<   2014年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧   

Parisのメゾンバカラとメゾンゲランのスターシェフ   

2014年 04月 29日

f0215324_23362245.jpg



f0215324_2335481.jpg



ともだちがこの明後日からParisに行くらしく、


「どこかええレストランはないかね〜」

と問い合わせがありました〜。

彼女たち夫婦はもう、何度もParisに行ってるし、

3ッ星もひと通り行ってる人たちなので、

Parisの友人にメールを送ってみた。

どこかおすすめはありますかいね〜と。


だって、わたくし、もうしばらくおParisに行っておりませんねんっ(さみしーーーーー)


そうしたら、

「そりゃ、いまいっちばん旬なのは、LE 68 GUY MARTINやーん」

と即効で返ってきた。

もちろん、他の旬のレストランもリストにあげてくれましたが、

あたくし、もう、Guy Martinの名前に釘付けになっちゃったよ。

マルタンさんはね、みなさま、ご存知の方も多いと思いますが、
Paris屈指の料理人、グランヴェフールのシェフであります。


グランヴェフールは日々進化するParisのレストランで、

揺るぎない地位を格式を誇る、王道の3ッ星グランメゾン。

かのヴィクトル・ユーゴーやコレットなども通った、由緒あるレストランなのです〜。


f0215324_2337712.jpg


わたくし、こちらのレストランには3度ばかし、お邪魔し、

マルタンさまにもインタビューいたしましたっ。

いやあ、マルタンさんは、

これまでインタビューさせていただいた、3ツ星シェフの中でも

その人間性が最も素晴らしいと感じさせるお一人でありました(はあと)

料理人にならなかったら、きっと絵描きになっていたよ、

とおっしゃるほど、彼が創りだすひと皿は、ルノワールの描く名画のように、

心奪われる美しさでした。

何度も来日もしているマルタンさま。彼のお料理を召し上がった方も多いはず。


何より印象的だったのは、グランヴェフールのスタッフが、

いわゆる、まかない料理を楽しく食べる風景。

そりゃあ、豪華なお料理がテーブルに並び、みなさん、ワインももっちろん飲んでました。

そして、マルタンも、ちゃんとその輪の中心に座り、

和気あいあいおしゃべりしながら、お食事されていて、

ああ、これこそが、同じ職場で働く者同士が、同じ釜のメシを食う・・・、

つまり、苦楽を共にするってことなんだな、と思った次第。

3ッ星レストランという苛酷な業務の中での、

一瞬の憩いのとき。

こんな時間があるから、みんなやっていけるんだよね。



そんなマルタンが、

バカラのクリスタルルームのシェフになったときも、大喜びしたわたくしですが、

今度は、なんとフランスの美の殿堂、ゲランのメゾンのレストランで、

腕を振るわれるとはーーーっ?!

バカラの歴史は250年。

そしてゲランの歴史も180年と、

いずれもフランスを代表する伝統と格式を誇る、

一大ブランドのレストランでその腕を振るう、マルタン。

ほんとに素晴らしい!

メゾンバカラは一度行ったことがありますん。



場所は麗しのパリ16区。

合衆国広場11番地にある、マリー=ロール・ド・ノアイユ(1902-1971)の邸宅だったところ。

ここでは当時、画家や作家、音楽家などアーティストを招いて、

毎夜華麗なるギャッツビーのような、

ゴージャスなパーティが繰り広げられていたとか。


そんなシーンを思い起こさせるようなクリスタルルームの華やぎ。

超カッコええです。

そして、バカラのシャンデリアの下で、バカラの食器でいただくお料理の、

そりゃあ、麗しかったこと。


f0215324_23375716.jpg


夢のような時間でございました〜。

そういえば、メゾンゲランのレストランにも、バカラのシャンデリアが堂々と飾られているようです。


今度、パリについたら、真っ先に行きたいレストランだね




というわけで、

以前、わたくしが以前、ブログに書いた、

メゾンバカラのクリスタルルームの話、

良かったら、読んでみてーーーーっ。


これも何度かご紹介してるので、耳にタコな人ごめんやすーー。

ちなみに、このブログをご覧になって、バカラの広報の方から、

メッセージを頂きました。ひゃーーーーっ(嬉)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【ヴィトン、エルメス、ゴヤール マン】

本日朝、パリより無事帰還いたしました。

フォンテーヌブローでのロケも最高のお天気に恵まれ、

無事終了。


翌日次回のロケハンをして、

翌々日、やっと念願のバカラミュージアムに突撃!

