<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

レジィーナロマンティコ華麗なるイベント@ロイヤルスイートPart 2   

2011年 08月 30日
f0215324_1275937.jpg


レジィーナロマンティコ、

第一回目、2011-2012秋冬受注会をかねた懇親会レポPart2でございます。

このブログがアップされる頃には、

わたくし、ハワイにおりますーっ。

現地から、またレポできたら、いたしますね〜。



お越しくださった、ゲストのみなさまとたくさん、記念撮影させていただきました。


トップの写真は、

プリンセスルームの泡会のメンバーでもいらっしゃる

私のお友達、よしかちゃんとそのご友人と。

よしかちゃんはスラリーとした美人。

私と普通に並ぶと、チッチとサリーみたいなので、(って年わかりますね〜)

わたしたちは階段を一段上がって激写。

これでみんなバランスが取れてますね(笑)

よしかちゃんのこの日のファッションは、

レジィーナのバルーンスカートに白シャツというさわやかな

コーディネート。



よしかちゃん、トークショーでわたしが着ていた、

ワンピースをお買い上げ。とっても上品に可愛らしく

着こなされていました。

身長があると、ドレスもさらに映えますよね!

うらやましーっ。

そしてこちらは、今回バイオリンを演奏してくださった、

福住 佳保里さんとお母様。

f0215324_1381847.jpg


福住さんのお母様がお召しになっているのは、

レジィーナのラップドレス。

鮮やかなブルー地にヒョウ柄の華やかなプリントがほんとにお似合いです。

こんな素敵なお嬢様がいらっしゃるとはとても思えないほど

お若くお美しいっ!(感動)



そして、同じく泡会メンバーのプリンセスたち、

純子ちゃんとミッシェルさんもいらしてくださいました!

あっという間に他のゲストのみなさんと打ち解けあって、

すっかり仲良くなられていました。


純子ちゃんはこの日の抽選会で

なんと、わたしの著書「世にも美しいホテル」が当たった彼女。

やっぱり、わたしたちご縁がありますよね〜(うれしーっ)。

タツノオトシゴスーツのジャケットとわたしもお揃いの、

バルーンスカートのコーディネート。

いつもお肌つやつや純子ちゃん、背がたかーいよ。かっちょいい。



そしてミッシェル。クレバーでお洒落で、いつも素敵。

今回はじめてレジィーナのお洋服をご覧になって、

さっそくスーツをお買い上げ。

「わたし、すっかりレジィーナに恋しちゃったわ」

と言ってくれて、もうーうれしすぎー。



まだまだ多くのゲストのみなさまと一緒にお写真撮らせて頂いたのですが、

また機会を見て、ご紹介させていただきますね。



今回、レジィーナのスタッフもイベント中は

大忙しで、写真がほとんど撮れなかったのです(涙)

でも、

偶然、エントランスで出逢ったこの瞬間を逃すまい・・・と、

このお二人とは記念撮影いたしました。

名古屋店、店長の伊藤さん。

この秋冬のブラックフォーマルシリーズのトップスと

裾のレース使いがとってもチャーミングな、

ヴィーナスライン(と勝手に命名)タイトスカートがめちゃくちゃお似合いよーっ。

落ち着いた品の良さが、伊藤さんならではですね。

f0215324_1552156.jpg




苦楽園店の桝井店長。モカのスーツで。素敵っ。

ポージングもすっかり決まってます。

トリーバーチのブーツがかっこいいわー。

f0215324_1563264.jpg


そして3人で。

f0215324_1571678.jpg




今回のイベントでは、会場で、とてもたくさんのゲストの方から、

お声をかけていただきました。



「ブログ、いつも見ていますよ」

と言って頂いて、すっごくすっごくうれしかったです!

とても、励みになりました。

ありがとうございます。

そして、ずっと昔からのわたしのブログの読者でいてくださった方たちも、

こちらのブログでレジィーナのお洋服と出逢い、

その後すっかりファンになられて、、

今回のイベントに参加くださった方が、10名以上もいらっしゃいました。

心からうれしーです。

めちゃくちゃ、ありがとうございます。


そして、今回、レジィーナロマンティコの記念すべき、

第一回目の受注会を兼ねたスペシャルイベントに

参加させて頂けましたこと、

阪口元美社長、はじめスタッフもみなさま、

本当にありがとうございました。

by madamregina | 2011-08-30 11:21 | Regina Romantico

レジィーナロマンティコ華麗なるイベント@ロイヤルスイート   

2011年 08月 28日
f0215324_2335782.jpg


f0215324_23322845.jpg


8月26日、レジィーナロマンティコの、世紀のイベント(と呼んでしまうよっ)

がリーガロイヤルホテルのプレジデンシャルタワーズの最高峰スイート、

ロイヤルスイートにて、開催されました!

お越しくださったみなさま、本当にありがとうございます。

当日は、遠くや福岡から、名古屋、四国など関西以外からも、

多くのレジィーナファンのみなさまが駆けつけてくださいました。

美しいバイオリンとピアノの優美なる音楽が流れる中、

f0215324_2344213.jpg


思い思いのレジィーナのお洋服をお召しになって、ゲストのみなさまが

ロイヤルスイートの華やかさに負けないほど、

1000000ワットのシャンデリアのように輝いていらっしゃいました。


f0215324_2333578.jpg


お料理は、芦屋のカリスマ料理研究家、

アランチャという料理教室も主宰されている、

中西しゅう子先生。

しゅう子先生のお料理は、

そのキャラと同じように、食べると元気になれる、

太陽のように明るいイタリアン。

いずれも工夫に満ちたとっても美味しくて、お洒落な味わい。

f0215324_044774.jpg


デザートのシフォンケーキもふんわり優しくて、

いくらでも食べれてしまうのでした!

エントランスのお花は

レジィーナのオーナーデザイナー阪口元美社長の親友、

月の庭 のフラワーデザイナー、

安達美保さんによるアレンジ。

とってもシックでそれでいて、実に華やかで、センス抜群です。

英国スタイルのロイヤルスイートの空間にとっても似合っていました。

f0215324_0465242.jpg


f0215324_0472886.jpg


そして、この日は、ヘアメイクアップアーティストの

足立詠美さんも来てくださって、

ゲストのみなさまを素敵に変身させてくれました。

開演前には、元美さんと私もヘアメイクを少し。

足立さんと元美さん。

f0215324_0511863.jpg


元美さんもいつもよりさらにお美しく!

