<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

リゾートでもミネラルチャージ   

2010年 01月 27日





今朝のウォーキングは、粉雪舞い散る中で、きびしーっ。

「おまえなんかに負けないぞー」と叫びつつ(やばい?)前進するのですが、

雪も負けてなかったわね~。つぎからつぎへと私の顔めがけて降り注ぎ、



約50分、極寒の中歩いて、家に帰って鏡を見ると、

まるで「南極物語」のタロ、ジロのように、

雪まみれのなさけなーい顔ではないですかっ?!(ひえー冷え冷えっ)

顔も真っ赤になって、なんだかごわごわよーっ。

この時期のウォーキングはお肌にも大変カコクな試練を与えています。

でも、リアルラボでお手入れすると、すっかり元通りになるんです。

ほんとにリアルラボを使いはじめてから、

冬の乾燥とはまったく無縁。

基本4点のお手入れももちろんのこと、

1週間に一度のディープグローイングマスクがすっごい効果をもたらしていると思うのよね。


とにかくこのマスク、

「ミネラル保湿」と「栄養チャージ」がハンパなく凄いです。


リゾートに行くときももちろん、手放せません。



朝起きてすぐ、寝室からプールに飛び込んだ後、

シャワーを浴びて、マスクタイム。




写真のヴィラは昨年再訪した、バリ島スミニャックのセントーサ・プライベート・ヴィラ&スパです。



そして、ヴィラにあるプールサイドのバレで読書の合間に

昼下がりのマスク。









雪の降る日も、南の島の太陽の下でも、

リアルラボのマスクがわたしのお肌の元気の源ですっ!


いまなら2月28日までの期間中、

リアルラボ商品を5250円買えば、ディープグローイングマスクが
プレゼントされる

乾かない肌へー冬の集中保湿キャンペーン」開催中。

ぜひぜひこの機会に、魔法のマスクを使ってみてくださいねっ!






by madamregina | 2010-01-27 00:10 | Diary | Comments(0)

昼下がりのリビングで   

2010年 01月 22日




このところ、仕事のことで、ムっとしたり、カッとしたり、

あれこれ人とかかわる中で、

「あんたー、そりゃないやろー」

なんて思うことも多々あり、、



そうなるとまたもや血圧急上昇で、あかんあかん、深呼吸・・・と

まずはソファに座って気持ちを落ち着けていたら、

ひえええーっ。ふと見ると、

な、なんと!リビングの窓際にあったハイビスカスが

大輪の花を咲かせているではありませんかっ?!


可愛いわ。


可憐だわ。

たまらんっ。



そんなわけで先日のあのあったかな昼下がり、

カメラ好き爺さんのように、思わず花のアップいってみましたー。



そういえば、あのときの胡蝶蘭子もいったんは枯れ果てましたが、

相方が株分けしてくれて、

昨年より手塩にかけて育てていたところ、

こんなに咲いてくれました。





胡蝶蘭子、あんた、べっぴんさんやねー。



大寒というのに、

春のようなうららかな日差しの中で、



華やかなハイビス子や、


愛らしくイノセントな蘭子を眺めていると、


いつのまにやら、血圧も正常値にもどっているのでありました。

by madamregina | 2010-01-22 00:06 | Diary | Comments(0)

毎朝の相棒   

2010年 01月 15日



先日ツイッターのご紹介をしましたところ、

みなさま、いろいろ遊びに来てくださったり、

フォローしてくださったりで、

ほんとありがとうございましたっ!



これからもツイッターには、

毎日どれぐらい歩いたかとか(自分用の記録に)

仕事の息抜きに、あれこれつぶやいておりますので、

どうぞよろしくお願いしますっ!


それにしてもここ数日の寒さはどう?

