カテゴリ:Brand( 5 )   

クリストフルの麗しき王冠   

2015年 06月 01日
f0215324_043653.jpg


f0215324_043530.jpg


f0215324_043435.jpg



f0215324_043251.jpg


f0215324_043375.jpg


f0215324_0425895.jpg



やっぱり、王冠はかぶって、なんぼですね(笑)

先のブログで、こちらにアップしました、
素敵すぎる特別展示会にて、
マダムたちの感心を一気に引きつけた、


美しいクリストフルの王冠。


ミニサイズと普通サイズ、

どちらがいいかしらん?(笑)



いえ、これはもちろん、
本来かぶるものでは、ありませんw


かぶるには、重すぎて
むち打ちになりそう(笑)

こんなオブジェが似合うリビングが欲しい!


そしてーー。

ご一緒したマダムたちも、
次々と王冠を身につけて、記念撮影!

みんな、やっぱり女王様だわっ。

f0215324_0425769.jpg


f0215324_0425622.jpg


f0215324_042574.jpg



f0215324_0425596.jpg

by madamregina | 2015-06-01 23:10 | Brand

クリストフルのビジュー   

2015年 06月 01日
f0215324_2242408.jpg



f0215324_22424198.jpg



えっと、

みなさま、

Christofleにシルバーアクセサリーがあったの、ご存知でしたか?

もっちろん、

こちらでご紹介しました、王冠も素晴らしいんですけどね。

ちょっと身につける事ができないので(笑)

素敵なビジューが欲しくなりましたー。




先日の、インターコンチネンタル大阪での、

特別展示会で、

佐季子ちゃんが試着された、

ネックレスと、ピアスも、

クリストフルのビジュー。


さきちゃん、
レジィーナロマンティコのヴィヴィッドなオレンジのワンピースに、とってもお似合い。



すっごく素敵。


いちばん上の写真は、
クリストフルジャパンの代表、
アレックスさんと3人で。

アレックスさん、
モデルみたいにかっこいいですよね。

ちなみにクリストフルの

Bijouコレクションでは、アンドレ・プットマンなど、

人気デザイナーとのコラボ作品もあり、

意外と買いやすいお値段なのです。

シルバーって、上品で知的な雰囲気を醸し出してくれますよね。

私はいつも持ってるジュエリー全部つけてるんかい⁉️wと、いうほど、

ごちゃごちゃつけていますが、

クリストフルのシンプルなビジューは、

たとえば、

グレーのサマーカシミヤセーターなんかに、

さりげなーく合わせたいな、

なんて、思いました。

ちなみに、

ビジューはクリストフルのこちらのサイトからも買えます。




でも、私が欲しいのは、

ソールドアウトでしたー(≧∇≦)


祐子ちゃまや、

桂子ちゃま、

えみちゃんや、

リカさまと、

きゃーきゃー、言いながら、

クリストフルの作品に、

触れたひととき。


そしてーー。

この日私が着ているのも、

レジィーナの大人気coolジャケットと、

新作マリーンパンツです。

えみちゃんも、レジィーナの新作フラワープリントジャケットと、

バルーンのチュチュ。

祐子ちゃまも、レジィーナのワンピース!

クリストフルの世界に、レジィーナが素敵に溶け込んだ一日でした〜。


f0215324_22423948.jpg



f0215324_22423722.jpg


f0215324_22424080.jpg

by madamregina | 2015-06-01 22:50 | Brand

銀の王者 Christofle at Intercontinental Osaka   

2015年 06月 01日
f0215324_0472240.jpg



f0215324_0463524.jpg




f0215324_046378.jpg








フランスで1830年に創業した老舗ブランド「クリストフル(Christofle)

