<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

アライグマ出没!!   

2007年 05月 31日




ひょええええええええーっ。

さきほど、なにやら庭のあたりでゴソゴソと音がすると思ったら、
アライグマが我が家のゴミ箱をあさっているではないですかっ!!!!!

うちのゴミ箱はかなり重いのですが、
それをなぎ倒して、中から生ゴミの入ったビニール袋を
引っ張り出して、
それを2つの前足ではさんで、なにやら食べている様子。

もう夜で暗いし、怖いので、
窓から懐中電灯を照らしてやつの顔にあててみたが、
ひるむ様子一切なし。
それどころか、
非常に挑戦的なガンを飛ばして、
「ふんっ」
という感じで、またもや生ゴミあさらにもどった野郎。



アライグマってなんとなく可愛いイメージがある人も多いと思いますが、
その実態は大変に獰猛で、ズル賢く、
近所の人の話によると、ベランダから家に入って、
冷蔵庫を勝手に開けて食べ散らかしていたそうな(ひえええええっ)

なんというあつかましさでしょうかっ!!!

許せんっ。
まったくもって許せません。


PS
ちなみに写真は憎きアライグマとはまったく関係なくて、
ごめんよ~。
淡路島植物園の美しい温室の一部です。

by madamregina | 2007-05-31 00:02 | Diary | Comments(0)

美容ライター   

2007年 05月 29日

美容ライターの友人が何人かいます。

彼女たちの悩みは、
日々、スキンケアやメイクアップの新作が化粧品会社から届けられるので、
自分の肌でそれらを実際に試して、
感想を書かねばならない点。

贅沢な悩みやーんとおいらは思いますが、
「日々違う化粧品使っていると、時々お肌が悲鳴をあげるねんっ」
と言ってました。

なるほどなー。
NYの有名なスパのカリスマセラピストも、そういえば言ってました。
「ずっと同じ化粧品を使い続けることがいちばん!」
と・・・。

そういえば、おいらもリアルラボを使い続けて、あと少しで1年になります。

飽き性なおいらがここまで長い期間、同じ化粧品を使い続けるなんて、
凄い!!

その理由は、目に見える効果が日々現れるってことももちろんですが、
香りやテクスチャーがとっても心地いいっていうことも大きな要因です。

かつてひとつ十万円近くの美容クリームを美容ライターの友人から
いただいて使ったこともありましたが、
肌につけた感触がいまいち好きになれませんでした。

人間も化粧品も、肌触りって、ほんと大切だよな~と
改めて感じているおいらなのであります。

by madamregina | 2007-05-29 09:43 | Diary | Comments(0)

シーフード天国   

2007年 05月 26日





先日のLA出張で2回も行ってしまった
レドンドビーチのシーフードマーケット。
LAに行くといつもここには必ず寄るのがお約束です。

ああああーやっぱり最高に美味しかったわ。

新鮮なシーフードをただ湯がいたり、揚げたり、
蒸したりするだけのシンプルな調理法。


サーブしてくれる人もいなければ、
テーブルクロスも用意されてる古新聞(前は日経だったけど、いまは中国の新聞だった)
青空の下で、ビールを飲みながら、あっつあつの
蟹やエビにくらいつく幸せといったら!!!

ウルフギャング・パックがオープンしたビバリーヒルズの超高級ステーキハウスや、
セレブが集まるイタリアン・・・なんていうオッサーレな店より、
こういうところがいちばんやねん!!!


