<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

めくるめくベル・エポックの華麗なる宴@ル・コントワール・ド・ブノワ   

2011年 03月 30日
f0215324_12595194.jpg


f0215324_14411188.jpg



みなさまーっ。

ボンボンジューーーーーッルルルルルー



えーっと、待ちに待った、我らがプリンセスの会、

ル・コントワール・ド・ブノワの泡会の第2弾が先日開催されましたー。


そのときのレポ、いきますわよーっ。

覚悟はいいーっ?

Fasten seat belt !!!!  


(なんでやねんっ笑)

この日の午後は、わたくし、ザ・ロイヤル 

のお仕事で

中之島のリーガロイヤルホテルに行っておりました。

取材を終えて、携帯を見ると、ブノワの総支配人山本さんから着信がっ。

えーっ。何だろう。もしや、本日のお宝シャンパンがどうしても到着せず、

不二家のシャンパンになりましたーなんて知らせかしらん?

ひーっ。なわけありませんけど(泣笑)

ドキドキしながら急いでお電話いたしますと・・・


「松澤さま、本日は、10名のみなさまがすべて揃われてから、

プリンセスルームのドアをオープンさせたいと思います・・・」



きゃああああーっ。そ、そうなんですかっ?

いったい、どんな仕掛けがっ?!

楽しみすぎるー。

ひとり、リーガロイヤルのパウダールームで盛り上がりまくる、オレ。

大至急、今回参加してくださるプリンセスたちに時間厳守よろしくねん、のメールを送信。




で、5時半過ぎに到着。麗しのブノワにっ!

きゃん。
f0215324_13213014.jpg


この境界線をくぐると、もう、Paris だわねー。


ウェイティングルームでみなさんがいらっしゃるのを待っていると・・・

f0215324_13234635.jpg



すでに、東京プリンセスたち2名が到着しておりました!

今回、地震の前に、決定した、この泡会第2弾。

いつものように、わたしの最強の旅友、大好きな ゆりちゃん が

来阪できるスケジュールを調整して、決めたものの、

東京も、大変なことになり、こんなときに、お気楽に泡会なんてするべきじゃないだろう・・・と

わたくし、自身もとても悩みました。

でも、参加予定のみなさんに打診すると、

「こんなときだからこそ、やりましょう!」

というお返事。

さらに、いちばんうれしかったのは、

きっと難しいだろう・・・と懸念していた、ゆりちゃんとお友達のスーパーネイリストの

下前さんのお二人が、

「いまだからこそ、元気をもらいに、大阪行きたいです!」

と言ってくれたことです。


もうー、涙出ました。わし。

それに、わたしたちが、自粛したところで、

いったい誰が得するのか?

それより、少しでも経済を活発化させて、日本を支えることが大事なのではないか・・・

という結論に達して、今回の泡会は決行されることとなったのです。


そんなわけでーーーー。

6時前には、プリンセスたち全員集合で、いまかいまかと舞台の幕が開くのを待っておりました。

おおおおーーっ。

そこに山本総支配人が登場。


「では、みなさま。ここに1列に並んでくださいませ」

まるでディズニーランドのアトラクションのように楽しいではないかっ。

プリンセス一同、すっかり興奮。


そしてえええっ!

ぱーーーーーんっとプリンセスルームこと、特別室の部厚い木の扉が開きましたああああっ!


