<   2013年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

My signature jewelry @ジュエリー神吉 展示会のご案内   

2013年 03月 29日
f0215324_20441734.jpg


今日はね、いつもつけていると、必ず褒められる、

私のシグニチャージュエリーをご紹介します。



このペンダントは、

タイ在住のとっても素敵なジュエリーデザイナー、神吉佐知さんの作品です。

バンコクは、世界に名だたる、宝石集散地。
そんな中で石選びからデザイン、製作に至るまで全てをプロデュースされていて、

バンコクにJewely Kamiyoshi
というサロンをお持ちです。

佐知さんは、タイに暮らす日本人駐在員マダムたちの間では知らない人がいないほど

とっても有名なジュエリーデザイナーであり、セレブリティ。

このイニシャルペンダントは、

佐知さんのコレクションの中でも、大人気のロングセラージュエリーです。

f0215324_21115875.jpg




このサークルの中に、Ichiko

という、私の名前がぜーんぶ入ってるんですよ。

昨年の夏に出来上がってきて以来、ロンドンに行くときも、どんなときにも、

いつも私の胸元にあった、このペンダント、

このときより、少しダイヤモンドを増やして頂きました!

どうどう?

さらに華やかに、そして、なんだかとっても優しいイメージになりました。


f0215324_022961.jpg



そして、このペンダントにぴったりの、3色のゴールドのチェーンも買って、

それを2重にして、つけています。

f0215324_0245070.jpg


このチェーン、小さな塊に実に繊細なカットがほどこされていて、

それをまた、つなげているので、光りの加減や角度が変わると、

きらきらと輝きます。

それはもう、ほんっとにダイヤモンドみたいなのー。

最初見た時、極小のメレダイヤがいっぱい埋め込まれている!と思ったほど。


そのまんま、ロングでつけても、とーっても素敵。

f0215324_0322065.jpg


f0215324_0282368.jpg



私にとって、このペンダントは、いまではなくてはならない、存在です。

単にお洒落・・というだけではなく、

つけていないと、気持ちが落ち着かないんですよね。

どこにいくときも、つけています。

もはやお守りのような存在。

重ねづけしても、とっても素敵です。




私はいつも、もうひとつの私のお守りジュエリーである、

ジュリオさんの、
幸運を呼ぶダブルライオンと一緒につけています。

f0215324_0461874.jpg


このダブルライオンも、すっごい強運を運んでくれるジュエリーなんです。

f0215324_043575.jpg


この前、長唄の会でお目にかかったコシノヒロコさんも、

ジュリオさんのジュエリーの大ファンで、

とってもラグジュアリーなダブルライオンのリングをされていました。


私はときどき、この最強コンビをあこやのベビーパールを3連にして、

もう、持っているもの、ぜーんぶつけましたよ、みたいな感じで、

重ね漬けするんですが、どこか品のあるオーラーを醸しだしてくれます。

f0215324_0453328.jpg



そして、もちろん、シンプルにこんな重ねづけもお気に入りです。

f0215324_0525154.jpg


f0215324_0523061.jpg



カジュアルでも、エレガントでも、どんなお洋服にも違和感なく、

溶けこんで、これをつけるだけで、クラスアップさせてくれる、

まさに、私のシグニチャージュエリー。

f0215324_0562386.jpg





レジィーナロマンティコの阪口社長はじめ、

佳世ちゃん、ゆりちゃん、

そして、芦屋のお料理教室、アランチャの中西しゅう子先生などなど

お友達のほとんどが、このイニシャルペンダントを持っています。



この写真は、先日佐知さんがいらっしゃった際、
ウェスティンホテル大阪の故宮で会食したときのもの、

なんと、女子全員、イニシャルペンダントをつけておりますっ!


メンバーは、

阪口社長、佳世ちゃん、周平君、ゆりちゃん、

そして、芦屋のお料理教室、アランチャの中西しゅう子先生。

いちばん右が神吉佐知さんです。素敵です。


f0215324_1110433.jpg





f0215324_11105544.jpg



そして!

そんなイニシャルペンダントがオーダー出来る、

ジュエリー神吉の展示会が4月5日(金曜日)から

名古屋、芦屋、大阪、東京などで開催されます。

もちろん、イニシャルペンダントだけではなくて、

オリジナルジュエリーをオートクチュール感覚でオーダー出来るフェアです。

日時と場所を以下の通り。

みなさま、ぜひぜひお越しくださいね。

佐知さんにお会いするだけでも、とっても気持ちが安らいで、

優しい気持ちになるはずです!


Jewelry Kamiyoshi 2013
Spring exhibition in Japan



■4月5日(金曜)〜8日(月曜)10:00〜20:30
名古屋:マリオットアソシアホテル
※当日15階フロントにて「神吉佐知(かみよしさち)」の部屋番号をご確認、
ホテルスタッフがご案内。


■4月10日(水曜)〜13日(土曜)10:00〜18:00
芦屋:芦屋ギャラリーT
JR芦屋駅北口を地上に出て左手道添いのブティック

■4月14日(日曜)〜17日(火曜)10:00〜20:30(17日のみ18:00まで
大阪:リーガロイヤルホテル
※当日タワーウィング23階のフロントにて「神吉佐知(かみよしさち)」の部屋番号を確認してください。

■4月19日(金曜)〜23日(火曜)10:00〜20:30
東京:ホテルニューオータニ
※当日フロントにて「神吉佐知(かみよしさち)」のお部屋へお電話ください。

連絡先
■日本   080−4234−7672
■バンコク +6681−869−7777

by madamregina | 2013-03-29 10:33 | Jewelry

【女の花道】ミニ講座スタート!恋にもお肌にもステディと愛人が必要!   

2013年 03月 27日
f0215324_11122821.jpg

※写真は本文と関係ありませんっ





今日から、唐突にはじまりました!

