<   2017年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

毎年恒例、バースデーステイ@ハレクラニ   

2017年 08月 31日
f0215324_09013015.png




みなさまー。

アローハ!


ちょっと前からハワイに来ております。

f0215324_09114164.jpg

ギリギリまで仕事、
寸前まで、パッキングして、
相変わらずの出たトコ勝負よ(≧∀≦)


でー。
荷物は、行きからすでに
大八車状態っすね。



しかし!

ザルさん、
出発カウンターでのチェックイン、
めちゃ並んだんですが…。きー。


グローバルメンバー、
ブジネス、
の中に、
プレミアムエコノミーを
入れるって、
どうなんですかっ⁉️

列にお並びのみなさま、
かなーりお怒りでした。

いや、こんなん、peach並みじゃん。

お願いしますよっ。

もー、やっぱりプライベートジェットにしたらよかったわー(≧∀≦)



で、
ラウンジで
泡だけ…と思いつつ。



カレーもやつぱり。

<<r>

その上

ミニお好み焼き、
たこ焼きまで食べちゃった。

ごちそうさま。

そしてー。

ザルさんのシートはしかし、
キューくつでした。

<<
f0215324_09091123.png
r>
<<
f0215324_09091847.png
r>

たぶんデルタ子さんの方がマシ。

でも、サービスはやっぱりジャルさんよね!

<<r>





by madamregina | 2017-08-31 08:47 | Halekulani | Comments(0)

ダイナースクラブ✖︎松澤壱子 〜美食と美酒の特別な宴@芦屋 たか木〜   

2017年 08月 29日
f0215324_21263681.jpg


f0215324_21263789.jpg
※こちらをトップにしております。他の記事はこちらの下に続いております。


さてーー。
昨日は、
こちらでもアナウンスさせていただきました、

Diners Club ×松澤壱子の
お食事会が

芦屋の京料理 たか木さんで
開催されました。

f0215324_21263764.jpg



参加してくださったみなさま、
それぞれとても素敵な投稿してくださっていて感激です。

ダイナースクラブさまとのはじめてのコラボレーション企画、
京料理✖︎キャヴィア✖︎最高級シャンパン
の幸福な融合、
スーパーエクスクルーシブなお食事会は
月の輝く夜、
大盛況のうちに終了いたしました。

f0215324_21263800.jpg




ダイナースクラブは1950年に New Yorkで、
世界でいちばん最初にアメリカの
実業家のマクナマラと友人の弁護士シュナイダーによって設立されました。

きっかけは、ニューヨークのレストラン。

食事を終えたマクナマラは財布を忘れてきたことに気づき、

急いで郊外の自宅に電話し、
夫人に現金を届けてもらいました。

それでも、
レストラン内で財布の到着を待っている間の気まずさから、

彼は友人のシュナイダーに相談し、
二人で1万ドルずつ出し合って、
ツケで食事ができるクラブをつくることに。

そのクラブの名前は食事をする人という意味の「ダイナース」。

ここに初めてカードさえあれば、
自分の顔を知らない店でも食事ができるクラブができたのです。

そして、日本では、
プラスチック製のクレジットカードの発行を一番始めに考案し、
使いだしたのも
日本のダイナースクラブなのです。

ダイナースクラブさまとの
第一回目お食事会は、

そんなプレミアムなカードの
歴史的背景に相応しい
素晴らしいイベントだったと思います。

f0215324_21263886.jpg


f0215324_21263996.jpg



京料理 たか木のご主人、
高木一雄料理長のお料理は、
フランス産Sturia社のキャヴィアの1キロ缶を贅沢に使った、
素晴らしくラグジュアリーなもの。

f0215324_21264078.jpg


f0215324_21264028.jpg



そしてたか木さんならではの、
季節を堪能する見事な京料理でした。

f0215324_21264188.jpg



f0215324_21264183.jpg


f0215324_21353207.jpg


f0215324_21361802.jpg


f0215324_21382065.jpg


f0215324_21523379.jpg


f0215324_21414940.jpg


f0215324_21372378.jpg

f0215324_21422038.jpg


f0215324_21515394.jpg



またVranken Pommery Japanの西日本マネージャー
中村英章氏のセレクトによる、
Pommeryのエクスクルーシブなシャンパンが、
たか木さんのお料理をさらに輝かせてくれました。

f0215324_21451088.jpg



f0215324_21542059.jpg

f0215324_21442093.jpg


f0215324_21453350.jpg

f0215324_21433636.jpg



f0215324_21465720.jpg

f0215324_21473188.jpg


参加してくださったみなさまも、
シャンパンやキャヴィアに負けない
きっらきらな輝きで、

楽しいお喋りとともに、

終始、あたたかな空気が流れ、
素敵な人たちと囲む美食や美酒は、
人生をほんとに豊かに
してくれることを
再発見したお食事会でもありました。


f0215324_21544529.jpg

こんな素敵なお食事会を実現させてくださった、
ダイナースクラブのみなさま、
たか木さま、

そしてVranken Pommery Japanさまに
心からお礼を申し上げたいと思います。

ほんっとに幸せな忘れがたい夜となりました。



そして、
参加してくださったみなさま
ありがとうございました!



