<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

ワイルドベリー収穫と沖縄マンゴー   

2009年 06月 27日




日本脱出前は、
相変わらず疾風怒濤のチョモランマだったのですが、
そんなとき、
わたしの気持ちをやわらげてくれたのが、


今年も裏庭で元気に育ったワイルドベリーと、
いただいた、沖縄マンゴーですっ!

ワイルドベリーの木はトゲがいっぱいで、
収穫もかなり命がけなんですが(大袈裟)、

これだけ取るのも一苦労(ふーっ)


でもルビーのように輝いてます。
ちょっと苦味があって、でもとっても甘いです。
この苦味がクセになるのよね~。
ブルーベリーよりずーっとわたしは好きです。

噛みしめているだけで、
さっぱりすっきり、血液が浄化されるような清涼感があります。




朝食に、沖縄マンゴーと一緒にいただくと、
ひゃああーっ。マンゴーも何て甘いのっ?!
この甘さ、さすが沖縄産ですね~。

でしゃばらない、奥ゆかしい、品のいい甘さです。

グラスに入ってるのが(なぜにプレミアムモルツのグラスなーん?!)
イカリのギャバヨーグルトです。




セレさんの鳥毛さんのガラスのお皿に、とっても似合ってます。

このところ、心身、かなーり弱っておりましたが、
太陽の恵みをいっぱいに受けた、
マンゴーとワイルドベリーをいただくと、


なんだか、体がシャキッとして、
細胞が生き返るようでした。

by madamregina | 2009-06-27 00:00 | Diary | Comments(0)

絶品の海の幸@白浜   

2009年 06月 25日






さて、久々の白浜の旅の夕ご飯は、

地元の人に圧倒的人気を誇る、
白浜の名店「美濃鮨」さんへ~。



友人のひとりがここの常連さんで、
2階のお座敷を予約してくれていました。

めっちゃカジュアルで、ぜんぜん気を使わないお店ですが、
出される料理は絶品です!

お料理のチョイスはその友人にほぼまかせて・・・。

はじめに出てきた鯛の子の突き出しから、やられちゃいました。


この突き出しのうまさに、
助走から一気に爆走へと突入。
(突き出しが美味しいお店は何食べてもOK!のサインですもんね)

地元の人がこの時期必ず食べるという、
まずは「もちがつお!」

その名の通り、もっちもち。
この、ピッチピチ加減、どない?

ニンニクのスライスとしょうがをたっぷりつけていただくと、
絶叫級の美味しさです!



そして!鯖のお造り。

鯖はよほど新鮮じゃないと、お造りでは食べれませんが、
ここのは、もう、助けてえええーおかあさーんというほど、
うますぎて、サバ好きのわたしは、
人さまの分までぶんどって、食べました。

ほんまにたまらん!

血合いのところもサイッコー。ああ、鯖よ、鯖っ!


美濃鮨さんといえば、名物が、手作りいくらの醤油漬け。

わたしは本来いくらは醤油漬けより、
塩の方が圧倒的に好きなのですが、
ここのはちゃいます。

まさに、食べるルビーです。

噛むと、パチっと弾けて、どばーっといくらの旨みが炸裂。

おいしすぎるのよっ。
100キロぐらい食べたいわ~



そして箸休めの、たこのから揚げ。

これまたうますぎーーーーっ。

タコのうまみをぎゅっと封じこめ、
カリッカリのクリスピーに揚げられております。

油っこさもゼロで、めっちゃあっさりしてて、
揚げたてのおかきみたいです。

これも、100皿ぐらいいけそうです。

ビールがすすみすぎます。



流れ子のお造りもいけましたね~。
あわびもいいけど、もっと柔らかで、海の香りが弾けます。

わたしは肝担当(しあわせすぎるわ~)



牡蠣も激うまっ。



このあと、トロやらウニやら、ホタテやらの極上にぎりをいただいて、

ああー美味しかった!