アメリカのレストランの味ってやっぱりおいら日本人の舌には
あいませぬ。
率直に言って、まずいっ(すんませーん)

by madamregina | 2007-05-26 12:48 | Diary | Comments(0)

日々是作文   

2007年 05月 24日


お風呂でゆっくり過ごすときはTVを見るよりだんぜん読書派のわたくし。

今読んでいるのが、
山本文緒さんのエッセイ「日々是作文」。

これがめっぽうおもしろい。
この人の作品は「恋愛中毒」とか女心を鋭いメスでえぐって描写するわりには、
読後感は爽やかで気に入っています。

でもエッセイもさらにおもろいよー。

たとえば手紙のやりとりについて書かれた章。

「中略~わかれた恋人に向けて、自分がどんなに幸せだったかどんなに傷ついたか語ったりするのもいけない。それは相手にうんざりした気分しか与えないだろう。それよりは電話で一言、あるいはハガキで一言[ なめんなよ、タコ] と伝えた方が有効であると私は断言する」

どうです?!
元恋人でなくても、
気に入らないヤツにはたったひとこと

「なめんなよ、タコ」


これにつきると思いませんか?


ちなみに写真はロスのビバリーヒルズにあるロデオドライブ。
NYのマディソンやミラノのモンテナポレオーネと並ぶ
一大ショッピングエリア。
すっごい豪華なブランドショップが立ち並んでおりますが、
汚いカッコウで入ると、スカした店員たちに
「あんたにはうちの店のもの似合わないわよ」と
無言で圧力かけられます。

そういうときもひとこと、
日本語で
「なめんなよ、タコ」と言ってやりたいわね。

by madamregina | 2007-05-24 12:53 | Diary | Comments(0)

ゴージャスリゾート   

2007年 05月 23日



LAの有名人たちはほんとに海が大好き。
そんな彼らがサクセスシンボルとして建てるのが
海の見える家です。

そんなセレブリティ御用達の別荘地といえばリッツ・カールトがあるラグナ・ニゲルと
写真のマリブ。

ここにはあのノブマツヒサのレストランNOBUもあります。
週末のNOBUではかなりの確率でハリウッドセレブたちに遭遇できるそうよ。

ちなみに、先日ちらりとコーディネートの人に聞いた話によると、
マリブに別荘をかまえる美容整形外科のドクターの家には
敷地内が動物園になっていて、馬はもちろんのこと、
なんとトラまで飼われてるそう。

ひええええ。スケール違いますね。

by madamregina | 2007-05-23 17:29 | Diary | Comments(0)

ペニンシュラファン   

2007年 05月 21日



海外のホテルに泊まるときは、
これまでフォーシーズンズにかなり肩入れしたきたおいらでありますが、
LAでビバリーヒルズのペニンシュラホテルに泊まってから、
かなりペニンシュラのファンになっております。

そういえば今年の秋、東京にもペニンシュラがオープンするので
楽しみよね~。

ちなみにビバリーヒルズのペニンシュラでは
チェックインしてしばらくすると
浴衣(こちらは微妙な柄)
とネーム入りの名刺とレターセットが届けられます。

こういうの、なんとなくうれしいですよね。


とりあえず、ここに滞在中は
ペニンシュラ・ビバリーヒルズの「住人」といわけで、
自分の居場所がちゃんとあるっていう
安心感がありますよね~

by madamregina | 2007-05-21 15:33 | Diary | Comments(0)

お出かけ前に   

2007年 05月 19日



今日は久々にコンサートです。
何のコンサートかは言わないのよーん(えっ)

なので、久々にお洒落して出かけないといけないのですが
朝起きたら、また顔にむくみがあああ!!!!

昨日、自然薯のお好み焼きとビール飲みすぎたせいね!

というわけで、
お出かけ前の救世主
ナノプロテインジェルでお肌をキュっ、ピンっと
リフティング!