マダ松の【女の花道】ミニ講座

FacebookにもUPしていますが、
ブログの方が、より詳しく画像も多いですの。


で、第一回目のテーマはBeauty。

恋にもスキンケアにも、
ステディと愛人が必要ね


と言うお話しです。


昨日はね、フランスマダム御用達、
BRことビオロジックルシェルシュのCrème aux Acides de Fruitsをつけて寝ましたの。

ひゃー、朝起きたら、お肌がつやつやに輝いて、肌色が2トーンぐらいUPしているではないかっ!

そして、その肌触り、まさにベルベッドのようっ!!!

f0215324_11224416.jpg



もちろん、私のすってきな愛人的スキンケア、
ナチュラビセのダイヤモンドクリームは、日々つけておりますよ。

f0215324_11232389.jpg



で、気持ちも肌力もUPさせております。きゃん。

でも、お肌って、同じスキンケアばかりだと、慣れてしまって、効果が薄れてきたな…と実感すること、ないですか?

これがいわゆる、恋人や結婚関係で言うところの、倦怠期(笑)っすね。

それで、1ヶ月ごと、ときには1週間、また、
その日のお肌の調子によっていくつかのクリームを使い分けしています。
これ、おすすめ!


そんなわけで、本来私のステディ的スキンケアは、
ビオロジックルシェルシュなんですが、
ただ、彼、すごーい必殺仕事人だけど、
ビジュアルも、香りも、ちょっとおとなし目(≧∇≦)ちょっと地味。

しかし、本国おパリでは、
シャンゼリゼに超リュクスなサロンを構える、知る人ぞ知る、
スーパーセレブなブランドです。

そして何より、BRは、私の肌人生には、なくてはならない、存在

でも、こう、パーーっと気分が華やぐのは

やっぱりナチュラビセ。

ナチュラビセは、私にとって、ゴージャスで、会うたびいつも、

どきどきさせてくれて、

キラキラな気持ちになる、艶やかな愛人的スキンケア。おほほ。

f0215324_11261415.jpg





だけど、美肌をしっかり育み、守り、誠実な態度で、
安定した幸福感、美しさを与えてくれるのは
やっぱりビオロジックルシェルシュなのよね。

私がBRのクリームでいちばん良く使っているのは、

クリームリハイドレーティングです。

f0215324_11524611.jpg


これね、ほんと凄いのーー。使うごとにお肌の凹凸がなくなって、

すべらかで潤いたっぷりの超プリンセススキンになりますのことよーーーーーーっ。

またBR は普段のお手入れに、マスクを取り入れているのも特徴です。

わたしは、この多恵さんからおすすめして頂いた、

マスクO2をメインに、マスクヴィヴィアントと2種類、

1週間に2度ほど使っていますが、

これも、すんばらしーーーーーっ。

もちろん、毛穴が引き締まって、お肌がなめらかになるんだけど、

ぴっかぴかつやつやに輝くよ!

f0215324_11564828.jpg




そんなBRの鉄板ローションといえば、P50T

f0215324_11571191.jpg


f0215324_11301176.jpg



これはね、女の花道にぜーーーーーったい必要。



私のお友達は、ほぼ全員使っています。

何がいいって、ソフトピーリングローションなので、
古い角質がどんどん取れて、
気がつくと、お肌がなめらかに、つるつるになっています。

大人ニキビにもめちゃ効果あります。

150mlで、9450円。

少量でいいので、3ヶ月は使えます。


まだ使ってない人、すぐにすぐに使うべきーーーーっ。
ほんとにーーーーーーっ。

BR は本来、サロンでゆっくりお肌診断していただいて、
自分のお肌にいちばん合う、プロダクツを選ぶという、
オートクチュールスキンケア。

フランスマダム垂涎のBRのオートクチュールフェイシャルを

まずは受けてみてくださいませーーーー。

めっちゃくちゃ感動よ。





そんなわけで、女の人生、恋にもお肌にも、ステディと華麗なる愛人が必要‼

実生活では、とてもこんなゴージャスな浮気は出来ないけど、
ことスキンケアに関しては、
どこまでも美に貪欲な、奔放なる悪女でいたいよね。あはっ。


ステディなスキンケア、
ビオロジックルシェルシュのお問い合わせ。

The Day Spa Osaka

〒541-0046
大阪市中央区平野町1-8-14 北浜TDSビルヂング2F
TEL:06-6227-8085
営業時間 11:00〜20:00
定休日 毎週月曜日


私のこれまでのBRレポについては、こちら〜

by madamregina | 2013-03-27 12:09 | 仏スキンケアBR

5月24日(金曜)多恵さんとビューティー&ファッショントークショー第3弾開催決定っ!   

2013年 03月 25日
f0215324_23412618.jpg



どもども〜。
みなさまーーーーーっ!

号外号外!
多恵さんとのトークショー第3弾のお知らせですっ。

5月24日(金曜日)
The Day Spaの美しきスパのミューズ、
河崎多恵さんと
ビューティ&ファッショントークショーをいたします!

今回も美味しくてカラダの中からきれいになるランチを頂きながら、
リゾートをテーマに、開催。

南の島や避暑地でのスパ・トリートメントの楽しみや、
夏のスキンケアの秘訣、

そして、いまいちばんおすすめのリゾート&スパホテルのご紹介、

また、私の大好きなレジィーナロマンティコのリゾートファッションを通して、
旅先で誰よりも美しく存在感のあるマダムになるための、
着こなしの極意などなど
楽しくて、ごきげんで、ちょっとだけためになる、
トークショーです。

場所は、ミシュランスターのフレンチ、リュミエール心斎橋本店。
http://www.k-coeur.com/

こちらのお料理、ほんとに美味しいです!

今回も、トークショーのために特別なお料理を作っていただきます。
参加費は、スパークリングワインがついて、6800円です。

前回の北じまさんに参加してくださった方なら
おわかりかと思いますが、
今回も参加費は、ほんっとにお料理とワインだけの実費ですーーー。

素敵な空間で、
美味しいフレンチを頂きながら、
リゾートへの夢をふくらませる優雅なひととき。

みなさまのお越しを心より、お待ち申し上げております!