きゃあああーっ。

なんて、素敵。一同、感嘆の声。

f0215324_1351429.jpg


貴婦人が住むパリ郊外の邸宅にある、ダイニングルームのようです。



この麗しくも気品ある、テーブルは、今宵ベルエポックの夕べのために

山本総支配人が演出してくださったもの。

ああ、さすがのホスピタリティに涙・・・・。

f0215324_1444891.jpg




今日の泡会の主役は、

Perrier-Jouét Belle Epoque

そのベルエポックを造っている、老舗メゾンペリエ ジュエ社が、

今年、2011年3月に創業200周年を迎えるということで、

今回の泡会は、ぜひ、Perrier-Jouétで!と

山本総支配人がセレクトしてくださったシャンパーニュなのです。

そういえば、フランスノシャンパーニュ地方を旅したとき、

エペルネにこちらのメゾンがありました。

くーっ。5回ほど、訪れているのに、

一度もカーヴ見学も行ってないんて!(次回は必ず行くよー)


で、


この日、テーブルの上に、上品にアレンジされたアネモネの花たちは、


ペリエ ジュエのボトルに描かれた白いアネモネの花が有名ですよね。

(よく似た「なんちゃってペリエ ジュエ」みたいなのもありますので
類似品にはくれぐれもご注意くださいませ(笑)



このアネモネの絵柄は、3代目社長アンリ・ガリスが、

当事、親交のあった、アール・ヌーボーの旗手、エミール・ガレに依頼し、描かせたもの。

第一次世界単線の混乱の中で、封印されましたが、

1964年、当事のセラーマスター、アンドレ・バブレが、

エナメル塗料でアネモネが描かれたボトルを発見。

「アネモネはシャルドネの繊細さを表現している」とすっかり感銘をうけ、

シャルドネを主体とした、プレステージキュベをつくりあげる決心をしたという、

逸話を持つボトルデザインなのです。



f0215324_14565859.jpg


そして、1969年、、5年の熟成期間を経て、完成したのが、

ガレが生きた美しく良き時代「ベル エポック」と名づけれた、ペリエ ジュエを代表するシャンパーニュ。

封印された、ガレのアネモネが再び息を吹き返したのでした。

このシャンパーニュは、

その極上の華やかさと繊細さを称して、

「シャンパンの芸術品」と呼ばれているんですってー。



まさに、そんなエピソードを実感できるような、

アネモネのアレンジと、キャンドルの演出です。素敵ーっ。感動っ。

山本総支配人、ほんとにありがとうございますっ!

f0215324_14544734.jpg




いえ、正直に申し上げると、

おいら、あまり、Perrier Jouet Belle Epoque のシャンパンには

なじみがありませんでした。


でも、聞けば、Belle Epoqueのロゼをグレース・ケリーは最も愛したそう。

そして、ベルエポックは

いまもヨーロッパの王室たちから愛され続けている、

本物のアッパークラス御用達のシャンパーニュなんであります。




いやあ。これまでの、おれ。

不覚だった。

イナカモンだった。

成金根性丸出しだった(笑)

いえ、そりゃ、クリスタルも好きですけどね(どっちやねんっ)


今回、Perrier Jouetの 目も眩むラグジュアリーラインが

次々と開けられ、

そして、生まれてはじめて、Belle Epoqueを頂き、

いままでの泡人生、損してたな、と思いました。マジで。



というわけで、続きはまたのちほどーーーー(えーっ)


めくるめく、泡会、ほんっとに素晴らしかったのよー。

今回参加してくださった、プリンセスたちですー!

みなさまーほんとにありがとうございますっ。

また追って、それぞれご紹介させていただきますのことよっ!

f0215324_1521548.jpg



お知らせ

ペリエ・ジュエ社創業200周年を迎えたことを記念し、

「ル・コントワール・ド・ブノワ」では

今回の泡会でも頂いた、

「ペリエ・ジュエ ベル エポック ブラン 2002」を

期間限定で、特別価格にて、楽しめます。

以下詳細です。

期間: 4月1日(火)~4月30日(土)

料金: ボトル一本20,000円(税込み、サービス料10%別)
※ご注文いただいた方に、もれなくボトル一本につき、
ささやかなプレゼントを進呈くださるとのこと。

数に限りがあるので、お早めにご予約くださいね。

これ、かなりの破格でございますよ。

巷のレストランやホテルでは7万円ぐらいで出されているところも多いのよっ。

急げーっ

詳しくはブノワの HP まで。



めくるめくベル・エポックの華麗なる宴Part 2、へと続く

by madamregina | 2011-03-30 12:58 | フランス料理 | Comments(4)

この春、何を着る?   

