<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

新緑の中国茶会ーBUNZ愉会サロン   

2010年 04月 22日
f0215324_18241931.jpg


先日、4月14日(水曜日)

こちらのブログでもお知らせしました

ドイツジュエリー、BUNZさん主催による、

BUNZ愉会サロン 第一回 「黄安希さんが誘う、翠歓中国茶会」

が開催されましたっ!

f0215324_200111.jpg




場所は、大阪のリーガロイヤルホテルの最高峰スイートのひとつ、

モナークスイート。


f0215324_1934022.jpg



この日、ウエルカムドリンクに選ばれた冷茶は

竹葉青という中国でいちばん最初に摘み取られるという新茶。


f0215324_19184215.jpg


春先ならではの青々とした翠の香りと、

さわやかな苦味もあり、一口飲むだけで、清々しい風が心に吹きぬけるよう。

デトックス効果も望めるとか。

一緒にいただく、ドライフルーツやピーナツとミルクのキャンディも可愛らしすぎましたっ。

f0215324_19271881.jpg


清楚だけれど、どこか饒舌なお花も、黄先生によるもの。

f0215324_19515546.jpg



さあて、イベント開始っ。


まずは、BUNZ日本総代理店代表でいらっしゃる、

青野さんによる、ご挨拶からはじまりました。

シンプルだけど、上質なブラックのパンツスーツが素敵です。

胸元に輝くのは、もちろん、BUNZのジュエリー。

f0215324_19491414.jpg


そして、今回のゲストでいらっしゃる、

素敵すぎる、黄先生ー。

f0215324_19285637.jpg


最初に出されたのは、

清朝乾隆帝時代から献上茶として知られる、

最も高価にして有名なお茶、龍井茶(ロンジンチャ)。

杭州にある龍井村近くには、アマンリゾーツがオープンしたとのことで、

以前から気になっていた場所。

アマンに泊まると、お茶を巡る小ツアーもあるのだとか。

このロンジン茶、

黄先生によると、今年は上海万博の影響もあって、

なんと500グラムで9万円!という高値がついた龍井茶もあるそうです(ひゃーっ)