定員に限りがありますのでお早めに
お申込みくださいねーーー。


❑河崎多恵×松澤壱子トークショー
❑日時   5月24日(金曜日)
❑時間   午前11時半〜3時(受付11時15分)
❑場所   フレンチレストランリュミエール心斎橋店
❑参加費  6,800円
❑お申込み The Day Spa ☎06−6227−8085
      担当:西村華林

※フレンチレストランリュミエール   
〒542-0083
大阪市中央区東心斎橋1丁目19番地15号 UNAGIDANI-BLOCK 3F
TEL&FAX : 06-6251-4006
URL : http://www.k-coeur.c
om/

こちらは前回のトークショーレポです。

by madamregina | 2013-03-25 12:36 | The Day Spa

ぜったいおすすめ!若冲のクリアホルダー   

2013年 03月 24日
f0215324_15482555.jpg





和楽の4月号買われましたかっ?

若冲ファンにはたまらない、
ごきげんな内容です!

摩訶不思議な若冲ワンダーランドへ、
ぜひ。

うれしいおまけもついてるよ。


群鶴図の鶴たちと、

f0215324_15485869.jpg



鳥獣花木図屏風の象さん。

f0215324_15492711.jpg


なんか、持ってるだけで、幸せっ!

来月のイングランド巡業で、
Michaelのライブのチケット入れていくよーっ。

by madamregina | 2013-03-24 15:50 | Book

東京出張、石田純一さんのこと、あるいはブログ考   

2013年 03月 24日
f0215324_1142734.jpg



3月21日から1泊2日で東京出張でした。

今回は、とっても大切な用事がありまして、
レジィーナロマンティコの阪口元美社長と一緒に、
愛娘の佳世ちゃんも同行。

もうひとつ、今回は、こちらでご一緒した

コシノヒロコさんのコレクションを観に行くのも目的でした。


そして、
昨日は佳世ちゃんと一緒に新幹線で帰りました。

やっぱり東京見物もしなければね、

そしてファッションの動向というやつも視察しておかなければね、

というわけで、

佳世ちゃんのリクエストで、まずは109へGO!

f0215324_1181537.jpg



この界隈は、いつも日本の若者文化を象徴するシーンとして、

映画や海外のドラマでしかみたことがなかったよ。

いやあ、私、109に生まれてはじめて足を踏み入れましたが、

もう~~~サイッコーじゃない?

ONE SPOというショップでさっそく記念撮影。

f0215324_1243278.jpg


彼女たちはアイスラインドから日本にやってきた可愛い女子たちで、

このお店の大ファン。まるでツインズのように、ここのお洋服を着ていました。

お店の女の子もめっちゃラブリーです。

f0215324_1231360.jpg



何より感動したのは、彼女たちの並外れたホスピタリティ。

サービス業で働く人たちは、ちょっと彼女たちを見習ってね、

と言いたいような、すんばらしいサービス精神に、涙出そうでした。


そのあと、佳世ちゃんと原宿のキャットストリート、

表参道のラルフローレンなどを視察。

トップの写真は、表参道のラルフ・ローレンです。


いやあ、私が世界一好きな空間のひとつ、

NYマディソン街の76丁目に聳えるラルフのビルディングと

ちょっと似た感じで、コーフンしました。

アリゲーターのバッグが欲しかったよ。

しかし、このあたりで、油を売りすぎて、

ランチを食べるタイミングをはずしちゃった私達。

それで午後4時頃、品川駅のDeliで、サラダやラザーニャやワインを買って、
新幹線の席、1席ずつ2列で買いまして、
お隣りは来ないでね、と祈りつつ、
ぐるんっとシートを回して向かい合わせに座りました。

そして、ひゃーーーー。列車内で、いきなりプチ宴会。

いややわぁ、こんな乗客が新幹線車内にいたらっ。ね?笑。

でも、わたしら、一応周囲のみなさまにご迷惑にならないよう、小声で話したよ。

しかし、もはや、自分ちのリビングルーム状態かっ(笑)。

でね、ふと、通路を挟んがお隣りを見ると、

あらっ?どこかでお見受けした方、と思ったら、石田純一さんじゃありませんか?

いえいえ、最初にお断りしておきますが、

スターのプライバシーを侵害する気持ちは毛頭ございませんっ。

でもね、彼から伝わってくるオーラがあまりにも素敵で、温かくて、
ほんとにいい人らしさが、滲み出ていたので、書いちゃう。

ご本人にはわからないように動向を伺ってると、
チケットをチェックする車掌さんにも、敬意を表した対応で、感動。

ほら?平民のおっちゃんとかで、たまにいるでしょ?横柄で、態度悪い人とか。
そんな人とは大違い。何より品性がある、そんな方。

あ、もちろん、佳世ちゃんとは新大阪につくまで2時間余り、
人生について、恋について、女の生き方について、
ファッションについて、仕事について、
友達について、NYについて、ラスベガスのごきげんについて、
まぁ、総合的には、女の人生っちゅうものについて、
あれこれ語り合いまして、そりゃ楽しかったわけ。
佳世ちゃんは私より、大人だなぁ。

ブログについても、話したの。
で、佳世ちゃんも私も、共通していることは、

ブログ書くのに凄く時間かかること。

3時間とか4時間とか、ざらです。

ヘタな原稿より時間を費やすことも多いのよね、およよ。

だから頻繁に更新が、出来ないわけですわ。

でね、私のブログって、今日もまあ、そうだけど、

長すぎますよね?