大阪でも雪が降ったとか・・・。

でも、

シベリア郡イノ村のシバレっぷりに比べたら、

かわいいもんでしょう。

なにせ、大阪よりマイナス7、8度は涼しいですからねっ。

しかし、そんな激寒の、南極物語ブリザードの日々にも、

わたくし、日課のウォーキングは欠かせませんでしたっ(鼻息っ)



いやあ、このMoriaryty Hatのお陰です。




この帽子は、アメリカ、北東部 バーモント州のストウ(Stowe

という小さな村で生まれた、スキーヤーのための帽子です。

以前、わたくし、アメリカのNew England 地方をあちこちを取材しておりまして、

その頃に、出会った小さなハンドニットのお店で、

ご主人が

「日本からこんなところまでわざわざ来てくれたんだねー。うれしーね」

と大喜びしてくださって、相方とわたしに、2つずつ、このモリアティハットを

プレゼントしてくれたのです。



しかし、この帽子、手縫いだけに、町でかぶるにはあまりに暑すぎて、

これまでほとんど利用することなく、

クローゼットの片隅に追いやられておりましたー。



それが、今回わたしのウォーキングの毎朝の相棒にいきなり、昇格っ。

これさえかぶってれば、粉雪が舞い散ろうと、嵐が吹こうと、

少々のことでは氷像にはなりませぬ。



このイエローのやつは、耳まですっぽりカバーしてくれるので、むっちゃあったか。



さすがハンドニットだけあり、目がしっかりつまってます。だからほっこほこ。



裏はこんな風。



それと毎朝の相棒はこいつです。



何年か前に、LAのノードストロームの靴売り場のセールで、

定価の3分の1ほどの値段で買ったまま、

こいつも寂しく、シュークロゼットで、出番を待っておりましたー。

正式にはランニングシューズなんですが、エアが入ってるので、

まじで、羽を履いたみたいに、むちゃ軽ー。




あ、ちなみに、バーモントのストウといえば、

サウンドオブミュージックでおなじみの、

トラップファミリーたちが故郷のスイスに似ていることから、

亡命先に選んだ地。




ストウには、トラップファミリーロッジというリゾートホテルもあり、

ここには、3回ぐらいステイしましたが、温かさと洗練さがうまく溶け合った、

とても心が落ち着く空間でした。




当事、末娘のマリアさんがまだご存命で、

ゲストはみなマリアさんのお話や、歌を聴くのを楽しみに訪れていましたっけ。

私も何度かインタビューさせてもらったり、ディナーをご一緒しましたが、

どこか突き抜けた人生観を持つ、とても愛らしく、その反面気骨のある、

実に魅力的な女性でした。



真冬にこのロッジに泊まったときは、朝起きると、窓の向こうはいつも銀世界。

毎朝、テラスであっつあつのアップルティをのんでいたことを

なつかしく思い出します。



そんなわけで、


毎朝、モリアティハットをかぶりつつ、


ストウの、針葉樹林に降り続く雪や、

楓の木から取れるバーモント名物の

メイプルシロップの、懐かしいビターな甘さや、

作りたてのアップルサイダーの、最高にさわやかな喉越しなんかを

思い出しながら、一時間地道に歩いているわたしです~。

by madamregina | 2010-01-15 18:56 | Diary | Comments(0)

ツイッター   

2010年 01月 12日


ひええええーっ。

気がつけば、もう1月もほぼ半ば(助けてー)

2月も旅を控えているので、この分じゃ、

秒速の速さで進んでしまうのだろうなーとうなだれておるわたくしですが、

みなさまもようやくお仕事モードに入られたことと思います(えっ、すでに入ってる?すいませんっ)


さて、わたしは新しい仕事の打ち合わせや海外ロケの準備やらで、

慌ただしい日々ですが、

たまにツイッターなどでグチったりして、気晴らししております。




えーっと、ちなみに

みなさまはツイッターされていますでしょうかっ?!


iphone なら移動中もさくさくっと出来そうですが、

わたしはWebからときどきつぶやいてますー。

みなさんとどこかで繋がれば、
うれしーなーなんて。

こちらにご紹介しておきまっす。

どうぞよろしくっ!

(このイラストをクリックしてくださいねん)



By TwitterButtons.com

by madamregina | 2010-01-12 13:17 | Diary | Comments(0)

絶叫の宴@神戸元町別館牡丹園   

2010年 01月 07日


今日は超ウチワ的な内容ですまんこってすが、

あなたをめくるめく最高の広東料理の世界へ~。




いやあ、新しい年があっという間に明けてしまいましたが、

やっぱり、神戸元町別館牡丹園の、


いつもの大好きすぎるメンバーとの、

恒例の、大忘年会の記録を残しておかねばねっ(ぜぃぜぃ)


まじでこの忘年会で出された料理は、

21世紀の歴史に確実に刻まれるであろう(がるぅーっ)

  


まずはかんぱーい。




さあ、超絶、王シェフ渾身のめくるめく黄金料理のご紹介でありますっ!