やっぱり白浜の海の幸って、絶品ですね~。
美味しすぎます~。

老後は、白浜に住むかっ?!
温泉もあるしなー。


なんて、かなり本気で考えておるわたくしです。

by madamregina | 2009-06-25 00:00 | Diary | Comments(0)

リアルラボフレンズ増殖中   

2009年 06月 22日



ちわーっす。

わたくし、先週土曜日より、日本脱出しておりますっ(ひぃ)。

そんなわけで、しばらく自動更新での日記でございます。

コメントのお返事遅くなるかもですが、帰国してから、
ゆーっくりと書かせていただきますのことよっ!


さて、この前の週末は、せっかく白浜に行ったのだから!と

女友達を誘って4人でエクシブに泊まりました!


彼女たちとは、中学校時代からのおつきあい。
もう、気心知れてるし
いまさらええかっこする必要もないし、

鎧を脱ぎ捨て、どこまも、

すっぴんで
お互い好きなこといいまくって、
笑い転げて、お腹がいたーい。


まずはエクシブの温泉へ~。

露天風呂から広々とした、サファリパークが望めます。
雄大やね~。

サバンナみたい(えっ)。

ああ、温泉最高!

サウナに入ったり、女4人で
ガールズトーク炸裂させながら、


「ちょっと、もう少し下半身引き締めてよ~」

と言い合ったり。

で、お部屋に帰って、
缶ビールを飲みながら(温泉のあとはやっぱりビールよ~)


わたしがおもむろに取り出したのは、

リアルラボのディープグローイングマスクです!

もう、このマスクにぞっこんのわたくし。
同じ年齢の彼女たちも、

きっと感動するはず!とはじめから自信ありました。

みんなできゃーきゃーいいながら、
「こんなたくさん美容液が入ってるマスクははじめて!」

「このフィット感、すごすぎるね~」

と口々にいいつつ、さあ、準備完了。

べっぴんのみっちゃん。



もう7年もフラダンスに夢中のゆりこは数日前フラの大会があったハワイから帰国したばかり。



同い年とは思えない、プロポーションを維持するユッコは入念に鏡を見ながら。


で、ゆったりとベッドに寝転びながら・・・・
「美容液がどんどん吸収されてるのがわかるよ~」

「ぴーんとお肌がはっている感じがする~」

と早くも絶賛していましたが、



15分が経過して、マスクタイムが終了すると、

全員声をそろえて、

「これ買うわ!」



そして、次は基礎スキンケアの4点を買うよ~と

先日メールがありました!

ま、ディプグローイングマスクの魅力に
一度でも触れたら、
あなたたちがすぐ買うこと、
わかってたけどね~。


でもそこまで即決とはっ(ひぃ)

by madamregina | 2009-06-22 01:00 | Diary | Comments(0)

サファリワールドで興奮の巻~   

2009年 06月 19日



白浜ノアドベンチャーワールドで、
赤ちゃんライオンとスキンシップを取ったあとは、

ケニア号に乗って、サファリツアーに出かけました!

広々とした平原に、野生の動物たちが、のびやかに暮らしています。

草食動物たちが暮らすゾーンをすぎると、
待ちに待った、肉食動物ゾーンです。

ケニア号の窓のすぐ向こうに、

さっそくライオン発見。


ちょっと疲れて、お昼寝しているライオンちゃんもおります。
何か夢見てそうよね~。



ああ、それにしても考えられませんっ。

こんなかわいいちびっ子たちが、
上のような百獣の王に育つとは?!






次は、
アムールトラを発見!
悠々と水を飲んでおります。




あっ、ヒグマだっ!
なんとトリオです!
ご飯の時間みたいですが、なんというか、おっちんしてます。



このポーズまるで、人間のようじゃありませんかっ?!




ユキヒョウもいました。
実に気高く、どこか孤高の人の風情が。



見ると幸せになるという言い伝えがある(シンガポールで聞きました!)
ホワイトタイガーもおりますよ~。じっくり見ておきました。幸せが舞い込むように(笑)



約20分ほどのサファリツアーでしたが、
シマウマ、クロサイ、アフリカン象、
タテガミオオキミやマントヒヒ・・・などなど、

元気な動物たちを目の前で、見れて、
なんだか贅沢な気分でした~。


そして、アドベンチャーワールドといえば、
パンダです!