しかし、ブログはTwitterやFacebookとは違って、

やっぱり職業柄、私にとっては原稿書くみたいなスタンスなんで、

どうしても肩にチカラが入っちゃうわけっすよ。


いや、私のブログ、決して大したこと書いてないけどさ。

でも写真とか選ぶの時間かかって、
「今日はブログ書きますよ、わしはっ」みたいな、気合いが必要でして、
それで、ついついエネルギー切れになっちゃって、なかなか更新出来ないわけです。

加えて、ブログってやっぱりそれなりに完結してなきゃいかんし、

写真の詳しい説明やリンクも貼って・・・なんて考えてたら、
ますます、更新が途絶えちゃうわけで、どー思う佳世ちゃん?

ま、そんなこと言いながら、私のブログ、誤字脱字はしょっちゅうだし、

ええ加減なこと、どうでもいいことなど、書いております。とほほ。

でも、私的には、やっぱりTwitterやFacebookと違って、

書くときの姿勢が、ちゃうわけですよね。

しかし、さくっと短くても、更新がもうちょっと頻繁にある方がいいかな?なんて、

年下だけど、すっごくいつも的確なアドバイスをくれる佳世ちゃんに、

相談してたわけですわ。

そしたら、

「わかるーっ、それむちゃわかるー

でも、そんなだと、書きたいトピックとかがどんどんたまって来て、
結局書けなかった、というネタも出てくるよね?

それ、もったいないし、たまには、てへっ、今日は写真だけUPです、

とかでもいいんじゃない?」

と素敵なアドバイスをくれました。

わああ、ほんとですね。
さすが佳世ちゃんだわ。私よりずっと大人。モノの見方が深いね。

というわけでこれからは、FacebookにUPするような、きがるーな感じで、
ブログを書くことにしよ、と思って今日はそんなスタンスで、書いてみました。

しかし、やっぱり、なっがーーーーーー(およよ)

で、同じほぼ文章、Facebookにも投稿してます。

FacebookやTwitterをしていない人も多く、
ぜひブログに同じものUPして・・という言ってくれる方も、
ありがたいことにいらっしゃいまして・・・。

そんなわけで、東京出張の写真もアップするのだ。

(写真はFacebookと重複する写真もありますけど、
悪しからずです)

コシノヒロコさんのコレクションのあと、ロブションの前で。

ちなみに私が着ているのは、もちろんレジィーナですが、

今年の夏の終わりから秋にかけて登場する、

すってきな新作スーツの第一弾サンプルです。

シンプルにしてゴージャス。めちゃくちゃ気に入ってます。

f0215324_146576.jpg




佳世ちゃんと。

みんな大好き、オール・インワンを着用。おっしゃれだね〜。

f0215324_145726.jpg




東京はちょうどこの日、桜が満開になったと気象庁からの報告が!

f0215324_141359.jpg


f0215324_142199.jpg


佳世ちゃんとのおのぼりさんツアーもすっごく楽しかった。
久々にお買い物のアドレナリン、大放出。

f0215324_1434385.jpg

f0215324_1442977.jpg




こうして、たまには、若い人と遊んでもらうのも、
素晴らしいアンチエイジングだと改めて思った次第。

あ、ちなちに石田純一さんは、新幹線車内でも、裸足でいらっしゃいました(笑)

ほんとに品のある、素敵なジェントルマンで、

佳世ちゃんと、ふたりで、「めっちゃファンになったね!」と、

石田さんの魅力を発見した、新幹線の旅でもありました。

by madamregina | 2013-03-24 02:01 | Diary

肌運命を変えるスキンケア@Buddy   

2013年 03月 18日
f0215324_20251658.jpg




f0215324_17411175.jpg






先日、レジィーナロマンティコの阪口元美社長が、

自身のブログでご紹介されていた、芦屋発のスキンケアBuddy.

実は、私も半年ほど使っています。

きっかけは、もちろん。元美さん。

彼女は私が知る女性の中でも、お肌の美しさでも群を抜いています。

その元美さんがBuddyを使いはじめてから、

ますます素肌に透明感が出て、

美しくなられているのを目の当たりにして、使いはじめたんですよね。

このエッセンスを開発したのは、

芦屋在住のSpaライターであり、美容研究家の堤康子さん。

これまでSpaライターとしては、
リゾート王国
などにも執筆。

f0215324_1814317.png


康子さんは、元美さんの長年の親友でもいらっしゃいますが、

エステシャンとしても20年以上の実績を誇る、

まさに、美のプロフェッショナル。

バリ島を中心に、40ヶ所以上のアジアのリゾートスパを知り尽くした彼女が、

ほんとうに自分が納得出来るスキンケアを開発したい・・との思いで、

長年の情熱と夢を集結。そして生まれた、究極の美のエッセンス。

Buddyとは、相棒と言う意味。

康子さん、曰く、

「女性には幾度と目覚めの時がある。

人生の喜びを受け取り続けるには

強い相棒が必要」


そんなコンセプトがこめられています。


ぜひ、Buddy開発にこめた、康子さんのメッセージをご覧くださいね。



Buddyのエッセンスは2種類。


f0215324_18105439.jpg




f0215324_18564236.jpg


ピンクの箱に入っているのは、

Princess(プリンセス) 474

うるおい溢れる肌改善のためのエッセンス。

30ml 8,900円 (税込)




f0215324_18183336.jpg






このプリンセス、とろーんとした美容液が、

お肌の上でどんどん浸透して、べたつかなず、その潤い力にもあっと驚くはず。

毛穴もきゅっとしまって、弾力のある、ぷるんぷるんお肌になります!