ざざーっと前菜からいっときますよー。

(そのほか、順不同)

ごく普通に見えますが、他の店とはまったく味のレベルがちがいますからっ


卒倒級にとろんとろん、ぷるんぷるん、激濃厚。
上あごにねっとりとからみつく、最高級ピータンっ。

あおやまさんが、人数確認しつつも、欲望に勝てず、
3個こっそり自分のものにしちゃったらしい(負けたー笑)




「あ、サラミよね」と思ったあなた、甘いいいっーーーっ!
そんじょそこらのサラミとはちゃいますねんっ。

エレガントな脂身に陶然となる神戸元町別館牡丹園(以下別ぼ)が誇る
定番オリジナルなりー。
白髪ネギと合体させていただいても、信じられないほどうまし。
ビールに合いすぎて、困りますねん。



そして、いまや希少価値の噂。麗しい姿のくらげさまっ。
別ぼのくらげは、その歯ごたえと張りとつやに驚愕しまっせー。




ああ、なんでこんなに美味しいのっ?!といいつつ、
王さんからいただいた、ワインもあくよー。

カメラ目線のビューティフォーガールは、
王さんの愛娘マキちゃん。場を盛り上げる天才。





紹興酒もいっとこかー。

もう、グビグビみなさん、とどまるところを知りませんっ。

久しぶりにお会いした、江さんもイタリアの生地で作ったという、
むっちゃパリジャンなジャケットを着ながら、
「うっまいのー」を連発されてます。


で、他にもいろいろ出たと思うのですが、撮影もそっちのけ、
無我夢中で食べて、のんで、喋ってー、

ひえええーっ。しあわせすぎるんちゃうかー(ふんがぁ)


このスープもうまかったよね~。
あ、もちろん、ぴんぴんのフカヒレ入ってますー。





つぎはつぎはーっ(ひひーんっ)
XO醤の海鮮炒め。

がるがるがるー。海老もタイラギもイカも強烈に新鮮で、ぶりっぷり。
くるんくるん。じゅわわわーっと魚介のアミノ酸が充満しておりますっ。



フライドポテトのバスケットをざくーっと広げて一緒にいただきますっ。
あ、XO醤はもちろん自家製なんですけど、
わたしが食べた中で、別ぼのXO醤、世界一ですっ!




ちなみに今回、初参戦となった、北新地の超べっぴんママ、あきちゃんが

わたしの隣りに座っていたんだけど、

「わあ、こんなお料理はじめて食べた。

こんな美味しいのん、生まれてはじめて!」の大感動っぷりで、

およそ世の中の美味しいものはすべて食べつくしているだろう、

北新地の超一流クラブのママ、あきちゃんでさえ、

いまだ未踏の広東料理って、どんだけーと、メンバーさらに鼻息荒しっ。



さらに自分が作ったわけでもないのに、

もううれしすぎて、「ね、美味しいでしょう?美味しいよね~」と自慢100連発なおいら。



ほんまにこんなべっぴんさんがお隣りにいるだけで、

我を失いそうやのに、そのうれしすぎる発言に、もうちょっとで

「ドンペリゴールド1ダースお願いしますっ」と言いそうになりました(なんでやねんっ)


まだまだあるよー。

肉食人種を骨抜きにした、
絶品の神戸牛ステーキっ!(きゃーっーーーーーーーーっ)





もちろん、A5ですが、青山さんの解説によると、

この極上神戸牛は、別ぼの斜め向かいの、

最高神戸牛の仕入れでは右に出るものなし!の超老舗精肉店「森谷商店」さんのやつで、

なんと!皇室にも献上されているとか(すっごーい)

うますぎました。たまらんっ×10000000回

この量で10人前。しかし、殺し合いをすることなく、

誰一人失望を味わうことなく、好きなだけ、食べれました。ああっ!


ようっ!真打登場っす。

もう、これを食べなかったら、一生の損失!まちがいなしの、

牡蠣のお好み焼き。



ベルリンで食べた最高級生牡蠣、ブロンもうまい。

いつも冬になるとパリに牡蠣を食べにいきたいとも思います。

ハロッズのオイスターバーの生牡蠣も大好きだ。


がああああーっ!わたくし、王さんところのこの牡蠣のお好み焼きほど、

おいしい牡蠣の食べ方、この世で知りません(キッパリ!)