PS
写真は、イタリアコモ湖の湖沿いの並木道。
ああ、また行きたいねー、コモ湖。

by madamregina | 2007-05-19 10:14 | Diary | Comments(0)

砂時計フリーク   

2007年 05月 16日



目下の楽しみは、
お昼のドラマTBS愛の劇場「砂時計」。

どんなに仕事がハードでも、厳しい局面を迎えていても、
このドラマを見ているときだけは、
心が解放され、はるかティーンエイジャーの頃に
もどれるって、気がするのよね~。


中高時代を演じる主人公の大悟役、佐野和真君がめちゃくちゃイイ男で、
ハマりまくっていたっていうのもありますが(またかい?)
やっぱり、ただ無邪気に、ピュアに誰かに恋できた時代を
思い出させてくれる青春真っ只中を描いたドラマはいいね~。

理屈なく素敵な気分になれる。
見終わったあとはいつも心が浄化された気持ちになるし・・・。

先週半ばから中高生時代に終わりをつげ、
主人公たちは26歳って設定になり、
深いショックを受けていたおいらでしたが、
それはそれで、なんとなく味わい深いドラマになっております。

ときおり挟まれる子供時代の回想シーンも楽しみだし。

原作はベツコミの漫画です。
10巻全て購入。
DVDもすでにアマゾンで注文済み。

どうかしてるよね~。

でも、恋愛だけが全てだったあの時代に
たった一瞬でもタイムスリップ出来る気がします。
砂時計にどっぷりと使っている間は・・・。

だって、あんな贅沢な時代って、
どれほど望んでも、どれほどお金を積んでも、
決して、絶対に、もどれないから。

by madamregina | 2007-05-16 22:35 | Diary | Comments(0)

しっとり、ふっくらを目指そう   

2007年 05月 14日



LAの強い日差しをうけて、おいらの肌もかなりダメージを受けておりました。
現地では余裕がなくて、ついついお手入れもさぼりがち。
するとどうだ!
乾燥、たるみ、しみというトリプルパンチが襲い掛かってきました。

で、帰国してからは心を入れ替え、
いつもよりブライトニングローションで入念にパッティングし、
プロテインジェルをちょっとだけ贅沢に使い、
ウルトラモイスチャーラインジングクリームをいつもより
奮発してたっぷりとつけ、
最後はもちろんヒアルロン酸ジェルで仕上げる。

これを1週間続けていたら、
やったー。
また元のお肌に回復しました。

しかし、今回改めて思ったのは
ウルトラモイスチャーラインジングクリームの底知れぬパワーです。
表面、中間部、深層部としっかりと保湿がなされているのを実感します。
つまり、肌の内なる水分を非常にバランスよく保ってくれるんですね。

保湿こそ、スキンケアの要!とおいらは思っておりますが、
ウルトラモイスチャーラインジングクリームを使っていて、
新たにそのことを実感しました。

前にも書きましたが、
雪のようなキメ細かな美肌で知られる
樋口可南子さんが何かのインタビューで、
「美肌の秘訣は?」
と聞かれ、
「うるおい、うるおい、とにかくうるおいです!」

と答えれおられたのが印象的でした。

保湿こそ、美の王道です。

最近潤いが足りないな・・と思われる方、
ウルトラモイスチャーラインジングクリームを



しっかりとつけて、
しっとり、ふっくらお肌を目指しましょう!

by madamregina | 2007-05-14 19:03 | Diary | Comments(0)

マリブへ   

2007年 05月 11日


次回のロケハンにマリブを訪れました。

マリブはLAのお金持ちたちが別荘をかまえるお洒落な海辺の街。
高台の、海を見下ろすゴージャスな邸宅は、
ガラスのお城みたいだったり、メキシコの宮殿風だったり、
それはそれは凄く贅沢です。

どんな人が住んでるのか・・というと、
弁護士や医師、ハリウッドスターたち。
日本の芸能人の人たち(確か小室さんとか)
のセカンドハウスもあります。

コーディネーターさんから聞いた話によると、
マリブに住む某ドクターの邸宅は、
まるで姫路セントラルパークのように広く、
そこに、なんとトラやチンパンジーなどを飼っているとか?!


ひええええ。

ちなみに上の写真はマリブにあるタイルミュージアム。
スパニッシュ風のタイルをはじめ世界中のタイルが
展示された珍しいミュージアムでした。







by madamregina | 2007-05-11 23:36 | Diary | Comments(0)