もうひとつ。上品なパープルのパッケージに入っているのは、

Bliss (ブリス) 858

みずみずしさをとりもどす、肌再生のためのエッセンス

30ml 12.800円 (税込)

f0215324_19113962.jpg


プリンセスがどちらかというと、

20代、30代の若い人向けなのに対して、

ブリスは40代からのマダムたちのための、アンチエイジングエッセンス。

いずれのエッセンスも、最新型ビタミンC誘導体などを豊富に投入。

美肌のための高濃度の有効成分が遠赤外線効果により、

肌の深層部までぐいぐいと素早く浸透。

プリンセスは、大人ニキビや吹き出物などトラブルのある肌にも有効で、

紫外線が原因による肌ダメージもリカバーさせくれるパワーがあります。

またブリスは、

コラーゲン・ヒアルロン酸が豊富に配合されていて、

お肌の奥、細胞にまでどんどんと浸透していき、

新しい細胞を再生してくれるとか。

シミ、シワ、たるみ、クスミなどに強力にアプローチします。



香りもとーっても素敵なの。

すべてオリジナルの天然エッセンシャルオイルで、

プリンセスは、

プリンセスは、ローズ・プルメリア・イランイランなど・・・

フラワーエッセンスの香り。

これらの香りエッセンスには、

自信、さらなる喜びというマジックもこめられています。

この香り成分番号が、商品名にもなっている「474」。

f0215324_20235862.jpg




そして、ブリス「858」は、ジャスミン、プルメリアなど、

大人の香り。香りのマジックは聡明、至福。

いずれもほんとに贅沢で心癒されるオーガニックのフラワーエッセンスの香り。

f0215324_20205861.jpg



この香りは何度も試作され、

ようやく完成した最高のバランスを持つ香りです。

でも微香性なので、香りに敏感なひとも問題なく使えるはず。

まさに、女性の気持ちを高めて、

しあわせ〜にしてくれる香りなのですよね。


その開発には、美意識も高く、美容に関しては他の追随を許さないほど、

ありとあらゆる、スキンケアを実際に試し、

世界中のスパやエステティックサロンを体験している、

元美さんの意見もたくさん反映されているのだとか。

天然成分を配合しているため、

季節によって、香りも微妙に異なるとのこと。

これも、プライベートメゾンだからこそ出来るキメ細かなこだわりですよね。

f0215324_203143100.jpg




私が現在、使っているメインのスキンケアは、

このブログでも何度もご紹介しているように、

フランスマダム御用達のビオロジックルシェルシュ(BR)

スンダリ、

そして、ナチュラビセ(NB)

その中で、必ず毎朝、毎晩組み入れているのが、

このBuddyのエッセンスなのです。

このBuddyの凄いところは、

その浸透力がなんと他の化粧品の200倍というところ!

まず、洗顔したあと、すぐにこのエッセンスをつけることで、

そのあと使うローションやクリームの浸透力も高まります。


なのでBRやスンダリ、NBの有効成分も、

このBuddyのお陰で、グンっとUPするというのも、うれしいですよね。

そして、私は元美さんと同じく、プリンセスもブリスも

両方使っています。

朝は、軽めのプリンセス、そして、夜はお肌を再生する効力が強いブリス、

そしてときには、ちょっと贅沢に、プリンセスを下地に、

その上にブリスを。

このダブル使いが、それぞれ相乗効果で、美肌力をより高めてくれるのだそう。

f0215324_209255.jpg






みなさまも、

いま使っているスキンケアのパワーをより高めるために、

そして、素肌力をUPさせるために、

ぜひ使ってみてくださいね。

このBuddy,ほんっとに素晴らしいエッセンスなのーーー。

康子さん曰く、


肌運命が変わる、そんな 力強く さりげない
肌と香りのBuddy(相棒)


私にとっても、いまでは人生に欠かすことのできない、

相棒です!



Buddyはこちらの公式サイトから購入できます。

f0215324_19591012.png


みなさま、ぜひ、Buddyの扉を開けてみてくださいね。

ほんっとにおすすめ!

f0215324_192953100.jpg




BuddyEssence
お問い合わせ
〒659-0095
兵庫県芦屋市東芦屋町9-18
TEL0797-35-3398




f0215324_20143042.jpg


f0215324_20145482.jpg

by madamregina | 2013-03-18 20:16 | Madam's Beauty

魅惑の長唄の夕べ@芦屋たか木   

2013年 03月 12日
f0215324_1442223.jpg





どもども〜。


わたくし、先日、

とっても素敵な長唄の夕べを楽しんで参りました。

ふっふ。


こんなわたくしも、

たまにはミュージカルやマイケルのコンサート以外にも足を運ぶんだよ(笑)

場所は、芦屋の京料理「たか木」さん。

長唄と、ミシュランスターの日本料理の旬の味を楽しむ夕べって、

なんだかお洒落すぎません?



冒頭のイケメンブラザーの写真は、

美しい三味線を聴かせてくださった、兄の杵屋禄山さん(右)と

魂に響く歌声を披露してくれた、弟の禄丈さん。


日本の古典芸能の将来を担う、素晴らしいお二人です。



静謐なるたか木の空間で、ごくごく限られた人たちだけのために、

開催されたこの贅沢な長唄の夕べ。

お誘いくださったのは、レジィーナロマンティコの阪口社長です。

禄丈さんは元美さんの愛娘、佳世ちゃんとゆりちゃんともとっても仲良しの、

彼女たちにとってはお兄ちゃんのような存在とか。


そんなわけで、春のはじめの香りがする宵、

たか木さんを目指しました。


わわ、ライトアップされたたか木さんのエントランス、

そしてこの風情溢れるアプローチに、思わず心ときめきます。


f0215324_1113245.jpg



f0215324_1314468.jpg



f0215324_1122130.jpg




佳世ちゃんは心友の紗季ちゃんを誘って、

なんとお二人、こーんなラブリーなお着物姿で登場よ!