死ぬまでに一度食べてください(まじで)


この大和鶏のフライドチキンもうますぎましたー。

気がつけば、みなで奪い合い、姿形はほぼなし。

おいらのところにきたたった一切れ(ひーっ)

ああ、この皮、なんですかーっ?!

さくさくっ、ほろほろっと、そして身は麗しのジューシっぷり。

いやしかし、わたし、もう一生北京ダックはいらん。

王さんところのフライドチキンの皮だけ食べさせてくださいっ(懇願)





もう、ほんまに、出されるお料理すべてが、
別ぼの超人気特級品ばかりでして、

たとえば、まあ、ミュージカルでいえば(なんでやねん)

トニー賞を受賞したオリジナルメンバーの

「オペラ座の怪人」や「レミゼラブル」や「ミスサイゴン」が

一気にメドレーで鑑賞できましたーってほど、

あとにも先にもこれっきりという、あまりにもうますぎる料理の数々。

ほんまに

贅沢すぎるにもほどがあるでしょうーっと歓喜に沸きまくるメンバーたちっ。







そしてそして!えええーっ、まだまだ本日のメインイベントは残されていた。

伊勢えびのオレンジソースの登場よっ!(助けてーっ)



これ何匹分の伊勢えびですかっ?!がるがるがるーっ。
(いえすでにこの時点で、かなりの伊勢えびごろりんが、疾走しております)

正直に言おう。

わたくし、伊勢えびより、断然デカい車海老の方が好きでしてん。

なんというか、伊勢えびって縁起もんやし、

ほら、クリスマスの飾りで形骸化したやつとか、海の家の動くお造りとか(笑)


ま、かように伊勢えびへの期待度はゼロというよりマイナス2000ぐらいに

さめまくっておりましたが、

このお皿を見たときは、動体視力を発揮して、なるべくデカいのを2個ゲット。

口に入れたとたん、ひええええーっ。天井まで飛び上がりそうになりましたー。

なんておいしいのー。

こんな伊勢えびはじめです。本物の伊勢えびってこれほどまでに、

ハートを揺さぶる味だったのね~(しみじみ)

最後に残った2個の伊勢えび、じっと見つめながら、

「あ、いただいとこうっと」とさりげにお箸を伸ばしたら、

ひええーっ殻だけやんかあああーっ!(がががくーっ)

残りの1個をうらめしく見ていると、

隣りのあきちゃんが「さあ、壱子さん、早くこれとって」

て、なんてやさしーの。あきちゃーんっ。

残り福いただいちゃいました。みなさま、ごめんなさい。


しかしっ!メインイベントはこれだけでは留まらなかったのよー(ふぇえええーっ)

一同を絶叫の渦に巻き込んだ、この日のMVPが登場っ!

スタッフがうやうやしく運んできてくれたのは・・・土鍋。





このふたを開けてもらったとたん、一同気絶。

ぎょええええーっ。伊勢えびとはるさめの土鍋スープっ!!!





超大物スターにフラッシュ続出!平岡君興奮。



江さんが「伊勢えびは味噌汁がいちばんうまいっ!」

って言っておられましたが、さすがですっ!


これもいわば、広東料理の味噌汁といってもさしつかえないでしょう。




そりゃああ、もう伊勢えびのエキス&ミソ全開味で、脳天がしびれそうにうまーっ。



あらゆるおいしい店に行きつくしているグルメ番長、橋弥ドクターがつぶやいた、

「これ、今年食べた中でいちばん旨いんちゃうかなー」

の言葉を皮切りに、

江さん、「うっまいのー」と紹興酒をぐびーっ。



淡路島からはるばる高速バスでやってきた、精神科医青山さんも

「うわああーーっ!うっまー、これいままで食べた伊勢えび料理の中で

いちばんうまいんとちがう?」と打ち震え、



あおやまさんも、椅子から転げ落ちそうなぐらい、感動で、笑顔満開、

最後のスープまですすり上げておられ、


元ラガー全日本の平尾君も、慟哭のような感動の声を上げておられましたっ!