世界中の5ツ星ホテルやレストランのテーブルウェアのシェア、NO.1。
「銀のオートクチュール」と呼ばれる、

シルバーウェアの最高級ブランドです。

そんなクリストフルの特別展示会が、

ペニンシュラ東京につづいて、

先日、大阪のインターコンチネンタルホテルの最上階のスイートで
開催され、大好きなマダムたちをお誘いして、

お邪魔してきましたー。

f0215324_0472923.jpg




TOPの写真は、クリストフルジャパンの素晴らしきホスト、
代表取締役社長、
President & CEOのAlessio GIACOMELさんです。

Alessioさんのご案内で
クリストフルの素晴らしい世界を堪能出来ました。



いやぁ。

ほんとに素晴らしかったー。


カトラリーの優美さや美しさもさることながら、

クラシックスタイルのマルメゾンラインから、

現代の才能ある作家たちとのコラボによる、

テーブルウェア、オブジェ、

2000万円のチェストまで。


f0215324_0463482.jpg

f0215324_047644.jpg


f0215324_047927.jpg


f0215324_0471339.jpg

f0215324_0471133.jpg


f0215324_0471081.jpg


f0215324_0471461.jpg


f0215324_0471537.jpg

f0215324_04716100.jpg




インターコンチネンタルの、
ペントハウススイートで、

銀の王者の世界に包まれた、

ほんとにゴージャスな、

時間。

f0215324_047269.jpg


f0215324_047295.jpg



こちらのテーブルのデコレートも素敵すぎましたーー。
f0215324_0465623.jpg





f0215324_0464286.jpg


チェアはステンレス製のクリストフルのオリジナル!

もう、見てるだけで、うっとり。

f0215324_0465997.jpg


f0215324_0465714.jpg







一脚44万円。

いや、意外とリーズナブルじゃないですか?

セットで合わせるのもお洒落ですが、
たった一脚でも、
オブジェになるような、物語のあるチェア。

ほしーーーーーっ。









Champagne、Ruinartも、

宝石のごとき華麗さで、

クリストフルの世界観に、

似合いすぎておりました。

f0215324_047570.jpg



ルーフトップの素敵なテラスで、かんぱーい!

f0215324_0464656.jpg


f0215324_0464453.jpg


f0215324_0465170.jpg




f0215324_04650100.jpg


f0215324_0464820.jpg




f0215324_047095.jpg



f0215324_047152.jpg


f0215324_0465271.jpg




ちょうど、

ルイナールの醸造家の、

フレデリックさん、

シニアブランドマネージャーの武田多英子さんも、いらっしゃって、

ルイナールの魅力についてお話しを伺えて、楽しかったー。





f0215324_0471972.jpg


f0215324_0472316.jpg






クリストフルジャパンの素晴らしきホスト、
代表取締役社長、
President & CEOのAlessio GIACOMELさま。

ほんとにスペシャルな時間をありがとうございました!

f0215324_047927.jpg



f0215324_0463482.jpg


f0215324_047835.jpg



f0215324_0473727.jpg



f0215324_046479.jpg


f0215324_0463780.jpg

by madamregina | 2015-06-01 22:30 | Brand

ハイブランドの時代再び〜質屋ミニバブル?!   

2014年 01月 14日
f0215324_1934337.jpg



f0215324_19385011.jpg









いや、街は大変なことになっとります。

昨日は静かな芦屋でお洒落なフレンチを頂いたあと、

あっしはお友達とミナミに繰り出しましたん。

それはなぜかっ?!

いまめっちゃ欲しい、ダイヤきらきらのウォッチがありまして、

でも、それはすでに廃盤になっており、

いわゆる、そのような品物は、

質屋さんやリサイクルショップにしか

出回ってないわけですね。

それで、欲しい時計を、

ネットで探しておりましたら、

東京のリサイクルショップで発見。

でもやっぱり実物みなきゃ、ってことで、

大阪店に送ってもらいまして、

その店が心斎橋にあったわけです。

でも、やっぱり気持ちよく新品いっちゃおうかな?

となんば高島屋に突撃しました。

本来は、うちからですと、

大阪の方が断然近いのですが、

わたしはもともとミナミの女よ。

大物買う時は、ぜったい、なんばの高島屋なのよっ。

子供の頃から。

外商もありますしね。

そんなわけで、あれこれハイブランドのお店を訪ねました。

すると、
ひえええーーーー。もう、おくさん。

えらいことになってました。

カ◯ティエもテ◯ファニーもヴィトンも、えらい人。

カ◯ティエなんて、店員さん、全員大忙し。

気になる時計を見せてもらうのにも、

ソファに座って、待合状態よっ。

もう、ほとんどのお客さんが、超高級な時計、ご覧になっております。

なんなん?この光景?

