カテゴリ:マリベル( 5 )   

そうだ!マリベルに行こう!   

2017年 08月 12日
f0215324_02120184.jpg





f0215324_02120116.jpg



さてーーー。



わたくし、先日、NYのショコラティエ、マリベルの京都本店に行ってきましたー。



わあ、もうエントランスからめっちゃ素敵!



京都らしいしっとりとした一画に、

京都風に言うところの、ろうじ、を歩いていく・・・

このアプローチだけで、

気分高まります。

f0215324_02120284.jpg





路地の奥には、

町家からは想像できないようなNYテイストの、

マリベルブルーの扉が出現します。



一歩店内に入ると、

マリベルの色とりどりのポップなガナッシュや、

ラブリーなギフト・グッズ、ティーセットなどディスプレイも可愛すぎ。

f0215324_02120270.jpg



ガーリーでロマンティックで、女子なら誰もが心ときめく空間です。

f0215324_02120357.jpg



そして、ショーケースに並ぶマリベルを代表するガナッシュは、

まるで宝石のように光り輝いています。

f0215324_02120380.jpg



右奥のカフェにはアンティークの家具が飾られ、

町家とNYっぽさの融合がなんともお洒落。



この日も満席でしたが、

運良く



窓際の特等席がちょうど空いて、

こちらへ。

f0215324_02120437.jpg





わあああ、このお花とグリーンのアレンジがなんて素敵〜。

f0215324_02120484.jpg



聞けば、

フラワーアーティストが定期的に飾り付けしていて、

その作品を見るために、

東京から来るお客さんもらっしゃるとか。



わたしはアールグレイのアイスティと、

マリベルカフェでいちばん人気のオリジナルちょこれーとタルトをオーダーしました。






そして、

グランドシェフの宇佐美智康さんが持ってきてくださいました。


f0215324_02120531.jpg


f0215324_02143589.jpg



f0215324_02120566.jpg



宇佐美さんはこれまで数々の有名ホテルでキャリアと積んで来られた、

才能溢れるパティシェ。

笑顔が素敵です〜。



このチョコレートタルト、口の前に持ってくるだけで、

その馥郁としたチョコレートの香りにまずはノックアウトされます。

f0215324_02154094.jpg

そして、口に含むと、舌の上でとろ〜りととろけて、

こっくりと濃厚なチョコレートがぶわわわーんと広がって、

もう、たまりませんっ。



単なるスイーツではなく、

パリの高級なフレンチレストランで最後に出されるデセールのように、

香り高く、ちょっとびっくりするほどの美味しさでした。



宇佐美さんはこれまでヨーロッパなどのカカオをたくさん扱ってきましたが、マリベルの原料となるホンジュラス産のカカオ豆は、

別格の質の高さと美味しさがあるとおっしゃいます。



NYのショコラティエ、マリベルのオーナーである、

マリベル・リーバマンさんが故郷ホンジュラスで、

長年、カカオ農園とそこで働く女性たちへの支援も含めて、

密接な関係を築いてきたからこそ生まれた

マリベルだけのカカオ豆の味。

f0215324_02254977.jpg



そのホンジュラス産のカカオ豆こそが、

マリベルのチョコレートの美味しさを握る鍵。



そこに宇佐美さんの情熱とテクニックが加わって、

素晴らしいスイーツの数々が生まれるんですね〜





この日、運良く、マリベル京都本店のシニアマネージャーディレクター、

濱田紀穂さんがいらしたので、

マリベルの魅力についていろいろお話を伺う事ができました。

 
f0215324_02163555.jpg

マリベルのいちばん人気のチョコレート、

ガナッシュは

人生の大切な節目に選ばれるお客様が多いそう。



また意外に思われるかもですが、

入院患者さんへのお見舞いとして届けられることも多く、

それはマリベルならではハートにしみるポエムや鮮やかな彩りのアートの美しさが

人の心を明るさせ、前向きに、

そして元気にする力が秘められているからなんですね。





濱田さんはマリベルのオープンニングから関わっておられる、

必殺仕事人。

美人でかっこいい!