f0215324_21561367.jpg


by madamregina | 2017-08-29 11:57 | event | Comments(0)

今日のランチは2分30秒!   

2017年 08月 19日
f0215324_14122308.jpg




さてー。

わたくしの本日のランチは、
グラホのピーナッツ冷麺よー。

f0215324_14122345.jpg



キットの中にはこれだけ入っています。


f0215324_14122443.jpg



f0215324_14122532.jpg



まずは、
麺を2分間茹でて、
氷でしめます。

f0215324_14122581.jpg



水をしっかりと切り、
お皿に麺を入れて。


f0215324_14122614.jpg



具材を乗せまして…





f0215324_14122601.jpg



備え付けのピーナッツのタレをかけ回す。


f0215324_14122744.jpg



もー、たったこれだけで、

出来上がり!
f0215324_14122816.jpg



所要時間たったの2分30秒。




クラゲのクオリティも
むちゃ高いです。

コリッコリで
いい塩梅の味付け。

高級中華の味ですね。


焼き豚がこれまた、まいうー。

きゅうりもパリッパリ。
錦糸卵もフレッシュです。

そしてー!

ピーナッツベースのタレがブラボーなんです。

グラホの搾りたてピーナッツを使用しているので、香ばしくて濃厚で、
これ、
ちょっと他にはない美味しさなのー。

たった2分30秒で
こんな簡単に、
こんなに本格的な冷麺が
食べれるなんて!

もう。感動のピーナッツ冷麺。

え?

まだ食べたことない?

まったくもって
あかんがなー(笑)


グラホやっぱり最高やね。


お店まで行けない方は、
オンラインでぜひ。
冷蔵便で送ってくれますよー。

何かと忙しい日々。
でも、家族にはちゃんと美味しいものを
食べさせたい!

手抜きだけど本格派。
そーゆーのがいちばんよね。

グラホのキットならそれが叶います。

他にも簡単で美味しいキットが
たくさんあるので、
チェックしてくださいね。

f0215324_14122809.jpg


グランドフードホール



住所 / 〒659-0091 兵庫県芦屋市東山町6-6 TEL / 0797-35-2020

営業時間 / 10:30am ~ 8:00pm <日曜・祝日は6:00pmまで【不定休】

JR「芦屋」駅より徒歩13分 ・ 阪急神戸線「芦屋川」駅より徒歩12分


by madamregina | 2017-08-19 13:55 | グランドフードホール(グラホ

夏バテにも石垣島の命草を煎じた富茶!   

2017年 08月 16日
f0215324_12120850.jpg



このところ、大食が続いております(笑)
でも、わたしは今日はぎょうさん食べたな、飲んだな、
というときには、
いつもより多くの石垣島富茶を飲んでおりますよ〜。


最近わたしの周りでも富茶フレンズが増えました。

女ともだちの多くは、富茶をのみはじめて
何より浮腫まなくなった!が圧倒的な意見。

浮腫まない→これ、女子にはめっちゃだいじです。

素敵なイベントやパーティ、お食事会の朝、
鏡をみて、自分の顔がガッツ石松のように浮腫んでいたら・・・

もう泣きたい。

特に私の場合は、
食べ過ぎの翌朝、
まぶたがどろりんちょ〜となります。

でも夜寝る前に、
コップ一杯の富茶を飲めば、
浮腫みません。

また足が浮腫み安い人にもめっちゃ効きます。




血糖値、血圧を下げるという効能はもちろんですが、
富茶に含まれているマンジェリコンの葉は、
実際糖尿病治療にも使われている国もあります。

高血圧、
甘いもの好きな人はぜったチェックです。


何より、血液をさらさらにしてくれる薬草茶なんですよね。

石垣島富茶は、
石垣島の家庭で代々受け継がれてきたレシピをベースに、
乾燥したものではなく、
生の葉をフレッシュなまま摘み取って、煎じていることが大きな特徴です。

なぜなら、
マンジェリコンとポルトジンユという野草は、
生の葉から煎じないと、その効果が得られない野草だからなんですね。


マンジェリコン、ポルトジンユ、それって何?
と思った人、
ググってみて。

もうーーーーすぐに富茶を飲みたくなりますから!