茶葉はこんな形です。

f0215324_19535463.jpg



その高級茶を、なんとシャンパングラスでいただきます。

f0215324_20185127.jpg


黄先生が、みなさんの前で、

「こうして、少しずつ熱湯を入れて、まわすようにすると、

熱湯を注いでもグラスが割れないんですよ」

と教えてくださいます。


シャンパンでいただくなんて、なんて優雅なお茶だろう。

黄先生とカンパイ。

f0215324_2031281.jpg


どんなお味かというと・・・・

どこか日本の玉露のような香りと、静謐な喉越し、

なんともエレガントなお味です。


一緒にいただく点心も、生きくらげを煮たものなど、この季節ならではのもの。

黄先生手作りの、肉ミソがとっても美味。

f0215324_19385594.jpg


これらは北京ダックに巻く、チュンピンに、

それぞれ好みの野菜を入れて一緒にいただきます。

お野菜は、春ならではの、こちらもデトックス効果の高い、

わさび菜や、クレソン、珍しいウルイ菜など。

f0215324_19565558.jpg


ちなみに、点心とは、心にひとつ点を打つ、

つまり、句読点を打つ、という意味なのだとか。

だからあまり、お腹いっぱい食べるものではないのですね~。


最後に出されたのは、雲南てん緑という、柑橘系の香りを楽しめる、

新茶。

一緒にいただくのはこちらも黄先生の手作りのお菓子、

緑豆ガオ。

緑豆と氷砂糖を練りこんだ、素朴だけれど、

心にあったかい香りを残すスイーツでした。




この日、参加されていた、

BUNZのお客様で、毎日中国茶をたしなむご夫婦が、

しみじみと

「こんな美味しいお茶をいただいたのははじめてです!」

とおっしゃったのをお聞きして、

黄先生によって、選び抜かれた、

今回の新茶の緑茶が、いかに優れたものであるかを再確認したのでした。

この間に、

二湖奏者でいらっしゃる、リン・イーパンさんによる、

中国で愛され続けてきた、名曲の数々も披露されて、

会場はしばし、古き良き時代の中国茶館のような雰囲気に。



参加された方たちは、ほんとにみなさん、

とっても素敵で、ファッションも色とりどり。

チャイナドレスやお着物の方もいらして、ほんとうに優雅で、

スペシャルなイベントでした。

私のブログを見て、参加してくださった方たちもとってもチャーミング。

ご挨拶させていただき、うれしかったです。




黄先生は、上海でオーダーされたという、

グレーのシルクの超かっこいい、チャイナドレス。

うっとり。

美しすぎますっ。

わたくしはレジィーナ・ロマンティコ

グレーのスーツです。

f0215324_2033581.jpg


胸元に輝くクロスのチョーカーは、

この日、特別にBUNZさんからお借りしたもの。

素材は天然のジルコンです。

BUNZのサイエンステクノロジーにより、

ダイヤモンド以上の屈折率を誇る、

すべてのジュエリーを超越するような、

くらくらするような、魅惑的な輝きを放っておりました。

欲しいっ(ひぃ)

カラーは5色ですが、

f0215324_19123661.jpg



私が欲しいのはこちらっ。ネックレスも自由に換えられて、

自分流にアレンジできるのもブンツの魅力です。

f0215324_19131612.jpg



この春、BUNのテーマでもある

白いシャツにアレンジしたい、テンションもすっごく素敵です。

こちらはつなぎ目がいっさいない、

これぞBUNZのクラフツマンシップによる、

テクノロジーの結晶のような、光りの芸術。

f0215324_2035396.jpg




テンションについてはこちらをご覧くださいね。

こちらは、シンボルというライン。これもいいなー。

f0215324_2043135.jpg


BUNZのジュエリーは、シンプルでいて、とってもモダン。

そして機能的でいて、すっごくゴージャスなんですよね。



BUNZの創始者、ジョージ・ブンツ氏の

「ブンツのジュエリーで女性を輝かせたい!」

という哲学に裏付けられた逸品ばかり。


それでいて気軽に買えるお値段のものも揃っています。


イベント終了後、みなさんで記念撮影。

左から、NHKアナウンサーでいらっしゃる、M・Yさん、黄先生、

わたくし、お友達のおケイさんです。

みなさま、ほんとうにありがとうございましたっ!

f0215324_2094641.jpg



ちなみに、この日は、東京からかけつけてくれた友人もいたので、

わたくし、イベント終了後は、

会場のモナークスイートと同じ、プレジデンシャルタワーズ25階のスイートに宿泊いたしましたっ!


これがまた、夢のように、素敵な滞在で・・・。

f0215324_20282057.jpg


f0215324_20273170.jpg


仕事の心地いい疲れも、あっという間に取れて、蘇生!したのでした。



中国茶会のレポは、

東京からわざわざかけつけてくれた、お友達の
yuricoちゃんのブログ


神戸のお友達、ayaさんのブログ

もぜひご覧くださいね~。

by madamregina | 2010-04-22 19:06 | Work | Comments(10)

世界のホテル名門図鑑   

2010年 04月 21日

f0215324_1161621.jpg



どもどもー。

先週は怒涛の仕事週間でして、

ブンツさん主催の「ブンツ愉会サロン」のイベントも無事終了し、

今週は、ふぬけのようになっているわたくし。

しかし、GW前のひと仕事もまだ残っているので、

ここでまだまだ気が抜けないのよね~(ひぃ)