彼女のお話を伺っていると、

そのマリベル愛がじわじわと伝わってきます。

f0215324_02265658.jpg

先日、NYに旅したとき、

NY、Sohoのマリベルとブルックリンのカカオマーケットにも行ってきました。

f0215324_02181383.jpg


そして、マリベルさんにもお会いすることができて、


f0215324_02240111.jpg


ブルックリンにあるカカオマーケットby マリベルにも
訪れ、
キッチンも見学させていただきました。

f0215324_02333930.jpg


f0215324_02413436.jpg



そこでは、チョコレートが出荷されるまでの工程すべてが手作業。

f0215324_02353858.jpg

フレーバーごとに異なるポップなデザインの、あのプリントも一枚ずつチョコレートに貼り付けていきます。
f0215324_02362396.jpg

f0215324_02372743.jpg


f0215324_02382259.jpg


そして、最後の箱詰めに至るまで手作業でした。






日本にはすべてNYで作られたこのチョコレートがそのまま届けられます。

ほとんどのハイブランドのチョコレートが日本でいちから作られている中、

マリベルさんの目と心、そしてスピリッツがすみずみまで込められそのままのチョコレートが日本のわたしたちの元に届くことに、感動しました。



マリベルのチョコレートがセレブリティはじめ、

世界中の人々に愛される理由がわかる気がしますよね。





そして、

そんなマリベルさんの究極の想いは、

「チョコレートで人々に幸せな夢を与えること」。

f0215324_02400876.jpg

そんな彼女のフィロソフィーをしっかりと受け継ぐ、

濱田さんもまた、



マリベル京都の世界観を築く上でなくてはならない存在です。

 
f0215324_02444066.jpg

さて、そんなマリベルで夏限定のおすすめといえば、

ラブリーなガナッシュ9個入りBOX。



NYから届いた、

スペシャルボックスコレクションのサマーバージョンです。

 
f0215324_02464525.jpg

白と青を基調とした爽やかなパッケージで、

セントラルパークで太陽の季節を楽しむニューヨーカーたちの姿が。

よく見ると、ガナッシュチョコレートのキャラクターたち。



そんな遊び心いっぱいのスペシャルボックスはシーズン限定です。



また、わたしもこちらに何度かご紹介している、





マリベルのオリジナルクッキーを詰め合わせた、

大人気のワンダートレジャーに引き続き、

f0215324_10471702.jpg

第2弾パンドラボックスが登場!

f0215324_10460808.png

マリベルのオリジナルチョコレートと

ナッツをふんだんに使い、

あらゆる食感が楽しめる、

4種類の焼き菓子が入っています(44カット入り)。



こちらも大切な人に贈りたい、特別な焼き菓子です。



さて、そんなマリベルに、

ちょっと出かけてみませんか?



