<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

サラ・ブライトマン   

2009年 02月 28日


激動につぐ激動の
我がダイハードな2月ももうすぐ終わりよ~(ほーっ)

で、目下のわたしの楽しみは・・・というと、

3月2日、大阪城ホールで行われるサラ・ブライトマンのコンサートよっ。

サラといえば、ミュージカル「オペラ座の怪人」のオリジナルキャストで
知られる世界のディーバですが、

元夫は、現代のプッチーニともいわれる、
あのサー・アンドリュー・ロイドウエッバーおじさまですよね。

「オペラ座の怪人」の名曲の数々は、
サラの心を射止めたいと切望した、
ウエッバーのせつなすぎる恋心から生まれたと言われていますが、

音楽ジャーナリストたちは
「サラの愛を十分、得られなかったから、ウエッバーはあの名曲を書くことができた」
なんて言ってましたっけ。

結局彼らは離婚しちゃいましたが、
いまもとってもいい関係のよう。



そういえば、わたくし、
ロイドウエッバーの50歳のバースデーを記念して、
ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催された
たった一夜だけのコンサートに、

日本から駆けつけたことがありました(ひええーっ)


ウエッバーのミュージカルで活躍した有名なスターたちが、
勢ぞろいした、それはそれは、歴史に残る豪華絢爛なコンサート。



「サンセット・ブールバード」のグレン・クローズや、
アントニオ・バンデラス、

「キャッツ」のオリジナルキャストとして
知られる、エレイン・ペイジ、ダニー・オズモンド、
そして我らがスター(きゃーっ)、
レ・ミゼラブルのオリジナルキャスト、マイケル・ボールなどなど、

ミュージカル好きにとっては、たまらなさすぎて、
卒倒しそうなほど、キラ星のスターたちが集まった、
最高級の夜でしたっけ(うっとり)

あとにも先にもこれっきりという、
眩暈級のスターたちだったわね~。


このときのレポは、こちら~


その舞台に、もちろんサラも登場!

マイケル・ボールとデュエットした、
「オペラ座の怪人」の「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」
は気絶するほど、ビューティホーで、ベリーベリースイートでありましたっ。

最後、舞台にロイドウエッバーが登場し、
別れた妻、サラとハグしたシーンがとっても印象的でした。

そんなサラもどんどんビッグになり、
いまでは押しも押されもしないトップクラスの歌姫に。

今回、5年ぶりのソロ公演となる“シンフォニー・ザ・ワールド・ツアーは、

2月23日に日本武道館でスタートし熱狂の渦だったとか。

さて、どんなサラに会えるかしらん?

注:写真はEMIサラ・ブライトマンのHPより

by madamregina | 2009-02-28 01:57 | Diary | Comments(0)

京男の粋   

2009年 02月 25日


ひゃああーっ。
米ドル一気に3ドル近く上がりましたが、
これは決して、米経済が安定したわけではなく、

さらなる泥沼、アリ地獄への助走・・・なんてニュースをロイターで見て、
さらに、アメリカAIGの600億ドルのこげつきをめぐって、
政府が公的資金を出さない場合は、破綻か!な、

これまたイヤナなニュースが流れておりました。

オバマ政権になったもんね~、
公的資金出すやろうか・・・(出してえええ)


ま、そんなことはもう、考えないでおこう。

というわけで、
昨日はしゃぶしゃぶを食べました。

冬の夕食は断然、お鍋が多い我が家でありますが、
そのとき活躍するのが
有次のお鍋なんであります。

これはかつて愛した(えっ)、京都の男はんから、
お誕生日のプレゼントにいただいたものです。

その当時は、エーっお誕生日にお鍋かい?
と一瞬思いましたが、

名前と年号が刻まれているスペシャルなお鍋でした。



いやあ、この男はん、
男前すぎる生粋の京都人でしたが、
カッコいいよね~。
有次のお鍋に名前入れてくれるなんて・・・。


このお鍋を使うたび、彼のこと、思い出します。

いまは素敵な結婚をして、
幸せそうに暮らしてはりますが(くーっ)、

きっとわたしがおばあちゃんになっても
思い出せる人だと思います。

だって、有次のお鍋、一生使えそうなほど頑丈です。

by madamregina | 2009-02-25 10:39 | Diary | Comments(0)

心潤す美味しいもの   

2009年 02月 22日



ひえええ、すいませんっ。
しばしのご無沙汰でございました~。

いやああ、先週はまさに怒涛×100000。

まったくもって、仕事も私生活も
生涯で1、2を争う、崖っぷち週間でありましたが、
ネバーギブアップよ~(ひーっ)

しっかし、そんなゴビ砂漠のようなわたくしのハートを潤してくれるのは、
親しい友や仕事仲間たちの
『負けたらあかんで~エール』なんでありますっ!