うふ。やっぱり素敵だったわね、

こちらはミュージアムとショップが併設された由緒ある建物で、

かのデザイン界のカリスマ、

スタちゃんことスタルクがすっげーエッジイな

現代的要素を盛り込み、

シャルル10世、ルイ18世たち世界の王侯貴族たちを

首ったけにしてきた、「王者たちのクリスタル」に

新たな息吹を吹きかけています。





常識を覆す真っ黒のシャンデリアも(一粒だけルビーをあしらっている)

スタルクルームに堂々と飾られていました。



しかし、今回私を最も興奮させたのは、

ミュージアム内にあるレストラン「クリスタルルーム」である。

麗しいシャンデリアが煌く中、バカラのグラスでいただく

フレンチの幸福・・・。



が、あいにくパリの友人がタヒチに行ってるので

ひとりでそのゴージャスなテーブルについたおいら。

「ボンジュー(ルは聞えない)マダ〜ム、

まずは何をお飲みになりますのことか? シャンパーニュ?」

「ウィ」

とうなづくおいら。メニュを見るとテタンジェのグラス1杯11ユーロ。

・・とその下に私の大好きなロゼの文字が・・・

でも16ユーロもするやん。約2200円。
でもそのギャルソンが

「ロゼにしとくあるか?」とニコーっと笑ったので、

気の弱いわたくしはうなづいてしまった。



しかしなんですね。

バカラのシャンペングラスでいただく

テタンジェのロゼはうめーっ。


前菜はフレッシュのフォアグラにオイスターのエキスを

封じ込めたカプチーノ仕立てのソース。

こ、こ、これが美味しすぎるのよ!とほぼ恍惚の眼差しで

食べておったら、すぐ横のテーブル(手前のソファはつながってるので、

距離が非常に近い)に人々の視線を独り占めする

奇人的なムッシュがひとり座られた。

で、隣りの私のお皿に視線を泳がせ、

「誠にぶしつけでありますが、

その料理は何でありますか?」と聞くので



「フォアグラのオイスターソースやで。美味しいで」

といってあげた。

その料理をオーダーし、メインにはサンジャック。

オジはグラスシャンパンのロゼを頼み、

あっという間に2杯目。おっとそうこうするうちに3杯目。

クソっ。



のちにお話するとこのおじさまはファイナンシャルビジネスを

手がけるドイツ人で、今回のパリ出張では

フォーシーズンのジョルジュサンクに泊まってるらしい。



なんでもヴィトン、エルメス、ゴヤールのアンティークものの

コレクターでもあるおやじ。

わたしら平民が考えると、バッグやスーツケースなどねーと

思うが、その大半はデスクとか、

エルメスのオールドチェアとからしく、

サザビーやクリスティのオークションで手に入れる

レアものらしい。

携帯のカメラで自分ちのリビングに飾られたエルメスや

ヴィトンのコレクションを見せてくれたが、

エルデコに載るような宮殿のような邸宅でありました。



そうなのね。

グラスシャンペンをロゼで何の心配もなくバンバン飲める人は

きっとこういう人。

お話に花が咲いていると

「このレディにロゼのシャンペンを!」


とごちそうしてくれました。



ちなみに、このあと「エルメスヴィトンゴヤールマン」は、

シャンゼリゼに新しくオープンしたルイ・ヴィトンで、

限定グッズを買いに行けば?とサジェッションしてくれた。

行きました。

凄い列でした。

思いっきりバカにしてたけど、

せっかく来たので、はじめて並んでヴィトンに入ったよw



もうひとつエルメスヴィトンゴヤールマンがすすめてくれたのは、

マドレーヌのフォションの前にある

「メゾン・ド・トリュフ」のお店。

おいらが死ぬほど好きなホワイトトリュフ花盛りの時期だったので、

こぶし大、おサルさんの脳みそみたいなホワイトトリュフが

店頭に並んでましたとも。

そのお値段を見て、驚愕!

1キロ4000ユーロ(約56万円)。マジーっ?!