マリベルを訪れると、なんだか異空間に旅した気分。

そしてここはきっと、
女子たちのパワースポットに違いありません。











マリベル京都本店





オンラインSHOP





■京都市中京区柳馬場三条下ル 槌屋町83番地

TEL.075.221.2202 FAX.075.221.2203

OPEN:am10:00-pm7:00 
HOLIDAY:tuesday




by madamregina | 2017-08-12 01:54 | マリベル

マリベルのクッキーがある時間〜   

2017年 08月 05日

f0215324_12214611.jpg


f0215324_12214701.jpg



もうーーーーー。

ほんっとにほんとに危険すぎるんです〜。

このクッキーがお家にあると・・・・。

まず相方とお気に入りのクッキーを巡って、
こづきあいがあり、笑

さらに食べだしたら、
ほんっとにもうーーーーーー

とまらないーーーー。

誰か
誰か、
誰か、とめてーーーーーーー。

それぐらい、最高に美味しい、

もはや伝説と化した、
マリベルのオリジナルクッキーアソート。

ワンダートレジャー


f0215324_12214700.jpg



そのびっしりと隙間なく詰められた、
クッキーのひとつひとつが光り輝いています。


f0215324_12214888.jpg



このクッキー、京都のキッチンで
極上バターなど素材にも徹底的にこだわり、
すべて手作業で
丁寧に丁寧に焼かれています。

そして、この神業的にびっしりと美しく詰まったクッキーは、
専任の人がいて、
高度な技術がなくては、
ここまで精緻に詰めることはできません。

その種類は10種類。

f0215324_12214928.jpg



以前食べたときは、
フランスのナンテ地方で昔から作られる伝統的な
シンプルで素朴な「ナンテ」が好きだわ、

と思いましたが
これももっちろん美味しいけれど、

なぜか最近のわたしの
お気に入りは、
アーモンドショコラ、
アーモンドヌガーも大好きになりました。

f0215324_12214923.jpg



いや、表面にフルールドセルをまぶしたさっぱり味の
ソルトサワーも美味しいし・・・

これ食べたら、このソルトサワーで口直し、
そしてマリベルのオリジナルチョコレートとナッツを使用したサブレ、ビコロールマーブルも美味しいし・・・

そしたら、
ラズベリーたっぷりのメレンゲが食べたくなり・・・

もうーーーーー

キリがないんです。

f0215324_12215062.jpg


このアンティークな缶も大好きっ。

f0215324_12215118.jpg




マリベルのクッキーがある時間。

f0215324_12215142.jpg



f0215324_12215279.jpg



ほんっとに幸せ。

ちょっと憂鬱な日も、
お庭を眺めながら、

ティータイムにマリベル。


f0215324_12264774.jpg

それだけで
サイッコーに元気になれる、

やっぱり世界一好きなクッキー。

遠くからお取り寄せされる方も多く、
なかなか手に入りにくいですが、

予約をすれば店頭でも受け取れます。


f0215324_12320640.jpg


f0215324_12361736.jpg


わたしは先日、マリベル京都本店で購入いたしました。

大切な方への手土産や、
なんでも美味しいものは知っている!という方にこそ、
贈ってびっくりさせたい、
そんなクッキーです。

え?

まだマリベルのクッキー食べたことない?

それは、もうーーーーー
めっちゃあかんやーん(笑)



※マリベルのクッキーについて、もっと知りたい!という方は、
以前書いたこちらのBlogをご覧くださいね。

そして、次回は先日、
マリベル京都本店を訪れたとき
いただいたおすすめのデザートなども
アップいたします!



京都市中京区柳馬場三条下ル 槌屋町83番地
TEL.075.221.2202 FAX.075.221.2203
OPEN:am10:00-pm7:00 HOLIDAY:tuesday



by madamregina | 2017-08-05 12:10 | マリベル

感動!マリベル、伝説のクッキー♡   

2017年 04月 01日




f0215324_1048229.jpg
さてーーーーー

先日、すってきなジェントルマンJ氏より届いた、贈り物は
大好きなNYのショコラティエ、マリベルのBOXが2つ!

f0215324_22082679.jpg


ひとつは、

こちらでもご紹介した、
マリベルのガナッシュがプリントされた、
キュートすぎるオリジナルスカーフ。

f0215324_10504762.jpg
f0215324_10495394.jpg

f0215324_22073270.jpg


もうひとつが・・・

これまたラブリーすぎるBOXに入った、クッキーアソートでした。

f0215324_10514468.jpg


f0215324_10524229.jpg
f0215324_09090981.jpg

こちらも夢のように可愛い、箱を開けると…



めっちゃお洒落でちょっとレトロな艶消しシルバーボックスが登場!

もう高級感たっぷりです。

f0215324_22102252.jpg

すると、ふわっと漂う、
極上バターの香り。




そっと蓋をあけると、

きゃーーーーーーーーーーーーーきゃーーー!

こ、こ、これは、
マリベルでも大人気、
でもなかなか手に入らない、
クッキー缶じゃないですかっ?!

f0215324_22112206.jpg


先日ご紹介した婦人画報のお取り寄せ2017でも、
登場しておりました。

f0215324_10541600.jpg



f0215324_10533918.jpg


こちらに以前紹介されてから、
大人気となり、もはや伝説と化した、
マリベルのオリジナルクッキーアソート。

『ワンダートレジャー』

そのびっしりと隙間なく詰められた、
クッキーのひとつひとつの表情の豊かなこと。

f0215324_22132808.jpg

もう、あたりには上質なバターの香りがたちこめて、
それだけで、うっとり〜。


毎日京都のキッチンで、
極上の素材と手作業にこだわり、
丁寧に焼かれたクッキーたちは、
10種類。
f0215324_22141595.jpg


これだけの種類と量の箱づめは
とっても難しく、
専用のスタッフがいるとのこと。

思わず私のお宝ビンテージ、
アメリカ、コネティカットのアンティークショップで買った、
大のお気に入り、カカオ豆皿に
いれてみました。
f0215324_10571304.jpg