どうどうどう?この可愛さったら、もうーーーーーーっ。

たまんなーい。

f0215324_1295963.jpg



わたしもお着物で来ればよかったなぁ。

あ、でもレジィーナの新作ドレスもいいでしょ?いいでしょ
(久々、デターーーー自画自賛ーーーーー)

こんなかわいい、娘さんたちと一緒に写真撮ると、

なんだか気分が上がりますね〜。きゃん。

f0215324_1405680.jpg



佳世ちゃんと二人で。

f0215324_1371328.jpg



紗季ちゃんと二人で。


f0215324_1382573.jpg


元美さんは、北海道、東京出張からこの日駆けつけて、

月の庭の美保ちゃんと一緒に。

f0215324_135988.jpg


元美さんは、新作のジャッキー風スーツ。

ほんとに素敵。

美保ちゃんはきゃーーー、なんてお洒落な紬のお着物。

さすがご実家が京都の呉服屋さんだけのことはあります。


しかし・・・・

長唄を間近で聴くなんてはじめてのことだし、

最初は、借りてきた猫状態、猫に小判というなんとも場違いなところに

来ちゃったわ・・・およよ、

という感じだったのですが、


これがあああーーーーっ!!!!!

羽織袴に身を包んだ、彼らが登場した瞬間、

一瞬にして、空気感が変わりました。

その凛とした緊張感、心地いいのか悪いのか、なんだかよくわかんないんだけど、

心の芯の部分がざわざわーっとする不思議な感覚で、

気がつけば、禄丈さんの輝かしい歌声に魅せられ、

禄山さんのちょっとロックな三味線の響きに、感動の嵐。

鳥肌〜。

これはミュージカルやマイケルのコンサートでうおおおおおっと、

熱狂の渦に巻き込まれる感覚に似てるじゃないかっ。


禄山さんの魂に触れる、三味線の音色、素敵。

そして、禄丈さんのつややかな歌声が。

たか木の空間に満ちて、ふくらんで、濃密になっていく感じが、

なんとも心地良くて、

波動がどんどん良くなっていくのを実感出来るようでした。


そして、改めて、紋付袴の美しさに魅せられました。

最近、大河ドラマ「八重の桜」を見てもいつも思ってるんですが、

黒字に紋のテキスタイルって、めっちゃくちゃカッコイイと思わない?

この日の演目は、

『梅の栄』

そして、

『大菩薩』

大菩薩の、ちょっとジミヘンな三味線のリズムと音に、アドレナリン炸裂しました!


長唄っ、かっちょえええええーーーーーーーっ。

彼らの美しい佇まいも、さることながら、

やっぱり、子供の頃から、ひとつの芸を極めるため、

ひたすら芸の道一筋で生きてきた人にのみ宿る、オーラ、光りが

なんともいえず、魅力的でした。



そして、パフォーマンスが終わったあとは、

元美さんからのお花が贈られました。

アレンジは、もちろん、美保ちゃん。


佳世ちゃんから進呈。



f0215324_293682.jpg



そして、お食事です。


まずは、こんな春を感じさせる、向付から。

f0215324_2103976.jpg


撮り忘れているお料理もかなりありますが、


ざっとお写真だけ、ご紹介します。

f0215324_2114780.jpg


f0215324_2122230.jpg


器もほんとに素敵なのです。


f0215324_2114780.jpg


f0215324_212578.jpg


f0215324_2135277.jpg


f0215324_2142012.jpg



いずれも、季節を目で楽しみ、舌で堪能できる、

素晴らしいお料理の数々。


芦屋マダム御用達のお店としても知られていますが、

ランチもなかなか予約が取れないのもうなづけます。

ちなみに、今発売中の、「あまから手帖」には、

たか木さんの芦屋の新しいお店が紹介されています。

この写真は、私の大好きな関西屈指のフォトグラファー、

塩崎聡さんが撮影されているんですよ。






それにしても、

こんな素敵な空間で、

日本の古典芸能である長唄と三味線を楽しみ、

そのあとは、四季の味を散りばめた素晴らしい懐石を頂く・・・

これぞ、まさに日本の美を凝縮させたような、

久々に、日本人に生まれたことを誇りに思える、

素晴らしい夜でした。


禄山さん、禄丈さん、素敵な演奏ありがとうございました。

そして、お誘いくださった元美さん、佳世ちゃん、ご一緒出来た美保ちゃん、

紗季ちゃん、

ありがとう!

楽しかったね。

by madamregina | 2013-03-12 10:42 | Stage

レジィーナのチャリティーセールに行かなきゃっ!   

2013年 03月 11日
f0215324_2293451.jpg



みなさまーーっ。

昨日3月10日より、レジィーナロマンティコにて開催されていますチャリティーセール、

ご存知でしたか?

全店舗にて、入荷したばかりの春夏物の新作をはじめ

オリジナル商品も含めて全商品が10パーセントOFF。


そして売上の10パーセント(カード手数料は引かせていただきます。一部除外品あり)を

あしなが基金に寄付させていただくというチャリティーです。


レジィーナロマンティコのオーナーデザイナー、

阪口社長からのメッセージはをご覧いただくと、

阪口元美社長がこれまで継続して行なってこられた、

東日本大震災の復興を応援するためのこのチャリティーが本当に意義のある、

素晴らしいことだと思えます。

わたしたちも、お買い物をすることで、

少しでも、東日本大震災の復興に役立つことができるんですよね。


そんなわけで、私がこのチャリティーセールの間に、

手に入れたいお洋服は・・・・・いっぱいありすぎて困るのでありますが、

先日、苦楽園店に突入して、撮影大会してきました。

激写してくれたのは、桝井店長です。

でもまずは、私が激写した、いつもとってもチャーミングな桝井店長のお写真から。

この小さな格子柄のスーツ、イングリッド・バーグマンなど、

往年のハリウッド女優着ていたような、「女優クラシック」なデザインが素敵〜。

f0215324_058959.jpg


ウエストのくびれがかっこ良く強調されるデザインです。


f0215324_0573932.jpg




そして、こちらは入荷するなり、大人気だったブラックのスーツ。


デコルテの開き加減が上品で、エレガント可愛いデザイン。

スカートはふんわりとしたコクーンタイプ。


f0215324_0465083.jpg




そして、こちら、桝井ちゃんイチオシのちょっと辛口スーツです!

f0215324_10073.jpg



スカートの裾と、ジャケットのパイピングが大好きなヒョウ柄!!!

f0215324_2272032.jpg



もうーー、豹好きにはたまらないスーツですよね。

こちらは以前完売したものの、もう一度作って欲しい!という、

ファンの熱い声に応えて再び作った、復刻版。


こんなエレガントな豹さまなら、お仕事の場でも大丈夫そうじゃない?

f0215324_0592028.jpg



そして、こちらの新作ドレス!