高いとは聞いていたけどね。

これで以前NYのイタリアンレストランで、

ホワイトトリュフのパスタをオーダーしたら、

お皿の上で削ってくれたトリュフがティッシュペーパーの

ように極薄だったことがわかったわ。



ロゼのシャンペンを飲んだり、

ホワイトトリュフを買ったりするのは

あぶく銭で買うのが掟。

そうあのエルメスヴィトンゴヤールマンのように・・。

汗水たらして働いたお金で買うなんて、

知性が許さないわ・・・・・とひとりごとを言いつつ、

寂しくパリのメトロに乗る松澤であった・・・



Le Grand Véfour



Cristalroom

(音が出ます)


LE 68 GUY MARTIN

by madamregina | 2014-04-29 23:42 | Gourme

雨に濡れた新緑を眺めなら…   

2014年 04月 29日
f0215324_14384914.jpg



今日はなんにも、予定がなくて、

お家でのんびり、しています。

気の合う素敵な仲間たちと、

お洒落して、

シャンパン飲んで、

ご馳走頂くのも、大好きだけど、

ひとりの時間も、好きだす。


相方にはいつも、

「ホームレスでも、もうちょっとマシな格好してるで」と、

言われる、

ズルんちょ楽チンな

家着で、

窓の向こうに広がる、

雨に濡れた、鮮やかな緑、

眺めてるねん。

最近、なにやら外出も多く、

家の掃除も滞っておりました。

家は、自分の心の居場所。

きれいにしなきゃ、ね。

なーんて、柄にもないこと、

考えながら、

もうすぐやって来る、

大好きな夏に思いを馳せとりますっ。

ふが。

みなさまは、何をされていますか?

by madamregina | 2014-04-29 14:36 | Comments(0)

レジィーナロマンティコ史上初!オリジナルジーンズ誕生!   

2014年 04月 29日
f0215324_1114348.jpg



f0215324_1115144.jpg






みなさまーっ。

ぜぃぜぃっ。

ようやく、運命のジーンズに巡り会えましたっ。

なんとなんと!

我が愛するレジィーナが、3年の歳月をかけて、開発した、

どーんな体型の人にも、

どーんな年齢の人にも、

絶対にかっこ良く着こなせる、魔法のジーンズ。


さっそくサンプル履かせていただいたら、

きゃー!

優しいストレッチで、

ふんわりとフィットしつつ、

ヒップもビシっと引き締めてくれ、

f0215324_111481.jpg



足の形もさりげなーく包み隠してくれて、

インナーの色もうつりませんっ。

f0215324_1114093.jpg




おいらもう、

やっと、理想の王子様に出逢えた気分になったよ。

ジーンズ番長、壁ちゃんが、

細部の細部まで、こだわりぬき、

愛と情熱で、ようやく形にした、

まさに、夢のジーンズ。

私のような下半身どすこいタイプも、履きこなせるなんて、もう感激だーーーーっ。

f0215324_1115482.jpg




お股問題も、妙に食い込むことなくクリア(笑)



率直に言いますわよ。

わたしほど、ジーンズが似合わない女、おりませんっ。

なのに、悲しいことにそんな女ほど、ジーンズが大好きときてる。

若き日々は、Levisの501を神とあがめ、

JWウェストンのローファーに合わせたりしたけどさ、

正直言って、もう、短足さらに拡大(ひーーーーーーー)

ときにはアメリカのセレブジーンズを試したりしたけど、

ほっそいねんっ。細すぎるねん。

あんなん、カモシカぐらいしか入れへんのんと違う?

と散々悪態ついてきましたが、

まあ、スタイルのいい方にはわからない、悩みかと思います・・

それで仕方なく、アバクロのボーイズとか、

ホリスターとか履いておりましたが、

これも、ね〜。もう、50歳過ぎて、どない?(笑)


そんなジーンズジプシーのわたしが、

ようやく、出逢えた、究極の夢のジーンズ。

探し求めてきた、王子さまに、やーっと出逢えた気分よ。

f0215324_1114991.jpg




この1本があれば、お洒落の幅が、どんどん広がるよね。

レジィーナのスーツのジャケットにもどんどん合わせて、
いろんな着こなしを楽しみたい。


f0215324_1114413.jpg



ブルージーンズとの2色展開で、

5月半ば入荷予定でっす。

はーっ。


おいら、もっちろん、二つとも予約しましたともっ!!!!!