2011年 03月 28日
f0215324_18154350.jpg


あの日から、2週間と少し。

まだまだ、厳しい状況が続く被災地の現状に、ほんとに胸が痛みます。

でも、うれしいニュースも届いているんですよっ!



宮城県内にある、レジィーナ ロマンティコの縫製工場から、

第一弾の荷物が届きました

工場内は、電気はついたものの、

窓ガラスも割れたままでの作業なのだとか。



工場内のみんなが無事でいてくれて、

不自由な環境の中で、なんとか仕事を再開し、

そして、第一弾の荷物を届けてくれたことに、

オーナーデザイナーの阪口社長も大感激して、泣いておられました。


わたしはちょうど、この日に帝塚山店にいたのですが、


スタッフのみなも大喜びで、笑顔が溢れ、

ほんとにうれしい日でした。

全店で展開している、義援金活動にも、

ほんとに多くの方たちが、ご協力くださっているとのこと。


3月31日まで、レジィーナ ロマンティコでは、

引き続き、全店、全商品を通常価格の20%OFFで販売しています。

その売り上げの一部を義援金に寄付するとのこと。

かなりの金額が集まってきているそうです。


というわけで、

3月31日まであと3日!

おいらの、春のお洋服大作戦も急がなきゃーっ。


写真のワンピース、欲しいのよねー。



f0215324_1813214.jpg



一見、モノトーンのシンプルなデザインですが、

とっても饒舌なワンピースだと思わない?

詳細は 
こちら 



デコルテのドレープがエレガントで、

袖口と裾には華やかなブラックのサテンがあしらわれています。

春ももちろんですが、夏にも大活躍するワンピース。

うしろ姿がきれいなのも、ポイント高いです。


ハレクラニのオリジナルビルディングの前で。




f0215324_1857793.jpg



ハレクラニの、この、コロニアルタッチが大好きなんです。

この棟は、2階は、メインダイニングの、ラ・メールです。

1階は、レストラン、オーキッドとバー、暖炉のあるサロン。

そして、オープンエアのラウンジがあり、

バーは毎日ジャズの生演奏があって、

ハワイというより、ちょっとNYっぽい雰囲気で、スタイリッシュな空間です。

ラウンジはいつも、静寂に包まれていて、

わたしはよく、昼下がりにアフタヌーンティを頂きます。

この階段もいいのよね~。


このスーツは残念ながらソールドアウトなんですが、

わたしのレジィーナのお気に入りトップ5に入ります。

f0215324_1845153.jpg


f0215324_1847174.jpg





えっと、ちなみに、左の指つけている、リング。

ハワイのお気に入りのセレクトショップで見つけた、ブルートパーズです。

ハワイの海のように、クリアなブルーにひと目で、魅せられ、

出たーーーーーーーーーっ。



I'll take it! 

発言。

いえ、カジュアルなお値段でした。


f0215324_1916266.jpg



このリング、いま、いちばんのお気に入り。

ライティングで、ちょっと沈んだ色になっていますが、

ティアドロップのカットに極小のメレダイヤの縁取り。

f0215324_19225425.jpg


このリングをつけていると、なんだか、運気が良くなるような気がしてさ。

久々に、そんな、思い入れのある、(または幸せな妄想?)ジュエリーを見つけて、

うれしい、オレ。


ハワイでは、

ふだんは、こんな格好してました。

(ひーっ、ムリ若ってか?泣笑)

f0215324_18304476.jpg


Tシャツは、おいらの大好きなホリホリスター(笑)


ジーンズのパンツは、ニーマン・マーカスの若向けブランドです(くーっ)