我が家でもときどき、
庭で育てたラベンダーやミントをそのまま摘み取ってハーブティにもしてよく飲んでいますが、
こういうのを飲むと、
胃腸がすーっとするでしょ?


富茶を飲むと、
そのすーっとする感じが、100倍気持いいです。

胃腸のもやもややカラダのどんよりも、
なかったことにしてくれる・・。


f0215324_12120991.jpg



そんな野草茶。

f0215324_12120992.jpg





というわけで、
いまからまた富茶飲もうっと。


f0215324_12121037.jpg



ここから買えます!



by madamregina | 2017-08-16 11:58 | Madam's Beauty

コンラッド大阪で、うれしすぎるサプライズバースデー♡   

2017年 08月 15日


f0215324_12002239.jpg



2017年6月9日にオープンした、

コンラッド大阪へ行ってきました。


f0215324_12022385.jpg


中之島フェスティバルタワー・ウェストの高層階。


40階のロビーに着くと、

わああ、すっごいパノラマ。

素敵すぎるビューです。


f0215324_12025748.jpg



風神雷神をモチーフにした

ポップなアート作品がたのしい。


f0215324_12074936.jpg


実は、とってもお世話になった、

山本良樹さんが、沖縄のヒルトンから

コンラッド大阪へ、

料飲部長として栄転されたので、


The Day Spaの河崎多恵社長とランチへ〜。


f0215324_12082904.jpg


この日は、大阪で類をみない本格シーフードグリル料理がいただける

「C:GRILL(シーグリル)」へ。


f0215324_12090637.jpg



カウンターも素敵ですが、


f0215324_12102414.jpg

山本さんがご用意くださったのは、

8人用の個室です。


f0215324_12094447.jpg


この日は多恵さんとわたしの二人だけのためにテーブルがセッティングされていて、

感激です。



地上200メートルからの眺めは、

もうーーーため息出るほど。


ここは日本なのかしらん?

どこかNYか香港のホテルのようなアトモスフェアがあります。


まずは、
ホテルのハウスシャンパン
Ruinartからスタート。


久々に山本さんのサーブによる、

ルイナールのシャンパン。


f0215324_12112451.jpg


f0215324_12115956.jpg



f0215324_12123120.jpg


f0215324_12133101.jpg


特別おいしーーーーー。


f0215324_12125421.jpg





バゲットは燻製バターかオリーブオイルでいただきます。


f0215324_12141497.jpg



そしてこちらで頂いたのは、

山本さんおすすめのおまかせスペシャルコース。


ちなみにこちらのレストランはじめ、ラウンジなどで使われている、

器やカトラリーはすべて山本さんが

それぞれのコンセプトにあわせてセレクトされたのだとか。


素敵ですー。




さて、お料理スタートです。

イエロートマトにキャヴィア、あわびが入った前菜は

彩りも鮮やかで、

さわやかな酸っぱさと甘さのバランスがバツグンな

この季節にぴったりの一品。


f0215324_12155494.jpg


f0215324_12163986.jpg


次に登場したのは、


山本さん考案による、

その名もシーフードバケツ。

錫製のなんて、

お洒落なバケツでしょう。



f0215324_12173455.jpg

極上マグロの九条ネギソースや、

雲丹とマスカルポーネチーズなど

新鮮な魚介をC Grillならではの

お洒落な食べ方で。


f0215324_12225647.jpg


こちらはトングとしても使えて、

そのままお箸のように使える

ウェスタンチョップスティック&トング。



これも山本さんのアイディア。

海外のゲストたちからも大人気だそう。



f0215324_12214471.jpg


こちらには、

やっぱり日本酒で。


f0215324_12234964.jpg


キリッと辛口、

でも、まろやかな冷酒がすすみますー。


この錫のお猪口も素敵ー。



f0215324_12251660.jpg



f0215324_12255278.jpg



f0215324_12302040.jpg



さらに、京都のジンが登場。


f0215324_12284417.jpg

ロックアイスを少し入れていただくと、

わあ、めちゃさわかや。


京都らしいはんなり感。

おいしー。


f0215324_12275400.jpg




また、乾杯!

f0215324_12293338.jpg


続くお料理も、

薪で焼かれたコショウダイ、


f0215324_12263007.jpg


こちらには、

カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨン。


わああ、

これ、最高!


と、高校から大学を、カリフォルニアに留学され、

Napaにも、よく行かれる多恵さんも絶賛の白でした。


f0215324_12375777.jpg


f0215324_12373030.jpg



またまた、乾杯!