現在、パンダランドには、7頭のパンダが暮らしております。
これは中国以外では世界一の規模だとか。

館内には、パンダ家系図なるものもあります。


2008年9月に生まれたばかりの、
双子のパンダ、
梅浜・永浜(メイヒン・エイヒン)もずいぶん、成長しておりました。

かわいいね~パンダも!
一日のうち3分の1は寝ているそう。
気持ちよさそうですね~。



いやあ、ほんとに白浜アドベンチャーワールドを訪れるのは、
むちゃくちゃ久しぶりで、
何より動物園にも、長らくご無沙汰しておりましたが、

動物を観察するって、ほんと、めちゃくちゃ楽しく、
最高の癒し効果があることを、再発見いたしました!


アドベンチャーワールド
〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田
0739-43-3333(代表)

http://www.aws-s.com/index2.html

by madamregina | 2009-06-19 01:28 | Diary | Comments(0)

ライオンの赤ちゃんに会ってきました   

2009年 06月 14日


昨日はめちゃ久しぶりに、白浜へ1泊旅行に出かけました!

新大阪からスーパーくろしお号に乗車。


朝ごはんは芦屋大丸で買った、おこわのお弁当。
いやあ、なんか久しぶりの列車の旅で、
心弾みます~。


午前中はちょっと曇り空でしたが、白浜に近づくと青空も見えはじめ、

わああーっ。海だああ。


そして、約2時間で白浜駅到着。

目指すは、「アドベンチャーワールド」です。



そう。目的は先月、5月17日に生まれたばかりの
ライオンの赤ちゃんに会うためです!

なにしろ、わたくし、この世に存在するベイビーの中で、
ライオンとトラの赤ちゃんには目がありませんっ。

彼らをTVで見るだけでも、「きゃーっ」と叫んでいますから。


今回、サファリワールドで生まれた赤ちゃんは、雄一匹と雌が2匹の3匹。



体重は生まれたとき、ご覧の体重でしたが、

ママライオンの母乳ですくすくと育っている3頭の赤ちゃんたちは、
もうすでに、3~4キロの体重になり、
顔立ちも、かなりしっかりとしてきた様子。

来場者たちは、午後1時半から2時半にかけて、
同園内の「ふれあいの里」の裏にある、
芝生広場で、彼らと触れ合うことができます~。

午後1時半にはすでに長蛇の列が出来ていました。


もう、みんな子供も大人も、ベイビーライオンの前では、
「きゃああーかわいいっ!」を連発しながら、
飼育員さんが抱っこした赤ちゃんライオンの頭をなでたり、
写真を撮ったり・・・。とっても幸せそう。




もううううーとにかく見ているだけで、たまりません。

ちょっと眠たげです。でもこの無防備さがもう、かわいすぎるのよーっ。


手はやっぱり大きいです。威厳があります。さすが百獣の王ねっ。



いやああ、それにしても!
もう、かわいらしすぎませんーーーーーっ?!(ぜぃぜぃ)



ああ、ほんとにたまらんっ


一匹が登場している間、もう1匹はかごの中でおとなしく待機しております。


ちょっと疲れが出たのか、お休み状態でしたが、


気がつくと、籠から抜け出して、冒険へ


まだよちよち歩きです。


しかし、飼育員さんに抱かれて、冒険は終了。


さあて、わたしの番が来たので、
触ってみましたっ!

きゃああーっ。もう、毛がふんわふわっ。めちゃくちゃ柔らかくて、
本当に赤ちゃんなんだなーという感触です。

顎の下を触ってあげると、やっぱり猫科ゆえ、気持ちよさそう。


でも、わたしは特に手に愛着を感じてしましましたっ!





そっと肉球に触ると、マシュマロのように柔らかくて、もう一生触っていたいと思いましたわ。



そして、2匹揃って、ツーショットです。
(あと1匹は必ずママライオンのところに置いておかないと、
怒って、育児放棄することもあるそう)


ああ、こんな子が我が家にも欲しいっ。



アドベンチャーワールドでは、
6月中、一般公開予定ですが、
みなさんも、急いで行ってね!