エレガントなマスクメロンをプレゼントしてくれた父親のごとき頼れる存在のKさん。

いつもとっておきのスイーツやあっつい気持ち溢れるメッセージカードを送って
くれるCちゃん。

カリスマOL、Nちゃんのど根性&爆笑メールにも救われました。

そうそう。
劇団四季の「オペラ座の怪人」を観て、
その感想を
送ってくれたなんちゃって文豪Yちゃんの、
あまりにおもろすぎる怪人&クリスティーン考察にも

爆笑につぐ爆笑で
きっつい現実を忘れさせてくれましたよっ。

いやあ、ここにご紹介できないのがほんとに残念すぎる、

超傑作巨編「オペラ座の愛人」なのでございました~。


この年になって(って、いくつやねんっ?!)
人の気持ちのあったかさ、つくづく、しみじみ、
感じているわたしです。

みんなほんとうにありがとうねっ!

で、今日はそんな中で、
最近いただいた美味しいもの、ちょこっとご紹介いたしますですよ~。

まずは、長野県松本市開運堂さんの洋菓子部門『パリの5月』』で作られている、
幻惑のチョコレート&ナッツ『ピジュトリー』。

パリの5月って聞くだけで、もう、うっとりでしょう?



香ばしく煎ったナッツをめちゃくちゃ優しい味わいの
チョコレートでコーティングしたピジュトリーは、

ほんと、罪つくりな味わいで、
誰かとめてええええーっと叫んでしまう美味しさです。

カハラのマカダミアンチョコの向こうを張る、
まさに我らがニッポンの垂涎ナッツチョコ。

ピジュトリーって「宝石」という意味だそうですが、
このスイーツは、
10月~5月限定です。

もうひとつは、ひゃああー、いつもらっても超ごきげんになる
こちら。


バッグもボックスも絶対すてられませんっ。


このロゴで、いろんなステーショナリーを作りたいわね~。


もうひとつは、スイーツじゃないけど、
超レアな横浜の中華の老舗
海勝昌(Kai Shou Shou)
のオリジナルXOジャン。



すっごいフレッシュで、もう、貝柱もざっくざく。



ちょい辛目ですが、
新鮮なイカや海老を炒めて、

このXOジャンをからめただけで、
めちゃくちゃ、深い味わいが出ます。

さやいんげんなどお野菜だけで炒めてもいいよね~。


XOジャンといえば、
神戸元町別館牡丹園の王シェフが作る極上XOジャンが世界一美味しいと
思っておりますが、
こちらは残念ながら販売されておりません。


なので、これまでは
「フォーシーズンズホテル香港」の
『龍景軒』のXOジャンを
香港に行くたび、まとめ買いしていたのですが、

もうなくなっちゃったのよね~。

ここんちのXOジャンはほんまに美味しいです。

夏のお気に入りは冷奴。
ちょこっとお豆腐の上につけるだけで、
きゃああーっと感激するぐらい、
極上洗練中華の味が炸裂いたします。

ビールにも合うっ。


同じく香港ではペニンシュラホテルの「スプリングムーン」の
XOジャンが有名ですが、

わたしは、断然FS香港の方が好きだな~。

で、いまは海勝昌のXOジャンがお気に入り。

まあ、そんなこんなで、
激動の1週間でしたが、

魅惑のスイーツをいただき、
美味しいご飯を食べると、

人間、悩みはつきなくても、
元気になれるもんなのでありますね~。

その上、
崖っぷちからの逆転勝利の道さえ、
見えてくるから、うれしいよね~。



★開運堂〒390-0811
長野県松本市中央2-2-15
TEL 0263-32-0506
FAX 0263-33-7223

★海勝昌(Kai Shou Shou)
横浜市中区山下町148(中華街大通り)
TEL:045-681-2694

by madamregina | 2009-02-22 00:09 | Diary | Comments(0)

~ギィ・マルタン美食の世界~   

2009年 02月 17日

注:写真はル・ポンドシェルのHPより

大阪のフレンチレストラン「ル・ポンド・シェル」は
食通の間でも評判のお店ですが、

最近は足が遠のいておりました。

そういえば、2007年12月に、
大林組旧本店ビルに移転してから、
行ってないわね~(涙)。

大林組旧本店といえば、
大正モダニズムの名建築としても有名ですよね~。

さて、そんなル・ポンドシェルで
とっても魅惑的なイベントがあるのを発見!

