<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

『サンカラ ホテル&スパ屋久島』に行ってきました!(1)   

2011年 05月 27日
f0215324_0485291.jpg



f0215324_0364526.jpg





f0215324_03651.jpg



わたくし、長年の夢をかなえて、

屋久島初上陸して参りましたっ!

しかし、屋久島は雨だったー。

しかも、大雨。

いままで旅した中でも、はじめてといっていいほどの

雨雨雨。

2泊3日とも、ずっと雨(しつこいっ)


どういうことっ?!




でも、不思議なのです。

帰ったばかりなのに、また、すぐ、もどりたい。

あの島に・・・・。

あの深い森と大らかな海に囲まれた、隠れ家、

サンスクリット語で『天からの恵み』という意味を持つ
 

サンカラ ホテル&スパ屋久島 
 に・・・。



サンカラは、『神々の島』と言われる、屋久島への貢献を理念とする、

オーベルジュスタイルのリゾートです。

昨年、3月にオープンし、すでにラグジュアリートラベルを愛する人々の

噂の的。

わが周辺のリュクスなリゾート好き芦屋マダムたちの間でも、

いまや「屋久島のサンカラに行こう!」が合言葉になっております。






屋久島までは、伊丹空港からJALの直行便が出ています。

一日一便ですが、これ、関西からのゲストにとって、ほんとに便利です。

東京からは鹿児島経由ですからね。

伊丹空港から、コミューター(プロペラ機)で1時間半。

あっという間に、屋久島空港に到着。

うわっ。このひなびた感じ、好きです。

どこか、カウアイ島の雰囲気にも似ていますね~。


f0215324_0463575.jpg


空港まではホテルの車が迎えにきてくれます。

混雑時でなければ、一組、一台ずつの送迎。贅沢です。

お迎えの車の中で、サンカラナチュラルウォーターを頂いて、

びっくり。



f0215324_134763.jpg



なんて甘いの!そして、とってもまろやか。


飲めば、すっと心が落ち着き、ひたすら浄化される気がするミネラルウォーターです。

世界遺産の島、屋久島が育んだ、硬度10という超軟水なんですって。

このミネラルウォーターの優しさとまろやかさが、

そのまんま、屋久島の命の水という気がしました。

空港から、約20分でサンカラに到着。

島の南東部に位置し、雄大な山々とおだやかな海に囲まれた、

ほんとに、素晴らしいロケーション。


ロビーの向こうの、インフィニティプールが目に飛び込んできます。

その向こうには、海~。


でも、あいにくの曇りで、残念だわ。晴れてたら、きれいだろうなぁ・・・。


f0215324_17492.jpg



まずはロビー奥にあるラウンジへ。


f0215324_1135462.jpg



f0215324_116988.jpg



サンカラの支配人、長橋士席さんとごあいさつさせていただきました。


長橋さんは、ホテル業界で20年の筋金入りのホテルマン。

今回のサンカラの滞在で、何よりも印象に残ったのは、

スタッフひとりひとりの、素晴らしいホスピタリティー。

ゲストをいかに、満足させ、思い出に残る滞在にしてもらえるか、

という熱意と工夫に溢れ、ほんとに感動したのです!

そんなスタッフの指導はもちろんのこと、

物品の発注から営業まで、ひとり何役もこなす、長橋さんなのです。



f0215324_1304547.jpg



ウェルカムドリンクは、

鹿児島の太陽に育まれた、タンカンの絞りたてジュースとシャンパンで、

ミモザを作っていただきました。



f0215324_117475.jpg


f0215324_1182930.jpg



うぃっ。いただきます~。お洋服はレジィーナ ロマンティコの新作です。


f0215324_1195436.jpg






そして、お部屋へ~。


サンカラは、広大な敷地内にわずか29室のみという贅沢さ。

12棟(2階建て)、24室(53㎡)のヴィラがひとつの村を形成するように点在し、


f0215324_2521555.jpg


高台には、海と森に囲まれた、サンカラ・ヴィラスイートが1棟。

f0215324_223333.jpg



そして、本館にはサンカラ・ジュニアスイート(71㎡)3室とサンカラスイート(126㎡)が1室。

スイートのカテゴリーはスパのマッサージ付き。


客室については、追って、ご紹介しますが、

いずれも、

ラグジュアリーリゾートのリュクス感と温かなバリニーズテイストが共存する

心落ち着く、美しい空間です。

このあと、一度は泊まってみたい、憧れのサンカラスイートや、


地産地消をテーマにした、

見事なフレンチ(これが、もう美味しすぎましたっ)についても、

熱く語りたいと思います。



写真は2階にある、メインダイニング。

屋久島の森の中にぽっかりと浮くような設計です。ライトアップされた夜も素敵!