f0215324_0531631.jpg


そろそろ開演・・・・

f0215324_054334.jpg


阪口元美社長より、ご挨拶のあと、

トークショーもさせていただきました。


テーマは旅とファッション、ビューティなど、

またレジィーナのオリジナル商品が生まれたきっかけなど、

興味深いお話が伺えました。

f0215324_2346192.jpg


元美さんが着ておられるのは、新作のワンショルダー。

レジィーナが今季、力を入れている、ブラックフォーマルラインの
代表的な一枚。

流れるようなラインで、ボディにフィットしながら、

お腹まわりもさりげなくカバーしてくれる、

素晴らしいドレスです。


トークショーのあとの展示即売会でも好評でした。

わたしが着ているのは、定番のブラックライン。

すごくプレーンなワンピースですが、アシンメトリーなドレープが

チャームポイント。

写真が暗くてちょっと見えにくいですよね。

以前ハワイのハレクラニで撮影したものをアップしてみます。

f0215324_037571.jpg


ネックラインの縁取りに真っ赤なサテンがあしらわれていて、

それが着物の半襟のような感じで、顔映りを明るくしてくれます。

f0215324_0394994.jpg


今シーズンはこの裏地がとっても鮮やかなピンクになっています。

こちらのドレスも飛ぶように売れておりました。

2回目のトークショーでは、

わたしもワンショルダーにトライ。

f0215324_102455.jpg


暗くてかなり見えにくいですが・・・・。



最初は肩を半分出すのって、ちょっと・・・と、

少し抵抗がありましたが、元美さんがいつも美しくエレガントに

着ておられたので、思いきって、着てみると・・・

ひゃああああーっ

もうーっ、ハリウッド女優気分に最高に盛り上がっちゃいました
(殴殴)

このブラックショートを着て、

福岡からわざわざお越しくださった、お客様

衣笠さんと記念撮影。

衣笠さんは「マダムのブログの大ファンです!」

と言ってくださって、きゃーっ。

ありがとうございます。

お会いできて、とってもうれしかったです。

f0215324_165286.jpg


衣笠さんがお召しになっているのは、

もちろん、レジィーナの水玉のノースリーブとロングカーディガン。

インナーには真っ赤なキャミソールをコーディネートさせて

すっごくお洒落。

とってもチャーミングなキラキラ笑顔の衣笠さんに、

ほんとにお似合いでした。

f0215324_112413.jpg


もうお一人、名古屋からお見えになった、福田さんと。

福田さんがお召しになっているのは、

わたしも大好きなラップドレス。

大胆なプリント柄をこんなにエレガントに着こなされるなんて!

その着こなしに脱帽。

スタイル抜群の福田さん、かっこいいです。

f0215324_1185975.jpg


イベントの最後には、

抽選会が開かれて、協賛を頂いたレストランやホテル、

エステサロンなどから、

たくさんの豪華賞品がみなさまに当りました。

先日、わたしのちょっとしたお祝いで、

元美さんがご招待くださった、

有馬の御所別墅からは、なんと1泊2食のご招待券がっ!


最近はわたくは、ここに入り浸っているのでは・・・と噂の

ル・コントワール・ド・ブノワ大阪さんからも、ペアのランチご招待券を、

そして、元美さんとご友人でもいらっしゃる、

カルトブランシュさんからは、ディナー券を

協賛いただきました。

他にもエステサロンBloomさんからは、

参加されたゲスト全員に、

ヘッドスパの招待券がプレゼントされて、

抽選会は、多いに盛り上がりました!



というわけで、

レジィーナスペシャルイベントレポ、まだまだ続きますーっ。

by madamregina | 2011-08-28 17:43 | Regina Romantico

多恵さんからの、うれしすぎる贈り物   

2011年 08月 24日
f0215324_15162336.jpg



ザ・デイ・スパのオーナーであり、

日本初のスパディレクターでいらっしゃる、

河崎多恵さんとは、いつも1ヶ月に一度ぐらいのペースで、

ミーティングをかねて、おいしいランチを楽しんでいます。



先日は、久々にリッツカールトン大阪の鉄板焼きで、

ステーキランチをいただきました。

リッツの天ぷらはたまあに行っていましたが、鉄板焼きははじめて。


これが、期待以上に美味しく、優雅な雰囲気だったのです。

最初に出る3品の前菜もなかなか。

f0215324_15204221.jpg


お肉はもちろん和牛フィレです。

f0215324_15214012.jpg


カリッ、フワッに焼かれた、青森産の極上極薄スライスにんにくも、めちゃうまー。

ステーキは世界中のお塩が出されます。うーん。うまうまーっ。

f0215324_1537582.jpg



最後のガーリックライスもとーっても美味でありました。


この日は、我らがレジィーナロマンティコの阪口社長も

デザートタイムで合流。

関西でも屈指の、才気あふれる起業家、

女性経営者たちの顔合わせは、とーっても刺激的でした。

f0215324_15251897.jpg


お二人とも、

オリジナリティ溢れる経営のセンスで、

どんどん急成長しているカンパニーのCEO.

それぞれファッション、ビューティーの世界で、

少しでも多くの女性たちに美と喜びを与えてくれる、

素晴らしいお仕事をされています。



その上、美人でお洒落で、超かっこいい!

しがない物書きのわたくしなんて、足元にも及びませんっ(くーっ)

でも、

この3名の出会いから、いろんな世界が広がるように、

多恵さんが名付けてくれた、関西女子会連盟。

これからも、どんどん、楽しい活動をしていきたいです。


で、本題です。



トップの写真は、この日、リッツカールトン、花筐のエントランスで

撮ったものですが、

多恵さん、すらーっとほんとにかっこいいでしょ?

わたしはまるで、小人かピグモンかっ(ひーっ)

いつも多恵さんにお会いするとき、



その、アメリカ仕込みの上級なジュエリーづかいのセンスを楽しみにしている私ですが、

この日も、とーっても美しい極上パールをなさっていました。

多恵さんの、パールのつけ方、ほんとうに、素敵。

ドレスアップしたときも、カジュアルなコーディネートのときでも、

まったく気負いなく、さらりとつけていらっしゃって、本当にお似合いで・・・・。

それがまた、目も眩むほどの最高級品。


阪口社長もパールに関しては、さすがファッションのプロ。

アンティークから最高級パールまで、

さらり〜とエレガントに楽しんでいらっしゃいます。


そんなわけで、わたしも何かひとつ、本当にいいパールがほしいな・・と

いう思いがマックスになっておったわけです。




私はこれまで、パールといえば、シャネルではないですが(良くいいすぎ?)

フェイクも本物もどちらも楽しめればいいんじゃない?と


思ってきました。

がああああああーーーーーっ

彼女たちふたりのパールとの接し方を見て、

いや、やっぱり、女のお洒落の基本は、極上の本物のパールやで!と

いう思いに至ったのであります。




そんなとき、先日のあのブノワでのディナーの前に、

いつものように、ミーティングをしていた多恵さんとわたくし。

・・・・と、多恵さんから


「これ、松澤さんのお誕生日ともうひとつプライベートなお祝いごとの、
プレゼントなんです」

と言って、持ち重りのする、大きなショッピングバッグを

わたしの目の前に差し出してくださいました。

わあ、何かしら?多恵さん、陶芸されているので、

焼き物かしら?

