンパン&ペリエがフリーフロー(いわゆる飲み放題っすね)で、

ピザや生ハムなんかん、さくっとオーダーしても、ひとり6000円ほどでした。まじ?

しかも、8月はルイナール祭りだっ。すきー。

f0215324_1151138.jpg



わたしたちの登場を待って、キンキンに冷やされておりますっ。


きゃーーーーっ。


f0215324_11533576.jpg



生ハムはたぶんイベリコだね。
かなーり美味しかったです。

f0215324_11493777.jpg




空を見あげればまだ、真っ青で、

都心のホテルのシャンパンガーデンで、

夕暮れの風に吹かれて、素敵なマダムたちと楽しむ、シャンパン、

ごきげんすぎるーーーーっ。


f0215324_11493580.jpg



そして!

なんとこの日、うれしすぎるサプライズがっ!!!

f0215324_11484364.jpg



Yukoさんと私が8月生まれだということで、

プレバースデーしていただきました!うれしすぎるーーー。

f0215324_11475324.jpg


きゃーーーーーっ。

もうね、acoちゃん、Keikoさまっ、めちゃくちゃ、うれしかったー。

ありがとうございました!


このケーキがまた、美味しすぎましたっ。




しかし、リッツのシャンパガーデン金曜日のレディースナイトは、

ちょっと行っとかなあかんよw


2次回で行った、同じくリッツのラウンジで、

お茶いっぱいで、チャージがついて、ひとり3000円が一層高く思えた、

せこいわしです(≧∇≦)

でも、シャンデリアみたいに輝くみなさんのお陰で、

そんなせこさも、吹っ飛びました。

写真、暗いけど、ご機嫌ぶりが、わかるかしら?


f0215324_11512076.jpg



こちらの写真、顔はゆうこさんの方にむけて、左手はあこちゃんの膝の上のせています。

f0215324_11513559.jpg


これは、銀座マダムから教えて頂いた、

魅力的な男が二人以上いるときの、どちらも好きよ、とお伝える必殺おもてなし術とか。笑。

素敵な女子にも、通用したかしらん。きゃん。

この日、acoちゃんより、みんなにタオルサロン、カラカラの

すってきなイニシャル入のタオルハンカチーフを頂きました。

見てみて、めっちゃお洒落な柄〜。

f0215324_1541881.jpg


みなさん、違う柄で、。

acoちゃんがYukoさんやKeikoさん、わたしの雰囲気に合わせて、

選んてくださったの。もう、うれしーーーー。

f0215324_15584.jpg



カラカラのタオル素材はビロードような柔らかな手触りで、

でも強くて、そして、すっごく繊細なレースもあしらわれていて、

めっちゃ素敵。

acoちゃん、ほんとにありがとうございました。


そして、Keikoさんからは、

和三盆のお干菓子と、超スペシャルなタカラヅカ版キティちゃんのメモ用紙を頂きました。

きゃーーーん。なんて渋く、なんてラブリーな贈り物。


f0215324_1582828.jpg






ヅカキティーちゃんは、

衣装も、お顔も、見て見て!

ヅカチックなんですっ!

f0215324_1592478.jpg



そして、和三盆のお干菓子の繊細で愛らしいこと。
f0215324_1571423.jpg


こちらは、桂子さまが以前ご主人のお仕事の関係で、

お住みになったことがある、香川県の名産品。

文化元年の創業以来、高松藩主松平公の御用達品でもあった、

羽根さぬき本舗のお干菓子。

その和三盆の味わいは、200年もの歳月にわたり、代々同じ方法で作られてきた、

まさにわび、さびを体現する、これぞニッポンの文化を誇る、

格調高い味わいです。

桂子さんが、

「頭を使ったあとには、この甘味で疲れを癒してくださいね」

とくださったのですが、

いや、頭は使わないけど(ひーーー)

原稿書いて、ちょっとつかれたとき濃いお煎茶と一緒に2粒、3粒と頂くと、

もう、それだけで、ふわーんと心も脳も癒されてしまいます。


なんともいえず、優しく、上品な味わいの、素晴らしいお干菓子。



桂子さん、ありがとうございました!


またプレゼントで迷ったとき、どちらも大切な誰かに贈りたいな、と思いました。

Yukoさんは、ポーセリンペィンティング(ヨーロピアン磁器上絵付け)の

先生でもいらっしゃって、いつも世界にひとつしかない、素敵な作品を創作されて、

それを頂いております。

みなさま、ほんとにもう、贈り物のセンスがバツグンで、

わたしもこうありたいな、と思う夕べでございました〜。










あ、ご参考までにシャンパンナイトについて、書いたブログはこちらざます。



f0215324_11521743.jpg

by madamregina | 2013-08-13 15:01 | Champagne