みなさんもとにかく、一度試着してみて!
(現在Mサイズのみ、帝塚山店にあります)

いっぺんに首ったけになるから。

レジィーナが満を持してこの世に送り出す、

我らの救世主、最高のジーンズでございます〜


f0215324_1115482.jpg


f0215324_1114640.jpg

by madamregina | 2014-04-29 12:27 | Regina Romantico

【すきやばし次郎→てんぷら近藤→NYのHONMURA ANの話】   

2014年 04月 28日
f0215324_1493227.jpg



FBのお友達がシェアされていた、日刊ゲンダイの記事。

みなさま、ご存知でしたか?

「オバマ大統領より予約客優先 銀座「てんぷら近藤」の心意気」。

っていう、大変魅力的なタイトル。

えっと、オバマ大統領が訪れたのは「すきやばし次郎」でしたが、

最初は銀座の「てんぷら近藤」も候補に上がっていたそうな。

でも、ご主人の近藤氏が、

「ウチには数カ月前から予約した客がみえる。

いくら大統領のためでも、予約客を帰らせるわけにはいかねえ」

とおっしゃったのだとか。

いや、渋いですね〜。「てんぷら近藤」のご主人。

名店こそ、こうでなくっちゃね。

こちらはミシュラン2ッ星で、ひとり約20000円ほどのお店らしいのですが、

まあ、わたくし、ミシュランとかは、ぜんぜん、興味ありませんが、

このご主人が揚げる天ぷらは食べたくなった。

で、ここで話ちょっとそれるけど、いい?(笑)

オバマさんは「すきやばし次郎」で極上鮨を食べられて、

いままでで最高!と感動の嵐だったそうですが、

記者に、アメリカではどこのお寿司屋さんが好きですか?と聞かれて、

なんて答えたと思う?

「ワシントンDCのすし太郎」

ひーーー。

いやすし太郎にはなんの罪もないけど、次郎さん、

米大統領に「ここは最高!」と言われても、なんだか微妙なんじゃないかと、思ったりw.

わたしね、正直言いまして、アメリカの方々で、

ジャパニーズフードの真髄がわかる方って、少ないんじゃないかと、いつも思っていますん。

もっちろん例外も多いでしょうが・・・。

それで、またまた話はそれますが、

かつてNYのSohoにあった、HONMURA AN(東京の本村庵のNY店)というお蕎麦屋さんが、

わたしはとっても好きでした。

NYに行きたいのか、HONMURA ANに行きたいのか、もう、ようわからん、というほど、

この店に惚れ込んでいた時期(約10年)もあります。

ウニそばや、鴨せいろ、小柱の天ぷらとか、日本で食べるお蕎麦以上に美味しい、と、

当時はぞっこんでした。

いや、NYで食べる日本蕎麦だったからこそ、美味しかったのかなぁ。

この話、何度もエッセイなどにも書いておりますが、

わたくし、このNYの名店で、きら星のごときセレブリティたちに遭遇いたしました。

坂本龍一さんにはたぶん10回ぐらい会ったんじゃなかろうか?

わたしも2ヶ月に1度ぐらい行ってたけど、

龍一さんはNYに住んでおられた頃で、ほぼ毎日来てるんじゃないか?ってほどの勢いでした。

日本からNYに来た、有名なスターも数知れず。

もっちろん、オノヨーコさんも贔屓にされていたお店。

わたしはここで、サラ・ジェシカ・パーカーと旦那のマシュー・ブロデリックにも会いました。

すぐ後ろのテーブルに座ってた。

サラがSATCで大ブレークしていた頃だったけど、

お店の人は知らん顔(実際知らなかったと思う)で特別待遇もなしで、

もちろん、予約してたみたいでしたが、

テーブルは私たちのほうが、プラチナテーブルでした。ふが。

アメリカのレストランによく行かれる方は、ご存知かと思いますが、

とにかく日本人、アジア人はシベリアの席に案内されることが多いのよ。


これ、ほんっとにアタマに来るんですが、

HONMURA ANは平等だったな。

とっても平等。

でもやっぱりちょっとだけ、日本人優先だったか?(笑)

いえいえ、日本食のレストランだからじゃないんです。

アメリカにある、日本食レストランでも、

同族をないがしろにして、白人優先っていう、けしからんお店もありますから。

で、このHONMURA ANでのサラたちのオーダーの仕方に度肝ぬかれたって話よ。

彼らが食べていたのは、香り高いデリケートなせいろ蕎麦。

でも、何飲んでたと思う?