うふっ。2年間の留学から帰ってきた、大好きな佳世ちゃんとのツーショット。

こちらの写真は先日帝塚山店に行ったとき、阪口社長に激写してもらったもの。

佳世ちゃんのシンプルシックなワンピースもかっこいいよね。


f0215324_1384781.jpg


NY的ファッションのクールなニャアンスを身につけた佳世ちゃんの着こなし、

とっても参考になります。

私のドレスは、デザインはフォーマルなんですが、

ネイビーなので

ちょっとカジュアルなテイストもあって、

フォーマルになりすぎず、着ていく場も広がります。

紺って実は、日本人にすっごく似合う色らしいの。

わたしも、大好きな色。

f0215324_238034.jpg



インポートのこんなジャージカーデガンを羽織っても違和感なし。



カジュアル素材のジャージと、

襟元にあしらわれたゴージャスなパールとのギャップが素敵でしょ?


f0215324_1415073.jpg



こちらはアイスグレーにチェーン柄の新作スーツ。


f0215324_0584932.jpg


f0215324_059752.jpg





お袖の折り返しと、

スカートが風に揺れたときふっと見える

フィーシャピンクとアイスグレーのコントラストが、とってもレジィーナらしい新作です。



ホワイトジーンズにジャケットを合わせても、お洒落よね。

スカートにはTシャツ、という組み合わせでもいい感じ。




そして、こちらは、これからの季節ちょっと肌寒いときに、

羽織るとあっという間にお顔が華やぐ、スプリングフリルコートです。

f0215324_047419.jpg





うーん。ほんっとに楽しかった。

レジィーナのお洋服を試着していると、なんだかとっても気分が上がります。

このあと、わたしは、

芦屋のたか木さんで開催された、長唄の夕べへと向かったのでした。

日本の伝統芸術を楽しみながら、ミシュランスターの旬の日本の味を頂くという、

雅びなひとときは、とっても贅沢で得がたい素敵な体験でした。

また追ってレポしますね〜。


苦楽園の桝井店長が書いてくれたブログはこちら

東京店スタッフによる、チャリティーセールのおすすめはこちら

by madamregina | 2013-03-11 02:38 | Regina Romantico

綺麗さび   

2013年 03月 04日
f0215324_041394.jpg



買ったまま、読まずに置いていた和楽3月号「茶の湯」の特集。



今日はちょっとだけめくってみました。


茶の湯・・・・・・。



ずーっと若い頃は、少しは習っていたお茶ですが、

いまや遠い昔の世界のこと。

でも、パラパラ〜っとめくっておりましたら、


「自宅でオフィスで、気軽に、センスよく、

茶の湯をはじめてみよう」

・・・という「自服の茶」の項を見て、

思わず、これなら私も出来るかな?とうれしくなっちゃったんですよね。


もちろん、美しき茶室で、

様式美にのっとって、お茶を立てるというのも素敵だけど、

そんなにたいそうに考えなくても、

ちょっと原稿の合間に自分でお点前・・なんて、いいよね。

もちろん、美味しい和菓子と一緒に。


で、その中にね、茶の湯と出合って30年あまりという、

稲葉賀恵さんが登場されていました。

写真は緑溢れる、彼女の事務所で、

「オフィスで飲みたいときに盆で一服」

というご提案。



そのお道具が、友人のアートディレクター渡邊かをるさんからもらった丸盆、

仲里隆(私も大好き)の唐津茶碗、

表千家の茶人、数江瓢鮎子(かずえひょうねんし)の茶杓という、

さすのセンス溢れる、渋い組み合わせです。


でね、私がいちばん、心惹かれたのは、稲葉さんのこの言葉。


「60歳を過ぎた頃から数江先生に、

『これからは綺麗さびを勉強しなさい』

と言われたんです。以来、綺麗さびが大好き」




「綺麗さび」・・・・なんて雅びで素敵な言葉でしょう。


この言葉、聞いたことはあったけど、

若い頃はその意味などとうてい理解することもなく、

また、興味を持たずに通りすぎてきた世界。


でも、この歳になって(っていくつよ?)ようやく、

「綺麗さび」が心にぐさっと刺さりました。


みなさんもご存知かと思いますが、

綺麗さびは、江戸初期の大名茶人、小堀遠州によって作り上げられた、

幽玄、有心の茶道のこと。

遠州は、近江の国に生まれ、幼少期より父新介正次に英才教育を受けて

千利休の弟子、古田織部に茶道の習い、徳川将軍家の茶道指南役となった偉人です。


寛永文化サロンでは、中心人物となり、作事奉行として桂離宮、仙洞御所、二条城、

名古屋城などの建築・造園にも才能を発揮した、

いわば、江戸時代の天才的プロデューサーであり、

マルチアートディレクターのような人なんですよね。


日本のレオナルド・ダ・ビンチとも呼ばれています。



遠州の代表的庭園といえば、大徳寺孤篷庵、南禅寺金地院など。


この方、生涯に400回あまりの茶会を開いたそう。

大名・公家・旗本・町人などあらゆる階層に茶の湯の素晴らしさを伝え続け、

王朝文化の理念と茶道を融合させて、「綺麗さび」という概念を導き出したのです。


「綺麗さび」は、ようはね、

千利休の「わび、さび」の世界と違って、

もう少し、開放的に誰でもがわかりやすく、

おもてなしの精神を象徴した世界じゃないかと思うのです。

わび、さびまで到達するのは、なかなか精神的修行も含めて、大変だし(笑)


言い換えると、

そのおもてなしの中にさらなる思いやり、優しさがあるということじゃないかな?