ということで、ブンツさんの中国茶会のゴージャスレポは、

1-2日の間にUPいたしますので、

あとしばらくお待ちくださいませ~。


今日は、つい先日スタートしたばかりの、

H.I.Sによる

ゴージャスな旅のウエブサイト[CLASS ONE]のご紹介です。

CLASS ONEとは、

ビジネス・ファーストクラス航空券とそれらを使ったツアーについて、

特別感のある旅を提供するために誕生したメンバー制の旅サイト。






そこで、わたくし、特集の「世界のホテル名門図鑑」を担当させていただいております。

第一回目のホテルは、

私がこの世で、たぶん、いちばんか、2番目に好きなイングランドのホテル、

Chewton Glen

です。

f0215324_2125389.jpg


ブログに左にも写真を掲載しておりますっ。

このホテルについては、またじっくりとご紹介させていただきたいと思いますが、


まずはこちらをご覧くださるとうれしいです。


このカントリーホテルには、

ヨーロピアンマダム垂涎のラグジュアリー極まりない、SPAがあり、

その温水プールが、宮殿のように素敵っ。


f0215324_1354761.jpg


いままで6回ほど滞在しましたが、

毎回、すっごく新鮮で、いつも新たな感動をもたらせてくれるところも凄い。

こちrの写真は、

スパの極上トリートメント、リンパの流れをよくするボディとフェイシャルマッサージをしたあとの

わたくしです(がるぅ)


f0215324_140349.jpg


ああ、思い出すだけで、もどりたくなります、


あのハンプシャーの静寂の森の中に、佇むチュートン・グレンにっ。


こちらはチュートンの名物総支配人のAndrew Stembridgeと。

これまで数々の世界の名門ホテルで活躍してきた、

筋金入りのホテルマン。

スコティッシュらしい、情熱の塊のような人。

f0215324_141675.jpg


英国紳士たちが集う、バーも、大好き。

f0215324_144728.jpg


こんな長靴を履いて、森をお散歩するのも、英国のカントリーサイドならでは。


f0215324_1461889.jpg



このホテルには、わたしのこれまでの、

イギリスでの旅の思い出がいっぱい詰まってるんですよね~。

早くロンドン便も、通常通り、運行開始になること、願ってやみませんっ。


去年の秋に泊まったのは、こちらのPoacher Suiteです。

かつてのオーナーだった、Mr Skan お気に入りのスイート。

英国の貴族映画に出てきそうな、古き良き、イングランドの面影と、

洗練されたモダンなテイストが融合しているのも魅力。


f0215324_1535369.jpg


f0215324_155280.jpg


f0215324_1563284.jpg


f0215324_1472060.jpg


f0215324_1475584.jpg
f0215324_1482119.jpg



CLASS ONEで日本のツアーに組み込まれたことのなかった、

Chewton Glen とロンドンのリッツに泊まる、7日間のスペシャルパッケージも登場しております。

イギリス好きにはたまらない、すっごく良く吟味された、

ラグジュアリーな英国の旅よっ。

いかがかしらん?



いやあ、ほんとにこうして、

再びチュートンの写真を眺めていると、

行きたくなってきたやんかー。イングランドへっ。

ひえええーっ。

by madamregina | 2010-04-21 01:48 | Work | Comments(11)

食べて、祈って、恋をしてーeat ,pray,love   

2010年 04月 14日
f0215324_114447.jpg



イタリアでは食べまくり、

インドでは瞑想に励み、

バリ島では恋をしたー。

NYアラフォー作家の爆笑スピリチュル体験記

「食べて、祈って、恋をして」



f0215324_190100.jpg



この本、

みなさんはもうお読みになられましたか?