なんと、同レストランの料理技術顧問のギィ・マルタン氏を招いての
料理フェア「ギィ・マルタン美食の世界」が開催されるのでありますよっ。

詳細はル・ポンドシェルHPのイベント覧を
チェックしてみてくださいね~。

2月18日(水曜)~22日(日曜)まで
パリに先駆けて、春の新作料理がいただけます。

ランチも10500円と、
このクラスのイベントとしては
すっごくリーズナブルだと思いますよ~。


それとは別に、
本国フランスでも
子供の食育に精力を注いでいるマルタン氏ならではの、
こんなイベントも開催されるとのこと。

~親子で学び 楽しむ フランス料理 お食事会~


以下のようにこれまた、素敵な内容ですが、
くーっ。
わたしには子供がいないので参加できないのが
あまりにも残念でございます~。
(友達の息子を借りていきたいっ)



日時 平成21年2月21日 土曜日
11:00受付

第一部 11:30
フランスの食育及びその歴史についてのお話

第二部 12:00 お食事会
 お子様はギィ・マルタンの授業を受けながら食育特別メニューを
親御様は別席にて授業風景をご覧になりながら、ランチメニューをお召し上がり頂きます。


第三部 13:30 ギィ・マルタンと親御様との交流会


料金 ¥15,000 (親子 お二人分)
お料理・お飲物・サービス料・消費税

会場 ルバンケット (ルポンドシエル 2F)

対象 8歳以上のお子様と 親御様



いやあ、もう日程が迫っておりますので、
いずれも定員に達しているかもしれませんが、
ご興味のある方は
直接お店に問い合わせてみてくださいませね。


ちなみにギィ・マルタン氏には
わたくし2度ほどお会いしております。

一度はインタビューで。
そしてもう一度はプライベートなパリ旅行で、
マルタンさんがシェフをされている
「ル・グランヴェフール」でお食事をしたとき。

「ル・グランヴェフール」
パリ、ルーブル美術館の近く、

パレロワイヤルの回廊沿いに佇む豪華絢爛なミシュランの星つきレストラン。



ここでシェフをつとめるのが、
サヴォア出身(スイス国境沿い)のシェフ

ギィ・マルタン氏。

ル・グランヴェフールは
パリのランドマークともいえる

超リュクスな空間です。





ジャン・コクトーやコレットはじめ

世界の要人たちがこぞって訪れた正真正銘の

3ツ星レストラン。

お店の古びたテーブルには、

当時この店を訪れた有名人たちの名前が刻まれています。




ビクトル・ユゴーが好きだった席もありますわよ~(ひゃーっ)

元ミッテラン、シラクさんたちも大好きなお店。

元小泉首相は自腹でここでランチを食べたそうよ。


オーナーはシャンパンメーカーであるテタンジェ。

シェフのマルタンは料理からマネジメントまで

一切をまかされているようで、

その重圧は大変なものだと想像します。



マルタンは、本当に誠実でまっすぐで

とても優しいジェントルマンでした。



「絵を描くのが大好きなんだ。週末は田舎で

ゆっくり庭の絵なんかを書いて過ごすんだよ」



そのせいか、彼のお皿は、色彩が美しく、

芸術的センスに溢れています。



「いつかは、自分の生まれ育ったサヴォアの村で

小さなビストロをしたいんだ。地の素材を使ってね」



なんて話してくれました。

そんなマルタンさん、
素敵なご本も出版されております。
その名も「シェフの哲学」



ル・ポンド・シェルでは
出版記念を祝っての
一夜限りのガラディナーも開催されるよう。

これにはぜひとも行きたいわたくしなのでありますっ!