と包みを開けると、

きゃああああーーーーーーーーーーーーっ。

真っ白い、とってもエレガントなジュエリーボックスが登場!




わああ、こんなジュエリーボックス、欲しかったのよね!

と、蓋をあけると、

わわわわわわーーーーーーーーー。


きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

何か、素敵な紙に包まれたものが・・・・

それをどきどきしながら、開けると、


ええええええええーーーーーーーーーーーーーーっ。


な、な、なんと!こちら。

f0215324_15475742.jpg




その気品を放つテリの深い輝き・・・。

わああ、こんな高価なもの、頂けません・・・と思いつつ、

もはや、感動で半泣きのわたくし。



写真では決してその高貴な輝きをキャッチできませんが、

ほんとに、美しいです。


f0215324_15502669.jpg



ああ、申し訳ないと思いつつも、

いま、いちばん、欲しかったものを、頂けたうれしさで、

もはや、絶叫寸前。

ジュエリーボックスも、

うちの白い家具に合わせてセレクトしてくださったそうです。

(なんて愛に満ちたお心づかい・・・)

さっそく、頂いたパールをつけさせていただきました。

どうどうどう?

f0215324_15555341.jpg


レジィーナのお洋服に、パール、似あっていますよね(自画自賛ーーーーーキターー)



いつも、そのへんのパールをつけていた、わたし(恥)

これからは、本物の極上パールが似合う、女になる努力をすることを、

ここに宣言いたします。



今年のわたしのお洒落のテーマはレジィーナロマンティコのお洋服と、

パールとの美しき、コラボよっ!!





家に帰って、さっそくジュエリーボックスにパールを入れてみました。


f0215324_15591497.jpg


ああ、何度見ても、惚れ惚れします。この上品な輝き。


f0215324_160841.jpg


2段目には何をいれようかな?

f0215324_1611114.jpg



この大きくて素敵なジュエリーボックスは、

これからもお仕事を頑張って、


本物の素晴らしいジュエリーをいっぱい買って、入れてくださいね!という

多恵さんからのメーッセージのような気がしました。



きっと、ここに溢れるぐらいジュエリーを入れれるように、

わたくし、頑張るです!



f0215324_14124255.jpg





多恵さん、

わたくし、このパールにふさわしい、エレガントな女性になりたいと思います。

わたしの一生物のパールとのおつきあいの、最初の一歩を飾ってくださって、

本当本当に、ありがとうございました!

by madamregina | 2011-08-24 15:16 | Luxurious Gift

山本良樹さん主宰 華麗なるアワビアンナイト!!Part 2   

2011年 08月 24日
f0215324_13381132.jpg



ブノワ大阪の総支配人、山本さんがプライベートでご招待してくださった、

麗しの天空ディナーとワインセミナーの続きでっす。

チーフソムリエ浦上さんの楽しすぎるワインセミナーのあと、

ブノワのプラチナシートに全員が移動。

ここ、すっごい眺めなんですっ。

ほんとに空中にぽっかり浮かんでいるような、素晴らしい浮遊感。

山本さんが浦上さんと何やら相談中。

f0215324_142314.jpg


そして!

すでに、ワインでいい気分のわたしたちを待っていたのは、

大東料理長による、魅惑の料理の数々。

すいませんっ。お喋りに忙しくて、お料理の写真、ほとんどありませんっ。

大好きなフォアグラのテリーヌや、オマール(ひゃーっ)、

やっぱりエスカルゴもいただきつつ、

じゃーんっ。

本日、山本さんが選んでくださったのは、

マグナムの赤ワインです(ごめんなさい、エチケット撮るの忘れました)

f0215324_14295285.jpg


山本さんと奥様のまゆみさんは、すっごいワインラバーなカップル。

日々のお食事でも、一回のお夕食で、ワイン2本は空いてしまうというから、

凄いです。


で、そんな

フレンチレストランのプロがセレクトしてくれたワインは、

本当にお料理を引き立て、会話を引き立ててくれる、

素晴らしい味わいでした。

f0215324_14325778.jpg





お料理の写真、この一皿だけは、撮りましたよっ!

でも鼻息荒くて、ボケてます。


わあああああああーーーーーーーっ!

再びの、黒鮑ーーーーーーーーーーーーーーっす。

f0215324_1431656.jpg


こ、これ、メニューになかったんですけどーっ。

なんというサプライズっ!!!

実は、先日のBDランチの際に「黒鮑のソテー、グルノーブル風」

を頂いたことをブログにレポしましたところ、

それをご覧になった、黒鮑ラブの多恵さんが、

「黒鮑が食べたいですよね〜」

と我らで、隠密に(えっ)ツイッターにて、つぶやいておりました。



その食いしん坊なつぶやきを山本さんが、ご覧くださっていたのですね。

もうーーーー、なんという、うれしいサプライズ。



さすが、世界一のホスピタリティマインドの持ち主、山本さんです。

多恵さんと二人、涙を流さんばかりに、頂きましたっ!

ぷっくら、ふんわり、弾力のある魚介の帝王黒鮑の味わいっ。

ほんとにたまらんっ。


というわけで、華麗なるアワビアンナイトを記念して、

全員で!

f0215324_14134162.jpg


でもっ!

まだまだサプライズは用意されていたのでした。

みなでそれぞれデザートを選んで、お喋りにまたまた夢中になっていたら、

きゃーーーーーーーーーっ。

目の前に、バラの花吹雪がっ舞いましたー

ブノワ恒例、BDセレモニー。

その花びらは、同じく8月生まれの辻本さんの目の前にも、

舞い散りました。


小さなグランドピアノが置かれて、ハッピーバースデーの音楽が流れる中、

ジャジャジャジャーン

山本さんから、辻本さんにブーケが手渡されました。



わーん、感動。

f0215324_14282521.jpg


自分じゃなくても、こんな素敵な演出の前では、

ほーんとに幸福感が満ち満ちてきますよね。

・・・・と見ていたら、

「はい。これは松澤さんに!。今日のお洋服に合わせました」


となんと!山本さんご夫妻から、わたしにも、

フューシャピンクのバラが溢れる、ブーケを

プレゼントしてくださったのです。

じーん。

人って、ぜったい、こういう祝福される時間が必要よね。

こんなひとときが、つらい日々を慰めてくれたり、

幸せな事柄をさらに大きい幸福に変えてくれるのだと思います。




自宅に帰って、リビングに頂いたお花を飾ると、

一気に空気が華やかに。


f0215324_14424741.jpg


f0215324_14432834.jpg



この日は、台湾から一時帰国された辻本さんから、

大好きな天仁銘茶の、極上プーアール茶をいただきました。

f0215324_14313464.jpg


蓋をあけると・・・・小さな包みがびっしり。なんて可愛いのーっ

f0215324_14323480.jpg


f0215324_14331461.jpg


そして、多恵さんからは相方に、

とても素敵な、マグカップをいただきました。



陶芸をされている、多恵さんの手作りです。

多恵さんの作品は、シーサーや鬼などもあって、

その表情がほんっとに可愛らしくて、あったかくて、やさしくて、ちょっとお茶目で、

思わず笑顔になっちゃいます。わたし、大好きなんです。


そして。実はこの日、

多恵さんから、わたしに、

きゃーっーーーーーーーと絶叫するような、

素晴らしいプレゼントをいただきました。

そのプレゼントについては、すぐにまたアップいたしますわねーーーー(ひー)