NYに住む、ジャーナリストであり、小説家だった、

エリザベス・ギルバートが、自分探しの旅に出るため、

1年の休暇を取って

イタリア、インド、インドネシアを旅し、その記録のすべてを綴った、

超ノンフィクション。

世界中で700万部突破したベストセラーです。


副題に、「女が直面するあらゆることの研究の書」

と書かれているように、

エリザベス自身が、結婚生活の解消。死に物狂いの恋愛とその破綻。

ズタボロになって、ほぼ、うつ状態ともいえるどん底の気分を味わいつつも、

旅をする中で、

さまざまな人やスピリチュアルな体験を通して、

自分自身を救済するまでを描いた本です。

あの、ヒラリー・クリントンも絶賛とか。






ジュリア・ロバーツ主演で映画化も決定し、

今年、秋には、公開予定とか。

f0215324_17575.jpg



昨日、アマゾンから届いたばかりなので、

まだわたしは、読んでいないのだけれど、

きっと期待を裏切らない内容であることは確信しております。


たとえば、こんな書評。


「ありがたいことに著者がこの旅のレッスンで学んだことは、

まるごとわたしたちにも応用できる」(アメリカ版マリクレール誌)



エリザベスの講演の動画を見つけたのですが、

飾り気なし。しかし、かなりの美人。

そしてずば抜けた聡明さとユーモア精神を持ち合わせた、実に魅力的な女性なのでしたー。


この講演の内容が、これまたユニークで、

何かを創造する仕事を持つ、すべての人々に送りたいことばの洪水です。


興味のある方はこちらでご覧になってね。

ちなみにいちばん上と下の写真は

バリ島のウブド・ハンギング・ガーデンです。

f0215324_1375039.jpg


こちらはまさにウブドの森の中に、

ぽっかりと浮かぶような、その名前の通りのリゾートでしたが、

今回、「食べて、祈って、恋をして」の著者が

最後に訪れるバリ島ウブドにあわせて、

ヒンズー教寺院でのディナーや、

ホーリー・ウォーター(聖水)ウォーターテンプルでの祝福セレモニーなど

ウブドならではのアクティビティが含まれたスペシャル・パッケージを売り出すのだとか。

そのあたり、また追って、

ウブド・ハンギング・ガーデンのとんでもない魅力とともに、

お知らせいたしますっ!

by madamregina | 2010-04-14 01:37 | Diary | Comments(6)

昼下がりのモナークスイートで。   

2010年 04月 08日

f0215324_1233831.jpg



わたくし、いろんな仕事をしております。

ま、メインは、海外への出稼ぎ(もしくはドサ周りっ?)

真面目な仕事もしております(ほんまかっ?)

企業のブランディングのサポートとか、広告制作とか。

いやしかし、いちばん長いのは鉛筆芸者ね。

お座敷がかかれば、

鉛筆一本持って、どこへでもー。

と、ま、早い話が、超肉体労働者ってわけです。

いや、まじでこの仕事、使うのは頭より、カラダですからっ。


ときどき講演やシンポジウムのコメンテーターなんて

お仕事もいただきます。

でも、人前でお話するのは超苦手(ひぃ)



しかし、このたび、とっても楽しい、

司会進行のお仕事をさせていただくことになりました。


リーガロイヤルホテルB1にある

ドイツのジュエリー、BUNZさん

主催の「ブンツ愉会」の文化イベントです。





第一回目は

「[中國茶會]の黄安希さんが誘う、麗しい新緑の中国茶会

4月14日、リーガロイヤルホテルのプレジデンシャルタワーズ(PT)の

モナークスイートルームで開催されます。

(今回はすでに応募は終了しております)