ああ、誰か連れていってえええ!

by madamregina | 2009-02-17 00:04 | Diary | Comments(0)

春の訪れとランプシェイドの話   

2009年 02月 14日


ちわーっす。

引き続き試練の2月を疾走中のマダ松でございますが

しかしわたくし、負けないわよ~(ひーっ)

本日は山の家、激しい雨が降り続いておりますが(春の嵐?)
こうして、ひと雨ごとに、春に近づいていってるよう。

それにしても、
一昨日は、ほんっとにいいお天気でした。
春の香りをしみじみと感じましたわ~。

長らく葉っぱだけで寂しかった蘭も
こんな可憐な花を咲かせてくれました。


リビングの窓に差し込む光りは確実に春の匂い・・・


春の訪れとともに、カーテンもちょっくら、模様替えしたいわね~と
あれこれ、見てみたものの、
予算オーバーにて即却下。

ま、小物で我慢するかっていうことで、
ローラ・アシュレイのセールで照明器具を5つばかり購入いたしましたっ。

もっちろんセールよっ。
しかも神戸三田のプレミアムアウトレットのローラ・アシュレイの底値セールなので、
激安っ。

「この価格からさらに20%オフ」とかの表示がある商品がわんさかそろっていて、
気がつくと、
ハンテッドマンションのようなシャンデリアと、
ランプシェイドあれこれ、ジュエリーボックスまで
暴走しちゃいましたああ。
といっても、
定価の約三分の一ほどなんで、
かわいいもんよ~。


ローラさんのランプシェイドは、本国イギリスの
テイストを感じさせつつ、

おいらが贔屓のアメリカのインテリアショップPottery Barn
雰囲気もあるので、
かなーり好きなんです。


こちらのシェイドは、2500円ぐらいでした(やっすー)
スタンドは4000円の20%OFFってことで、
総額でも6000円にはならないってどうよ?!

なんとなーく、60年代のアメリカの女優がかぶる
帽子みたいで、気に入ってます。



ひとつは寝室のサイドテーブルの上に。


もうひとつは、ベッド横のチェストに置いてみました。


ほんと安上がりな模様替えでございますわ~。

でもいいの~。
いまは節約のときよっ(わーん)

by madamregina | 2009-02-14 01:05 | Diary | Comments(0)

ゆったりとした休日   

2009年 02月 11日


ハワイから帰国してからというもの、
公私ともに、べらぼうに忙しく、
ほんと息つく間もなく、
マッハ級のスピードで疾走していた激動の日々。

ほーんと気がやすまる暇もなかったわね~(きーっ)

こういうときって、
鏡を見ると、
「ぎょえええーっ。10歳ぐらい老けたんとちがうか?」

と、どんなホラー映画を観るより、
戦慄が走ります(ひーっ)。

でも、
今日は久々の休日。

午前中にお掃除をすませて、
お昼からはゆったりとお風呂に入りましたあああ。


で、お風呂での楽しみに欠かせない、おいらのビューティーセットあれこれです。


TVを見ながらバスタブに入って、
リアルラボのデュアルコンパチブルリキッドクレンジングでマッサージ。


ぐんぐん、お肌の疲れや、毛穴の汚れが取れて、
それでいて、お肌はぷるんぷるん。

お湯でも水でもすっきりと流せるので、ほんとに便利。

シャンプーはその日の気分で
ロクシタンを使ったり、この前のバリ旅行で買ったセントレジスオリジナルの
REMEDEのものだったりいろいろですが、

今日は
ジョー・マローンです。

香りはLime&Basil Mandarin 。さわやかでちょっとビターなバジルの残り香が気に入ってます。




ジョー・マローンは英国生まれで、
バス&ボディ、フレグランスのコレクションが中心ですが、昨年日本の伊勢丹にもショップができましたよね~。


シャンプーの後は
体を洗って、いよいよ

わたしがいちばんお風呂で楽しみにしている洗顔ターイムよっ!

プラスチャージドトーニングウォッシュを
マシュマロのように泡立てて、
ふんわり優しく、でも入念に、顔中のお肌くまなく、洗います。
時間にして10分ぐらい?