赤ちゃんライオンと触れ合っていると、
もうそれだけで、ただひたすら、癒されてしまいます。

無垢な動物たちと触れ合うことの
喜びを、
何十年ぶりかで思い出したわたくしです。

そして!
久しぶりに訪れたアドベンチャーワールド、
もう、楽しすぎました!

パンダにも会ってきました。
サファリツアーにも行ってきました!

そのルポはまた追って!




■期 間/ 6月中(それ以降は未定)
■時 間/ 13:30~14:30
■会 場/ ふれあいの里 芝生広場
※雨天時は、ふれあいの里1Fで行われます。

■赤ちゃんの体調により、予告なく中止、変更する場合があります。
■詳しくは電話で問い合わせを。

アドベンチャーワールド
〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田
0739-43-3333(代表)

by madamregina | 2009-06-14 01:49 | Diary | Comments(0)

旅の素敵な道連れ~   

2009年 06月 12日



最近、またまたわたくしのお友達の間で、

リアルラボラヴァーが激増しておりますっ!

彼女たちがまず最初にリアルラボの魅力に触れるのは、

トライアルセットです。

これはリアルラボの基本4アイテムが、
たっぷり1週間分入ったセットで、

購入はひとり1セットという、
超レアな限定グッズなんです。


しかも、オリジナルコットン付きよっ!


このコットンは、そんじょそこらのコットンとはまるで違うんです。

もう、その効能がどれだけ凄いかは、
実際使っていただくしか、ありませんが、

これを使うようになってから、
お肌がどんどんなめらかに、
そして透明感も増してきましたっ!!



ぜひとも、今後商品化していただきたい!とせつに願っている、

リアルラボオリジナルコットンファンクラブ会長、
マダ松ですっ。


このセット、ちょっとした旅に連れていくのにもめちゃ重宝で、
お値段も、送料無料で、1260円!という、凄さっ。

わたしはもう100セットでも買いたい気持ち満々なのですが、

悲しいかな、すでに1個購入してしまっているので、
もう、トライアルセットを買う権利は剥奪されております~(くーっ)

先日、このトライアルセットを購入した、
女友達から電話がありました~。

「たった一日で、お肌のトーンが明るくなったのよ~。
ナノプロテインジェルの威力もすっごいねっ。
透明感と潤いもばっちりで、引っ張る、輝く・・と
まさに救世主やわー」

とフルセット購入を決意したとかっ?!

なんかうれしいですよね~。

リアルラボともだちがどんどん増えていくのって!

そんなわけで、
リアルラボをまだ見ぬあなた、

トライアルセットいっとく?!

by madamregina | 2009-06-12 00:48 | Diary | Comments(0)

最高級シャンパン、クリスタル!   

2009年 06月 07日



いやあ、およそこの世に存在するシャンパンの中でも、

わたしが、いちばん愛するシャンパンといえば、

誰がなんといってもクリスタル!なんであります。

もう、なんべんも書いてます、このシャンパンの女王についてはっ?!

しかし、我が人生の中でも、クリスタルを飲んだのは、たった2回だけ。

そのお味はといえば、酸味、コクともにかなり濃厚でありますが、

一口、飲めば、ぱあーっと、果実やハチミツの香りが漂って

一気に現実逃避できるのも魅力!(えっ)