コークよっ?!

マジかっ?!

あんなにデリケートなお蕎麦にコークって・・・。

そういえば、このとき、相方が先にサラを見つけたわけですが、

もちろん、彼はSATCなども見ていませんから、

サラのことほとんどわかってません。

で、私に言ったのが、

「あの人の持ってるバーキンはぜったい偽物やな?」

って。

ひえええーーーーー。

サラは当時、ほぼ入手不可能に近い、

ブルージーンのバーキンを自慢気に持っていましたが、

当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった、ハリウッドスターに、偽物ちゃうん?

って、失礼ちゃうん?w


でーー。話だいぶそれたけど、

何が言いたいのかと言いますと、

ここで冒頭のお話につながるわけでありますよ、奥さん。

このNYのお蕎麦の名店。

なんと、ブラピといえども、オノヨーコといえども、

予約してなかったら、お店の前で待つのが掟!っていう、恐るべき店だったのです。

たとえば、セレブ大歓迎で、

とにかくセレブとみれば、依怙贔屓しまくるビバリーヒルズの人気レストランとは大違い。

とにかく先に予約していた人が優先。

ずるなし。あと入りなしっ。

わたしはここで、寒空の中、

オノヨーコさんがお店の前で、待っておられたのを1度目撃したことがあります。

ブラピは一度も遭遇しなかったけど、ご主人に伺うと、

2度ほど予約なしでやってきて、外で待ってもらいました・・なんておっしゃってた。

いやあ、このお店なら、たぶん、オバマさんであろうが、

予約なしで、来られたら、お断りされていたと思います。

店主は江戸っ子でしたからね〜。

やっぱり近藤さんと通じるところがあるのかしらん?

という、お話でした。


※オバマさんのその記事はこちら〜
http://news.livedoor.com/article/detail/8777155/

by madamregina | 2014-04-28 01:49 | Gourme

お天気のいい週末はBBQ〜   

2014年 04月 27日
f0215324_12192069.jpg



ようやく暖炉を炊かなくてすむ、季節の到来っ!

とはいえ、昨日は日が落ちると、急に冷え込んで、暖炉に再び火をつけましたーーーーっ。

ふがーーっ。

で、この季節になると我が家の週末は、お天気のいい日は、BBQと決まっております。

いえ、みなさまがされるような、素敵なBBQではなく、

キッチンの延長というか、大したものはほとんどありませんっ。

まあ、テッパンでお肉やチキンを焼くかわりに、

炭火で焼くと、そりゃあ、美味しいねんっ。

ごくふつーーーのソーセージだって、もう、うっまうま。

泡だって、1200円ぐらいのロゼだったり、もう、ぜんぜん大したBBQじゃないんですけどね。

ある日はイタリアのスプマンテのロゼ。

f0215324_21282790.jpg


でも、お友達のみっちゃんからもらった、

千疋屋総本店のナッツやドライフルーツで、きゃ、美味しいねん。



でも、昨日は、ちょっと素敵なシャンパーニュをいただきました。

去年のバースデーで、お友達が、ハワイのハレクラニまで届けてくださった、
シャンパーニュ。

f0215324_12161135.jpg


このときは、ハレクラニのAさまからの素敵なシャンパーニュを頂いたり、

いろいろ他にもプレゼントしていただき、

ハワイでは飲めなかったので、

せかく持ち帰りましてw,

なんと10ヶ月近く保管しておりましたん。ふがふが。

※ちなみにこのとき着ているレジィーナのアメコミドレス、
いまも大人気だそう。お洒落なリゾートではマストですからーっ。
まだ少し在庫がありそうなので、欲しい方は急いでーーー。


f0215324_14173315.jpg



これ、ハレクラニのハウスシャンパーニュのようです。

f0215324_122107.jpg


わたしが愛してやまない、ハレクラニの気配を感じたよ。

もっちろん、ヘレ肉を炭火で焼いて、

揚げたてガーリックをまぶしていただくのも美味しいのだけど、

去年から登場した、我が家のエースは、

これ!

ハワイ産のMINATOのBBQソース。

f0215324_21283049.jpg



もう、チキンなどこれにマリネートして焼いたら、

きゃーーーーー、たまらんっ。


しっかし、今年から、さらに最強のシーズニングが登場いたしました!