そんなに世の中、景気ええんですか?

やっぱり諸費税があがるのと、

17日からの値上がりが関係してるんですかね(カ◯ティエの方がおっしゃっていました)

で、ようやくおらの番になり、

そのウォッチ、腕につけてみたのよね。

わーーーーーすってき。

それはホワイトゴールドの素敵なベゼルダイヤで、

いいわいいわ。

すっかり買う気になりましたが、

お値段が若干、素敵じゃなかったので、


次いこ、次。

で、GRAFFで、思わず眩しくて卒倒しそうなウォッチを発見。

ちらっと見ますと、

おおおおおお、310万円。

いや、こんなにダイヤが満載でこのお値段なら、さっきのカルティエより、
ええんちゃう?

ま、それでも買えないけどさ、一瞬夢見たわけよ。

しかし、一桁間違ってたのよ、奥様っ。おほほほほ。

思わず、スレンダーな素敵な男性スタッフに

「いや、まさかの、さんぜんひゃくまんえんでございましたのねんのねん。
わたくし、すっかりさんびゃくじゅうまんえんかと思いましたのことよ」


としょうもない、冗談をかましたにもかかわらず、

「一度つけてみられます?」

と、商談ソファーに促してくださいまして、

あたくし、花錦戸の塩昆布や加賀棒茶が入った、ズタ袋を

上品なソファにどんと、置いて、コートまで脱いで、

すっかりくつろぎモード。

シャンパン、お願いしますw


それでつけさせて頂いたんですけどね。

時計というより、ま、ブレスレットなんですけど、

ベルトにもフェイスにも、ダイヤがぶわーーーーっとついた、

さんぜんひゃくまんえんのお時計。

「Graffの時計は12時のところがエメラルドになってるんですよ」

ほええええ。そうっすか。

「しかし、こ、こ、このお時計は、なぜにこんなにお高いのでありますか?」

と聞いてみました。

「生産数が全世界で100しかなかったり、限定なんですね」

「あ、もうすぐまた素敵なのが入って参りますよ。そちらはもう少しお買い求め頂き安いお値段です」

と、さらに奥から、あれこれお出しくださる様子。

あわわわわわーーー。あっし、買わないけど。いやぜったい今世紀どころか、

あと3世紀ぐらいかかっても、買えないけど(>_<)

で、お求めやすいというお時計は現物がなく、

写真をコピーしてくださいまして、

拝見しましたら、940万円。

まあ、お安いですわね〜。おほほほほほおーーー

そして、その方のトドメの言葉が

「石は石を呼ぶんですよね。ひとつ買われたら、
またそれを上回る凄い石が手に入る。
かつての王族はそのようにして、貴重な石を手に入れ、
力を得てきたんです」


はーーーーーーーーーーっ。

あろうことか、わたくし、この言葉に思わず深くうなづき、

もうちょっとで、カードを切りそうになりましたわよ(嘘)


しっかし、Graffの時計を見たあとは、

カルティエも、リーズナブルに思えたよ。

そんなわけで、次はヴァンクリに突撃。

で、聞きました。わたくし。

セレブなみなさまのお約束ジュエリー、

「あのーーーダイヤモンドのアルハンブラはございますのことか?」

すると、

「はい、店頭にはお出ししていないのですが、
奥をちょっと確認してまいります」

また、奥からか?!


みなさま、奥に隠しておられるのねw

しばらくして、うやうやしくブツを運んでこられました。

きゃーーーー。お美しいわ。すばらしい輝き。

私が見ましたのは、ホワイトゴールドのダイヤきらっきらのロングネックレスと、

ゴールドのショート同じくダイヤネックレス。

素敵。

ロングはもちろん1千万円超えです。

しかし、その方が次に発せられましたのは、

ひええええーーーーなお言葉。

「ただ申し訳ないのですが、こちらは現在商談中でございまして」


「えっ?どちらが?」

「あの両方でございます・・・」

「・・・・・・」

わたくし率直に聞きました。

「あのーーー。このようなお値段のクラスものが、

いま、けっこう売れているんですか?ミナミではっ」

すると、即答で、

「はい」

いやーー。みんな、どんだけお金持ちーーーーーーーっ?!