すっきり、ゴージャスで、飲んだあともずっと華やかな余韻が残り続けますねん。


それほど好きだったら、買いなよ!なんでありますが、

まあ、なかなかクリスタルをレジに持っていく勇気はありません。

なにせかなりお高いです。

いえ、それだけではなく、クリスタルって、テタンジェやヴーヴクリコや、

モエロゼや、クリュグやその他のシャンパンのように、

日常的に飲むという、シャンパンじゃないわけっすよ。

わたしの中では、人生で2番目にうれしいことがあった日や、

あるいは、全米いちの(おそらく)お金持ちラッバー、

エミネムにでも、ご飯をご馳走になったときに

遠慮なく、ポンポンと開けるのに、

相応しい、まさに超がつく、最高級シャンパンでして~。


クリスタル好きといえば、

マドンナやハリウッドスターのほとんどがその名前をあげますが、

そんなスターでさえ、

クリスタルが振舞われるパーティと聞くと、

重い腰を上げて、

出かけるってほどの、シャンパン。



クリスタルはご存知、ルイ・ロデレール社のプレミアムシャンパンですが、

1876年、ロシアの皇帝アレクサンドル2世が「他のシャンパンと区別がつく

特別なシャンパンが欲しい」と我がまま発言をしたことにより、

ルイ・ロデレール社が一念発起して、アレクサンドル専用のシャンパンを造ろうと、

オランダのガラス職人に

美しいクリスタルのボトルを特別にオーダーしたのが、

その名前の由来でもあります。

他のシャンパンと違って、ボトルは透明です。

それは当事暗殺を企てる者たちが万一毒薬を入れたりしても、

すぐにわかるように。

また、底が平らなのは、

同じく武器などを隠してテーブルに運ばれたりするのを

防ぐためだったと言われております。

だからいまも光りによる変色を防ぐため・

オレンジ色のセロファンに包まれているのよね~。


いやあ、いかにも大切にされてる感じ、上等さ漂ってますわ~。


さて、前置きが長くなりましたが、

そ、そ、そんな最高級シャンパン、クリスタルを

あるお友達に、プレゼントしてもらったんでありますっ!

きゃああーっーーーーっ!!なんということっ?!

ある日の夜、彼女とご飯を食べて、

2次会に行って、超ごきげんなガールズトークやら、

女の人生について、語り合ったあと、

別れる間際、めちゃくちゃさりげなく、

「はい、これ」

と渡されたショッピングバッグが、なぜかものすごーく

心に響く重さで、

なんやろなーと帰りのタクシーの中で、

開けたいのをがまんしながら、

家にたどりついて、包みをほどくと、

ひえええええーっ。

あの、おいらが、愛してやまない、ゴールドの箱が現われたのでありますっ!

(ぜいぜい。医龍の朝田呼んできてくれー。心臓一時停止状態っ)

ああ、美しいわ。後光が差してるわ。なんて、ゴージャスなのおおおおっ?!


この重々しい、由緒あるロゴに心奪われます~。
このロゴのレターセットが欲しいなあ。


大切にオレンジのセロファンで包まれております。



この女王様の存在感には、胡蝶蘭子も負けておりますっ(ひぃ)




いやあ、こんな高価なもの、いただいて、申し訳ないわ~と
思いつつ、

「クリスタルでも飲んでぱーっと元気出してね!」

との彼女の言葉に、

こんな、心のこもった、

うれしすぎるプレゼントを贈ってくれる女友達がいる幸せを、

しみじみと感じた次第なのであります。


クリスタルといえば、
Nigoさん(牧瀬里歩さんのダンナさん)

の冷蔵庫の中には、ずらーっとクリスタルだらけだったのを、

以前ブルータスで見ましたが、


ヒップホップ仲間の間で、やたら人気があり、

彼らは、何かというとパーティとかで、

1本300ドル近い750ml入りのクリスタルを、

まるで、コロナビアーみたいにそれぞれが一本ずつ

片手に持って、

ガブ飲みするのがかっこいいとされてる模様。


下品よね〜。でもなんか、素敵。

最高級シャンパンって、

それぐらいの気分で飲んだ方がいいのよっ!


とこの先、たぶん、一生クリスタルなんて、飲むことはないだろう・・と

思っていたときは、あちこちで、そんなこと書いてましたが、

と、と、とても、恐れ多くも、こんな女王様を

ラッパ飲み、なんててきるもんですかっ?!


それどころか、その封印は

いつとけるのやら・・・とまったくもって予定がありません(キッパリ)

やっぱり人生で3番目にうれしいことがあったときぐらいに、

ポーンと華やかに開けちゃおうかなーと考えているところでありますっ!


そのときはもちろん、こちらで書かせていただきますわよ~。

ああ、やっぱり、人生、シャンパンよね~



えとちなみに、先ほどエノテカのHPを見ておりましたら、

なんと、クラブルイ・ロデレールなるものがあるとかっ?!

意外に簡単にメンバーになれそうなんで、
いっとく?

by madamregina | 2009-06-07 23:48 | Diary | Comments(0)

シャンパーニュランチはいかが?   