それにしても、ほんとに幸せマックスな夜でありました。


花束を持って、全員でもう一度記念撮影。

f0215324_1437210.jpg


ああ、幸せすぎた夜でした。

最後にみんなで!


f0215324_14384993.jpg




ほーんとに美男美女を絵に描いたような、ビューティフルカップルの

山本さんご夫妻。まだまだ恋人同士のように熱々ですっ。

f0215324_14402627.jpg



山本さん、まゆみさん、本当に本当にありがとうございました。


そして、辻本さん、多恵さん、ご一緒させていただけて、

とーーーーっても楽しかったです。

ありがとうございました。

by madamregina | 2011-08-24 13:45 | フランス料理

山本良樹さん主宰 天空のワインと美食の夕べ@ブノワ   

2011年 08月 24日
f0215324_1145792.jpg



きゃいーん。

最近のわたくし、なんだか、ブノワに住んでるの?と言われるほど、

ブノワに入り浸っております。

先週はまさに、ブノワウィークともいうべき、ゴキゲンな1週間でありました〜。

週初めは、プリンセスルームでのバースデーランチ 

f0215324_0491154.jpg


f0215324_0484232.jpg


バースデーのスペシャルなデザートは、

なんと、総支配人の山本良樹さんが、自ら、エプロンをかけて、

クレープシュゼットを作ってくれたのでした!(いっちゃん、感激っ)

オレンジの皮をするするする〜と職人技で剥かれたのには、一同感動。

f0215324_0514692.jpg


これまで食べた中で最高の、クレープシュゼットを頂いたのでありました。

元美さんも激写中。

f0215324_0542764.jpg






その翌々日には、レジィーナロマンティコの阪口社長と

大東料理長のお料理教室に参加。

その後、苦楽園店長の桝井ちゃんのバースデーランチ。

f0215324_111256.jpg




そして!ブノワ黄金週間の最後を飾ってくれたのが、

山本良樹さん主宰による、極上ワインと美食の宴@愉快な仲間たち。

日頃、ブノワのフロアにいらっしゃる山本さんしか、知らなかったわたし。

彼のプライベートなファッションをはじめて、見て、

きゃあああーっ。素敵すぎるやんっ。とまず驚きました。

そして、その横には、とってもお美しい奥様、まゆみさんがっ。

f0215324_113541.jpg


で、この日は、公私にわたって、お世話になっている、

ザ・デイ・スパのスパディレクター河崎多恵さんと

スパアナリストの辻本拓哉さんもご一緒です。きゃーうれしー。

写真左から庭仕事でブヨに顔をかまれて、ガッツ石松のようになっている、相方(やめてほしい)

かっこいい山本さん、シャンパンカラーのドレスがすっごくお似合いの、

知的美人の奥様まゆみさま。

そして、前列左からわたくし、お肌つやつや、笑顔ぴっかぴかの

いつも超素敵な多恵さん。

台湾をベースにビジネスも展開されている、辻本さん、元アメフト選手です(かっちょいいーっ)

いちばん右はしが、その話術はまさに芸人の域(?)なブノワのチーフソムリエ、浦上さん。

実は、山本さんご夫妻と多恵さん、辻本さん、わたしと相方の6人で、

この夏、多恵さん主宰の、賢島ツアーに、ご一緒することになっておりました。

そ、そ、それがっ!

相方の予期せぬ、緊急入院特別室送り(ひーっ)

で急遽わたしたちだけで、行けなくなってしまったのでした(なんたる悲劇っ)



山本さんが今回、ご自身の大切な休日に、

わたしたちを誘ってくださったのは、そんな経緯もあってのことだと思います。

ほんとに、山本さん、お優しいーっ(涙)

この日は、ただディナーをいただくだけではございませんよっ。

ブノワの誉れ高い、ワイン教室に全員で参加する!という大命題があったのです。

講師は、もちろん、チームソムリエの浦上さん。

もうーっ。そのトークが楽しすぎるー。

f0215324_1503897.jpg


ワインの基礎的なお勉強をしながら、

でも、決して理論ではなく、

心からワインが好きになってもらえたら、うれしい!という、

浦上さんの思いが詰まった講義なのです。

ソムリエナイフによる、ボトルの開け方の秘訣を教えていただいて、

目からウロコ500000枚。

キャップシールも、ボトルを斜めに寝かして、こう切れば、美しく切れるのね。

いつもビリビリ、やぶれかぶれにしておりましたからっ。



そして。ソムリエナイフのスクリューの先っちょは、

垂直にして、コルクに入れるのではなく、

平に寝かして、コルクに当てて、グイっと一度引っ掛け、回し入れるのがコツなのねー。

辻本さんがその通り挑戦。とってもスムースにオープン。さすが!

f0215324_284088.jpg


ワインの色を見るときは、白いナプキンの上で。

f0215324_23210.jpg


ワインをより一層美味しく味わうための飲み方のコツも、

教えていただき、そのとおりにすれば、ひゃーっ、

いつもより、ワインの香りがふんわーっと鼻に抜けるではないですか。

いやあ、ほんと、いままで、何も考えず、ワインと向き合ってきた人生を

ひたすら反省しつつ、

浦上さんの吉本新喜劇みたいな、トークにみんなで爆笑しながら、

ごきげんにワイン教室終了。

というわけで、いよいよ、ディナーに突入でありますっ。

ってことで、続きは追ってーーーーー(ひーっ)

さて、この夜はどんなクライマックスが待ってたでしょうかっ。


f0215324_2184447.jpg

by madamregina | 2011-08-24 00:37 | フランス料理

超ド級のリフトアップとツヤ肌効果に感動の嵐@スンダリ   

2011年 08月 20日
f0215324_022829.jpg



ブノワレポ の続きでありますが、

緊急情報がございまして、ちょっと中断いたします(えーっ)