いやあ、心に余裕がないときって
洗顔もついついおざなりになりがち。

以前、知り合いのスタイリストさんが、
「お茶碗洗うみたいに、顔を洗ってたら、
ブスになっちゃいますよ~」と言うのを思い出して、
ひええええーっ

きゃああーこりゃ大変だあああーっ
とほんとに心をこめて繊細に洗顔いたしましたともっ。

うわああ、もうそれだけで、
お肌つやっつや。
洗顔したてで化粧水もぬってないのに、
お肌はとっても瑞々しい。

これは、お肌に潤いを与えるヒアルロン酸が
含まれているからなんですよね~。


最後にクラランスのボディスクラブで
ボディに磨きをかけて、終了。



この間、1時間半ぐらいでしょうか。

そしてお風呂上り、お肌の浸透力が高まったところで、

1週間ぶりのディープグローイングマスク。


直前に美容液をシートに染み込ませて使うのですが、
美容液が、こーんなにたっぷり入っています。


そして!
マスクを取ったあと、鏡を見ると、

きゃあああーっ。
びっくりするくらい、
しっとり元気なお肌に蘇っていました~。


そうそう!
リアルラボでは2月15日までとってもお得な
ウルトラ保湿キャンペーンを開催中

わたしももちろん購入いたしましたっ!
まだまだ間に合いますわよ~。

いやあ、今日はどこにも行かない休日でしたが、

なんだかとっても贅沢な気分になれた日でした~。

by madamregina | 2009-02-11 23:58 | Diary | Comments(0)

オーキッズでランチ   

2009年 02月 07日


オアフのベストランチっていえば、
やっぱりわたしは、こちらをあげたいです~。

Halekulaniの「オーキッズ」はいつ行っても、素敵。


PRのAさんとわいわい、お話しながらの
ランチ、すっごく楽しかったです。

最初は、
ダイヤモンドヘッドが見えるナイステーブルを予約してもらってたのですが、
オープンエアなので、風が吹いてかなり寒く、
インサイドに移動しました。

あら、インサイドのテーブルから見える海もなんてきれいなんでしょう。




ほんとはシャンパンでも飲みたい気分でしたが、
なにせ、わたくしは病み上がり(ひーっ)

上の写真のスペシャルドリンクを作っていただきました。

お喋りに夢中で、ほとんど写真撮ってませんが(しかもいい加減にとっててごめんっ)

前菜はAさんがオーダーしたカフクのコーンスープ。
ノースショアのカフクってエビで有名ですが、
ここで採れるコーンも名物だそう。

ちょっといただきましたが、甘くてまったり、とろりと美味しかったです。


わたしはスキャロップのサラダ。


そして少し珍しい料理を。
天ザルならぬ、エビフライざる。
なぜかお豆腐がついていました。



そしてデザートはふたりとも、クリーム・ブリュレ。
美味しかった~。


そういえば、いまからン十年前にHalekulaniに泊まったとき、
オーキッズのオープンエアのテーブルで、
朝食を食べました。

そのとき、ふわりと体ぜんたいを貿易風に包まれました。

その風の、なんて優しく、心地良かったことか。

その瞬間、わたしは恋に落ちたのさ~Halekulaniに。

オーキッズってわたしにとって、初恋のレストランなのよね~。

そういえば、一部の新聞などではすでに1ヶ月以上前から、
報道されていましたが、
4月から日本国内における予約および問い合わせが
オークラから帝国ホテルに変更になるとのこと。

AさんといつものようにあれこれHalekulani談義を炸裂させながら、

今まで以上にきっとよくなりますよね~なんて、
話し合っているうちに、
あっという間に2時間たってしまいました。

Halekulaniやワイキキパークホテルの顧客のみなさんのところへも
案内のエアメールが届いていたことと思います。



4月1日よりハレクラニ、ワイキキパークホテルに関する、
日本国内の予約&問い合わせは、以下にどうぞ。

帝国ホテル ハレクラニ・リゾーツ予約センター
フリーダイヤル 0120-489823
電話:03-3539-1181
FAX:03-3539-8539

by madamregina | 2009-02-07 21:51 | Diary | Comments(0)

久しぶりのKahala   

2009年 02月 05日


SonyOpenが開催されたゴルフコースは
The Kahalaからすぐなんで、
観戦のあと、
久々に訪れてみました。


こんなアーチを通って


あの、ロビーへ。



おじいちゃまが、のんびり新聞など読まれてます。



ああ、なつかしいわ。

マンダリングループだったときは、
取材もかねて、かなり頻繁にステイしていたこちらのホテル。

ヒルトンだった時代にも、何度か滞在していましたっけ。

調度品も趣味いいし、カハラ地区のハイエンドな雰囲気も好きだし、
スパスイートもとっても高級感があって、
レベルも高いし、
かつては、私の中ではかなり好きなホテルでした。