幸せやなぁ。


f0215324_12400409.jpg




そしてメインは、

こちらも薪でローストされた

宮崎の都萬牛(とまん牛)

京都牛


f0215324_12314464.jpg

素材の良さが薪によって、
最大限に生かれています。

薪料理、大好き!

そう言えば、
神戸のミシュラン3ツ星レストラン、
カセントも薪料理コースが
素晴らしいのですが、
お魚とお肉料理は、
まさにカセントで頂くひと皿のようで、
薪料理大好きなわたしには、
ほんとにうれしいひと皿でした。


こちらには、イタリアの赤。

素敵なデキャンタに入れて頂いて、
気分がますます上がりますー。


f0215324_12442516.jpg


f0215324_12432218.jpg


f0215324_12454113.jpg

それぞれお料理に合わせた、
ワインやお酒も、
さすが山本さん。

ペアリングも素晴らしくて、
感動のマリアージュでした!


山本さん、

ありがとございます!



でー。

そろそろデザート、というときになり、
山本さんが後ろから私に目隠しを・・

え?え?

なになになに?!

と、思っていたら、



きゃーーーーーーーーーっ!

目の前に、
バースデーケーキがっ!

f0215324_12462703.jpg


ええええええっーーーー。



まったく予想もしていなかっただけに、
もうーーーー驚きと感激で
泣きそう。

もー、ハッピーすぎるー。





なんてラブリーすぎるギフトボックスの
バースデーケーキ。


f0215324_12474875.jpg

わたしがこの日着ていたのは、

レジィーナロマンティコの

9月発売予定の星プリントの

メッセージジャケットのMuse,

同柄のパンツとベストを合わせていたんですが、


ケーキのギフトボックスリボンのピンクと、

ジャケットのお袖口のパイピングの色が偶然リンクしていて、

さらにテンションマックスに!


f0215324_14150689.jpg



多恵さんが山本さんに、
わたしをイメージして
お願いしてくださっていた、
サプライズ・・・。



それを形にしてくださった山本さん。

ゲストを幸せにする
その心のこもったホスピタリティは、
やっぱり山本さんの右に出る人はいないですね。


f0215324_12512219.jpg


ほんっとに感激です。



最高にうれしいお誕生日の贈り物。

今日は、
わたしのお誕生日をお祝いしてくださるための、
ランチだったんですね・・・。涙。



で、

まだまだデザートが。


ココナッツとヘーゼルナッツのチョコレートケーキ!


f0215324_14200282.jpg

これ、めちゃくちゃおいしー。


そして、山本さん自ら、カプチーノを

作ってくださいました。

感激。


f0215324_14193164.jpg



f0215324_14185062.jpg

いや、人生、いつもいいことばかりじゃない。

ときには凹むこともたくさんありますが、

こんな愛のこもったサプライズバースデーを

してもらえたら、

ぜーんぶ忘れちゃえますよね。


多恵さんのお気持ちがこもった、


素敵すぎるサプライズランチでした。


多恵さん、
ほんとに、ほんとにありがとうございました。


f0215324_12530626.jpg


ランチのあとは、

ラウンジで、

しょうが入りノンアルコールのカクテルを。




f0215324_12552672.jpg



f0215324_12563029.jpg


その名も『しゅうがなくない』。

たのしー。

こちらも、山本さんのアイディア。


そして、

だんだんと、夕暮れが深まり、

窓から見える大阪の風景も

また違う表情に。



f0215324_13004607.jpg





気がつくと、

ランチから7時間近くコンラッド大阪にいました。


f0215324_13021699.jpg


帰る頃には、

すでに夜の帳が降りていましたが、

この時間も素敵なコンラッド大阪でした。


多恵さんとのお喋りはいつも

素晴らしい刺激に溢れ、

ときには目からウロコのビジネス哲学も

学べて、

わたしには欠かすことのできない大切な時間。

お家に帰って、

お土産のバースデーケーキを

相方と頂きました。


f0215324_13033638.jpg


壱子、しあわせっ。


多恵さん。

ほんとに素敵な時間を

ありがとございました!







by madamregina | 2017-08-15 13:37 | Comments(0)

そうだ!マリベルに行こう!   

2017年 08月 12日
f0215324_02120184.jpg





f0215324_02120116.jpg



さてーーー。



わたくし、先日、NYのショコラティエ、マリベルの京都本店に行ってきましたー。



わあ、もうエントランスからめっちゃ素敵!



