<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

ゴージャスなクリア肌   

2007年 07月 30日


この季節になると突然「ハワイ行きたい病」になっちゃいます。

で、さっそくJALに予約の電話をしましたが、あーた、8月はもちろんのこと、
9月、10月前半までほぼ満席(というのも、今回マイルを使ってビジネスにアップグレードしようと
いうせこい魂胆だからなのよね)

仕方なく、10月20日すぎまで待つことにしました。
くーっつ。まだ3ヶ月近くあるやん。

でも、ハワイへ行くまでにまたリアルラボでシミケアをきちんとしておかないと
先日のLAロケで出来た南米大陸大のシミも薄くはなったものの、
まだ少々残っております・・・。

わたしが目指すのは、透明感がある、
ゴージャスなクリア肌。

リアルラボは、
白く澄んだ肌になるだけでなく、
内側からじんわりとゴージャスな輝きをもたらせてくれる
力があります。

10月のハワイまでがんばろう!!

PS
写真は去年行ったハワイ島のフォーシーズンズホテルフアラライの
プライベートゴルフ場。
ああー吹きすぎる風の気持ち良さといったら、格別でした。

by madamregina | 2007-07-30 00:11 | Diary | Comments(0)

ユニオンステーション   

2007年 07月 25日


LAの中央駅、ユニオンステーションは1920年代に作られたそう。
柱や天井、時計、すりガラスなどアールヌーボーのディテールがとっても素敵で、
ステーションとは思えないほど、アーティスティックな空間です。


ファッション写真のロケ場所としても人気があるとか。

特に私が好きなのは駅構内にあるレストラン。
これがとっても本格的で、NYにありそうなアメリカンビストロみたいな感じ。
お値段もとってもリーズナブルで、
ワインとムール貝の前菜なんかをいただきながら、
行き交う旅行者を眺める時間は特別です。

あつあつのカップルや
里帰りなのか小さな子供を何人も連れて、大荷物で大移動するファミリー、
ちょっと険しい表情の一人旅の妙齢の女性は失恋でもしたのかなーなんて、
空港とはまた違う、鉄道ならではの旅情が漂っていて・・・・。

BARとアールヌーボー的なレタリングで書かれた扉を開くと、
そこはスタンディングバー。
旅立つ時刻までの待ち時間に、
あるいは、たったいま到着した旅の疲れを落とす場所として、
旅する人々のオアシスのようなあったかくてゆるい空気が漂っていました。


いつか、このユニオンステーションから列車に乗って、
サンタバーバラのワイナリーなんかにいきたいなーなんて、
午後の緩やかな光りが漂う椅子に腰掛けながら、カリフォルニア旅情に
身を浸しておりました・・・。




駅構内とは思えないレストラン「TRAXX」
前回のLAロケではクルーたち10人とランチをいただきました。

by madamregina | 2007-07-25 01:16 | Diary | Comments(0)

旅コスメ   

2007年 07月 22日



海外出張では荷物になるとわかっていても、
あれもこれももっていきたいタイプです。

「荷造りの達人」にはきっと何年かかってもなれないと思うのであります。

が、そんなおいらにも、ときどき「賢い旅支度」なる取材が舞い込んできて、
正直つらい(苦笑)

でも、旅コスメに関してはOKよっ。
もう、これまで吟味に吟味を重ねて、
ポーチからリップ、機内持ち込みに至るまで、
マツザワ流儀ってのが確率されましたから(ほんまか)



先日も雑誌「SAVVY」から
「松澤さんの旅コスメ紹介してください」という依頼があり、
「トラベルマスターの旅コスメ拝見」という小さなコーナーに登場させていただきました。
(8月5日号発行予定です)

うふっ。もちろん持っていくべきプロダクツの中には
リアルラボも必須。
紙面の関係で、「ナノプロテインジェル」のみの紹介となりましたが、
これからもどんどんリアルラボの素晴らしさを
多くの人々に伝えていきたいと思っています。


写真は大好きなホテル、ビバリーヒルズのペニンシュラにて。

by madamregina | 2007-07-22 00:23 | Diary | Comments(0)