そんなわけで、本日は、会場となるリーガロイヤルホテルの

PTにあるモナークスイートで打ち合わせをしてきました。

f0215324_123152.jpg



PTは 23階~27階の、

63室の特別な客室のためだけに整えられた、

エグゼクティブブロア。

このブログをご覧になった方の中には、

きっとお泊りになった方もいらっしゃるはず。


中でもモナークスイートは関西でも屈指の、

賓客のために作られた、252平米の広さを持つ最高級スイートルームなの。



お部屋の中には、

古代ギリシャ風の柱がたち、

どこかヨーロッパの邸宅のような佇まい。


宿泊料金は、1泊¥350,000(¥404,250) 。ひゃーっ。


執務室もございます~。

f0215324_1501997.jpg





こんなラグジュアリーな空間で、

昼夜と、わずか20名ずつのためだけに、開催される中国茶会。


今回は、


[中國茶會]主宰の黄安希さんをゲストにお迎えして、


黄先生が、特別に中国から仕入れて来られたばかりの、

極上の緑茶を中心に、

新緑の春の匂い立つ中国茶のおいしい淹れ方から、

点心やスイーツとともに、その愉しみ方を教えて頂きます。

新緑の頃に摘み取られる緑茶は、

永遠の力を秘めるといわれる、翡翠のような緑なのだとか。


f0215324_1395012.jpg



きゃあーっ。楽しみっ。



ほんとこんな贅沢極まりない、新緑の茶會が

最高にラグジュアリーなモナークスイートで行なわれるなんて、

なんて粋なことでしょうか?!


このイベントには、実にたくさんの応募があったそう。

私の旧ブログを見て、応募してくださった方たちも多くいらしたそうです。


応募くださったみなさま、ほんとにありがとうございますっ!

そして、今回、当選された人たち、めちゃくちゃラッキーです!


でも、このイベントは2ヶ月に一度開催されますので、

今回、いけなかった人たちも、

ぜひ次回もまた、応募してみてくださいねっ!

次回のゲストは、


これまた素敵すぎる華道家の片桐功敦先生です。

f0215324_14123100.jpg


朝日新聞(大阪府下版)で、

シゼンのカケラ」というお花の写真とエッセイも連載されています。

片桐先生の、桜のシリーズは見るものを圧倒する力と

心の芯がほどけていくような、まるで女神のような優しさに満ちています。



そんな片桐先生が、伝授してくださる、

暮らしの中で、愉しむ、活け花。

これはもう、行くしかないですよねっ。

詳細は、また追って、BUNZのHP上で発表されますので、

こまめにチェックしてみてくださいっ!

お電話やファクスなどの問い合わせは受け付けておりませんので、
ご注意くださいませ

by madamregina | 2010-04-08 01:51 | Work | Comments(6)

はじめてのPink   

2010年 04月 05日
f0215324_14181072.jpg





みなさま、週末は最高のお天気で、

ピンシャン(桜を愛でながらシャンパン)なお花見を楽しまれたことと思います。

ふーっ。わたしは、自宅でじみーに鴨鍋でしたわ(涙)


4月には入ると、急に春らしくなりましたねー。


そんなわけで、写真のスーツいかがっ?

これはレジィーナ・ロマンティコの新作です。

もうすぐ店頭に並びますが、まずはサンプルを着て、お披露目(こんなわたしでごめんやすー)


f0215324_14244885.jpg



しかし、わたしにとっては、Pinkのお洋服なんて、

人生はじまって以来っ。

最初に見たときは、ぜったい私には無理!と思いました。

でもレジィーナ・ロマンティコのオーナーデザイナーの、

阪口社長に言われたこの言葉で、トライしてみようかしらん?と勇気が出たのよね。


「壱子さんにぜったい似合うと思うよ。ファッションって、

新しいジャンルにトライすることも楽しみのひとつやもん。

自分が似合うと思っている服と、人が見て似合うと思うものは違うときもあるしね」


やっぱりええこと言ってくれはります。




そんなわけで、彼女にポンと背中を押されて着てみました。

けっこういい感じ?(またもや自画自賛)

お買い上げ決定ですっ(鼻息っ)


f0215324_1525189.jpg




レジィーナのお洋服を身に着けると、


いつも思うのですが、身も心もシャキーンっとします。

それでいて、超ラクチン。

お出かけしても、ぜんぜんシワにならないし、

お家でお洗濯も出来ます。


さらに、自分に自信が持てる気がします(これ大事よね)