京都らしいしっとりとした一画に、

京都風に言うところの、ろうじ、を歩いていく・・・

このアプローチだけで、

気分高まります。

f0215324_02120284.jpg





路地の奥には、

町家からは想像できないようなNYテイストの、

マリベルブルーの扉が出現します。



一歩店内に入ると、

マリベルの色とりどりのポップなガナッシュや、

ラブリーなギフト・グッズ、ティーセットなどディスプレイも可愛すぎ。

f0215324_02120270.jpg



ガーリーでロマンティックで、女子なら誰もが心ときめく空間です。

f0215324_02120357.jpg



そして、ショーケースに並ぶマリベルを代表するガナッシュは、

まるで宝石のように光り輝いています。

f0215324_02120380.jpg



右奥のカフェにはアンティークの家具が飾られ、

町家とNYっぽさの融合がなんともお洒落。



この日も満席でしたが、

運良く



窓際の特等席がちょうど空いて、

こちらへ。

f0215324_02120437.jpg





わあああ、このお花とグリーンのアレンジがなんて素敵〜。

f0215324_02120484.jpg



聞けば、

フラワーアーティストが定期的に飾り付けしていて、

その作品を見るために、

東京から来るお客さんもらっしゃるとか。



わたしはアールグレイのアイスティと、

マリベルカフェでいちばん人気のオリジナルちょこれーとタルトをオーダーしました。






そして、

グランドシェフの宇佐美智康さんが持ってきてくださいました。


f0215324_02120531.jpg


f0215324_02143589.jpg



f0215324_02120566.jpg



宇佐美さんはこれまで数々の有名ホテルでキャリアと積んで来られた、

才能溢れるパティシェ。

笑顔が素敵です〜。



このチョコレートタルト、口の前に持ってくるだけで、

その馥郁としたチョコレートの香りにまずはノックアウトされます。

f0215324_02154094.jpg

そして、口に含むと、舌の上でとろ〜りととろけて、

こっくりと濃厚なチョコレートがぶわわわーんと広がって、

もう、たまりませんっ。



単なるスイーツではなく、

パリの高級なフレンチレストランで最後に出されるデセールのように、

香り高く、ちょっとびっくりするほどの美味しさでした。



宇佐美さんはこれまでヨーロッパなどのカカオをたくさん扱ってきましたが、マリベルの原料となるホンジュラス産のカカオ豆は、

別格の質の高さと美味しさがあるとおっしゃいます。



NYのショコラティエ、マリベルのオーナーである、

マリベル・リーバマンさんが故郷ホンジュラスで、

長年、カカオ農園とそこで働く女性たちへの支援も含めて、

密接な関係を築いてきたからこそ生まれた

マリベルだけのカカオ豆の味。

f0215324_02254977.jpg



そのホンジュラス産のカカオ豆こそが、

マリベルのチョコレートの美味しさを握る鍵。



そこに宇佐美さんの情熱とテクニックが加わって、

素晴らしいスイーツの数々が生まれるんですね〜





この日、運良く、マリベル京都本店のシニアマネージャーディレクター、

濱田紀穂さんがいらしたので、

マリベルの魅力についていろいろお話を伺う事ができました。

 
f0215324_02163555.jpg

マリベルのいちばん人気のチョコレート、

ガナッシュは

人生の大切な節目に選ばれるお客様が多いそう。



また意外に思われるかもですが、

入院患者さんへのお見舞いとして届けられることも多く、

それはマリベルならではハートにしみるポエムや鮮やかな彩りのアートの美しさが

人の心を明るさせ、前向きに、

そして元気にする力が秘められているからなんですね。





濱田さんはマリベルのオープンニングから関わっておられる、

必殺仕事人。

美人でかっこいい!

