カテゴリ:真夜中の長文( 3 )   

森瑤子さんの思い出、再び〜   

2017年 05月 10日

f0215324_01471075.jpg



ほぇええええええーーーっ。

今日は疾風怒濤の日だった・・

しかし、素敵な方と素敵なイベントのお話なんかもあり、

また新しいプロジェクトもスタートして、

いろんなことが動き出した日でもありました。

いや、人生、それなりに、大変なこともありますが、

楽しいこと。

ごきげんなことも多いよね。

それにしても。

つくづく、

わたしの人生は、

「たくさんのひっかかりのある人生」だなぁと思う。

これは、

大好きだった作家の森瑤子さんが、

自身の本にサインしてくださった言葉。

これは、その言葉にまつわる、エッセイ。

何度か同じ内容で書いたけど、


素敵な方が森瑤子さんについての記事について、

コメントくださったので、

またアップしちゃいます。




よかったら、読んでね。


※写真は本文とは関係ないんだけど、

昨年旅したイングランドの大好きなマナハウス、

Clivedenのエントランス。

ライトアップした夕暮れが素敵でした〜




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【たくさんのひっかかりのある人生】

森瑤子さんの突然の死を取材先のボストンで知った。

その知らせを知った午後、

クインシーマーケットを呆然と歩き続けた。

あの日の真っ青な空と、

マーケットの広場に浮かんでいた風船の鮮やかな色をいまもときどき思い出す。

森さんにはじめて会ったのは、

「情事」ですばる文学賞を受賞された、数年のちだった。

「誘惑」「嫉妬」・・と彼女の小説世界にのめりこんでいた私は、

当時、某雑誌の編集を手がけていて、

まるで初恋の人にはじめて会いに行く少女のような気持ちで、

京都に旅行中だった彼女を、

インタビューのためにたずねたのだった。

そこでお聞きした森さんのお話は、

想像をはるかに越えて、わたしの心を鷲掴みした。

なぜ小説を書きはじめられたのですか?

という問いにはこんな風に答えてくれた。

3335歳は女として最も完成する時期なのに、

誰も自分のことを認めてくれない。

どうしたら、その奈落の底から這い上がれるか。

どうしたら、みんながふり向いてくれるか。

どうしたら、夫がもう一度自分を尊敬してくれるだろうかと、

森さんはもがき続けたと言う。

そうした十分すぎる飢餓をかいくぐった直後に、

はじめて書いた小説が、

『情事』だった。

「小説の中に自分の飢えを塗りこめることによって、

現実のわたしは救われたのだと思います」

そんな話を聞かせてくれた。

その後も個人的に食事やお酒を飲む機会に恵まれた。

憧れていた飯倉の「キャンティ」にはじめて連れて行ってくださったのも、

森さんだった。

「デザートにはね、洋ナシのタルト、カルバドス、

そしてエスプレッソの組み合わせが最高よ」

そんなことも教わった。

冬の京都や、サンモリッツのスキー場、

軽井沢の別荘から、

何通も便りをいただいた。

いちばん最初にいただいた手紙には、

こんなことが書かれてあった。

「あなたには、ご自分では気がつかない

情熱のようなものがあって、

それが周囲を巻き込んでいます。

その情熱を大切に」

森瑤子と印刷された、原稿用紙にモンブランのブルーのインクで書かれた、その手紙をいまも大切に持っている。

その後出版された、

夫や母親、そして子供たちとの壮絶な葛藤を描いた、

彼女の私小説とも言える著書『夜ごとの揺り篭、あるいは戦場」には

こんなサインをくださった。

『松澤壱子さんへ〜

たくさんの、ひっかかりのある人生・・・・・森瑤子』

この言葉は、

森さん流の私の人生へのエールだと思った。

東京に行って連絡をすると、

「ランチをしましょ。原稿の締め切りでうんうん唸ってるけど、

たまには息抜き!」

と言って、

しょっちゅう出てきてくださった。

レストランに颯爽と現れた森さんは、

いままで原稿を書いていたとは思えないほどお洒落な装いで、

その場がぱっと華やいだ。

それでも、

ランチをしながら、

お喋りしながら、

ふと彼女の手元を見ると、

ワイングラスを持つ右手中指にブルーの染みを見つけた。

あの、モンブランの、ブルーの色。

彼女と過ごした時間は、

とてつもなく贅沢で楽しかった。

ときが経つごとに、森さんとの思い出は

鮮やかになっていく。


by madamregina | 2017-05-10 01:46 | 真夜中の長文 | Comments(0)

男にフラれたとき、 言うべき有効なセリフ…とは?   