またベトコンですけど、
久々に記念撮影なんかしてみたり。

このチェアも好みだなー。


シェルの飾り方も、趣味いいよね。


何よりもこのホテルには、
この子たちがいますからねっ。
ラグーンに遊びに行くと、すぐにこんな演技までしてくれました~(きゃああ、かわいすぎっ)



そうだっ!
以前プレゼントしていただいて、
すっごく感動した、
あのマカダミアンチョコ
欲しいっと思いつき、

予約してなかったけど、
ダメもとで、聞くと、
少しだけなら・・・ということで、
お土産に買いました(自分用にも)

しかし、この写真でもわかるように、
寒がりのわたくし、カシミヤのセーターをば着とります(ひゃーっ)




そんなこんなで、
ちょっとだけつきあった昔の恋人に再会するみたいな
感じで、
訪れたKahala.

でも、やっぱりわたしは、
今も昔も永遠の恋人、Halekulaniがいいわ~。

by madamregina | 2009-02-05 00:52 | Diary | Comments(0)

Neiman MarcusのLast call   

2009年 02月 03日


今回ハワイに到着したその日に
レンタカーでアラモアナに突撃いたしました。

パーキングするのは、いつものNeiman Marcus側。


ガラスの扉を開けようとすると、
きゃあーっ、Last callの文字よっ。

ニーマンのセールって75%オフとかになるので、とにかく興奮いたします。
LAでもSFでも、ラストコールの時期に突入すると、
お買い物魂に火がついて、
前後の見境なく、そりゃ、
どえらいことになるんですわ~。


しかし、今回は、めぼしいバッグなどは
いまいちなーと言うのしか、残っておりませんっ。
すでにハンターに食い荒らされておりました(きーっ)

しかし、シューズ売り場に行くと、
ひゃああああーっ。
UGGのブーツが半額で売られているではありませんかっ?!

UGGのブーツって、
オーストラリア製の、もっこもこホカホカの
愛嬌ある形のムートンのブーツです。

サラ・ジェシカパーカーも、
リンジーも、
ケイト・モスも履いてた
あのブーツ。

そうそう。キムタクも亀梨君も履いてました。

数年前ぐらいからハワイのノースショアあたりで、
サーファーガールたちが
素足に履いてるのを見かけて、
おっ、かわいい。
冷え症のおいらには、ぴったりだなーと
思っていたのです。

そうしたら、今年は大爆発。
我がジャパンでもよくもこもこブーツ見かけましたが、

ハワイにおいては、
もはや5人にひとりの日本人が
超短いパンツに素足で、履いてましたっけ。

で、わたしが買ったのはこちら。


カラーはブロンズです。
サイズはご覧の通り、ワンサイズでかいです。

でもいいの。半額だから(ひーっ)
日本円にして8000円ほどでした。

日本のサイトで調べると、

たぶんこれ?けっこうなお値段してましたわね~。


亀梨君みたいに(えっ)折り曲げるとこんな感じ。



半額だからもういっちょいっときました。


ちょっとサイズはでかいけど、いいの半額だから。
9000円ぐらいだったし。(ひーっ)


先日さっそくブロンズのブーツ履いてみました。

いやああ、もうめっちゃくちゃあったかいです。

とにかく冷え症のわたし。
いつも冬場お出かけするときは、足用のホカロン貼り付けて
重装備で出かけますが、
UGGのムートンブーツなら、
ホカロンなくても、ほっかほか。
もう熱いぐらいでしたもん。

でも、サイズがデカかったので、
なんか魚河岸のおっさんみたいでした。

そして、ニーマンだけじゃなく、
アバクロもRUEHLも、
ホリスターも大セール突入で、

誰か助けて~おかーさん。
というぐらい興奮しながら、

Tシャツはもちろん、
ヨットパーカーや
お値段4分の1になったカシミヤ100%のセーターやカーディガンなどを

あっちとこっちとそっちで、
買い捲り、
気がつけば、すっかり夜の帳はおりていたのでした。

これが初日ですからね~。

ハワイで急病に倒れたのは、
この日が原因という噂もちらほら(ひえええーっ)

by madamregina | 2009-02-03 00:51 | Diary | Comments(0)