先日のバースデーランチョンの翌々日、

ブノワで大人気を誇る、噂の大東シェフのお料理教室に初参加したのでありますが、

そのレポも早くしたーい。

まずは、我らがレジィーナのグルメ番長、阪口元美社長の

ブログにさっそくアップされていますので、そのレポをご覧くださいませー。



で、緊急情報といいますのは、

あまりにも凄い、スキンケアに出逢ってしまったからなのでありますよっ。

これはもう、みなさまにぜひとも、ご報告しなきゃと思いましてっ(鼻息っ)




わたくし、今年4月からは世界中のセレブ&フランスマダムに愛されている、

脅威の仏スキンケア、BRこと、ビオロジックルシェルシュのラインを

使っております。

f0215324_085274.jpg




で、その効果に日々、感動・・・なのですが、

スキンケアって、時には、いつもとは違う、プロダクツで、

がつんと刺激を与えるのがいいらしいのです。

まあ、それは、人間も同じよね(笑)



いつもと同じ、ルーティンな生活では、だらりーんとしちゃいますもんね。

たまには、恋や、小説や、映画や、旅で、喝を入れなきゃっ。

で、お肌にもそんな刺激が必要。

そんなわけで、Sundariで大人気の2つのプロダクツをプラスしてみました。




スンダリ といえば、インドの伝承医学、アーユルヴェーダの概念と

西洋の先進美容のエッセンスを融合させた、

ハリウッドセレブ御用達の、超自然派ラグジュアリースキンケア。

その原料となるのは、最高級の天然植物ばかり。

人工香料などの添加物は一切なし。

動物実験もなし。

全商品、皮膚科医によって検査されているという徹底ぶり。

特にスンダリの、エッセンシャルオイルは高濃度で、

治療レベルにも使用されるほどの精度を誇っています。




わたしは最初、ボディラインから使いはじめて、

まずは、その香りにノックアウトされました。

もうー、凝縮された、上質なアロマの香りで、

それはなんとも心が開かれていくような、

幸福感で満たされる、限りなく心地いい香りなのです。



最初はこの香りだけでも、十分満足っ!

と思っておりましたが、

いやあ、スンダリのプロダクツは、その効能も目を見張るものがありました。



ヘアトリートメントの必殺仕事人ぶりは、すでに

このブログでもご紹介いたしましたよね。

で、今日のマダ松いちおしの、スキンケアは、

ヴァータエッセンシャルオイルです。


f0215324_0112852.jpg


最初は、お肌にオイルを塗るなんて・・・と躊躇いたしました。

ベッタベタになったら、どーするっ?!

しかし、そんな懸念も吹っ飛びました。

これはもう、オイルの概念を超越した、超エッセンシャルオイル。

ほんの少しの量で、スルスルスル〜と伸びて、

あっという間に、お肌に浸透していきます。

スイートオレンジ、カルダモン、ローズのナチュラルな香りが

ふんわり広がって、

毎朝、毎晩、このオイルをつけるとき、ほんとに幸せー。

オイルなのにさらっとした、テクスチャーにもやみつきになっちゃいます。


で、翌日のお肌は、つやつや、ぴっかぴか。

この季節、乾燥しがちなお肌にガンガン潤いを、チャージしてくれます。

これ、長時間のフライトにも持って行きたい。

お値段も、15mlで7350円(税込み)ととってもリーズナブルです。



もうひとつは、つけはじめた日から、驚愕の結果をもたらした、

ファーミングモイスチャーアクティブ(保湿クリーム)です。

f0215324_0121510.jpg


アーユルヴェーダのアンチエンジング成分、ゴトゥコラとペプチド、アズレンエキス配合。

特に、つるつるの美肌を促進する、ペプチドが贅沢に含まれている、

スペシャルライン。

しかし!いちばん凄いのは、フェイスラインを引き締める強力なパワー。

顎のラインがなんだか、ぼやけてきたなーと思う人には、

まさに救世主的プロダクツです。

ほんっとにつけた翌日から、フェイスラインがすっきりするのが

わかるのですよーっ!!

で、お肌を引き締めるだけではなくて、

ハリと弾力も、もたらせてくれて、もう、感動。

その小顔効果、まじで、ひえええええーってほどの驚きです。

f0215324_0144972.jpg


こちらは、50mlで12600円。




とにかく、ヴァータエッセンシャルオイルと、

ファーミングモイスチャーアクティブは、

わたくしマダ松が、自信を持って、おすすめする、

買ってぜっーーーったい後悔しない、プロダクツです!



スンダリのHP、こちらから買えます。

詳しくは、私の友人でもある、素敵なスパディレクター、

河崎多恵さんの、こちらのブログ をチェックしてくださいねー。

by madamregina | 2011-08-20 11:21 | Madam's Beauty

めくるめくバースデーランチョン@ブノワ大阪   

2011年 08月 16日
f0215324_013495.jpg


またまた、ブノワ大阪にお邪魔いたしましたーっ。

我らがレジィーナロマンティコのオーナーデザイナー、

阪口元美社長と統括ディレクターの壁野さんが、

8月生まれの、安達美保ちゃんと、わたし松澤のために設けてくださった、

豪華絢爛な、バースデーランチョン。

わたしのBDは8月末なのですが、

この時期日本にいないので、

うれしい前倒しのバースデーにしてくれました。


テーブルはもちろん、いつものプリンセスルームでございます〜(きゃーん)

今日のテーブルコーディネートも、なんてビューティフォーなのおおおおっ?!



f0215324_0504243.jpg


いつものように、総支配人の山本良樹さんによる、演出です!

「今日のお花は、松澤さんと、月の庭のオーナー安達美保さんが創られる、
お花のアレンジをイメージして、オーダーしました」

ってもうーーー、美保ちゃんといっちゃん、感激っ!!!

f0215324_0393280.jpg


涼しげで、ちょっとはかなく、静謐なる雰囲気。

わたしたちにぴったりじゃない?(殴ひーっ)

f0215324_052223.jpg




さらにっ!プリンセスルームの壁に飾られた、写真が、

なんと!

美保ちゃん、アレンジのお花と、

f0215324_0414762.jpg



わたしがこれまで訪れたホテルを紹介した本、

「世にも美しいホテル」から、セレクトしてくださった、ホテルの写真なのですっ!



まずは、なつかしさで、胸がつまっちゃう、

NYのThe Plaza(リノベートされて、すっかり変わっちゃいました)

f0215324_045525.jpg


英国のテムズ河沿いの貴族の館,Cliveden(このブログの左バーに、

Cliveden の写真があります)

f0215324_0565770.jpg


そして、アメリカ東海岸で、最高峰のカントリーホテル、

いちばん好きなホテルのひとつ。

Wheatley

f0215324_0581331.jpg


ほんとに、なんて愛にあふれた、演出でしょうかっ?!