f0215324_2385738.jpg



サンカラのお食事は、それだけを食べるためだけに、

屋久島を訪れたい!と思わせる素晴らしいものでした。

そこで陣頭指揮を執る、

武井エグゼクティブシェフは、

伊豆のアルカナイズでも料理長をつとめ、その名をとどろかせた精鋭の料理人。


ジョエル・ロブション、トロワグロなど三つ星レストランで修業を積み、

レストラン「ミクニ・マルノウチ」総料理長など、

経歴も華やかですが、そのお料理は、

繊細にして、力強く、とっても優しい味わい。

心身ともに、蘇生させてくれる、力に満ちていました。





この7月には、

サンカラとチバソムのグルメコラボレーション・イベントが開催されます。

スパ・キュイジーヌのパイオニアと言われる、チバソムの総料理長、シェフ・パイサンが、

サンカラでスパ・キュイジーヌを紹介。

サンカラのエグゼクティブシェフ武井氏とのコラボレーション・ガラディナーも開催される予定。

武井氏はすでに、チバソムを訪れ、

シェフパイサンからスパ・キュイジーヌについて学び、

サンカラでの特別イベントのメニューを一緒に考案するそうです。

タイのチバソムにはわたしも2年前に訪れましたが、

お肉もお魚もバターも使う、革新的なスパキュイジーヌに感動でした。



写真は2年前チバソムを訪れたとき、プールサイドで。

f0215324_11264025.jpg


「チバソム」の、スパのエントランス。いつまでも見ていたい心癒される風景でした。
f0215324_11271137.jpg


ヘルシーだけれど、グラマラスなお料理を提供する、スパキュイジーヌの第一人者、シェフ・バイサン

f0215324_11273831.jpg



詳しくは
こちら をご覧くださいませ。




また、タイの伝承医学に基づいた、ハーブ温熱トリートメントをはじめ、

きめ細かな施術とモダンで温もりのあるサービスを提供する

日本初上陸となる、タイの高級スパ「アジアハーブアソシエイション」

垂涎の本場タイ伝統古式マッサージなどをご紹介いたしますわよーっ。



f0215324_2482567.jpg




今回、サンカラの取材でご協力いただいた、

ケントスネットワーク の小原由起子さんの

ブログもぜひご覧ください。

由起子さんが滞在されたときは、

さすが、晴れ女の彼女ならではの素晴らしいお天気だったようです(うらやましー)


ケントスネットワークは、シャングリ・ラホテルズ&リゾーツをはじめ、

ワン&オンリーリゾートや、オリエンタルエキスプレス、

タイのチバソムなど、世界中のラグジュアリーホテルのPRやマーケティングを

手がけているカンパニーで、

ラグジュアリートラベルを提案、発信されています。



わたしが海外取材をするときも、いつも素敵なホテルをご紹介いただいたり、

とてもお世話になっています。


今回、屋久島、そしてその世界遺産の島と共生する、サンカラに行けたことは、

わたしの旅人生の中でも、本当にスペシャルな出来事でした。

そんな、屋久島とサンカラのご縁を作ってくださった、

小原由起子さんに、心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。






f0215324_11532363.jpg

※今回の旅で、レジィーナのインポートのグレースパッツが大活躍。
ハワイでもヘビロテだったトップと。アニマルバッグはもちろん、レジィーナのオリジナルバッグ。





sankara hotel&spa 屋久島 HP

〒891-4402 鹿児島県屋久島町
TEL:0997-47-3488

by madamregina | 2011-05-27 00:22 | Hotel(Japan) | Comments(8)

まだ見ぬMさまからの贈り物   

2011年 05月 22日
f0215324_22373739.jpg



こちらのブログにも、ときどき紹介させていただいている、

東京在住のMrダンディーこと、M さまからの美味しい贈り物たち

先日も、千疋屋の究極のジャムを頂いたばかりでしたが、


そのうれしい気持ちを こちらのブログにアップ したところ、

なんと!お優しいMさまは、

またまた、新たな、千疋屋の、究極のジャムを贈ってくださったのです。


きゃっ。


f0215324_22473134.jpg


つつみ紙をほどくときの、わくわくした気持ち。


小さい頃、父からお土産を買ってきてもらって、

それをドキドキしながら、開けたときの、気持ちが蘇ります。

プレゼントって、ほんとうに人を幸福にしてくれますよね~。



f0215324_22525484.jpg


前回頂いた、究極のジャムは、山形産の極上サクランボのジャムでしたが、

今回は・・・・・・・


f0215324_22542642.jpg


ひゃーっ。大好きな

いちごと、マンゴーです!



千疋屋のジャムは、その果物がジャムとして最も美味しく食べられるように、

果物の種類、産地にこだわりぬいているので、

フルーツの風味が炸裂します。

甘さも控え目なので、果物本来が持つ、自然の甘みや、酸味、

瑞々しさが、わぁっと口いっぱいに広がるのです。


ジャムの王道、いちご、も子供の頃食べたあたたかく、なつかしい味わい。

f0215324_2321787.jpg


果肉もそのまま入っています。ぷっちぷちの歯ごたえもたまらんっ。


f0215324_2335474.jpg



そして、マンゴー。

数ある中でも、メキシコ産ケント種のマンゴーのみにこだわった、とても珍しいジャム。

上品な甘さの中に、ふわっとした南国の香りが凝縮されています。

f0215324_23151246.jpg


女子は、ダイエットのためもあって、ついつい、甘いものを遠ざけがちですが、

糖分を摂取したときの、幸福感は、他の食べ物では埋められない、

大いなる満足感があると思いませんか?

前回、いただいたジャムも、

朝のトーストの時間だけじゃなくて、

真夜中、原稿の修羅場で、ボロンチョになったとき、

一口なめると、思わず、元気になる・・・ということを書いたのですが、

Mさんはきっと、それを覚えていてくださって、

「元気を出しなさい!」と

今回も、究極のジャムを選んでくださったのだと思います。




実はまだ、Mさまには、お目にかかったことはありません。

お電話で数回、お話をしただけ。

でも、その話し方から、温かみと同時に、深い知性と教養と、

大きく包み込まれるような、優しさを感じさせる、ほんとに素敵な方。


わたしが知っているのは、慶応ボーイで、大学時代は、

ヴァイオリンを弾いておられたこと。


父は早稲田ボーイで、かなりバンカラチックでしたが、

慶応出身のお友達は、みなさん、すっごくスマートでお洒落。


だから、子供の頃から、慶応ボーイには弱かったわたくし(笑)

噂では、Mさまはリチャード・ギアに

似ていらっしゃるとか(きゃっ)



そんな、まだ見ぬMさまに、

秘かに憧れている、マダ松なのでした。

きゃいーん。

Mさまっ。

ほんとうに、いつも美味なる、贈り物、ありがとうございます。

by madamregina | 2011-05-22 22:47 | Luxurious Gift

日本初のスパディレクター 河崎多恵さん   

2011年 05月 22日
f0215324_14592131.jpg



写真の女性、素敵でしょう?