f0215324_10581510.jpg

f0215324_10590180.jpg



低温でじっくり丁寧に焼き上げた甘酸っぱい
ラズベリーメレンゲ。ふわふわさくさく。

f0215324_22152372.jpg
オーガニック紅茶のアールグレイを使ったバターたっぷりの、サブレ。

f0215324_22155849.jpg

シュガーで煮詰め乾燥させた、スノーピスタチオ。

f0215324_22163756.jpg

たっぷりのアーモンドにフロランタン生地とマリベルオリジナルダークチョコレートクッキーの二層になった
アーモンドヌガー。

f0215324_22172498.jpg

サワークリームと、レモン・ジュースを配合、表面にフルール・ド・セル(フランスの塩)をつけた、さっぱり味のクッキー。
f0215324_22181725.jpg


フランスナンテ地方の
伝統的な素朴でシンプルなクッキー、ナンテ。

f0215324_22185607.jpg

マリベルオリジナルチョコレートとナッツを封じ込め、
マーブル模様に仕上げたビコロールマーブル。
f0215324_09110595.jpg


マリベルオリジナルのスパイシーチョコレートを生地に混ぜ、
キラキラクリスタルのようなシュガ−をまぶして
焼き上げたクリスタルスパイシーは、食感も楽しい。

f0215324_09120794.jpg





オーガニックのクランベリーをキルシュに
長時間漬け込んで、やさしく焼き上げたクランベリークッキー。

f0215324_09173404.jpg

そして、アーモンドとマリベルオジリナルアズテックを使用した伝統的なクッキー・・・・

f0215324_09164345.jpg


ほんっとにこだわりぬいた、
見ても食べても、しあわせになるクッキーの数々。

もうーーーーどれを食べても、
めちゃくちゃ美味しい!

f0215324_09224455.jpg




バターの香り口いっぱいに広がって、
でも、どこか素朴で、
一つ食べたら、またひとつ。

f0215324_11131470.jpg

もう止まらないよーーーっ。

f0215324_09233291.jpg


そういえば、
皇室御用達、紹介者がいなければなかなか買えない、
村上開新堂のクッキーにもちょっと似たような、
テイストを感じます。

村上開新堂は日本の伝統的なクッキー。
優しくて味わい深いですよね〜。


マリベルのは、
どこかなつかしいフランスの田舎で、
昔から育まれてきたクッキーと、

わたしが大好きな、
アメリカニューイングランドの
森のシャトーオーベルジュで
ターンダウンサービスに出た、
アメリカのグランマが作るクッキーの味…

そんなテイストを感じます。


ほんとに食べるだけで気持が豊かに、
幸せになれる味。

聞けばマリベル京都本店で、
一日限定50個だけ作られているそうです。

そして一人2個までしか買えません。


何でも美味しいものは知ってる、
何でも持っている・・

そんな方への贈り物にも最高。
f0215324_09241893.jpg




マリベルのワンダートレジャー!


f0215324_11144246.jpg



こんなにセンス良くて、
こんなに美味しくて、
素朴なのに、リッチな味わい。


こんなにHAPPYにしてくれるクッキーがこの世にあるなんて!

知らなかったわーーーーっ。


これをくださったジェントルマンJ氏。

わたしが最近マリベルのチョコレートを好きなのを
知って、
京都本店まで買いに行ってくださったそうです。

まさに宝箱のようなクッキーとオリジナルスカーフの
組み合わせ〜。


f0215324_09205786.jpg

めっちゃ幸せ!


※調べたらスカーフもオンラインから買えるみたいですよー。

https://shop.mariebelle.jp/products/detail.php?product_id=177












by madamregina | 2017-04-01 10:05 | マリベル | Comments(0)

マリベルのオリジナルスカーフがラブリーすぎる〜♡   

2017年 04月 01日

f0215324_11033680.jpg


f0215324_11012701.jpg


f0215324_11020802.jpg

ぼーっぼーっぼーっ。

みなさまーーー。
わたくしまたまた興奮しておりますわよ。

先日、めっちゃ素敵なジェントルマンから届いた、
贈り物!




マリベルのテーブが貼られたカートンBOXを見た瞬間、

気分は一気にマッターホルンの頂上に急上昇っ!!!