玉ちゃんのハワイのお土産。

いまハワイのセレブたちの間で、BBQではマストなシーズニングらしい。


f0215324_12284237.jpg



カウアイ島のフレッシュなコーヒー入り。

でも、コーヒーの香というより、複雑で奥深いハーブの香りがして、

素材じたいも、とってもふくよかな味わいにかわります。

さすが!



BBQのときは、フリッターをするのもお約束。

屋内のキッチンで揚げたものより、

なんでだろう、めっちゃ美味しく感じちゃいます。

この日は、貝柱、サーモン、そして、我が家の庭で育った、アスパラのフリット。



で、BBQのいちばんの楽しみは、

相方特製のポテチです(笑)

f0215324_21283249.jpg



安つく女でごめんやすー。

ふがっ。

by madamregina | 2014-04-27 12:32 | Country Life

4周年を迎えた本町のフレンチカルト・ブランシュでメニュー・プランに参加します!   

2014年 04月 25日
f0215324_16585777.jpg





私が大好きな本町のフレンチレストラン、

「カルト・ブランシュ」さんが、本日4周年を迎えられました。

Congratulations on your 4th anniversary!!!

こちらにはじめて伺ったのは、4年前、オープンしてすぐのとき。
空間を手がけられた、間宮吉彦さんに連れて行って頂いたのが、
きっかけです。

御堂筋に面した、ビルの地下。
どこか、Parisのマレに佇むようなお洒落であったかみのあるプチメゾン。

ひとめで恋に落ちました。

間宮さんが手がけられた、空間の色彩は、「白」。

【カルト・ブランシュは白いバラ。白いバラが重なりあって描く白色がこの空間の色彩(『間宮吉彦の間 店=空間デザイン録』より)】
シンプルだけど、とても上質な空間です。

オーナーのマダム、加藤沙織さんはわたしのお友達でもありますが、

美人でかっこよくて、あったかいHeartの持ち主。

彼女の人柄にひかれて、訪れるゲストも多く、

その顔ぶれも、あっと驚く関西のセレブたち〜。

そして!もちろん、お料理もすばらし~のです。

シェフの島岡雄一さんは、20代でフランスにわたり、

アヌシーの3ツ星レストラン 
「マルクヴェラ」などで修行を積んだ、才能豊かな料理人。

伊豆修善寺のオーベルジュ 
「アルカナ・イズ」にもいらっしゃいました。

最近フレンチは、ちょっとしんどいかな?~と思える人でも、

島岡さんのお料理なら、きっと毎日でも食べれますっ(いや、食べたい)

上質な旬の素材を引き立てるテクニックと情熱が、

並外れていると思います。

そして何より、シェフもめっちゃチャーミングなお人柄。

でーーーーーっ!

みなさまにお知らせでございますーーーっ!

実は、このたび、カルト・ブランシュさんとのコラボで、
わたしがほんとに食べたかった、
ゴージャスで、身体にも優しく、
そして艶肌、艶人生になるための、
世にも素敵な美食メニューを、作っていただくことになりました。

カルト・ブランシュの新生メニュー、
もうすぐみなさまにお披露目できると思います!

どうぞ、お楽しみに!

■カルト ブランシュCarte Blanche


営業時間
ランチ :11:30〜14:00 (L.O.)
ディナー:17:30〜21:30 (L.O.)
定休日:毎週火曜
   (祝日の場合、翌日水曜)

TEL 06-6252-0880

〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺4-1-1 B1
地下鉄本町駅13番出口より徒歩3分

by madamregina | 2014-04-25 16:50 | Gourme

有馬へ、ワンデートリップ!   

2014年 04月 22日
f0215324_23372612.jpg



今日は、

有馬へワンデイトリップしてきましたー。


といっても、我が家からドア・ツー・ドアで20分ほどなんですけどね(>_<)


でー、まずは、金泉につかりまして、

サウナで、汗を流して、

緑の水シャワーブースで身体を冷やして、

再び、温泉。

いやあ、やっぱり温泉はええなぁ。

素晴らしいデトックスです。


ああ!気持ちよかぁ。


誰もいなかったので

写真も撮っちゃった。

f0215324_23423389.jpg







こちらは、プルメリアなんば店で、この前お願いした、ブルーのペディキュア。

f0215324_23423746.jpg




このマダムフレンチも好評なんですって(うれしーーー)

f0215324_23372386.jpg




そしてー!