と感動に浸っていると、

きゃーーーーっ。

まずは、シャンパーニュで乾杯です。

この日の泡は、アラン・デュカスの店でしか、

飲むことが出来ない、シャンパーニュ。

f0215324_12746.jpg


エチケットをご覧くださいませー。

美保ちゃんとわたしのラストネーム、

ADACHI&MATSUZAWA描かれております。きゅん。

f0215324_124596.jpg


お祝いの席なので、山本さんが、ポンっと素敵な音を立てて、開けてくださいましたー。

f0215324_141617.jpg


シャンパーニュを開ける、このポンっという、音は、

もしかして、世界一私の好きな音かもしれんなあ。

この音聞くと、ちょっとぐらいの憂さはあっという間に晴れるのよっ。

幸せな瞬間。

f0215324_16546.jpg


本日のドレスコードは、ヒョウ柄なんですけど、

わたくし、ジャケットを脱いで、NAOMI一枚になっとります。

でも、これも、悪くないでしょ?

ジャケットを着ると、こんな感じでございます〜。

f0215324_211505.jpg


元美さんは、相変わらず、お美しいですっ。きゃっ。

ヒョウ柄のエレガントなワンピースで。

f0215324_2105612.jpg


壁ちゃんは、ロングセラーのヒョウ柄ジャケットに、バルーンのコーデ。

相変わらず、かっちょいいなあ。

f0215324_2125720.jpg


美保ちゃんは、ニュアンスのある、ブルー地のヒョウ。

素敵!似合ってるー。ラップドレスです。

f0215324_1331597.jpg


ヒョウは下品になると、どこまでも奈落の底に落ちていく、雰囲気(笑)がありますが、

それは、悪いヒョウです。

いいヒョウは、ワイルドなんだけど、ノーブルなセクシーさが命。

着る側にも、気合がいりますんです(いや、わたしはまだまだでございますが)

レジィーナのヒョウはもちろん、エレガントな素敵なヒョウなのです。





さあて!お料理です。

いつものように、メニューにはそれぞれのゲストをイメージする、

山本さん、オリジナルです。

バースデーのメッセージも書いてくれています(うれし)

f0215324_1351810.jpg



メニューを見て、一同絶叫っ!!!

オマール海老、く、く、く、黒鮑(きゃーーーん)、宮内庁御用達の鴨。

あわわわわーっ。

山本さん、曰く、

「黒鮑のお料理は、メニューにないのですが、

松澤さんのブログで、黒鮑についてかかれているのを見たので・今日はぜひ・・・」

だなんて、ブノワからの最高のプレゼントですよねっ。

まず、最初のアミューズは、うずらの卵とキャヴィア。

キャヴィアで、顔が描かれているのー。キュートすぎるーーー。

f0215324_1402630.jpg


ブノワのケータリングサービスは、こんな繊細な、

フィンガーフードが中心だとか(そんなパーティ主催したみたいーっ)

そして!



活けオマール海老のサラダ 白桃とアーモンド


f0215324_1435517.jpg


手前左は、ほとんど生に近い、ぷりっぷりの

オマールに、フレッシュの桃を添えて、さっぱり、ねっとり、

やめられませーん。夏にこそ食べたい、贅沢なお料理よね。

右側は、爪肉たっぷりの上品マヨネーズ風味。

もちろん、中央上の爪も、身がしまって、もうー、うまうまうまーっ。

そしてえええええええええーっ。

運ばれてきたときは、みんな、息も絶え絶え。

貝世界の王者、あわび国のプリンス、黒鮑です。

f0215324_1494968.jpg


黒鮑のソテー グルノーブル風。

おお。肉厚です。ベルベットのように、なめらかで、超柔らかいです。

ジューシーで、トゥルントゥルンなコクがあり、

口の中で、一生留めておきたい。100個ぐらい食べたい味だ。

ケッパーとクルトン、深いバターの味わいがからまって、

た、た、た、たまらーんっ。

テーブルのあちこちで叫び声が聞こえて、しばらくすると、全員無言。合掌。

そして!

メインディッシュは、

鴨の包み焼き。

銀の鴨と黒トリフ、フォワグラ詰めたトルト

焼きたてが運ばれましたあああ。

f0215324_1584044.jpg


山本さんが、ゲストの目の前で、お肉を切り分けくださいます。

フレンチ独特このサービス、デクパージュ、いいですよね〜。
f0215324_26136.jpg


見てみて、この断面。びっしり、鴨肉、フォアグラ、そして贅沢極まりない、

黒トリュフがどかーんと層をなして、詰まっております。

f0215324_291246.jpg


この時期は、サマートリュフと思いきや、

なんと、今冬の季節を迎えている、オーストラリア産のブラックトリュフなんだって。



最後に、セップ茸をあしらって、あつあつのソースをかけて、いただきます。

f0215324_220063.jpg



たまらんっ。

黒トリュフの香りが、官能的なまでに、ぐいぐいと鼻先をくすぐるのよーっ。

誰か、助けてーーーーーーっ。

というところで、

続きは、追って!

by madamregina | 2011-08-16 00:22 | フランス料理

私の運命の服 レジィーナロマンティコ   

2011年 08月 13日
c0161525_2203036.jpg



あうっ。

どもども。

最初から、いっきなりこんな画像で大変失礼いたしますーっ。

えーっと、この写真はですねー。

私のブログの古くからの読者のみなさまにはおなじみ、

そうじゃない方には、誰このデブリン?(笑)

という感じだと思いますっ。



彼は、

わたしが1996年より、長きにわたって、愛を捧げております、

英国ミュージカル界の大スター、マイケル・ボール Michael Ballなんです。


わたくし、これまで彼にインタビューなども何度かしてきました。

そして、もちろん純粋なファンとして、何度もコンサートにも、

舞台にも足を運びすぎて、ボンビーになりました。






が、

しばらく疎遠になっていたんです。

しかし、2年前のロンドンで再び、マイケルのコンサートに突撃。

そこで英国の音楽の殿堂といわれる、ロイヤルアルバートホールにて、

最前列のシートをe-bayで、ごっつい£で、競り落し、

そんな超プラチナシートに座ったにもかかわらず、

マイケルは舞台からいっちどもわたしを見てくれることなく、

(彼はいつも馴染みのファンには、ちゃんと目を見るのー)

わしは、すっかり忘れられた存在でいることに大ショックを受けたわけです。

なのに・・・・・






やっぱり忘れられずに、行っちゃったのよねー。今年も(あふぉすぎるー)





そして、ロンドン郊外のPlymouthという海辺の町で、

行われたマイケルのコンサート会場のステージドアで、

劇的なる、再会の図となったわけでありますのよー(ってあくまでわし的に)



なんと、彼と写真を撮るのは、13年ぶり(きゃーっきゃーっ)

その写真が何か?