日本初のスパディレクター、スパコンサルタントとして活躍する、河崎多恵さん です。

多恵さんは、スパ業界で屈指の、The Day Spa のC.E.O.。

そして、

The Day Spaのフラッグシップである、大阪店、芦屋店を経営するとともに、

スパディレクターとして、日本各地に点在する、

ラグジュアリースパのプロデュース、コンサルティング業務も手がけていらっしゃいます。


たとえば彼女がこれまで手がけたスパを、

こちら でご覧ください。





いま大人気のハイアットリージェンシー東京の 
SPA & WELLNESS Joule



なかなか予約が取れないお宿としても有名な、伊豆北川温泉 望水

HEAVENLY SPA「GECCA」


海外の人からも人気の高い、志摩観光ホテル ベイスイートの

eau SPA by CLARINS


こちらも予約が取れないことで知られる絶景の赤倉観光リゾート&スパ温泉の

Heavenly View Earth SPA by CLARINS

そして、最近わたしが、足繁く通っている、有馬温泉グランドホテルの

CAAZE Organic SPA


などなど。全国で19店舗のラグジュアリースパをプロデュース、運営する、

スーパービジネスウーマン、超必殺仕事人なのです。


f0215324_197304.jpg


The Day Spa は、

スパのプロデュース、マネジメントの他にも、

ハリウッドセレブからその人気に火がついた、

アーユルヴェーダの原理を取り入れた、オーガニックスキンケア、

SUNDÃRI  スンダリや


パリのマダムやセレブリティー御用達のフランスの脅威のスキンケア、

BIOLOGIQUERECHERCHE ビオロジックルシェルなど


美容業界でも高い評価を受けている、本当に優れたスキンケアを厳選し、紹介して

その名を世界に知らしめているスパカンパニーなのですね。




はじめて多恵さんとお会いしたのは、

伊勢志摩プライムリゾート賢島ホテル内の SPA Ocean Breeze

ここはザデイスパがはじめてホテル内のスパ運営に参画した、

記念すべき第一号だったとのこと。


そのプライムリゾートのオープンレセプションにわたしが参加したことが

多恵さんと出逢う、うれしい、きっかけとなりました。


ビジュアルはモデルみたいで、クールビューティの多恵さんですが、

素顔はぜんぜん気取ってなくて、

すっごく楽しくて、とにかくお話が最高におもしろいのです。

それ以来すっかり、大ファンになり、

お付き合いをさせていただいておりましたが、


今年、3月。

多恵さんが手がけられた、

有馬グランドホテル内のカーゼオーガニックスパの

セレプションにご招待いただいて、うれしい再会。

ますますキャリアップされて、

スパ業界でも大きな注目を浴びられている、多恵さん、

いままで以上に輝いておられました。









彼女がなぜ、現在のスパのお仕事をされるようになったか、

そのいきさつについては、

The Day Spaの こちら に書かれていますが、

カリフォルニアの大学を卒業後、

台湾で中国語を勉強していた20代のはじめ、彼女の人生観をも変えてしまう、

スパトリートメントとの出逢いがあったそうです。



それは単に、身体をほぐすだけのものではなく、


子供の頃、母親から感じた、あたたかく、大きく包み込まれるような、安心感。

身体と心が一体となる、深い深い、リラックスする感覚だったそう。


帰国し、その感覚を与えてくれるスパ施設を探した多恵さんでしたが、

日本には、どこにも、心からのリラックスや安心感を与えてくれる、施設がない・・・・

それなら、自分で作ってしまおう!とオープンさせたのが、

The Day Spaなのだそうです。



多恵さんのそんな想いを知って、

The Day Spaのトリートメントがなぜ、そこまで愛され、信頼されているのか。


また、一度行った人はなぜそのほとんどが、リピーターになるのか・・・・。

そのトリートメントの何が、他のスパと違うのか・・・が

わかったような気がしました。

これまでThe Day Spaが運営するスパで、わたしが受けたトリートンメントは

本当に特別なんです。



セラピストのハートが指先から伝わってくるというか、

10本の指、手の平がやさしく、身体のすみずみまで弱ったポイントを探り当て、

いままで経験したことのないような、深いリラクゼーションを与えてくれます。



それは、本当に温かいもので包まれている・・・という

まさに、多恵さんが感じた、

子供の頃、母親に身体をなでてもらったような、限りない安らぎ。


そして、心の底からしみじみと癒され、

新たなエナジーを吹き込んでもらって、

「また明日から、生きていこう!」

と思える、素晴らしいトリートメントなのです。


だから、The Day Spaのtouch は特別なんですね。

そして、わたしは多恵さんの次の言葉に、

彼女がプロデュースするスパが本当に私たちにとって、

必要なものである、と再確認したのでした。



『私にとってスパとは決して高級で敷居が高い施設ではないのです!

私の人生観を変えたあの感動を、

今度は皆様が受けていただきたいと思い願っている場所なのです』





多恵さんのブログは こちら

私について、書いてくださったブログは こちら 



f0215324_1883974.gif
The Day Spa Osaka HP
〒550-0012 大阪市西区立売堀5-3-18
TEL:06-6539-5688 FAX:06-6539-5689
営業時間 11:00〜21:00(電話予約10:00〜21:00)
定休日 なし

by madamregina | 2011-05-22 15:04 | 素敵な女たち

ベル・エポックの華麗なる宴PartⅡ@ル・コントワール・ド・ブノワ   

2011年 05月 20日
f0215324_2348258.jpg


いやあ、もう、すびばせんっ。

ブノワでの、恒例、プリンセスたちの泡会、

麗しすぎるシャンパーニュの宴
第一弾をUPしてからもはや、4億光年。

いえ、2ヶ月もたってしまいました。

しかしっ!

あの美しすぎた黄金の泡の思い出を、やっぱり、残しておかなくてはっ。



f0215324_23563867.jpg



この日の泡テーマは、シャンパンの芸術品と呼ばれる、

CUVÉE BELLE ÉPOQUE PERRIER-JOUÉT
f0215324_021228.jpg


若草色とアネモネの花がモチーフ。

テーブルの上のお花や、クロスも、古き良き時代、ベルエポックの世界観を

演出してくれています。

キャンドルも、ゼリーをシャンパに見立てて、底のほうがうっすらと若草色になっているという

懲りよう。うっとり。


f0215324_12403.jpg




f0215324_0592865.jpg





さあ、黄金の宴のスタートよ。

1本目

PERRIER JOUÉT・Grand Brut (NV)

総支配人の山本良樹さんがついでくださいます。


f0215324_029446.jpg




きゃーんっ。


それぞれ名前が書かれたメニューを見ながら、泡会早くも、

クライマックスへ向けて、ジェットエンジン全開っ。
f0215324_063833.jpg


いやあ、それにしても

まだ日の明るいうちから、いただく

ゴージャスシャンパーニュほど、心とかすお酒が、この世にあるかね?