と私は理解しています。

ま、間違ってたらごめんやす(笑)


この遠州さま、

蹲(つくばい)で、こら、綺麗な音がする

あの、水琴掘(すいきんくつ)を考え出した人なのです。

それだけでどんなに粋人だったか、わかるよね。

そんなわけで、久々に買った和楽から、

小堀遠州の世界へと誘われたのでした〜。


で、これ読んで見ようと思うの。

f0215324_1284164.jpg


ちなみに、3月1日発売の和楽4月号の特集は、

きゃーーーーーーっ!

みなさまもきっとお待ちかね。

伊藤若冲特集です。

f0215324_131467.jpg



若冲に関しては、もう、難しことなんて抜き。

私は若冲の描く、虎や象さん、お猿さん、うさぎさん・・・

心が一瞬にして華やぐ、金色や、

こんな鮮やかな色の服が着たいなと思える、目も覚めるようなレッドや、

そして、繊細な鳥の羽なんかの描き方に文字とおり鳥肌〜(笑)


何より、そのお茶目な目線に惚れておるんですよ。


f0215324_148391.jpg



いつも、思っているの。

若冲のこんな図柄でエルメスのスカーフが欲しいなぁって。


f0215324_1431687.jpg



f0215324_1472549.jpg




ただいま、東北地方にて、
『「プライスコレクション江戸絵画美と生命ー若中が来てくれました』

開催中。

若冲コレクションの第一人者プライス夫妻が
(いつぞやテレビで観た、この方の海の見える家、凄かったね)

東日本大震災の復興を支援するため協力された、特別な展覧会。

収益はすべて被災された方々へ、もたらせるそう。

素晴らしね。

by madamregina | 2013-03-04 11:53 | Book

イタリア、フィレンツェの魅惑の香り〜   

2013年 03月 01日
f0215324_12114983.jpg


昨日の快晴とは打って変わって、

今日はたっぷり湿気を吸った、重々しい空気〜。


関西では夕方から雨がふるとか・・・・憂鬱だ。


こーゆー日は、

お部屋の匂いがなんとなーく気になります。

我が家はもうお魚もばんばん焼くし、

昨日、すき焼きしたら、

リビングがまるで「和田金」の個室のようなお肉の匂いがしているではありませんかっ!

いや、しかし、

こんな美味しそうな匂いなら、まだいいよね。

でも、家って自分では気づかない、ヘンな香りが漂いがち(笑)。

だけど、なかなかお気に入りのルームフレグランスがないのですよーーー。


もちろん、関西のマーサ・スチュアートのようなライフスタイルをおくる、

大好きなacoちゃんから頂いた、

Jo Maloneのルームフレグランスももちろん、大のお気に入り。

f0215324_1294323.jpg






でも、今回、いままで知らなかった、

とっても魅惑的なルームフレグランスを頂きました。




Facebookでもご紹介しましたが、

こちらでもぜひみなさまに知って頂きたく、UPいたしますわよ〜。




それは、

先日、ウェスティンホテル大阪の故宮でうれしい再会をした、
タイ在住の素敵なジュエリーデザイナー、神吉ジュエリーの佐知さんからのお土産。


そのときの楽しすぎるお話は、また追ってお写真と一緒に、
ご紹介しますね!



このフレグランス、

もうね、パッケージからただならぬオーラが漂ってるでしょ。

f0215324_1281752.jpg


f0215324_12155211.jpg


これは、イタリア、フィレンツェのルームフレグランス、

Dr. Vranjes ドットールヴラニエス。

Dr. Vranjesのフレグランスは、

最高品質のエッセンシャルオイルと天然の原料のみを使用、

すべてフィレンツェのラボで手作りされているんです。

これまで、私はロンドンの高級デパート、

セルフリッジスや、NYやLAのバーニーズなどで見かけて、

欲しいなぁ、と思っていました。

でも、正直、こーゆー高価なルームフレグランスって、自分のためには買えないよね。



サイトの説明文を読んでいると・・・

地中海の神秘的な雰囲気と、
トスカーナの庭の静けさからインスピレーションを受けて生まれたコレクションの数々…

なーんて、聞くだけでシビれちゃうじゃないですかっ。


このクラシカルなガラスのボトルもほんとに素敵。

f0215324_12114983.jpg



頂いたのは、ACQUA。

早朝の海岸の清々しい空気と透明な海の泡をイメージさせる香りなんですって。

f0215324_12171623.jpg


ますます素敵!

お家のリビングに置くだけで、なんだか気持ちがうきうきしちゃいます。

f0215324_12165387.jpg




ジュエリーデザイナーとして、

その類稀な素晴らしいデザインと高度な技術で、
タイはじめ日本のセレブリティたちからも、人気を誇る、
ご本人もセレブリティである佐知さん。

(とーーーっても美人そして、お優しい)



やはりそのプレゼントのセレクトにも、惚れ惚れです。

ほんとにありがとうございます。

めちゃくちゃうれしかったぁ!

Dr. Vranjes は、日本にもすでに上陸しています。

公式サイトのこちらのオンラインショップからも買えますっ。

アクアめちゃくちゃ、いい香り。

まさに早朝の海岸の清々しい香りと光り輝く海の水面をイメージさせて、

あたくし、気分は春を飛び越えて、

すっかり大好きな夏よっ!


f0215324_12175167.jpg



ちなみに、こちらは佐知さんのサロン、

ジュエリー神吉で創って頂いた、イニシャルペンダントです。

f0215324_11492518.jpg


もう、私のお友達、みーんな持ってるよ。

で、いまもう少しダイヤを増やして頂くため、タイに里帰り中。

いつも胸元にあるこのペンダントがないと、ほんとにさみしーーーー。

これはね、

幸運を呼ぶダブルライオンのペンダントと同じで、

とっても運気が上がる、まさに私のシグニチャージュエリーなのです。

by madamregina | 2013-03-01 12:25 | Luxurious Gift