有馬といえばもちろんっ、

私のサンクチュアリ、

CAAZEオーガニックスパへ。


f0215324_23424194.jpg





f0215324_23423989.jpg



BRのオートクチュールリフティングフェイシャルと、

ボディトリートメントをして頂き、

またもや、幽体離脱。

究極の心地良さ。

やっぱり最高すぎますっ。

で、ただいま、
かなーり素敵なプロジェクトも進行中。

うふ。もうすぐみなさまにも、アナウンスいたしますね!

今日一日有馬で、癒され、新たなエナジーも、

もらえたので、新しい仕事も、ばっちりやな。


で、いまから原稿も書きますよっ。



わたしがいつもCAAZEオーガニックスパで、
受けている、
フランスマダム御用達のスキンケア、ビオロジックルシェルシュ(BR)の

リフティングフェイシャルや、

バランシングボディトリートメントは、

以下でも受けられますよーーーーーっ。



The Day Spa 


■The Day Spa Osaka

〒541-0046
大阪市中央区平野町1-8-14 北浜TDSビルヂング2F
TEL:06-6227-8085
営業時間 11:00〜20:00
定休日 毎週月曜日


■SPA & WELLNESS Joule

〒160-0023 東京都新宿区西新宿2-7-2
[ハイアットリージェンシー東京]
TEL:03-3348-1234(ホテル代表)
営業時間 10:00〜22:00


■CAAZE Organic SPA

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1304-1 
[有馬グランドホテル(B2F)アクアテラス&スパ]
TEL:078-904-0181 
営業時間 14:00〜22:30(最終受付21:00)



by madamregina | 2014-04-22 23:48 | The Day Spa

新しい服が憧れの場所に連れていってくれる。   

2014年 04月 21日
f0215324_1843871.jpg




あのね。

今朝、すごく、素敵な夢を見たのーーー。

ふふ。

お察しの通り。

イギリスのスーパースター、Michael Ball君よっ。


なんか夢の中で、

すでにロンドン行ってるんですけど(笑)

ほんで、

彼が出演するBBCラジオ局のステージ・ドアにいるあたくし。
(これは現実と一緒やな)

で、マイケルが出てきて、

なぜかわたしがこんなこと口走るのだ。

「あなたとはたぶん、何世紀かかっても、

デートは出来ないと思うけど、

でもそれでいいんです・・・」


ひょええええー。けなげなじゃいかっ、おれっ。

すると、マイケル君が、

突然、


「じゃ、いまからデートしよう」

って。

マジかーーーーーーーっ(夢でも失神しそう)

で、まずは、マイケルとセレフリッジ(ロンドンいち、お洒落でハイブランドを揃えているデパートです)に行くねん。

なんでセルフリッジかと申しますと、

たぶん、昨年彼のツアーでロンドンに行ったとき、

オフのときに彼がTwitterでセルフリッジでショッピングしてるよーーー

とつぶやいていたことが要因かと思われますw

そのあとランチに行ったり(どこか特定できないそれこそ夢のような場所)

「ディナーも食べよ」

と言われて、まさに夢心地(って夢やんっ)

そして、これまたお洒落なロンドンのデパート、

リバティの高級なお花屋さんで、

ブーケも買ってもらって、

たぶん、いま、わたしは、一生でいちばん幸せのとき〜と

思いつつも、

あれ?これ、おかしいよ。

ぜったいおかしい。

って、夢の中でさえ、

マイケルとの幸せに陶酔できない、

悲しい習性が身についた、オレ。


それでも、夢が覚めたとき、ハッピーホルモン出まくりなうれしい夢でした〜。


でもでもでも、きっと、いつか、

マイケル君とデートできる日が来ますように(悲願)

望みは高く持たなきゃね。


そのときは、

お気に入りのレジィーナの

リトルブラックドレスを着るーーーっ。

これは3月のトークショーのときにも着ておりましたドレスです。

f0215324_18134226.jpg



こちらは元美さんと、元美さんのお友達のたかちゃんと。

レジィーナのHPのスタッフブログのアイコンにも、

たかちゃんは登場しておりますっ。

f0215324_18162320.jpg



f0215324_1875145.jpg


一枚のフリルが、ドレス全体を取り巻いてて、

ゴージャスにして、可憐。

マイケルとのランチには、

ロンドンのIVYあたりに行きたいと思っておりますが、

このドレスを着ていくこと決定!