このチェックのネルシャツは、ホリスターのセールで11ドルでゲトしたもの。

f0215324_1833349.jpg


いやあ、マジ、これは日本では出来ない格好でありますね。

したら、逮捕まちがいなしやー(笑)




でも、レジィーナのお洋服を着ると、

気分もすーっかり、レディになりますのことよっ。

ファッションはメリハリが大事なのよねー(デターーーーーー自画自賛)

by madamregina | 2011-03-28 18:14 | Regina Romantico

被災地へのエール from レジィーナ ロマンティコ   

2011年 03月 18日
f0215324_15101562.jpg


レジィーナ ロマンティコでは、

今回の地震で被災された方々へのサポートとして、

義援金活動を実施 しています。



3月末までの期間限定で、

全店舗、全商品を20%Offで販売。

その売り上げの10%を義援金として送るとのこと。



レジィーナ ロマンティコの工場は宮城県内にあり、

なんとか、みなさんの無事が確認されました。

そんな工場のスタッフはじめ被災地の一日でも早い復興を祈りつつ、

1枚でも多くの商品を現地に発注することが

支援に繋がるとの思いではじめた義援金活動です。

わたしももちろん、ご協力しますっ!




その主旨に賛同してくださった、お客様が


「わたしたちも少しでも協力したい!」と続々とお店を訪れ、

春の新作などをお買い求めくださっているとのこと。



阪口社長はじめ、スタッフ一同、

「改めて、レジィーナ ロマンティコとお客様との絆を感じています」

と大感激しています。

そんなわけで、

わたしの友人にも大人気だった、

このスーツ。

こちらももちろん20%オフになりますわよっ!


f0215324_15312982.jpg


詳細は、こちら

先日訪れた、Halekulaniでのいつもの場所で。

f0215324_15324685.jpg


f0215324_15452219.jpg




で、わたくしとしては、

こんな春らしい、ワンピースも欲しいなーと思っています。

華やかなペイズリー柄のラップドレス。

f0215324_1539184.jpg


f0215324_15374461.jpg


詳細は、こちら

ゴージャスなフリルが袖口と裾にたっぷりとついています。

こんな、あまあまなワンピースははじめてですが、

この春、トライしてみたい、ワンピース!

f0215324_15422510.jpg




こんなときだからこそ、

消費活動で日本の経済を活発化させないと(ってこれはいつものことかっ)

by madamregina | 2011-03-18 15:10 | Regina Romantico

東北地方太平洋沖地震被災されたみなさまにお見舞い申し上げます   

2011年 03月 14日

ほんとうに、なんということになったのでしょう。

毎日、TVを見ながら、涙がとまりません。


この度、東北地方太平洋沖地震で被災されたみなさまに、

心からのお悔やみを申し上げます。

現地の惨状を見るにつけ、胸が押しつぶされそうで、

ただただ、言葉を失うばかりです。

レジィーナ ロマンティコの工場も、宮城県内にあるとのこと。

いまだに工場の人たちの安否もわからず、

みんな、すっごく心配しています。

ぜったい無事でいて欲しい。

ぜったい、生きてて欲しい。



被災地の人々が少しでも早く、日常の暮らしにもどられますよう。

いまだ行方不明の人たちが、一人でも多く、一時間でも早く、

救済されますように。


最後になりましたが、

東北地方太平洋沖地震でお亡くなりなられた人たちに、

心からのご冥福をお祈りいたします。

by madamregina | 2011-03-14 11:04 | Diary

緊急報告!  Alfie Boe   

2011年 03月 09日
f0215324_22173421.jpg



えと。


最初にちょっくら、お断りしておかねば・・・。



本日の日記は、超熱い(暑苦しい?)内容になっております。


ちょい、おたく色も濃くなっております。


そんなわけで。


わたくし、恋に落ちました。

見事に!

15年ぶりですわ。マジ。


15年前、わたしの魂をかっさらっていたかに思えた(えっ)

Michael Ball.