2009年 06月 05日


最近、わたしの周辺の、
シャンパンラヴァーさんたちの間で話題沸騰の、

ホテルで楽しむ優雅なシャンパーニュランチ。

そりゃ人気あるのは当然ですよね~。

だって、
ドンペリやモエシャン、ヴーヴさんたちが
フリーフローでいただけるんですからっ!

少しぐらいお値段は高くても、
充分、その価値はあり。

そういえば、
わたくしのLAの常宿、
ビヴァリーヒルズのペニンシュラのシャンパンランチも
それは素敵でしたっけ。
ああ、またLAいきてー。
ペニンシュラでスパしたーい。



こちらのメインダイニング「ベルベデア」の
シャンパンブランチは、
毎月、シャンパンの銘柄は変わるのですが、
このときはヴーヴさんでした。お料理は一部ブッフェスタイル。


ご近所のマダムさんたちやファミリーの姿もありのどかだったわね~。
中庭のテーブルも午後の光りが入り込んで、
ペニンシュラのボタニカルガーデンのような
グリーンを輝かせておりました。





まあ、そんなわけで、日本のホテルでも
素敵なシャンパンランチはないかしらん?
と思っていたところ、

東京のお友達から耳寄りな情報をゲットいたしました!

ストリングス東京ホテルインターコンチネンタル

のフリードリンクで楽しめるシャンパーニュランチ&ディナーです!

ホテル内のレストラン、
「ザ・ダイニング」で開催される、
Weekend 限定のゴージャスなシャンパーニュランチには、
これまでドン@ペリニヨン、ヴーヴクリコローズラベル(ロゼっ!!)
などが登場したそうですが、

今回は、

ルイ・ロデレールなんですって!

そう。わたくしが愛してやまない、
あのクリスタルを作っている会社よっ。

ルイ・ロデレールは200年以上の歴史を持つ、
家族経営のシャンパーニュカンパニーですが、

約4年もの歳月をかけて、丁寧に作られたシャンパンで、
そのまろやかさとコクとキメ細かな泡が、
とっても上品な、超華やかな味わいのあるシャンパンなんです。


以前カルティエの展示会でのお食事にも振舞われておりましたっけ。

そして、Weekday 限定では、
チャイナレストラン「チャイナシャドー」の
ルイ・ロデレールがフリードリンクになる、

ディナーも用意されているとのこと!

ちなみにこちらはホテルのHPから借用いたしましたが、
ルイ・ロデレールのハレ姿&メニューです。




ブッフェなんてしょぼいスタイルじゃなく、
ちゃんとしたコースでプリフィックスでセレクトできるところが、
優雅ですよね~。

期間は6月1日から8月31日まで開催されているので、
東京に住んでいる方、
ぜひぜひ行ってみてくださいっ。



わたしもこの期間になんとか東京上陸企てております(えっ)


場所: フレンチフュージョンレストラン& バー「ザ・ダイニング」
期間: 2009 年6 月1 日 ~ 8 月31 日
時間: 11:30 ~ 14:30(ラストオーダー 14:30)
料金: 13,000 円(税金・サービス料込)
土曜日、日曜日、祝日限定
予約・問い合わせ ザ・ダイニング 03-5783-1258

場所: 中国料理「チャイナシャドー」
期間: 2009 年6 月1 日 ~ 8 月31 日
時間: 17:00 ~ 21:00(ラストオーダー 21:00)
料金: 18,000 円(税金・サービス料込)
月曜日 ~ 木曜日限定
予約・問い合わせ チャイナシャドー 03-5783-1257


ちなみにシャンパーニュは1 時間30 分フリーフローだそうです。

女友達を誘って、
ぜひぜひ優雅な週末の昼下がり、
過ごしてくださいませ~。

注:ルイ・ロデレール以外の写真は、
LAのペニンシュラホテルです。

by madamregina | 2009-06-05 14:43 | Diary | Comments(0)

マダム庭日記   

2009年 06月 03日


今年も我がガーデンがいちばん元気な季節がやってきました!