わたし、いつも思うんですけど、

ちょっと高いけど、欲しいな!と思ったお洋服や靴、

そしてもちろん、ジュエリーや時計って、

思い切って買うのがいいよ。

そしたら、
きっとそのお洋服や靴、ジュエリーたちが、

いつも憧れていた場所に

連れて行ってくれるから。

そういうの、ぜったいあるとわたしは、信じてる。



※このブラックドレスの詳細はこちらをチェック

by madamregina | 2014-04-21 18:08 | Regina Romantico

The Day Spaのセラピストたちによる、裏ワザ美容テクニック   

2014年 04月 21日
f0215324_15495211.jpg




みなさまーっ。


わたしが愛する、美の殿堂、北浜にオフィスを持つ、

The Day Spaのサイトをご覧になったことありますかっ?!



わたしの友人でもある、CEOの河崎多恵さんのインタビューをはじめ、

f0215324_15472952.jpg


美容界で活躍するカリスマたちによる、

Bearuty Bibleなど、

f0215324_15475574.jpg


ほんとに、読み応えがあるページが満載なのです!

もちろん、The Day Spaが扱っている、スキンケアについてのページ、

セラピストを目指す、リクルートのページも人気です。


で、今回わたしがご紹介したいのは、

The Day Spaの優秀セラピストたちによる、ブログ、


スパの癒しサロンなら北浜にあるザデイスパ


中でも、裏ワザ美容テクニックは、

わたしも知らなかった、スキンケアのふかーいお話が紹介されています。

たとえば、ナチュラビセのわたしにとっての神的マスク、

アイスリフトマスクについて書かれた、


【気持ちがハッピーになる!?不思議なマスク】

f0215324_15201439.jpg



ナチュラビセの素敵なセラピスト西村華林さんの文章は、

とっても、説得力がありますっ。

「ナチュラビセ アイスリフトマスクは、

別名ハッピーホルモンと呼ばれるβエンドルフィンの分泌を促す成分が入っています。
この成分の効果はもちろんのこと、

気になるフェイスラインがキュッと引き締まり、

マスクの後のお顔を見ると、

それはそれはハッピーな気分になれます」




もう、ぜったいすぐに使いたくなるよね。

だって、彼女たちは、日頃、美について、

そしてスキンケアについて、あらゆる製品を試し、

研究を重ねる、まさに美のエキスパートたち。


そのキャリアと審美眼に基づいた、

美のプロフェッショナルによる、

本音炸裂のブログ、ぜひ、読んでみてくださいね!




The Day Spa Osaka

〒541-0046 大阪市中央区平野町1-8-14 北浜TDSビルヂング2F
TEL:06-6227-8085
営業時間 11:00〜20:00
定休日 毎週月曜日


by madamregina | 2014-04-21 15:50 | Madam's Beauty

今井のうどん寄せ   

2014年 04月 20日
f0215324_1552213.jpg

f0215324_15522324.jpg

f0215324_15522444.jpg

f0215324_15522515.jpg



今日の夕ご飯は、
今井のうどん寄せです!

なず、うどんすきと、言わないのか?

うどんすきは、美々卯の登録商標なのだそう。

で、うどん寄せと、呼ぶように。

以前取材したとき、そう仰ってました。


先日リーガロイヤルに行ったとき、

地下の今井さんで、

宅配お願いしたんです。

もちろん、道頓堀の今井さんでも、
お願い出来ます。

野菜もみんな入ってるので、
なーんにも用意しなくて、いいの。



お出汁もおうどんももちろん、
入ってます。

ほんとに楽チン。

クール便を使って、
2人前で、1万円ちょっとです。


私は美々卯より、好きだな。


今井のお出汁はかつおたっぷり、
ほんとに美味しい!

海老も車海老だし、
貝柱も超新鮮。


お店では食べれない、つみれが
入っているのも、うれしいんです。


で、

お酒はイカリスーパーオリジナルの、
スパークリング酒。

今日は寒いからあったまろ。

ふがふがw

by madamregina | 2014-04-20 15:46