いえ、ないっす(キッパリ!) 


前菜は、こちら。サーモンのマリネ”クラブラックス” 神戸・六甲弓削牧場のフロマージュ・フレと
f0215324_016573.jpg


あら、サーモンのマリネ?意外と平凡よね。

と思ったあなたっ!

ブノワのサーモンのマリネは別格でっせ。

弓削牧場のフロマージュをつけていただくと、

ヒエエエえええええええーーーーーーーーっ。


PERRIER JOUÉT・Grand Brutと最高のマリアージュ。

さすがであります。

プリンセスルーム(別名特別室)では、

カトラリーの音と、みなさんのお喋りで、最高に幸福な波動が充満しております。

いいねっ!


次のお料理は、Jさまのおすすめで頂いて以来、だーいファンになった、

ブルゴーニュ産エスカルゴハーブバタークルトン


今回、プリンセスの会にぜひとも!とリクエストをお願いした一皿です。
f0215324_025244.jpg


ちょっとたこ焼き風のビジュアルが、お茶目ーーーー。

しかし、やばい、やばすぎる。

これ、ほんっとに美味しすぎますねんっ。

まずは山本総支配人が、エスカルゴ専用のフォークでプルンと回して、


みなのお皿にサーヴしてくださいます。


うまうまうまーーーーーーっ。

こりこりっぷりっぷりのたエスカルゴが、さすが、おフランスざんすっ!の

濃厚なる貝の味わい。

さらに、上質なバターとクルトンの2重奏が、

舌の上で、官能的なまでにとろけます。

たまらんっ。100個でも食べたいっ。

これ、マジで食べたことない人は、

ぜったい人生、損していると思われますので、

ブノワで、ぜひともオーダーよろしく(笑)


さて。

2本目は
PERRIER JOUÉT・Blason Rosé (NV)

すっきりと爽やかで、なんとも上品なお味であります。



で、これまた、リクエストさせて頂きました、
フォワグラのポワレ未熟ブドウのソース

f0215324_0463029.jpg


もう、ブノワのフォアグラは、やっぱり、王道的ひと皿だと思います。

これ、食べなければ、はじまりませんからっ。

好きすぎるーーーーっ。

思わず、お隣りのゆりちゃんや、Jちゃんたちの、フォアグラの大きさや分厚さを横目で

計ったりして・・・(いやしすぎるねんっ)


ここで3本目抜栓。


このあたりで、宴も、もはや桃源郷の気配すよ。

山本総支配人も一緒に、かんぱーい。
f0215324_1111269.jpg





しあわせやね。



紀州赤鶏のブランケット 黄色ワイン風味 春の小さな野菜添え

ストウブにかわいく入っております。
f0215324_1302433.jpg


フレンチといえば、ブレス産チキンであります。

わたくし、Parisのアラン・デュカスで頂いたブレス産のチキン、一羽丸ごとの

お料理が忘れられませんでした。

卒倒級、絶叫級の美味しさでしたねー。

我が食い意地人生の中でも、トップ10にランクされる、

かしわ(笑)の概念をコペルニクス的に、覆した、驚くべき味だったのです。


あとで、お勘定書きを見たときも、卒倒級の高さでしたけれど(ひーっ)

しかし、ここは大阪。

加えて、ブノワのテーマはテロワール。

出来る限り、地産地消をよしとしていらっしゃいます。

そんなわけで、ブノワで出される素材は、必ずしもフランスの空輸に

頼るのではなく、

関西地方で、採れる、野菜や、魚、お肉などを

アラン・デュカス自らが生産者と対話しながら、

選び抜いた、黄金比率を持つ素材ばかり。

チキンも例外ではありません。

この紀州赤鶏は、ブレス産に勝るとも劣らないと評価された、

大変光栄なる鶏さまなのであります。


いや、講釈が長くなりましたが(ひー)

紀州赤鶏、ほんとにどこまでもテンダーで、味わい深く、

まったりと心に記憶されるお味でした。合掌。





ほんと、人生、

こういう時間があるから、また、明日から生きていこう、という気にもなるのでありますのよ。


と幸福にしみじみと浸っておりましたら、


きゃああああああーーーーーーーーっ。


本日のクライマックスーーーー登場っ!


PERRIER JOUÉT・BELLE EPOQUE Rosé (2002)

お値段を聞いて、椅子からずり落ちそうになりました。

おケイさまはじめ、みんなで拍手喝采。


f0215324_1215236.jpg


ぜぃぜぃっ

血圧、一気に500に、急上昇っ




山本総支配人も、重々しく、芸術品のようなボトルを持って来られました。


f0215324_11753.jpg



こんなお茶目な一面も、素敵ですね~。

f0215324_1193045.jpg





が、ひとりひとりにつぐ、その姿のカッコいいこと!
f0215324_124623.jpg




シャンパンを開け、そしてグラスについでいく、一連の動きは、

ある種の美しい様式美に溢れております。

みんな、そんな山本総支配人をうっとりと眺めております。

まさに、舞台の上のシェイクスピア俳優さながらねっ。

フレンチって、こういう儀式が、あるから、贅沢よね。

そして、再び、

この夜、集まったみんなの幸せを祈って、

かんぱーい。


f0215324_1262758.jpg


f0215324_295564.jpg


もうねっ。

さすが、かのグレース・ケリーを虜にした、気品溢れるシャンパーニュでございます。

こんなにゴージャスでいながら、

可憐で、爽やかで、優美なロゼってあるかしら?

毎日のみたい(殴)

いや、毎日飲めるような、わしになりたいっ。


と、わたくしのシャンパンワールドの、

新たな扉を開けてくれた、逸品でありました。





そして、最後のデザートは、


イチゴのスープとフロマージュ・ブランのソルべ

f0215324_1434554.jpg


はっきりと、うまいっ
f0215324_1452940.jpg


と、このあたりで、ようやく、浦上チーフソムリエが登場されましたっ!