こんなわたしでも、勝手にモデル気取り(ひーっ。ド厚かましいわっ。あなた誰っ?笑)

f0215324_14291818.jpg


ポケットとスカートの裾のフリルがめっちゃキュートです。

でも決してフリフリじゃない、大人のフリル~。



ちなみにこのとき履いてるのは、

NYのセールで買った、マノロよっ。

レジィーナのお洋服とマノロ・ブラニクって相性バツグン。

これからやっとナマ足マノロの季節到来でうれしー。




みなさんも、いままでぜったい似合わないと思っていた

お洋服に一度トライしてみてくださいな。

きっと目からウロコ100億万枚落ちますからっ(ひゃーっ)


f0215324_1532933.jpg



※このスーツの詳細は、こちらをクリック

f0215324_0353810.jpg

by madamregina | 2010-04-05 14:43 | Regina Romantico | Comments(8)

華麗なるアマンの旅 Amankila   

2010年 04月 01日
f0215324_1531323.jpg

































かつてはリゾートというと、ハワイ一辺倒だったわたくしですが、

2年前、生まれてはじめて、

バリ島を訪れましたっ。


いやあ、ハマりました。

バリ島の、あの手つかずの優しい自然と

人々のあったかな笑顔。

癒されました。

ホテルの偏差値も超高いです。

そんな中、私のハートを激しく揺さぶったひとつが



やっぱり、あのリゾートホテルの王者、アマンリゾーツですっ。


で、まず最初にご紹介するのが、

アマンジャンキーのみなさま、御用達のこちら。

この3段のプール、あまりにも有名ですよねっ。

バリの風物詩、ライステラスを模したデザイン。


f0215324_1541329.jpg


バリ島の空港から約2時間あまり、


アマンリゾーツの中でも特に熱狂的なファンが多いことで知られるアマンキラ。


深い山々と真っ青なインド洋に囲まれたこの地は秘境気分もたっぷりで、

バリでいちばんのパワースポットという人も多し。

f0215324_16284714.jpg


切り立った崖にヴィラが点在しておりますが、

f0215324_17514465.jpg


エレベーターはなしっ(ひーっ)

高いお部屋の方は、階段が万里の頂上のように見えます。

でも、エキササイズにももってこいよ(えっ)

f0215324_16394859.jpg


お部屋はミニマル。シンプルながら、極上の空間です。

f0215324_16453892.jpg



f0215324_16485028.jpg



外にはガゼボのようなレストスペースがあり、

ここでお茶を飲んだり、カクテルを楽しんだり。

f0215324_16475229.jpg


f0215324_17503959.jpg





わたしはオーシャンフロントのスイートでしたが、

f0215324_1650338.jpg



阪口社長
は、プライベートプールつきのスイートでした!(負けたーっ)


あの名物の3段ブールにはガゼボがあり、

ここで一日中、読書やシャンパンや、ランチを楽しんでいるカップルがいました。

f0215324_1656225.jpg



でもいつも、2-3組のカップルがいるだけで、

満室になっても、とにかく静か。


午後3時すぎにはアフタヌーンティがサービスされます。

この日はバリ伝統のよもぎとココナッツのスイーツ。

f0215324_171250.jpg


f0215324_1715360.jpg



夜は村の子供たちによるバリダンスがあり、鑑賞しましたが、

これが本格的で、うまくてびっくり。

超キュートっ。

f0215324_17155713.jpg



f0215324_17173297.jpg

中央のこの子が
リーダー的存在だったのですが、
目がよかった。

将来きっと、
素晴らしい踊り手になりそう。


というわけで、

アマンキラレポ、続きます。







f0215324_1734012.jpg


f0215324_17342036.jpg


f0215324_17344064.jpg


f0215324_1735127.jpg


f0215324_17352080.jpg


f0215324_17383355.jpg




コメント欄を開放しましたっ!

承認制を取っております。

みなさんからのごきげんなコメント

めっちゃ、楽しみにしておりますよーっ。


by madamregina | 2010-04-01 17:02 | Aman Resorts | Comments(14)