今日はちょっと雲行き怪しいですが、
先日、さわやかな初夏の香りがする昼下がり、

テラスでお茶を飲みがてら、写真撮ってみました~。

まあ、ガーデンとは言っても、
我が家の場合、正直、蟻の額ほどの大きさもない、
超しょぼい、庭です。

しかも、ガーデニングを担当するのは
わたしではなく、我がサライな相方。

わたしは水やり係ですが、
最近水道代がやたらと高くなってきたので、
植物たちにやる、水さえも
ケチっている始末で(ひえええ)

それでもグリーンや花の匂いって、
ほんとに癒されますよね~。

毎年、放ったらかしていても、
ちゃんと咲いてくれる、ラベンダー。



ミントやレモンバームも勝手に茂ってくれます。
あたりはすっごいミントな香り充満。



しかし、このミントって意外と使えないのよね~。
あまりに香りにクセがあるので、
サラダとかには向きません(わたしの場合)
生春巻きとかには入れるのですが・・・。

これから夏にかけてはまたボンベイサファイヤのジントニックや
最近我が家で人気の、ハイボール(うまっ)に、
ミントの葉っぱを千切って入れてますが、

もし他に素敵なアイデアがあれば、ぜひぜひ教えてくださいね。

相方渾身の寄せ植えも、それぞれの花たちがだいぶ成長しました。




桃の木もこんな愛らしい実をつけております(食べれないのが惜しいね)


相方お気に入りのクレマチス


お茶を飲むテラスもいろんな花たちが顔見せてくれます。





リビングにはあじさいや最近凝っている胡蝶蘭なども
生息しております。



わたくし、実は胡蝶蘭には、これまでまーったく興味がありませんでした。

なんというか、胡蝶蘭って、
銀座や北新地のクラブの店先や、
開店祝いに贈るお花・・・という

ダッサーなイメージがあったのですが、
これがあああっ!

ひょんなことから安売りの蘭を買ったのがきっかけで、
それをお風呂場に置いてると、
なんだかめっちゃくちゃいい感じなんです。

さらに、いままで訪れた海外のホテルやお洒落なブティックには、
たいてい、真っ白なゴージャスきわまりない、
胡蝶蘭が飾ってあったことも思い出しました。

楽園バリのホテルやハレクラニにもありましたっけ。
それはもう、たくさん!

そういえば、ビバリーヒルズのわたくしが大好きなロデオドライブの
ラルフ・ローレンショップにも
胡蝶蘭が咲き乱れておりましたわね~。

先日訪れた淡路島の奇跡の星の植物園にも、
こんなにも素敵な胡蝶蘭さまがいらっしゃいました。



そんなわけで、ある蘭好きなお知り合いの方に

「人生ン十年ではじめて、わたくし、胡蝶蘭に目覚めましたあああ!~」

とお話すると、

なんと!こんなにも華やかな胡蝶蘭をプレゼントしてくださったのです。



真正面から見るとこんな感じです。



きゃああーっ。

わたしんちのリビング、
祇園か北新地のクラブみたいじゃないっ?!(どこがああ)



いえ、冗談はさておき、
蘭の女王様がいらしてから、

家の『波動」というか
「気」がかなりよくなった気がするのであります。

Iさまっ。本当に、あんなにも素晴らしい、
胡蝶蘭、いただきありがとうございました!
我が家の家宝にさせていただきます。

でも、花が終わってしまったら、
どないしたらいいのでしょうかっ?!

またご指南くださいませね~。

by madamregina | 2009-06-03 17:31 | Diary | Comments(0)

ときめきの東京土産   

2009年 06月 01日


先日東京から神戸にいらっしゃった、
Aさんからのお土産は・・・・


きゃああーっ。
やっぱりラデュレなのでした~。

AさんはParisにもしょっちゅう行かれている
ジェットセッターなのですが、

わたしがマカロン好きだったのを覚えていてくれたのですね~。

おなじみの、ショッピングバッグに、
わあ、なんて素敵なパッケージ!



そして、愛らしく、鎮座する、
宝石みたいな、マカロン。



ひえええ。写真撮ってる間に、
あまりにもパリの香りがしてきたので、
ひとつ、さっそく食べちゃってます(ひぃーーー)

A姫!

本当に本当にありがとうございましたっ!

by madamregina | 2009-06-01 14:04 | Diary | Comments(0)