なわけですが、わたしにとっては、

この瞬間こそ、待ちに待った、13年ぶりの奇跡!

悲願達成!の瞬間・・・なわけでして。





そうよっ!

まさに、運命の瞬間だったんですよっ。ひーーーーーーーっ。

あれこれ、すったもんだの(あくまでわし的にですが)

ロンドン旅をこの15年以上続けてきた、流浪の民の私ではありますが、

今年の6月、再び、愛と誠を探す、ロンドン旅に出ました。

もちろん、Alfie Boeさまとの出逢いも、超スペシャルな出来事ではありましたが、

マイケルとはねー、もう、腐れ縁(えっ)

マイケルが戸籍上の夫なら、

アルフィーは素敵な愛人ってところでしょうか(殴殴殴)



ま、スターを相手に、こんなこと言ってれば、罪はありませんっ。






で、そのデブリン、モトイ、マイケルとの今回の、劇的な再会(ってあくまでわたし的にだけどさ)

について、お知りになりたい方は(いないと思うけどさ)

こちらの、マダ松の噂の真相(えっ)裏ブログ をご覧いただけますと幸いです。




で、ようやく、本日のテーマに移ります(って前置きなっげー)

今日は自分にとっての、運命の服について語りたいと思います。



私にとっては、まじで、ぜったい、何があろうと、

レジィーナロマンティコの服なのよねっ。

この日もそうでしたが、

なんというか、レジィーナの服を着ていると、

ほんっとに運気があがるっというか、

ミラクルなことが、いっぱい起こる気がするのー。


こんなこと言うと、変な人と思われがちですが、


みなさんにも、ないですか?

このスカーフをしていたときは何かいいことが起こる。

この靴はラッキーシューズ。

このピアスは、幸せな出逢いのシンボル・・・。

身の回りの持ち物に対して、そんなジンクスを持っている人も多いと思います。

かの大富豪、ドナルド・トランプも、勝負に出るときは赤いネクタイ、

と決めたいたっていうし、

歴代の米大統領たちも、ここぞ!という勝負の場では、

自分だけのラッキーアイテムを身につけていたと聞きます。






そんなわけで、私にとってのラッキー服は、

レジィーナロマンティコ。



その中でも、特にこのアラベスク模様は、別格中の別格。

今回のマイケルのコンサートでも、着て行きました。

f0215324_11501080.jpg



そして、マイケルとはもう、2度と一緒に写真を撮ることも

ないのかなーと半ばあきらめていましたが、

うふっ。

Plymouth で、おいらは、勝負に出ましたの。




そのとき、やっぱり選んだ服は、アラベスク。

いちばん上の写真は、

レジィーナのインポートのスパッツに、

ブーツというコーデですが、



カジュアルになりすぎず、旅先でも、ちゃんとエレガントに見えるところが、

気に入っています。

2年前は無視されがわたしですが(くーっ)

あのときはレジィーナ着てなかったからな。

やっぱり、今回、マイケルの目にとまったとのも、


レジィーナオーラのお陰だど、おいらは信じてるのー(自画自賛ふたたびーーーーっ)




で、めでたく、ツーショットも撮りました(きゃいーーんっ)


c0161525_2214314.jpg


これだけ見るとさー、

マイケルなんて、ただの工事現場のおっちゃんみたいですけど、

(いや、わしの顔は、旅疲れピークでもはやゾンビですが)
Michael Ball の歌、一度YouTubeなどでチェックしてくだせー。

世界中の甘さとせつなさを集めた、その歌声に酔いしれますから(えっ?わたしだけ?)

そんなわけで、

これからもレジィーナの服は、わたしにとっての、

いちばんのラッキーアイテム。

うまく、説明できないけど、

レジィーナロマンティコのお洋服には、

他のファンの人たちも、声を揃えて言うように、

運気を確実に上げてくれる、パワーが秘められていると思います。

by madamregina | 2011-08-13 13:29 | Regina Romantico

屋久島サンカラ、再び!@記念撮影編(笑)   

2011年 08月 08日
f0215324_1163278.jpg





ちわーっす。

夏本番。

これから夏休み〜という人も、多いよね。

うらやましー。

おいらの夏休みはまだまだ。いや、そもそも、あるのかどうかも不明。

しかし、先日、仕事とはいえ、大好きな屋久島にて、

ちょっとばかし、バカンス気分を味わってきましたー。

f0215324_0165362.jpg


もちろん、ステイ先はサンカラ ホテル&スパ屋久島でございますわよ。

5月にはじめて屋久島のこのホテルを訪れて、一目惚れ〜。

2度目の訪問です。

今回は、サンカラが、タイの「チバソム」のスパ・キュイジーヌの帝王、

シェフパイサーンを招聘し、

サンカラのフレンチの名手、武井智春氏とのコラボレーションディナーを開催。

その取材をかねての滞在でした。

東京はじめ、関西、九州などから、プレスの人たちも大集合。


シェフパイサーンと武井シェフ。チームワークも最高です。

f0215324_1345553.jpg


熱気溢れる厨房の風景。

f0215324_1384875.jpg




タイのチバソムといえば、世界のトップリゾートに常にその名があがる、

ウェルネスリゾート。

チバソムや、サンカラとのコラボディナーについての詳細は、


HISが運営する、

ラグジュアリートラベルの、メンバーズサイト、

Class One



をぜひご覧くださいね。

わたくしが書いた記事がございます〜。



というわけで、

今回は、サンカラでご一緒した、とっても愉快な仲間たちとの

記念撮影、一気にいきまーっす。


f0215324_242678.jpg


左から、ケントスネットワークの小原由紀子さん。

わたくし。そして、ケントスプレスツアーの最強の旅仲間でいらっしゃる、

ナイスガイ、DEPARTURES日本版の元編集長、中山清美さん。

そして由起さんのパートナーでもあり、ケントスネットワークの代表

松井さん。





ケントスネットワークは、シャングリ・ラホテルズ&リゾーツをはじめ、

ワン&オンリーリゾートや、オリエンタルエキスプレス、

タイのチバソムなど、世界中のラグジュアリーホテルのPRやマーケティングを

手掛けられている、カンパニーで、

ラグジュアリートラベルを提案、発信されています。




そして。

ここから下は、屋久島からなぜか、

気分はコモ湖・・(えっ)

でもって、ヴィラデステあたりのリゾートホテルにやってきた、


素敵なギャングたちと・・・という設定(なんでやねんっ)