2016年 01月 21日

f0215324_14120406.jpg



先日、
必殺仕事師の心友より電話があり、
かねてから、
かなーりいい感じだった、
10歳年下の男子に、
婚約者がいることが判明した…と、
ズンドコな声。

オーノー。

それは凹むよね。

いや、もちろん、
その彼から愛を告白されたわけでも、
二人でディズニーシーのホテルにも、
泊まったわけでもなく。

ただ、なんとなく彼女が誤解するような、
アティチュードが、
その彼にあっただけなんだろうけど。

そんなとき、どうすればいいか。

そりゃ、もう、何もなかったように、
あなたが幸せになること、
友達として、願っているわ…と、
負け惜しみじゃなく、
伝えることだろう。

心はおだやかじゃなくっても。

女のプライドを優先するなら。

もしくは、このセリフ!だな。

そのセリフとは、
作家、山本文緒さんのエッセイ「日々是作文」で読んだ名言です。

彼女の作品は「恋愛中毒」とかね、

女心を鋭いメスでえぐって描写するわりには、
読後感は爽やかで気に入っています。

でもエッセイはさらにおもろいー。

で、この本に登場します、
その名セリフが。

ふられた恋人に、
どうアクションするのが、
いちばん効果的か?

と、書かれた章。

「わかれた恋人に向けて、
自分がどんなに幸せか、
傷ついたか、
語ったりするのもいけない。

それは相手にうんざりした気分しか与えないだろう。

それよりは電話で一言、

あるいはハガキで一言

[ なめんなよ、タコ] と、

伝えた方が有効であると私は断言する」

どうです⁉️

いやぁ、
胸がスカっとする言葉だねぇ。

別に
元恋人でなくても、

仕事関係でも、

ムカついたときには、

ひとこと、

「なめんなよ、タコ」

これにつきると思いません?^^;

ちなみに、
ちょっと話それるけど、

ビバリーヒルズのロデオ・ドライブで、わたくしが、実際経験したこんなことがありました。

あの、NYのマディソンやミラノのモンテナポレオーネと並ぶ
超ゴージャスな、
ブランドショップが立ち並ぶ、
エリア。

撮影の仕事帰りで、
わたくし、ベトコンパンツ履いてましたが、
そんな中、ひとつのお店に、
入りました。

すると、スカした店員たちから、
無言のバズーカ砲が、
打ち込まれましたよ。

「あなたの格好には、うちの店のものは、似合わないわよ」。

はー。

失礼すぎる無言の圧力。

えー?
何ならこの棚のお洋服全部こーたろか⁉️
と、思いましたが(すぐに買えないことに気づいて)
しずしずと、退散しました。

まるで、プリティウーマンで、
ジュリアロバーツが、
ロデオドライブの店員にいじめられる、
あのシーンのようだったっすよ。

そんなときにも、ひとこと、
有効なのが、

「なめんなよ、タコ」

だね。

あ、

でも、これ英語で、
なんて言うんだろ?

※写真は本文とカンケーありませんっ。ww

by madamregina | 2016-01-21 14:10 | 真夜中の長文

男のモテ道   

2015年 11月 01日

今日は、モテる男について書きますよーーーっ。



だいぶ前のことで恐縮ですが、
テレビのNewsを観てたら、
あるイケメンホストが、
彷徨える婚活男たちに、


どーすれば婚活パーティで好みの女子にアプローチ出来るか、

みたいな講義をしてました。



まぁ、率直に言って、みなさん彼女いない歴3年とか5年の、
一見、モテなさそうな男子たち(ごみん)


ホスト先生は、これまでのステロタイプなホストの概念を覆すような、
爽やか&デキるビジネスマンタイプ。


これはかなり好感もてました(笑)
しかし、肝心の講義内容がイケてなかったわ。


まず、気になる女性との会話の糸口を、
すぐに見つけられるよう、
パーティの前にジャンル別に話題を用意しておけ、
とアドバイスされてたんですが…!