彼女のお話を伺っていると、

そのマリベル愛がじわじわと伝わってきます。

f0215324_02265658.jpg

先日、NYに旅したとき、

NY、Sohoのマリベルとブルックリンのカカオマーケットにも行ってきました。

f0215324_02181383.jpg


そして、マリベルさんにもお会いすることができて、


f0215324_02240111.jpg


ブルックリンにあるカカオマーケットby マリベルにも
訪れ、
キッチンも見学させていただきました。

f0215324_02333930.jpg


f0215324_02413436.jpg



そこでは、チョコレートが出荷されるまでの工程すべてが手作業。

f0215324_02353858.jpg

フレーバーごとに異なるポップなデザインの、あのプリントも一枚ずつチョコレートに貼り付けていきます。
f0215324_02362396.jpg

f0215324_02372743.jpg


f0215324_02382259.jpg


そして、最後の箱詰めに至るまで手作業でした。






日本にはすべてNYで作られたこのチョコレートがそのまま届けられます。

ほとんどのハイブランドのチョコレートが日本でいちから作られている中、

マリベルさんの目と心、そしてスピリッツがすみずみまで込められそのままのチョコレートが日本のわたしたちの元に届くことに、感動しました。



マリベルのチョコレートがセレブリティはじめ、

世界中の人々に愛される理由がわかる気がしますよね。





そして、

そんなマリベルさんの究極の想いは、

「チョコレートで人々に幸せな夢を与えること」。

f0215324_02400876.jpg

そんな彼女のフィロソフィーをしっかりと受け継ぐ、

濱田さんもまた、



マリベル京都の世界観を築く上でなくてはならない存在です。

 
f0215324_02444066.jpg

さて、そんなマリベルで夏限定のおすすめといえば、

ラブリーなガナッシュ9個入りBOX。



NYから届いた、

スペシャルボックスコレクションのサマーバージョンです。

 
f0215324_02464525.jpg

白と青を基調とした爽やかなパッケージで、

セントラルパークで太陽の季節を楽しむニューヨーカーたちの姿が。

よく見ると、ガナッシュチョコレートのキャラクターたち。



そんな遊び心いっぱいのスペシャルボックスはシーズン限定です。



また、わたしもこちらに何度かご紹介している、





マリベルのオリジナルクッキーを詰め合わせた、

大人気のワンダートレジャーに引き続き、

f0215324_10471702.jpg

第2弾パンドラボックスが登場!

f0215324_10460808.png

マリベルのオリジナルチョコレートと

ナッツをふんだんに使い、

あらゆる食感が楽しめる、

4種類の焼き菓子が入っています(44カット入り)。



こちらも大切な人に贈りたい、特別な焼き菓子です。



さて、そんなマリベルに、

ちょっと出かけてみませんか?



マリベルを訪れると、なんだか異空間に旅した気分。

そしてここはきっと、
女子たちのパワースポットに違いありません。











マリベル京都本店





オンラインSHOP





■京都市中京区柳馬場三条下ル 槌屋町83番地

TEL.075.221.2202 FAX.075.221.2203

OPEN:am10:00-pm7:00 
HOLIDAY:tuesday




by madamregina | 2017-08-12 01:54 | マリベル

光り輝く肌へ。スイス パーフェクションの植物のパワー   

2017年 08月 09日

f0215324_12393310.jpg


さてーー。

先日の【ダイナースクラブ×松澤壱子@たか木】のお食事会では、
とっても素敵なお土産をたくさんいただきました〜。


f0215324_12401007.jpg


ダイナースクラブさまのイベントで
頂くお土産は、
いつもほんとうに価値ある
スペシャルなもの。

今回は、誰もが憧れるラグジュアリースキンケアブランドの、
スイス・ パーフェクション』の厳選された、
植物のパワーに着目した、
セルラースキンケアライン。



f0215324_12410422.jpg


スイスの高級リゾート地、モントルーで誕生した『スイス・パーフェクション』は、

80年以上もの歴史を持ち、
世界的に名高い精鋭の科学チームたちによって、
研究開発され、
細胞研究に革命をもたらせました。


世界中のセレブリティから愛されてきた、ラグジュアリースキンイケアブランドの先駆け。

今回頂いたラインは、
同ブランドのエイジングケア施設が、先端技術を結集して開発した“植物性エイジングケア化粧品”です。


f0215324_12414601.jpg

その核となるのが、アイリス・ゲルマニカの根茎。

スイスの厳しい冬を乗り越え、
春になると大輪の花を咲かせるアイリスには、
酵素やたんぱく質、水分が豊富に含んでいます。

ここから抽出した細胞をフリーズドライ化し、
贅沢な天然原料として作られたのが、
『スイス・パーフェクション』なのです。


さっそく使ってみました。

そのテクスチャーもなめらかで、こっくりと、
でも軽く、つけるだけで
植物の持つ素晴らしいエネルギーとパワーを感じます。

f0215324_12432564.jpg



f0215324_12425030.jpg

何より翌朝の自分の肌を見て、
びっくり!