メインフロアが大忙しいだったそうです。
f0215324_1465624.jpg





東京からKちゃんと二人で来てくれた、ゆりちゃんとかんぱーい。

ほんとうにありがとうっ!!

しかし、おいら、最前線で顔でかーーーい


f0215324_1484811.jpg


ここで、プレゼントターイム。

浦上チーフソムリエが

「ジャンケンで、勝った人、たったひとりだけに、秘密の贈り物があります」

で、勝ち残った、ジャンケンの女王が、ayaさんっ。

わあーーーーーーー。

ベルエポックのロゼ用、ボトルクーラーです。

f0215324_1534440.jpg



これです。素敵でしょう?欲しかったぜ。
f0215324_1541863.jpg


しかしっ!ジャンケンで負けた人たちにも、

ちゃんと山本総支配人は、うれしいプレゼントを用意してくださっていたのですよ。


きゃーーーーーーっ。

ペリエジュレのボールペンです。

爽やかな若草色です。

f0215324_1561832.jpg



で、

アンコール劇場(笑)で登場されたのは、

今宵の真打、大東シェフ!

f0215324_157586.jpg


はじめて会われる方も多く、

それはもう、フラッシュの嵐。

「あら?歌舞伎役者さんのようにオトコマエね」

なんてひそひそ話しも聞こえて参りました。


というわけで、記念撮影させていただいたのが、

トップの写真です。

もういっちょ、これも。


f0215324_1593814.jpg



それにしても、本日の泡会で、うれしかったのは、

レジィーナ ロマンティコ のお洋服を着てきてくださった方が、

3人もいたことですっ!


どう?

f0215324_212636.jpg


左から、レース柄のジャケットと黒のバルーンスカートのYちゃん。

写真ではちょっと色が違って見えますが、

グレーのスーツのジャケットだけを着ているayaさん。わたし。


そしてタツノオトシゴスーツのジャケットとYちゃんと同じ、バルーンスカートのJちゃん。

みんな、素敵ですっ。

しかしー、YちゃんとJちゃん、すらっと背が高すぎ(笑)。

ほんとうにこの日集まってくださったみなさま、

ありがとうござました!

そして、この日、頂いたシャンパンたち。

f0215324_272097.jpg






     nv Grand Brut
     nv Blason Rosé
     2002 Belle Epoque Blanc
     2002 Belle Epoque Rosé





この日のことを書いてくださったゆりちゃんのブログはこちら

ayaさんのブログはこちら

マダ松の『めくるめくベルエポックの華麗なる宴Part 1』 は こちら

最後になりましたが、山本総支配人へ。

ほんとうに、今回の泡会も、素晴らしい思い出となりました。

みんなの心に、アネモネのあのお花や

ベルエポックの優雅なる味わいが

いつまでも記憶されることと思います。

f0215324_220642.jpg


久々にコメント欄を開放いたしましたのことよ。
日々1000人弱の人たちが見に来てくださっているこのブログ。
ほんとうにありがとうございます。

どうぞ、恐がらず(笑)はじめての方も、気軽にコメントしてくださいませね。
今後ともどうぞよろしくです(ペコリっ)








ブノワからのお知らせ
『ル・コントワール・ド・ブノワ 大阪』 HP
◆大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼブリーゼ33F
◆06-6345-4388

「大東料理長 2011年度料理教室 7月度開催のお知らせ」
2011年度も開催しております「料理教室」
本年度は更に皆様によりご満足いただけるよう、実習・実践内容を増やしてご案内しております。
その第2回を7月に開催いたします。

●料理教室開催日程(7月度)
日時: 7月4日(月)、6日(水)、12日(火)
    いずれもAM10:15集合/AM10:30スタート (14:00終了予定)
料金: 8,800円(税金/サービス料10%込み)
     ※料金にはレシピ・セミナー料、およびランチコースとワンドリンクが含まれます。

●ご予約受付について(7月度)
日時: 6月1日(水) AM10:00より
TEL: 06-6345-4388
定員: 各回24名様まで
お席に限りがあります。ご予約はお早めに!!

by madamregina | 2011-05-20 23:48 | フランス料理 | Comments(6)

BRの豪華リフティングフェイシャルをプレゼントっ!!   

2011年 05月 16日
f0215324_12285347.jpg



みなさまーっ。

ぜぃぜぃっ。

このブログでも何度か、ご紹介させて頂いている

セレブ御用達の脅威のフランスのスキンケア、

BRこと、ビオロジックルシェルシュ

本店がある、パリのサロンでは、

BRを使用した、フェイシャルトリートメントも受けられるのですが、

中でも、仏マダム垂涎、1週間に1度は受けるという、

リフティグリンパフェイシャル。

このトリートメントに、

話題のリフティングマシン、リモデリングフェイシャル20分。

さらに、

バックトリートメント30分を含めた、

合計¥37,300分のトリートメントが当たる、

BRプレゼントキャンペーン 


がスタートしたんですよーーーーーっ。(鼻息っ)




しかも、Twiiterでつぶやくだけよっ


わたくし、松澤のBRリフティングリンパマッサージ体験記は こちら。

フランス発、脅威のスキンケアBiologique Recherche


フランスマダム垂涎!のフェイストリートメントBiologique Recherche 



これお読みになれば、

ぜーーーーーーーったい、

このプレゼントをゲットしたいっ!

と思うわよー。



応募方法や、詳しい内容については、

BR総代理店である、 The Day Spaの HP をご覧になり、

こちらから、エントリーしてくださいませー。


このHPには、BRのプレゼントの他に、



【ザデイスパの3時間パッケージ】が当たる、プレゼントキャンペーン



も同時に

開催されています。


f0215324_13134222.jpg




こちらの内容も、凄いよ。


The Day Spa大阪店にて、

ボディトリートメント90分

フェイシャル60分

ヘッドorフット30分


という、垂涎、卒倒級の3時間パッケージ(¥28000)をプレゼント。


The Day Spaのタッチは、ボディ、マインド、スピリッツのすべてを

心から開放させてくれる、

魂の奥深くまで届く、素晴らしいタッチ(tochi)のトリートンメントなんです。

まさに、ヘブン、桃源郷の世界よっ。

BR,TDSともに画像をクリックして頂いても、

プレゼントキャンペーンのページに飛びます。





BR,TDSのTwitterもぜひ追っかけていてくださいね。

このブログの左バーのアイコンをクリックしていただればOKです。


みんな、急げーーーーーーっ!