あのー、すいませんけど、
こーゆー付け焼き刃な話題は、
すぐに見抜かれるよ。


ちょっと話すうちに、
えっ、この人のお話し、
意外と底浅いやんとかなんとか。


どんなテーマでも
自分の言葉で喋らないと、
気持ち、伝わりません。
ようは、その相手に良く思ってもらいたいなら、
自分がほんとに語りたい内容じゃなきゃ、その人の心は動かせないってことですわ。


私ならね、
いま流行りのレストランや
ファッションの話より、
その人がいま、生きている世界の、
最前線の話なんかが聞きたい。


たとえばですね、
一生懸命、九条ネギ作ってます、とか、
飛行機のエンジンに使うネジを企画しています、とか、

そーゆー自分の領域の話をするとき、
男っていちばん、輝くと思うんですけど、


どーでしょう?(女もか)
そんな、男の顔を見たとき、わたしは、素直に素敵だな、と思う。


会話なんて下手でも、よござんす。


話題なんて探す必要なし。


ま、喋りすぎる男はあきませんわ。笑。


ただ、黙って、女の話を聞く男。


それがいちばんモテるねんっ。


とにかく、スポンジになって、

女たちの話を聞いてみ。


で、100回に一回ぐらい、
的確なサジェッションをしてあげる。
そーゆー男なら惚れてまうやん、である。


婚活男子に必要なのは、
同性のモテるホスト君のアドバイスじゃなく、
異性の私のような、
もはやヨーダのように生きながらえた、
恋の伝道師だと思うんだけど、
いかがかしらん?
(いつから伝道師になったん⁈)


それはさておき、
男のモテ道を語らせたら、
この人の右に出る人なし。

というわけで、何度もエッセイやブログに書いておりますが、
私が愛してやまない、最後の破滅型文士、
作家の伊集院静さんの恋愛論をぜひ。



伊集院さんとは、以前東京の山の上ホテルで
遭遇しましたが、

確かにお年は取られていましたが、

上品な男の色気は健在で、

その含羞を含んだ面持ちに、思わず、心ときめきました。



ご存知の方も多いと思いますが、
伊集院さんは、かつて、
あの、京都いち有名な 
元芸子さん、佳つ乃さんや 
その他数々の女たちと浮名を流してこられた、
文壇最強の、ドンファン、にして本物のギャンブラー。


そんな伊集院さんの、永久保存版恋愛語録。
いやぁ、何度読んでもしびれるねぇ。

もう、何回も読んだよ…と言う人も、
も一回読んでみてー(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーー



恋愛はとにかく与えっぱなし、つくしっぱなしがいいんですよ。
「これだ」という相手をつかまえたら、自分の時間と体力と金、
それらを全部使って、快楽や居心地の良さといったものを
与え続ける。相手には何も期待しない。
何かしてもらったら、余禄だと考える。
そのうち
「そこまでして恋愛しなきゃならないのか」という気持ちが
自然に出てくるんじゃないですか(笑)
野球でも、
来た球を反射的に打つときが
いちばん綺麗に打てるんです。
「こういう球が来たら、こうして・・」などと
計算しはじめると途端に打てなくなる。
恋愛もそれと同じで、計算が入ってくると歪んできます。
別れる時、憎しみが残る場合もあるだろうけれども、
できうれば、「ありがたかったな」という感慨を
持った方がいい。
与えて与えて、
「それを受け取ってくれてありがとう」という気持ちですね。
人間関係でいちばん重要なのは品性ですよ。
そのために別れを上手にすることです。
相手に対する嫌悪感が沸点に達しているときに、
感情的に別れると、
見なくてもいいものまで見てしまいます。
だから温度が少し下がったときに、相手に嫌われて別れる。
「相手によく思われて、別れたい」と色気を持っては
ダメです。
寝室で大便するくらいの覚悟を持たないと(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




いや、しかし、
モテ道を極めるのも一筋縄ではいかないね。

by madamregina | 2015-11-01 21:16 | 真夜中の長文 | Comments(0)