目尻がきゅっと上がって、
お肌がすべすべになっていました。

結果がすぐ翌日に出る、
ほんとに素晴らしい化粧品。



このスイス・パーフェクションは世界各国の一流ホテルのスパでも使われていますが、

日本でも尾道の高級リゾート『ベラビスタ』はじめ、
素敵なホテルのSpaで扱われています。

そして、
高島屋大阪店でも、スイス・パーフェクションのSpaが体験できます。


クリニック・ラ・プレリー内にあるスイス・パーフェクションスパでは、
エイジングサインを中心に、
結果の出るマダム世代にうれしい4つのコースが用意されています。
もう、これぜったい受けてみたい。

みなさまも、ぜひこの素晴らしいスイス・パーフェクションの世界観を
体感されてみてくださいね。



オンラインからも購入できます。



予約&問い合わせは、大阪高島屋1階化粧品売り場
スイス・パーフェクションコーナー
06-6632-9616(直通)

by madamregina | 2017-08-09 11:43 | Luxurious Gift | Comments(0)

クリスタルSpaアワード   

2017年 08月 07日



f0215324_11511920.jpg

みなさま〜

今年も、スパユーザーの投票で日本のトップスパを決める「クリスタルアワード2017」の投票がはじまりました!

なんてったって、
今年も河崎多恵社長が運営される、

The Day SpaグループのSpaがたくさんノミネートされているんです。

わたしが日頃通っている、
有馬グランドホテル内Caazeを含まれています。

f0215324_11523637.jpg


選んでいただきたいSpaは以下の5箇所です。

f0215324_11503973.png

①スパ&ウェルネス「ジュール」/ハイアット リージェンシー 東京
②eau SPA by CLARINS/志摩観光ホテル ベイスイート 
③The Day Spa Osaka
④CAAZE Organic SPA /カーゼ オーガニック スパ 、有馬グランドホテル
⑤Wakka Spa/ヒルトンニセコビレッジ


f0215324_11514259.jpg


f0215324_11515615.jpg


そして粧材は、以下の4つです。

f0215324_11560376.png

①アルゴロジー
②エレメンタルハーボロジー
③スンダリ
④ビオロジックルシェルシュ


わたしはもう投票完了いたしました。

いや
もうーーーーー全部100回ぐらい投票したいぐらいなのですが(笑)

みなさま、こちらからぜひよろしくお願いいたします!

f0215324_11530625.jpg



by madamregina | 2017-08-07 11:43 | The Day Spa | Comments(0)

マリベルのクッキーがある時間〜   

2017年 08月 05日

f0215324_12214611.jpg


f0215324_12214701.jpg



もうーーーーー。

ほんっとにほんとに危険すぎるんです〜。

このクッキーがお家にあると・・・・。

まず相方とお気に入りのクッキーを巡って、
こづきあいがあり、笑

さらに食べだしたら、
ほんっとにもうーーーーーー

とまらないーーーー。

誰か
誰か、
誰か、とめてーーーーーーー。

それぐらい、最高に美味しい、

もはや伝説と化した、
マリベルのオリジナルクッキーアソート。

ワンダートレジャー


f0215324_12214700.jpg



そのびっしりと隙間なく詰められた、
クッキーのひとつひとつが光り輝いています。


f0215324_12214888.jpg



このクッキー、京都のキッチンで
極上バターなど素材にも徹底的にこだわり、
すべて手作業で
丁寧に丁寧に焼かれています。

そして、この神業的にびっしりと美しく詰まったクッキーは、
専任の人がいて、
高度な技術がなくては、
ここまで精緻に詰めることはできません。

その種類は10種類。

f0215324_12214928.jpg



以前食べたときは、
フランスのナンテ地方で昔から作られる伝統的な
シンプルで素朴な「ナンテ」が好きだわ、

と思いましたが
これももっちろん美味しいけれど、

なぜか最近のわたしの
お気に入りは、
アーモンドショコラ、
アーモンドヌガーも大好きになりました。

f0215324_12214923.jpg



いや、表面にフルールドセルをまぶしたさっぱり味の
ソルトサワーも美味しいし・・・

これ食べたら、このソルトサワーで口直し、
そしてマリベルのオリジナルチョコレートとナッツを使用したサブレ、ビコロールマーブルも美味しいし・・・

そしたら、
ラズベリーたっぷりのメレンゲが食べたくなり・・・

もうーーーーー

キリがないんです。

f0215324_12215062.jpg


このアンティークな缶も大好きっ。

f0215324_12215118.jpg




マリベルのクッキーがある時間。

f0215324_12215142.jpg



f0215324_12215279.jpg



ほんっとに幸せ。

ちょっと憂鬱な日も、
お庭を眺めながら、

ティータイムにマリベル。


f0215324_12264774.jpg

それだけで
サイッコーに元気になれる、

やっぱり世界一好きなクッキー。

遠くからお取り寄せされる方も多く、
なかなか手に入りにくいですが、

予約をすれば店頭でも受け取れます。


f0215324_12320640.jpg


f0215324_12361736.jpg


わたしは先日、マリベル京都本店で購入いたしました。

大切な方への手土産や、
なんでも美味しいものは知っている!という方にこそ、
贈ってびっくりさせたい、
そんなクッキーです。

え?