GOGOGO!!

by madamregina | 2011-05-16 12:29 | 仏スキンケアBR

我が心のHalekulani サンセットカクテルはお部屋でよろしく。   

2011年 05月 15日
f0215324_1427379.jpg



今日は、いいお天気です。

でも、わしは仕事やねんっ(くーっ)

3月はじめにハワイから帰ってきてから、2ヶ月余り。

しかし、なんだか、150年ぐらい行ってない気がするのはなぜなんだっ。

いつもなら、6月の半ばから、また2週間ほど、

Halekulaniに行くのが恒例ですが、

今年は、この方 の舞台を観るため、イギリス行脚が待っております。

で、ハワイ行きは、8月末からにしようと思ったのでありますが、

2週間、Halekulaniの好きなお部屋に滞在するとなると、ざっと見積もって○○○○ドルはいるしなぁ。


もはや、お財布の中は、すっからかんかんかんっ。(号泣)

ならば、1週間の滞在にするか?

それはいや。

だったら、安コンドにもぐりこむか?

そんなん、ハワイに行く意味あれへん。

どうするーーーーーーーーーっ?!



前回は2月だったので、晴れても空と海の色は、うすぼんやり~とは

言うものの、

Halekulaniの、あのお部屋からのビューは、美しいのひとことで。

Soooooo Gourgeous!

Breath taken!

f0215324_14133036.jpg



意味もなく、ラナイに座ったり、立ったりさ(笑う

吹きすぎる貿易風が、気持ちよすぎるねんっ。

f0215324_1444820.jpg


f0215324_14443487.jpg



このお部屋は角部屋なので、ベッドのすぐ横にもサービスバルコニーがありますの。

f0215324_14452257.jpg


朝は、こちら側のチェアで、新聞を読んだり、

f0215324_14474014.jpg



午後からは、こちらのパラソルで、ご近所さん(笑)とお喋りしたり、ダイキリ飲んだりさ。

ちなみに、彼らはシアトルから毎年着ている、Nancy's Family。

f0215324_14511344.jpg


わたしがあまりにもデカイ顔してプールサイドを行ったりきたりしているのを見て、

「君は何者?」と声をかけてきた、Nancyのご主人。それ以来、仲良くなりました(笑)

Nancy 家はHalekulaniを愛する余り、

客室と同じ、カーペットを取り寄せて、シアトルの自宅でもHalekulani気分を楽しんでいるそうです。


Halekulaniにはこんな、筋金入りのファンが世界中にいるのよね。


プールサイドに飽きたら、


お部屋にちょっともどって、仕事っす。

髪の毛、ボンバー&サンバラ状態っ。

千林商店街を自転車で急ブレーキかけながら、

「ちょっと!あぶないやんかああ?!」

と言うおばちゃん風?

いやっ。

千林のおばちゃんの方がましよっ。

わたくし、水着のままやし(ひーっ)

f0215324_1414505.jpg


パソコンの画面からふと、目を転じると、

おおおおおおーっ!

ダイヤモンドヘッドやんっ。

ハリボテちゃうよーっ(笑)



オーキッドでランチをしてもいいしね。

あ、これはレジィーナのガウチョパンツ、

リゾートでとっても着安くて、ちょっと水着の上からもさくっと履けて、最高よ。

f0215324_15113882.jpg


そして、ロングセラーのカーディガン。

すっごく肌触りのいい、スパンデックス生地で、

コーディネートがしやすい、万能選手です。

ノースリーブのトップは、 フランスのインポートNAOMI.

これ、レジィーナのスタッフ全員が持ってます。

スーツやワンピースの下にも、めっちゃ似合うんですー。

レジィーナのスーツ持っている人は、必須アイテムですよっ。

f0215324_1514491.jpg


スソのアンシンメトリーな感じが歩くたびに、

優雅にゆれて、素敵ですっ。

誰?木に張り付くセミ、なんて言ってるのはっ(ひえええーっ)


そして、たまには、



ウルフギャングステーキハウスのハッピーアワーへ突撃したり。

このサービスのポテトチップスがうまいですねん。

ビールにあいすぎるーーーーっ。危険だ。

f0215324_1501826.jpg



しかし、ステーキサンドイッチのビーフは最初の頃に比べるとぐーんと

質が落ちました(涙)。まあ、5ドルやし、許したろか(笑)


たまには、ステーキも食べます。

でも5時半には突入(早いよ)

f0215324_1553637.jpg


しかし、いちばん好きなサンセットの過ごし方は、

お部屋でのんびり、カクテルタイム~。

そういうときは、ビールやワインのアテに、

買出しに行くのが、私が愛してやまない、Tamashiro Market.

f0215324_1522954.jpg


新鮮なお魚やお野菜がいっぱい。

アヒのポキはハワイで最高の味よっ。

買うときは、フレッシュポキ、よろしく。

夕方には、たいてい、売り切れてます。

でも、他にも、魅惑のお惣菜がいっぱい。

イクラも、美味しいよ。泡のときは、ぜひ。


HalekulaniのHWKで毎日、5時から開催される、

ハワイアンの生演奏が、もうしびれます。

泡(ビールも含めてっ)をアペリティフに、

f0215324_15362090.jpg




のんびり、ハワイアンの調べに身をゆだねていますと、

Life doesn't get much better than this?


これ以上、素敵なことが人生にある?

という気分になってまいります。

そうこうしているうちに、

ゆっくりと空が暮れなずんできて・・・・



f0215324_14141248.jpg


サンセットタイーム!

ベッド脇のバルコニーからの眺めに胸キュン。

この桟橋は絶好のサンセットビューポイントなんやね。

f0215324_15484491.jpg






夜の帳がおりて、ライトアップされた、ダイヤモンドヘッドも、なんてきれいなのー。

f0215324_15193265.jpg


そして、この日は、毎週金曜日ヒルトンで打ち上げられる花火とは違う、

何かイベントがあったよう。

わたしたちのラナイが、絶好の花火ポイントにもなりました。

f0215324_15203096.jpg



・・・とこのようにして過ぎていく、

わたくしのHalekulaniの日々。


やっぱり行くしかないねっ!