そっと開けると・・・


きゃーーーっ。いつものマリベルとはちょっと違う、
パッケージが2つ。

f0215324_11030355.jpg

お約束のバラの造花の花びらも散らされていて・・
もうーーーそれだけで、夢見心地のわたくしっ。
f0215324_11042429.jpg



まずは、
ラブリーすぎるBOX、しばらく眺めていましたが、
勇気を出しておリボンを解くと、

ええええええええーーーーーーーーーーーーーーーー


大好きなマリベルのガナッシュをプリントした、
スカーフじゃないですかっ?!

f0215324_11051576.jpg
f0215324_11055813.jpg

なにーーー?!
この可愛さ。

やばい。

やばすぎますっ。

マリベルブルーとこのブラウンの組み合わせ、
たまらなくお洒落じゃない?

f0215324_11064850.jpg


スカーフとしてはもちろん、

バッグにちょっと結ぶだけでも、
めっちゃ素敵。

f0215324_11074314.jpg


これからヘビロテ間違いなし。


きゃん♬





by madamregina | 2017-04-01 10:00 | マリベル | Comments(0)

マリベルさんのこと   

2017年 03月 06日

f0215324_00595176.jpg




はーっはーっはーっ!!






みなさまーーーー。



わたくし、とうとう憧れの女性に会って参りました〜。







そうよ。



NYの人気チョコレートブランド、

「マリベル」の創業者であり、ショコラティエ、そしてデザイナーでもあるマリベル・リーバマンさん。



同じく敬愛する「マリベル」の日本総代理店の岩城 紀子社長に、

ご紹介頂いて、その夢が実現いたしました!



もうね、彼女のことはアメリカの雑誌はもちろん、日本の女性誌などでも知っていたんですが、



マリベルさんはただのショコラティエじゃありませんっ。



チョコレートをはじめて口にした・・と言われるマヤ族の末裔であり、故郷ホンジュラスのカカオ農園で無農薬の原種のカカオを育て、そこで働く女性たちの支援をもう10年以上も続ける、愛に溢れたクレバーな女性なのです。



彼女のそんな地道な功績が認められて、ホンジュラスではカカオ大使として任命されました。



カカオ生産国ホンジュラスへの支援や、

女性のリーダーシップをテーマに、

アメリカはじめ中南米のメディアからも取材が殺到。



有名雑誌の表紙を次々に飾っています。



いまではチョコレートといえば、been to bar(ビーントゥーバー。カカオ豆の状態から板チョコレートになるまでの全ての一連の工程を一貫して行うこと)が流行りですが、彼女はfarm to bar(カカオ豆を栽培する農園(farm)に目を向け「Farm to Barチョコレート」を実現させ、いまその工程に注目が集まっています。


f0215324_00595204.jpg




マリベルさんは、その先駆者のひとりとして知られています。



岩城社長に伺ったのですが、

ガーナやアフリカのカカオは絶対には手をつけないとのこと。

なぜなら、そこでは子供達を死ぬほど働かせ、

安価でディーラーが買い叩くからです。

彼女が所有する農園では女性が働き、自立出来て、

子供達がちゃんと学校に行けるように支援しているんです。



チョコレートの味もフレーバーエッセンスなどは使わず、

ミントやパッションフルーツなど生の葉や実を、ミルクで炊いて1日寝かせるという作業にこだわって、マリベルのチョコレートは作られています。


f0215324_00595261.jpg




実は、彼女は昨年ニューヨークのベストwomanとして、

ヒラリー・クリントンやアンジェリーナ・ジョリーと並んで選ばれたような本物のセレブリティ。



2000年にオープンしたNYのマリベルショップは、

ニューヨーク・タイムスから全米のチョコレート界でトップと絶賛され、



ヒラリー・クリントンはじめ、

マット・デイモンやメグ・ライアン、

トム・ハンクス、スティング、

そしてあのスティーブ・ジョブスも存命中に足繁く通う、

セレブも大好きなチョコレート。


f0215324_00595375.jpg



f0215324_00595489.jpg



でも、マリベルさん自身はそんなことで一切マーケティングもしない人。



わたしがお会いした、マリベルさん、



もう、その素顔はほんとにフレンドリーであったかくて、

優しくて、

愛に溢れたチャーミングな人でした。

f0215324_00595445.jpg




彼女の笑顔を見ただけで、

なんだか、自分の存在がぜーんぶ肯定されているような、

幸せな気持ちになって涙が出そう・・・。



わたしはあのマリベルのパッケージやショッピングバッグに使われている美しいブルーと品のいい茶色の組み合わせが大好きなんですが、

そんなパッケージもマリベルさん自身がデザインを手がけられたのか聞いてみました。

f0215324_00595565.jpg





「わたしはとにかく、ずっとずっとブルーという色が大好きだったの。それでブルーを使うことは決まってたんだけど、リボンの色は深いグリーンにするか、ブラウンにするかさまざまな色を試作して、夫にある日意見を聞くと、彼がぜったいこれだよ!とブルーとブラウンの組み合わせろ選んだの。それで決めたのよ」

f0215324_00595586.jpg




「この色を真似する人もいるけど、ほら、HERMESのあのオレンジも他がどんなに真似しても、ぜったい違うでしょ?同じテイストにならないでしょ?