いやぁ。マジで死ぬかと思いました。

神戸元町別館牡丹園の、底力を見せつけられたというか、

こんな大物が潜んでいたというか、

どんだけ通っても、まだまだ知らない味があるというしあわせーに

一同、合掌。


もう食べられヘンといいつつ、

豆苗の炒め物が来ると、さささーっとみんなのお箸が伸びて、あっといまに完食。

しかし、この豆苗のシンプルだけど、舌にからみつく、この旨みの正体はなんじゃーっ?!


ああ、もうあかんよーといいつつ、〆に出てきたネギソバ(自家製)のオイスターソース(自家製)

をずるずるーっと白髪ネギとともにいただくと、ほんま幸せすぎますっ。






そしてこの日は少し前にお誕生日だった王さんに

愛娘のマキちゃんがケーキを用意し(やっさしー)

王シェフ、ろうそくの火を消して、一同大拍手!

 



ちなみに、この日のメンバーの集合写真。



2次会はとあるバーにてシャンパン連打。

江さんと別嬪ママあきちゃんと橋弥さんで記念撮影



最後にカンちゃんが、

「ああ、今日は来て良かった!」という一言にほんまに重みがあって、

この宴は、あと1000年続いて欲しいと思ったのでありましたっ!

この日のメンバーはもとより、


王さん、奥様、そしてまきちゃん、

ほんまにほんまにありがとうございましたっ!

いままで生きてきてよかったぁ!と心から思わせてくれた、

最高に愛に溢れた絶品料理の数々、

王さんのお料理は、輪廻転生を信じるわたしが、

つぎに生まれ変わっても、そのDNAにしっかりと記憶されることを確信。

まさに、人生最高の味わいに満ちていましたっ!



ちなみに神戸元町別館牡丹園で

これらのお料理を食べたいわーと言う方がいらっしゃいましたが、

わたくしまでご連絡くだいませね。

みなさまにかわってご予約させていただきます(えっ)

そのかわり、わたくしも一緒に円卓回させていただきますんでよろしく~(ひーっ)

by madamregina | 2010-01-07 01:18 | Diary | Comments(0)

あけましておめでとうございますっ!   

2010年 01月 04日



みなさまっ!

新年明けましておめでとうございますっ!



さて、2010年、みなさまの今年の夢はなんでしょうか?


わたしの夢?あまりにも志、低くて泣けてきますが、

まずは

①血圧を低く、健康に(ひーっ)

②ウエストマイナス7センチ(ぎょえーっ)

③体重マイナス7キロ(がるぅ)



いや、わたくし、気がつけば、山の家に引っ越してからというもの、

この4年で、なんと体重7キロ増加ってどうよどうよ?!

ほんまに頼んどききますよ。


人間メタボになると、血圧や血糖値も高くなり、

成人病まっしぐらーっ。

そんなわけで、意を決して、昨年11月頃より、

毎朝1時間ウォーキング&ランニングを開始しましたあああっ。


いやあ、体重はいっこも減りませんが、

なんとなくボディはちょっどだけ引き締まってきたようです(あくまでわたし基準ですけど)


いままで運動する人をみると、よくもまあ、あんなしんどいことできるよねーと

半ばバカにしながら、半ば激しく嫉妬しながら(ぐふっ)、

なんともいえない、憔悴感を覚えていたのでありますが・・・。


さらに旅先のホテルのジムでもワークアウトしたり、

周辺を走ったりする人を見るたび、アフォちゃうかーとかこれまた

嫉妬まじりに思ったりしておりましたが、

いまようやく

彼らの気持ちがちょっとだけわかったのであります。

人間、ワークアウトすれば、必ず効果があらわれる。

だから続けられるのよね~。

まあ、こんなこと言うと、

アスリートたちからすれば、100万年早いわーと

言われそうですが、

体を動かすと、むちゃくちゃ気持ちいいっ。これは確かです。

そういえば、かなり前の話になりますが、

矢野顕子さんが運動することのプラス面について、

こんなことを言っておられたこと思い出しました。


体を鍛えると、自尊心が高まります


いやあ、自尊心なんてものはほぼゼロどころかマイナスだったわたくしですが、

そういう境地になれば、うれしー限りやーん。


そんなわけで、今年の目標は、毎朝のウォーキングを続けることなのでありますっ!



みなさまっ。今年もどうぞよろしくお願いいたしますっ!

by madamregina | 2010-01-04 02:14 | Diary | Comments(0)