彼以上に好きになる人が、この世にいるなんて、

誰が想像した?(いや、わたしだけやけど)


というわけで、

イギリスを代表する超人気テノール歌手、



Alfie Boe に恋して、

Night and Day,アルフィー萌え。

すなわち、要酸素吸入。

医龍の朝田、呼んでこーい状態になっている、おれ。


とにかく出逢ってしまったんだから、もう、後にはもどれない。

恋って、そういうもんでしょう?(笑)

そんなわけで、


わたしがこの世で最も愛する、ミュージカル Les Miserables の

25周年を記念して、昨年10月にLondon のO2 Arenaで、

たった一夜だけ、開催された、

Les Miserables in Concert - the 25th Anniversary


そこで、主役のJean Valjean を演じていた、

Alfie Boe に出会ったのでした。

まあ、レミゼが激しく好き・・・ということもありますが、

BSで放映されたのを見たわたくし。

Alfieの歌う、Bring Him Home に心打たれ。

One Day Moreに、

号泣し

フィナーレに高らかに歌い上げる、輝かしいテノールの声に、

卒倒しました。


Tonny賞なども受賞したすっごい実力派。

One of the most beautiful and sexy voice I have heard ever.

No!

The most beautiful voice in this world

なんでありますっ。(どびつこく、すいませんっ)


Amazing ,so--- oooo looking gorgeous too.





いやああ、もはや、魂も内臓も、細胞も、骨の髄まで

何もかも、かっさらわれましたやん。



わたしは、これまでずっと

この人の声を聴くために生きてきたんだわあ・・・・と、

心底思わせてくれた、


Alfieの、


世界中の愛と安らぎを集めたようなその声に、

しびれるほど感動いたしました。


大スターなのに、

ぜんぜん気取ったとこがなくて、

人柄も、めちゃよさそうです。


えと、ちなみに、レミゼに関して説明しだすと、

もう100日ぐらいかかるので、

ご興味のある方は
我がレミゼ偏愛日記 をご覧くださいませ。


まあ、そのようにして、マンホールにまっさかさまに落ちるように、

falling love しちゃった、AlfieのNessun Dorma(誰も寝てはならぬ)


聴いてみて。

Alfieの親友ともいえる、英国の大人気コメディアン、Matt Lucas。

彼はレミゼの25周年インコンサートで、

テナルディ役で出ています。

そのマットの自宅のキッチンで、

カラオケで、音響も、照明も、ぜんぜんイケてない中、

突如歌い出す、Alfieのその一音に、ひえええーーーっ鳥肌っ。

オペラのアリアをこんな風に、さりげなく、

ジーンズのポケットに少年のように手をつっこんで、

歌う、彼が素敵すぎる。

ますます、好きになるやん(笑)








こちらは、上と同じく、マット・ルーカスの自宅のキッチンで収録した、

ラ・マンチャの男から、'The Impossible Dreamをデュエットする二人。

Mattとの絡みがほんとに可愛くて、

Alfie さま、少年みたいで、いいわ。

ちょっとメタボってるけど(笑)そこもいいいいーっ。



Alfie Boe & Matt Lucas - 'The Impossible Dream'


そして、こちらは、レミズのインコンサートから。


こちらは、レミゼの初代ジャンバルジャンのコルム・ウィルキンソンや

ロンドンキャスト、25周年ツアーのバルジャンたちカルテットによる、


Bring Him Home

このとき、変調して、歌うときのAlfieのつややかであったかくて、

心臓を貫くような、テノールの声に、やられちゃいました。

ロックテイストのある、コルムも好きでしたが

やっぱり、オペラ歌手の底力、すっげーです。

個人的に、これまでのレミゼラブルの歴史を、

Alfie Boe がぬりかえた、とわたしは思っております。

ま、そんなわけで、聴いてちょ。






今年2月にリリースされた、Alfieのニューアルバム

Bring Him Home [Import, from US]
イギリスではTop 10入り。

アメリカでも30位内に入ってるそうです。


わたくし?もちろん、買いましたやーん。

みなさまもぜひぜひ。

絶対後悔させませんっ。

ほんまにええからっ。

Bring Him Home
Bring Him Home
posted with amazlet at 11.03.09
Alfie Boe
Decca (2011-03-01)
売り上げランキング: 2267