まだマリベルのクッキー食べたことない?

それは、もうーーーーー
めっちゃあかんやーん(笑)



※マリベルのクッキーについて、もっと知りたい!という方は、
以前書いたこちらのBlogをご覧くださいね。

そして、次回は先日、
マリベル京都本店を訪れたとき
いただいたおすすめのデザートなども
アップいたします!



京都市中京区柳馬場三条下ル 槌屋町83番地
TEL.075.221.2202 FAX.075.221.2203
OPEN:am10:00-pm7:00 HOLIDAY:tuesday



by madamregina | 2017-08-05 12:10 | マリベル

松澤壱子のセラピーオイル   

2017年 08月 04日
f0215324_12022046.jpg





はーーーーっ。

このところ、

お肉や、お肉や、
鰻や、鰻・・・連打の日々で、
今朝は絶食よっ。

わたくし、どうも8月はかなり体調が弱ります。
今週末から来週にかけて、
またまたとんでもない会食強化週間で、
だ、だ、だ、大丈夫かっ?!

朝起きても、なんといいますか、
疲れがぜんぜん取れたいない感じで、
やる気が起こりませんっ。

みなさまもありますよね、
そんなとき。

別に理由もないのに、
微妙なテンションのときって。


でーーーーーーーーーーーーー

わたくしはそんなとき、
The Day Spaのオリジナルフェイシャルオイルを、
つけて、窓をあけた寝室で、
山からの緑の風を感じつつ、
ゆっくりマッサージするんです〜。

f0215324_12022168.jpg



お肌もちろん、
こめかみから首筋、肩にかけて、丁寧に。

そして、最後に髪の毛にもちょちょっとつけます。

すると、どうだ?!

さっきのブルーな気分はあっという間に消え去り、
とってもいい気持ち。



もうーーー香りがね、すっばらしーの。

だから一滴で、
一瞬で、


癒されエナジーをもらえますーーーー。

いつも5個ぐらいお家にあります。

そしてお出かけのときも
バッグに入れて
焦ったときや
イライラ〜なときにも香りを嗅ぐだけで、
すっと気持がおだやかになれる
魔法のオイル。

まさにわたしのセラピーオイルなんです。


f0215324_12022153.jpg





このフェイシャルオイルは、
The Day Spaの多恵さんが、

オーストラリアの
アーユルヴェーダアロマテラピーの
第一人者、

ファリダ・イラニ女史出逢ったことが
きっかけで生まれた、まさに奇跡のオイルなの。

これまでになかった、

東洋のアーユルヴェーダと、

西洋のアロマテラピーが融合。


スーパーハイブリットエッセンシャルオイル!

オイルといってもベタつきません。



美容液として使用するエッセンシャルオイルタイプで、

ほんの少しつけるだけで、

ぐんぐんとお肌に染みこんでいきます。

それが、上質なオイルの証です。

開発者の多恵さん自身がいちばんのファンだとおっしゃるこのフェイシャルオイル。



3つの肌タイプに合わせたオイルは、

香りもそれぞれ異なり、3種類。

でも、どの香りを選んでも、
もうーーーハッピー♬

世界一好きなフェイシャルオイル。

ほんっとに最高のフェイシャルオイルよ。






◯Anti-Aging (アンチエイジング)

ローズやジャスミンの高貴なエッセンシャルオイルに、アーユルヴェーダで使用される独特なハーブのアシュワガンダ油等を配合。ハリを与え、若々しい肌に導きます!乾燥やエイジングケアをお求めの方に。

○Lymph Drain (リフトアップ)
ジャスミン、パルマローサの甘いアロマを醸し出すエッセンシャルオイルに、アーユルヴェーダで使用される独特なハーブのワイルドターメリック油やケウダ油等を配合。リンパドレナージュを促し、フェイスのむくみ対策やフェイスラインをすっきりとさせたい方に。 

○Brightening (ブライトニング)
ライムやローズウッド等の爽やかなエッセンシャルオイルに、アーユルヴェーダで使用される独特なハーブのブラフミーなどが配合。生き生きと明るい肌に整え、くすみやブライトニングケアをお求めの方に。


The Day Spaが運営するSpaなら、
トリートメントを受けると、
初回に限り2割引きで購入できますよ。


こちらのオンラインからも注文できます。
(その場合はトリートメントを受けられていても正規料金になります)


お問い合わせは、


■The The Day Spa北浜店
TEL:06-6227-8085


by madamregina | 2017-08-04 11:58 | The Day Spa