キャビアとシャンペン   

2007年 07月 19日



この宇宙船のような建物。
こちらはロスのダウンタウンにあるディズニーコンサートホールです。

建築を手がけたのはフランク・ゲーリー。

世界で最も独創的で革新的いわれる建築家。
一度見れば一生忘れないってほど、その印象も強烈ですね~。

このホールはクラシック音楽やオペラ、バレエなどを上演する
劇場ですが、プレ&アフターシアターには
ホール内にあるPATINAが大人気。

ロスで1,2を争う高級レストランで、
ディナーにはアペリティフに
「シャンパンとキャビアはいかが?」とメートルドテルがワゴンサービスで
回ってきます。

いや、しかし、キャビアですから。
きっと10グラムでもお高いはず。
おいらはあきらめましたが、
クリュッグのシャンペンとキャビアをプレシアターに
楽しんでおられるカップルもいました。


あなたたち、どんだけ~

by madamregina | 2007-07-19 10:20 | Diary | Comments(0)

リアルラボの威力!!   

2007年 07月 17日



昨日実家に帰ったら、
なんだか母の雰囲気がちょっと違う。
肌の色がワントーン白くなって、表情も明るい。
昨日美容院に行って、カラーリングするって言ってたしな~。

でもその理由は・・・


「ママね、リアルラボ使ってるのよ」

えええええーっ。
そうだったのか?!
少し前、ちょっとだけ残ったウルトラモイスチャークリームを
あげたこともすっかり忘れていたけれど、
その使い心地があまりにも良かったので、
何でも知り合いに頼んで買ってもらったらしい。

おいらに言えばいいものを・・・

「あなたはいつも日本にいないでしょ?」
そういわれれば、そうだけどさー。


今年74歳の母はとにかく買い物好きで、化粧品好きで、
これまでの人生、ありとあらゆるプロダクツを試してきたツワモノ。
エステも随分若い頃から行ってたようで、
でもあまり効果がなかったよね~(ママごめん)

若い頃から外車を乗り回し、出歩くのが大好きだった彼女だけど、
ここ数年足を悪くして、外出するときは杖(彼女らしく派手な柄!)
が必要で、なんとなく沈んでいるように見えた母。

それがリアルラボのお陰で、なにやら生気を取り戻したようで、
「また新しい洋服もたくさん買わなきゃー」
とはしゃいでいた。

女っていくつになっても、
お肌ひとつで元気になれるのね!

by madamregina | 2007-07-17 11:10 | Diary | Comments(0)

アニヤ狂想曲   

2007年 07月 15日




台風大接近の昨日7月14日。

この日はアニヤ・ハインドマーチのエコバッグ、日本発売の日。
ファンにとっては決戦の日・・・。

某友人は銀座のアニヤ店になんと!徹夜して並んだというではありませんかっ?

彼女はおいらがロスにいたときもちょうどロスにいて、
「買えなかった~」と悔しがり、
「絶対手に入れてみせます」宣言をしていたのですが、まさかそこまで本気だったとは?!

なんでも昨日の銀座は未明から戦場のような有様で
警察は出動するわ、戦車はくるわで(いや戦車はこなかったか)
アニヤエコバッグ大戦争勃発だったらしいです。

ちなみにその友人はめでたくエコバッグゲット。

その2100円のバッグがオークションではすでに30000円を越しているのだとか・・。

いやあ、欲しいものが手に入らないとますます欲しくなる。
この人間の欲望のメカニズムって凄いですよね~。

ま、おいらも、「超極上限定淡路産生うに」とか
「世界限定100キロ!黄金のキャビア」とか
「最高級松坂牛チャンピョンのヒレ肉限定500グラム」
とかの売り出しだったら、
もしかして並ぶかもー(って食べ物ばっかりやんかー)

by madamregina | 2007-07-15 10:58 | Diary | Comments(0)

悲惨なシミが誕生・・・・   

2007年 07月 12日



毎日よく降りますね~。
梅雨の時期は、あまりやる気もおきません。


LAのあの、パッカーンと晴れた青空がなつかしいです。
写真はペニンシュラのガーデン。
光りがいっぱい降り注ぐこのガーデンを囲むようにビラが建っています。

メインビルのお部屋と違って、一戸ずつ孤立しているので、
まるでセカンドハウスのような感じ。
いつか泊まりたいなーと思っています。
1泊1000ドルらしい(くーっ)

しかし!!!