こちらは、日本語字幕がついた、レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート DVD

4月8日発売予定です。


レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2011-04-08)
売り上げランキング: 479


あ、そうそう、ビッグニュース。

現在、London のWest End@Queen's Theater 上演されている、

Les Miserablesの舞台に、

今年6月から11月まで、

Alfie、とMatt が特別出演することが決定。

わたくし?

あ、もちろん、チケット買いました。


そして。再びロンドンへ。

Alfie に会いに!


いくわよーっ

いや、Queen's Theaterに何を着ていくかが、問題だ。

やっぱり、お気に入りのこのスーツ、どちらかよねっ?!

f0215324_1371372.jpg



f0215324_1374184.jpg



ちょっと華やかに、シャンパンベージュの

バルンで行ってもいいかな?

f0215324_1401941.jpg












Alfie Boe The Official Site

by madamregina | 2011-03-09 22:16 | Alfie Boe | Comments(5)

ハワイより帰還っ   

2011年 03月 05日
f0215324_1412815.jpg


どもどもどもーっ。

ハワイより帰国いたしましたあ。

しかし、ホント、冬のハワイ線、タービュランスしまくりで、

前半3時間ぐらいは、生きた心地しなかったっす。

何より、飛行機がこわいオレ。

もう、冬のハワイは船で行きたい。

しかし、相変わらず、帰国する日は、ちょっとした引越し荷物さながらになり、

ハレクラニのバレのお兄さんにあきれられましたからっ。

この3倍ありました。

f0215324_1417494.jpg


コンバーチブルじゃなかったら、入ってないわね。


さてさて、今回もハレクラニに入り浸りだったわたくし。

なんと、ノースショアにさえも行かず、

ますます、自堕落一直線なバカンスになってきました。

でもねー。

早朝のハレクラニのプールはほんとに素敵なの。

フレッシュな風が吹いて、ダイヤモンドヘッドが荘厳に輝いて、

パワーが満ちてるっていう感じです。

f0215324_1426932.jpg


f0215324_14293751.jpg


ちなみにこの水着は、現地にて調達@ニーマンマーカス。

上に羽織っているのは、レジィーナの定番大人気商品のトップです。


そして、いちばん上の写真は、

パワーネット素材の、お気に入りの豹柄です。

シワもよらず、小さくたためて、リゾートのワードローブには

欠かせないトップスです。


水着の上にもさくっと着れて、今回のハレクラニでもヘビロテでした。

f0215324_14364372.jpg



f0215324_14382462.jpg



個性的なデザインでシェイプもいい感じでしょ?

お袖のドレープもエレガントです。

f0215324_14502880.jpg


このときと まったく同じコーデですが、


雰囲気ちょっと違うでしょうか?





そして、もう一枚、今回、プールサイドのお供だったのが、

こちらのレジィーナのインポートのチュニックです。

f0215324_1440044.jpg


f0215324_14402815.jpg


このチュニックは蝶々の羽のように、軽くて、

風が吹くたび、ふんわりゆれて、すてきー。

ほとんどが一点ものというのもうれしいでしょ?

わたしはベージュのシックなのを選びましたが、

ターコイズブルーやヴィヴィッドなカラーなど、

インパクト大なビーチで着たい、個性的なチュニックもいっぱい揃っていました。

今回、ご紹介した、アイテム、

これから、南の島にバカンスに行く人にとっては、必需品だと思いますわよーっ、奥様っ。


f0215324_1454576.jpg

by madamregina | 2011-03-05 12:12 | Regina Romantico | Comments(7)