わたしとお友達は、この機会にとロングをつけさせてもらって、

それだけでもテンションあがりまして、気分も上々、

ヴァンクリを後にいたしました(安くつく女で悪かったな)

で、次いこ、次。

と我らは、心斎橋に移動。

みなさまーーーーっ。

ご存知でしたかっ?!

大丸付近のあの界隈が、
リサイクルショップといいますか、

質屋さんといいますか、

いわゆる高級品のユーズドをお安く売るお店で、

ひしめいていることをっ?!

うかつだった。

知らなかった。

認識不足だった。

いやあ、それらのショップのどこもが、大変な賑わいようなんよ。

でもって、高級時計やブランドバッグを買われている人続出。

みなさま、ほとんどがにこにこゲンキン払いよ。

なんなんだーーーーーっ?!この現象は。

バブルの申し子として青春を過ごした、わたくし。

しかし、この10年ぐらい、バカ高いブランドものとか、

超高級品への興味をすっかり失っておりました間に、

(って、単に買えないから、興味なくしてたって話ですけどな)

再び、質屋ミニバブルが訪れていたとはーーーっ?!


いやもう質屋で買うのは抵抗がある、とか、

人が使ったものを買うのはいや、とか、

そんなこと言ってる時代じゃなくなってるんですね〜。

そんなわけで、

ちょうどお腹もすいて来たので、


我らは、なつかしい「明治軒」に突入。


f0215324_221250.jpg


オムライスと串かつ3本セット、

950円とミニサラダ300円と生ビールを頂きまして、

平民の幸せを噛み締め、

帰途につきました。はい。

by madamregina | 2014-01-14 19:38 | Brand

New Bond Street Blue @SMAYTHSON   

2013年 10月 17日
f0215324_0593618.jpg




ロンドンのニューボンドストリートに本店がある、

英国王室御用達のステーショナリーブランド、SMYTHSON。


1887年創業。

長い歴史の中で顧客にはヴィクトリア女王、
エドモンド・ヒラリー、 マドンナ、グレース・ケリー、
ダイアナ元后など、キラ星のような方々も使っていました。


手帳やレターペーパーに使用されているあの、

たまらなく深い味わいの、ブルーの独自の紙は、

“Featherweight Paper”と呼ばれ、

羽根のように軽く、丈夫で、肌ざわりも秀逸。

ちなみに私がこの世でいちばん好きなショッピングバッグは、

エルメスでもハリーでも、バーニーズでも、ティファニーでもなく、

スマイソンの綺麗なブルーのやつです。

それは、
「ニューボンドストリートブルー」といわれる、

なんともいえない、貴族的で魅惑的なブルーなの。


私がはじめて、スマイソンの手帳を買ったのは、

それまでの務めていた、広告代理店をやめて、

自分で会社を立ち上げたときでした。

30年近く前のことですわ(遠い目)

はじめてNYに行ったときに、

スマイソンのShopで、アドレス帳を買った。

それをいまだに現役で使ってるん。


それがトップ写真です(ひーーーーーー)

もう、裏表紙は取れてるし、

それこそバラバラで、クリップで留めてないと、使えないほどえらいことになってます。

ともだちはこれ見るたび、

「ここまで使ったら、スマイソンの創業者も感涙ものや」

と驚愕しますが、

ま、単に新しい手帳に書き写すのが面倒って、こともあるけど、

やっぱり私の仕事の歴史が刻まれてるからね。

このスマイソンのアドレス帳には。

エルメスの手帳なんか、比べものにないぐらい、

軽く使いやすいから、やっぱりすてられませんっ。

これまで海外で一緒に仕事してきた、iPadやiPhone好きな、

必殺ファッション仕事師たちも、

アドレス帳だけは、スマイソン、と言う人が多かった。

ある意味エルメスの手帳より、かっこいいと思うのは、私だけでしょうか?

でも、そろそろ、素敵な「新人」、買いたい気分です。

新しい手帳を買うと、
また、なにか新しい素敵なことが、はじまりそうじゃない?

by madamregina | 2013-10-17 01:03 | Brand