という結論に達しましたねん(ひーっつ)

ま、やばいときは、ロンドン行き、削ったらええんやし(えええーっ?!)

by madamregina | 2011-05-15 14:15 | Halekulani

限定販売、超レアなJo Malone 紅茶シリーズを頂きました!   

2011年 05月 11日
f0215324_056167.jpg


ぜぃぜぃっ。

先日のことです。

GW明けの電話、メール、100万本ノックに加えて、

気の重い案件、連打で、


ヘロリンチョ、ボロリンチョ。

髪の毛も堪忍袋の尾っぽもささくれだっておりましたときのことです。



ピンポーンと届いた、宅急便。

きゃああーっ。


大好きな東京のおともだち、ゆりちゃん からではないですかっ?!


セントレジスのかっちょいい、ショッピンブバッグの中には、


ひええええええええーーーっ。


上のような素敵なボックスが3つも入ってました。

なに、なに、なんでしょう?

と一気に気持ちがぱーーーーーっと明るくなったわたくし。

Baneysのボックスに入ってたのは、

メッセージと、きゃあああーっ。

ピオーネの干しぶどう。

f0215324_13190.jpg


こ、こんなの見たことなかったわー。

大粒の干し葡萄なら、いかりスーパーに売ってましたが、

高級葡萄、干しピヨーネとは、なんてお洒落なのー。

まるでブラックサファイヤのような輝きっ。・


さすが、グルメの女王、ゆりちゃんならではのセレクトに、きゃいーん。

干し葡萄って、シャンパンにも合いますねん。

すぐには、よう食べません。

キャビアやメロンや生ハムや、フォアグラや、カラスミ・・・

と言った、この世の禁断の美味たちと一緒に、

バカラの燭台を灯したテーブで、

極上泡と一緒にいただきますっ。


(えと、バカラの燭台は、うちにはなかったな)


そして、真紅の三越の包みの中には、

きゃあああーっ。

めっちゃかわいい、缶のボックスが出現。

f0215324_112219.jpg


これは、ゆりちゃんが先日行かれた、Mary Blair展

で特別に買ってくれたものだとか。

メッセージカードには、

「わたしとお揃いです。ペンなどを入れました♪」

って、わーーーわたしもそうしよう。

と蓋を開けると、とってもキュートなチョコレートパイたちがっ。


f0215324_1185780.jpg


小さめサイズがとっても可愛いのっ。


さっそく、午後お茶に頂くと、くーっ。

さくさく、ふわっとバターの香りが広がって、めちゃうま。とまらなーい。



f0215324_1202187.jpg


ちなみに、東京しょこらラスクもゆりちゃんに、頂いたものんですっ。


そしてええええええええーーーーーーっ!!!

もう、このボックスを見るだけで、

心ときめく、英国のフレグランスブランド、Jo Malone。

JR大阪三越伊勢丹にもオープンして話題ですよね。

f0215324_12254.jpg


リボンをほどいて、この蓋を開けるときってもう、最高っ!

きゃーーーーーーーーーっ。


f0215324_12634.jpg




ゆりちゃんのブログにアップされていて、

限定販売で話題になった、あの香り ではありませんかあああっ?!

ジョーマロンの限定コロンは、売り切れ必至。

そのときだけ売り出される、スペシャルプロダクツ。

超レアで知られております。

4月22日に予約販売になった今回のシリーズは、英国にちなんだ紅茶。

アールグレイ&キューカンバーコロン

アッサム&グレープフルーツコロン

フレッシュミントリーフコロン

スイートレモンコロン

スイートミルクコロン

の5種類があり、

なんと、ゆりちゃんは、5本すべて予約されていたのですっ。ひえええーっ。



で、わたしにくださったのは、

アッサム&グレープフルーツコロン。

f0215324_1253092.jpg



ああああ、なんて麗しい香り・・・。

これから夏にかけてもぴったりの、

ちょっとビターで爽やかな、

そして、とっても華のある香りです。

ジョーマローンのアッサム&グレープフルーツコロンの匂いに包まれて、

いると、

すっかり身も心も蘇生したわたくし。

人は、愛のある素敵な贈り物で、

こんなにも幸福になるんですねー。


ゆりちゃん、ほんっとにありがとうございましたっ!!

by madamregina | 2011-05-11 01:13 | Luxurious Gift

Alfie Boe 再びっ!!!   

2011年 05月 10日
f0215324_2251216.jpg

Photo from Alfie Boe HP [Alfies Arrows Gallery]



ふーっ。

GW明けは、雑事に追われて、ズタボロマダ松どすー

今日も一日、原稿&企画書作成、次の旅の手配もろもろで、

もはや、ぼろ雑巾状態っ。


そんな、ささくれだった、しわしわのハートを潤してくれるのは、

やっぱ、Alfie Boeなんよね~。

誰やねん、それって言う方は、


この写真をクリックしてくださいませー。

f0215324_23153146.jpg





引き続き、恋しておりますよ、彼には。

いや、正確には、その心溶かしてくれる、ヴィンテージワインのようなVOICEに・・・・。

つい先日、UPされたばかりの、YOUTUBEがいいいいいいいいいいいいーっ。



Alfieは、昨年、10月にロンドンのO2アリーナで、

たった一度だけ行なわれた、レミゼラブル25周年記念コンサートで

主役のジャン・ヴァル・ジャンを演じ、

一躍世界中の人々に注目されることとなった、英国きってのテノール歌手。

このとき、テナルディ役を演じた、こちらも英国の大人気コメディアン(脚本なども手掛ける)

Matt Lucas の自宅のキッチンで歌った、オペラがどえら話題になりました。


で、その第2弾ともいえる、Alfie とMattによる、

キッチンでのデュエット。

He Ain't Heavy, He's My Brother

まあ、聴いてみて-っ。







オペラチックな歌い方にも、ロック魂を感じさせるAlfie,

かなり髪の毛○ゲってきております。

いやっ。そんなことはカンケーねー。

後半から、おおお、アルフィが座って、歌ってることがわかるよね?