今回のLAではきつい日差しの中、終日ロケで出ていたので、
気がつけば、思いっきり日焼けしておりました。
一応、日焼け止めクリームなど塗ったはずなんだけど、
まずはモデルちゃんの日焼け対策で必死で
自分まで気が回りませんでしたー。

そのあとサンディエゴやメキシコでもかなり焼けて、
帰国したあとには悲惨なシミが・・・。

それもカリブ諸島のように点々としたかわいいものじゃなく、
もはやユーラシヤ大陸のように巨大です。

毎日せっせとリアルラボ使っていますが、
今回だけはかなり厳しそうです。

もちろんすこーしだけ薄くなった気がしますが、
あまりにも強力&広範囲なシミ面積なので、
レザーなどの荒治療が必要かもしれませぬ。

でもレザーをかけて余計シミがひどくなった・・・という人もいたりして、
怖いですよね~。

とにかく地道に、丁寧に、日々リアルラボ。
これをなんとか続けたら、きっと大丈夫だと信じて・・・。

by madamregina | 2007-07-12 23:54 | Diary | Comments(0)

アニヤのエコバッグ   

2007年 07月 10日



どえらいことになっているみたいですね。
アニヤ・ハインドマーチのエコバッグ。

おいら、別段興味なかったのですが、
今回LAに到着したらコーディネーターさんが、
「明日発売日で、日本からの知り合いにいっぱい頼まれてるんです」
とのこと。

そんな人気のあるバッグならおぃらも欲しいなー。
それに、アニヤのバッグで15ドルは安いもんねー、
と買う気満々になっておりましたが、
いまいちその度合いが低かったのね。

欲望はやはり沸点まで煮えたぎらせないと、
手に入るものも手に入りません(松澤の掟)

今回おいら、アニヤのショップに行ったのは発売日の翌日。
ナメてます。

わずか3時間でソールドアウトになったそうよ。

くーっ。

ナチュラフーズのマーケット「WHOLE FOODS」にも売ってるってことだったのですが、
やっぱりなかったです。

ま、いいかーと思って帰国すると、
友人たちはもはや「アニヤエコバッグゲット大戦争」に突入しとりました。

7月14日から伊勢丹などで発売されるらしいですが、
みなさん、手に入るといいですね(遠い目)

by madamregina | 2007-07-10 12:01 | Diary | Comments(0)

シャンパンブランチ   

2007年 07月 09日









LAに滞在中、楽しみにしていたのが、ペニンシュラホテルビバリーヒルズの
サンデーシャンパンブランチ。

前回はヴーヴ・クリコ飲み放題でしたが、
今回は上から2番目の写真にある、アニバーサリーでホテルからプレゼントしていただいたシャンパーニュ。

LAの灼熱の太陽の下で、飲むと、すっきりとした喉ごし&華やかさのある
シャンパンです。

今回はアニバーサリーということをホテル側に伝えていましたが、
ブランチのMENUにも
MATSUZAWAの文字が・・。

最後のデザートはブッフェ式になっているのですが、
こちらもかなり凝ったスペシャルのスイーツを用意してくれました。

しかし!
お昼からシャンパンのみすぎて、
前菜の北京ダックまで余分にもらって調子よく食べていたら、
ぎょえええええええーっ、
あのいつものちょっとイヤな感じが・・・。

おいら、海外でフレンチとかをワインと一緒にいただくと、
ときどき、すっごく気分が悪くなって、
トイレから出られなくなることも多々あります(くーっ)

今回はそれほどでもなかったけど、
ちょっとヤバイ状況でありました。

ったく、ただだと思ってシャンパンのみすぎなんじゃないかっ?(情けないぞーおれ)

by madamregina | 2007-07-09 10:45 | Diary | Comments(0)

バジルとベリー   

2007年 07月 07日





山の我が家の小さな庭に植えたバジルや紫蘇が、
2週間LAに行ってる間に、
えらく成長していました。

上のベリーはこの土地にはじめからあった野生いちご。
しかし、これがめちゃくちゃ美味。
甘すぎず、すっぱすぎず、実に爽やかな風味で
ヨーグルトに入れても、
ラム料理にあしらっても、なかなかです。

下の写真は、バジルとシソ、そしてイタリアンパセリです。
LAから帰国した日は夜遅かったので、
お買い物にも行けませんでしたが、
お陰でこの野菜たちで生き延びました(えっ)

余生は畑を耕し、自給自足の日々をおくるのがおいらの夢です。

by madamregina | 2007-07-07 07:56 | Diary | Comments(0)