まずは、超ド級、目眩必至のラグジュアリー旅と、

なぜかそれとは裏腹な(笑)抱腹絶倒のエピソードを語らせれば、

この人の右に出るものなし!と思わせる中山さん。

ジェントルで、インテリ度も超高し。

わたくし、すっかり中山さんのファンになっちゃいましたー。

f0215324_2524562.jpg


そして、松井さんと。

中山さんとの旅の思い出を語る、その話術が、

これまた最高に楽しくて。

松井さん、お洒落です。靴フェチだそう。

もっと、靴のお話、聞きたかったです。

f0215324_32717.jpg



そして、こちらは旅好き女子たちのバイブル、

CLEA TRAVELLER の編集長、石橋俊澄氏。

ハイブランドをさりげなく着こなし、

カメラを向けられると、バッグの中から、葉巻がっ(ひーっ)

まさに、コモ湖のいちばん高台にある、別荘に週末遊びに来た、

マフィアのドンのような風格がっ。

えと、フランス語べらべらだそうです。

f0215324_38344.jpg




で、女子組み3人(笑)

左は、今回、クレアトラベラーのライターとして、

イタリアから来られた、デノーラ佐和子さん。

彼女のブログ、大人気だそう。

わかります。そのテンポのいい語り口。

カジュアルでいて、でもふかーい内容。

わたしもすっかりファンになりました。

f0215324_3144012.jpg







そんな愉快な旅人たちと、

シェフパイサーンと武井シェフを囲んで、全員で記念撮影。

f0215324_3283726.jpg






この夜は、パイサーンと武井シェフのコラボディナーをいただいて、それはもう、

楽しさ炸裂、超ごきげんなひとときなのでした。

f0215324_324776.jpg



そして、チェックアウトの日。

シェフ、パイサーンと武井シェフ、瀬下シェフたちと記念撮影。

f0215324_3465575.jpg



わたくし,スウェットですみませんっ。

おまけに、夏だというのに、ブーツってどんな格好?

失礼いたしましたー。

f0215324_3495472.jpg


ちなみに、上で着ているヴィヴィッドなドレスは、



レジィーナロマンティコのセール でゲトしたものでございますー。

おフランス製よ。

これ、バカンスにはもってこいの、ドレスざます。

f0215324_4122410.jpg




軽くて、皺にならず、スーツケースにくるくるっと丸めてもOK.

水着の上に、さくっと羽織れるしね。


マークダウンした、お値段見て、驚愕っ(まじで、15000円いかないのよーっ。ひーっI)


思わず、ほぼ同じデザインのブルー地のドレスも買っちゃいましたー。


これ、次のハワイでもぜったい持っていかなきゃ。

ハレクラニのプールサイドに似合うかしらん?


というわけで、

屋久島サンカラ、まだまだ続きますーっ。

by madamregina | 2011-08-08 16:35 | Hotel(Japan)

号外! レジィーナロマンティコ 秋冬物内見会&親睦会のお知らせ   

2011年 08月 04日
f0215324_14475694.jpg


ぜぃぜぃっ。

号外でございます。

我らがレジィーナロマンティコの、スペシャルパーティーのお知らせ!

来たる8月26日(金曜日)

リーガロイヤルホテル大阪のロイヤルスイートにて、

秋冬物の内見会をかねた、素敵すぎる親睦会を開催いたしますっ!

詳しくは、レジィーナの告知ブログをご覧下さいね。

しかしなんと言っても凄すぎるのではですねっ、

会場となるロイヤルスイートなんでございますよー(鼻息っ)

ロイヤルスイートといえば、

各国の、国賓クラス、日本の王室はもとより、

世界のロイヤルファミリーなどが宿泊するために特別に設けられた、門外不出のスイート。

一般の人々はいくら$を積み上げても(笑)使用できない、

リーガロイヤルホテルの聖地とも言うべき、スイートルームなのでございますのよ。


ロイヤルスイートの素敵なお写真は、

阪口社長のブログをご参照くださいませね。

ため息でございます〜。




で、当日はファーなどの特別オーダーも可能です。

たとえば、トップの写真でわたしが羽織っておりますのは、

ブルーフォックスのトリミングが贅沢にあしらわれた、

超Luxuryなストール。

下に着ているのは、大人気のオールインワンのブラックパンツです。

f0215324_14491326.jpg


こんな風に合わせれば、とっても華やかでいい感じ。

最近は、シーズンレスが普通になっております。

なので冬場には、ノースリーブのラップトップドレスに

羽織れば、パーティにもとっても重宝します。

f0215324_1449573.jpg


巻き方次第で、いろんな表情をみせてくれる、このファーストール。

寒がりのわたしにはもう、最高。

f0215324_1451636.jpg


f0215324_14513949.jpg



8月26日のスペシャルパーティのご案内はこちらです〜。

阪口社長とわたくしのトークショーもぜひお楽しみに!



レジィーナロマンティコ秋冬物内見会および親睦会のお知らせです。

場所: リーガーロイヤルホテル大阪
プレジデンシャルタワーズ
26階ロイヤルスイート

日時: 8月26日(金)

第一部   AM10:30開場~PM13:30(定員約35名様)
 
第二部  PM14:00開場~PM17:00(定員約35名様)


上記時間にいらっしゃれないお客様
フリー PM17:00~PM20:00  


皆様、お誘い合わせの上是非、ご参加予約ください
参加ご希望の方は、ご予約を承りますので、
ご参加希望される方の人数とお名前をレジィーナロマンティコ各店舗にご連絡頂くかメールにてご予約下さいませ。

会場スペースに限りがございます為に、場合によっては抽選となることがございます。何卒ご了承下さいませ。

ご応募締切は8月15日(月)とさせて頂き、ご参加の方に招待状を送付させて頂きます。

当日は、秋冬物の内見会および展示即売会を実施させて頂きます。
当日限定の商品もございます。

新作の商品を一足先にお楽しみ下さい。


またレジィーナのスーパーカリスマパタンナーの田中悦美も参加し、オーダーのご相談に直接のらせていただきます。
なおご予約頂いたお客様には、無料でボタンホールや裏地のお色を選んで頂けるようにカスタマイズさせて頂きます。この機会にオリジナルオーダーをお試しいただけたらと存じます。
(ご予約商品に関しましては、全額入金もしくは、商品代金の10%以上のご入金をお願い致します。クレジットカードもご利用頂けます。)

そして、レジィーナロマンティコ初の親睦会と題して、

レジィーナロマンティコ 阪口社長 と マダム松澤こと松澤壱子の楽しいトークショーに

ヘアーメイクアーティストの足立詠美様をお迎えし、ヘアーメイクのワンポイントアドバイスを実施します。

そして、芦屋のイタリアンクッキングサロン”アランチャ”の中西しゅうこ先生によるお料理とお飲物をご用意させて頂く予定です。


ぜひこの機会に皆様にお会いし、素敵な場所で楽しい時間をご一緒させて頂けることを、心より楽しみにしております。

レジィーナロマンティコ
代表 阪口元美
スタッフ一同



by madamregina | 2011-08-04 14:48 | Regina Romantico