HERMESオレンジはタイムレス。

マリベルのブルー&ブラウンもタイムレスなのよ」



あのブルーはまさに「マリベルブルー」なのですね。



そういえば、彼女はもともと、デザイナーを目指して故郷ホンジュラスから、NYに出てきて、パーソンズ美術大学で学んだデザイナー。





だからマリベルのチョコレートも美味しいだけじゃなく、ほんとにセンスが良くて、お洒落なんです。



「でも2000年にオープンしたとき、わたしが作るチョコレートを見て、ブルーなどカラフルな色に対して、なにーーー?!こんな色をチョコレートに?!と言う人もいたのよ。でもいまではみんな真似してますよね。笑」







そしてーー。マリベルさんは食べることが大好き。

わたしがこれまで60回以上通った、NYのレストランについて、

めっちゃ話が弾みました〜



NYであなたのいちばん好きなお店は?と伺うと、そのひとつが



おうどんのあの「OMEN」ですって。



わあ、なつかしい。ここの雰囲気もあの味も、最高ですよね。

確か、昔、リチャード・ギアを見かけたような。



うれしかったのは、

わたしがある意味とってもNY!と思っていて、

NYに行くたび、いつも行く、

「BRUE RIBON SUSHI」が、

彼女のお気に入りだったこと。





さらにさらに。あのわたしが大好きだったいまはなき、

SOHOの蕎麦の名店「HONMURAAN」。

彼女はなんとこの隣りのビルにも住んでいたことがあったそうな。





日本が大好きで、日本の食はもちろん、

日本人の相手を敬う礼儀作法は素晴らしい。いつもリスペクトしています・・とおっしゃっていました。



岩城社長とはビジネスの相手・・というよりは

まるで仲のいい姉妹のようで、

わたしがマリベルさんに

写真を撮りたいのですが・・

と言うと、



「あら?わたしすっぴんよ。どうしよう。メイク道具もないわ」



すると、

岩城社長が自分のメイク道具を出して来られて、

彼女に貸されたのですが、



マリベルさんは化粧室に行くでもなく、

わたしの目の前でささっとCHANELのパウダーを塗って、

アイラインを入れて、

リップも描いて、

あっという間に女優さんのように華やかなお顔に!



いや素顔も大好きだったんですけどね。



それにしても、初対面のわたしの前でメイクを直しちゃうマリベルさん。

なんてオープンで大らか。



もう、大好きになっちゃった。



そういえば、

マリベルのチョコレートを通して、

彼女が伝えたいMessageは、

「FOOD ・ART・ BEUTYに喜びと幸せを見つけること」



マリベルのチョコレートはほんっとに美味しい。

でも他と違うのは、

食べ終わったあとに、

なんともいえない幸せ〜な気持ちになれること。



気分が不思議と弾んじゃうこと。



マリベルのチョコレートはまさに、

そんな彼女の想いが凝縮された世界でたったひとつだけのチョコレートなのだ・・と

改めて実感しました。



マリベルさんは、

薔薇の花のように華やかで、

ひまわりのように明るく、

周りの人を愛でいっぱいにつつみこむ、

素敵すぎる人でした。



f0215324_00595662.jpg






マリベル京都

京都市中京区柳場三条下ル 槌屋町83番地 

http://www.mariebelle.jp/



カカオマーケットbyマリベル

京都市東山区常盤町(大和大路通)165−2


http://www.cacaomarket.jp/





■ NY

MARIEBELLE(マリベル)

484 Broome Street, New York, NY 10012

http://mariebelle.com

☆Cacao Market by MARIEBELLE67

Guernsey Street, Brooklyn, NY

http://cacaomarketnyc.com/

by madamregina | 2017-03-06 00:50 | マリベル