なんか、コンバース(たぶん)の靴の裏なんか見せちゃって、

リラックスしてる歌い方に、萌えーーーーーーーーーっ。


しかし、ちらっと写る、マット宅のワンコの表情が、これまたたまらんっ。

せつないメロディに聴き入ってるではないかっ。


さらに、

Mattがいいいいいいいいいーっ。

彼はゲイとして知られておりますが、

ソウルがあるねー、その歌声に。

ジッポのライターをトーチ代わりにしたりして、

キュートったらありゃしない。


ところで、この曲He Ain't Heavy, He's My Brother


古き良き英国のロックバンドHolliesが歌って、ヒットしたそう。

ロック好きの相方に教えてもらいました。

調べたら、こんなのが出てきました。

古いけど、味あるわー。




ちなみに、


わたくし、この6月はアルフィとマットがロンドンのウエストエンドの

レミゼラブルの舞台に出演するので、

行くよ。

チケットももう手元に届きました。

しっかし、問題は、エアなんだよ。

JALのマイルキャンセル待ち。

昔は、エコノミーでも、たとえ貨物に乗せられても、

好きな歌手を追いかけて、地球の果てまで行きましたが、

もう、長いフライトは疲れますから。

ビジネスでマイルが取れたら、いこかな?と思っております。

とはいえアルフィーがツイッターで、

優しくreplyしてくれたら(けっこう、してくれるのよ、これがっ)

クール宅急便でも、いくよーっ(いけるんか?)


そして、ある真夜中、思い立って、

アルフィーのコンサートのチケットもネットで買ってしまいましたああ。

くーっ。

今年12月のと、来年1月、さらに2月です。

寒いよねー。イギリス。

しかもまたもや、地方の劇場を巡る、ハードなドサ回り。


それにしても、

なぜに、おいらが好きになるのは、英国男なんだろう。



えーっと、

Alfie BoeのHP


Gallery に、


わたくしの写真がUPされております。ひーっ。

これがあああ、首から下だけ写ってるってどない?

でも、クリックすれば、ちゃんと見えますねん。

Alfie,did you find my photo ?

It's me,MBichiko.
f0215324_23475335.jpg


レジィーナのスーツ着ておりますよー

コンサートには、このワンピース着ていこうかな?

f0215324_23532787.jpg



それとも、このエレガントターザンスタイル(笑)でいくかっ?!

f0215324_23571249.jpg




やっぱし、Alfieのレミゼ、初日は、このドレスかしらん?

f0215324_013889.jpg




レジィーナのお洋服って、オペラやミュージカル、コンサートという華やかな場に

着ていくのに、ぴったりだと思いません?


楽しみですっ。

ちなみに、この6月わたくし、Michel Ballのコンサートにも行く予定です。

これもまた、UK僻地巡業。

あの、思い出のRoyl Albert Hallでのライブもあるのよねー。

RAHには、やっぱし、レジィーナの新作着ていこかしらん?

むふっ。

by madamregina | 2011-05-10 22:46 | Alfie Boe

My first Regina!   

2011年 05月 05日
f0215324_19501553.jpg


はろはろーっ。

GWはみなさま、いかがお過ごしでしょうかっ?!

わたくしは、近場リゾート、有馬温泉などで英気を養いました。

お友達は、NYへ。 モナコヘ。ニースへ。

華麗なるバカンスにお出かけになったようで、うらやましすぎるぜっ。

みなさんのツイッターのTLを追っておりましたら、

それぞれ、海外の旅へ、我らが レジィーナ・ロマンティコ のお洋服を持参いただけたようで、

うれしい限りなんでありますっ!

レジィーナのお洋服って、海外受けするんですよね~。

先日のハワイでも、こちらのスーツ、大人気でしたっ。

ハレクラニのラメールへと上がる階段で、

写真を撮っていると、

ニューヨーカー風のとってもお洒落な女性が、

「Where did you get?」と聞いて、興味津々でした。




f0215324_19591027.jpg


レジィーナのスーツは、マジ、細く見えます。

シルエットがきれいに見えますねんっ(キタアアアアアーッツ自画自賛)

いや、ほんまです。


これなんか、実際のわたしの、まあ、半分の細さっすね(マジでっ)

f0215324_2062937.jpg


f0215324_207397.jpg


ハレクラニのGM主催のパーティでも、大活躍。

f0215324_20412137.jpg



このスーツも、ハワイで大好評でございました!


f0215324_20353344.jpg





なんてったってん、普段のわたくし、これですから(ひーっ)

f0215324_2082275.jpg





ちなみに、トップの写真は、

記念すべき、My first Regina.

ずっと昔から、帝塚山店のウィンドーに飾られたオリジナルスーツを見ながら、

素敵だなぁ。

着てみたいなぁ。

でも、ぜったいわたしには無理。

ずーっとそう思ってたんですよね。

でも、ある日、帝塚山店で、勇気を出して、試着してみたら、

ひゃあああーっ。イケるやん。着れるやん。

こんな、わしでもーーーーっと大感激!


というわけで、ゲトしたのが、このダイヤ柄のスーツです。


f0215324_1948533.jpg



f0215324_194729.jpg



それまでの私のスタイルといえば、

ほぼラルフローレン一辺倒(まあ、いまも好きだけどさ)

あとは、アバクロとか、ホリスターとか、

ツイードのジャケットに乗馬パンツとか。

プッチはたまあに買っておりましたが、

スーツなんて、1000万年、着ておりませんでした。


800万年前ぐらいは、バーニーズやDKNYやカルバンクライン、

アルマーニなパンツスーツの女だったことはある。

しかし、フェミニンなスーツはまず、着なかった。

着たいとも思わなかった。

でも、最近、レジィーナロマンティコのスーツを着ていると、

いつも会っている、人から、男女問わず、

「あ、なんか、今日女っぽいやん」(でたーーーーージマンっ)

と言われるのよね。



まさに、レジィーナ ロマンティコのスーツは、

わたしの運命を変えた ともいえる、ブランドなのですよーっ。




f0215324_20433013.jpg

by madamregina | 2011-05-05 19:46 | Regina Romantico