<   2018年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

人生に寄り添う椅子が欲しい   

2018年 01月 19日
f0215324_13522524.jpg

f0215324_13522821.jpg

 


わたしがいま欲しいのは、いろいろあるんですけど、


お洋服やジュエリーや、


バッグ(笑)もありますが、


いちばんは、上質なテーブルと椅子なんです。


 


最近雑誌を見ていても、


いろいろ素敵な空間の提案があって、


でも、実際に自分の自宅では無理だろーーーーと言うのが大半なんですが、


 


そんな中でも、椅子はわりと買いやすいんですよね。


 


とはいえ、けっこうなお値段はしますが、


一生ものと思えば安い。


さらにヨーロッパまでのビジネスクラスのエアチケット代に比べたら、


ぜんぜんリーズナブルですわ(笑)


 


そんなわけで、以前見ていたミセスに登場した、


f0215324_14233845.jpeg


こちらの名品の椅子。


f0215324_14240620.jpeg


これに目をつけています。


 

f0215324_13525629.jpg


こちら、イタリアデザイン界の巨匠、


ヴィコ・マジストレッティが手がけたチェアなんです。


 


ヴィコ・マジストレッティといえば、


インテリア家具だけではなく、


建築、家具、照明など多岐にわたって活躍するデザイナーですが、


 


わたしはいま大注目している、


DePadovaの名品を数々作り続けているマエストロ。


 


そしてーー。


この作品もDePadovaでロングセラーの人気を誇る名品のひとつ。


 


名前はインチーザ。


乗馬の鞍からインスピレーションを得たという


そのエピソードにまずは惹かれます〜。


そして、


イタリアの革職人の匠の技が光るデザインで、


厚手の牛革が全体を贅沢に包み、


ハンドステッチで曲線を描いたほんとに贅沢なチェア。


 


 


同じくDePadovaの日本人デザイナーである


佐藤オオキ氏もお気に入りだとか。


f0215324_13535228.jpg


 


わたくし、このインチーザ、


芦屋のDePadovaのショールームで


実際座ったことがあるんですよね。


 

f0215324_13544364.jpg

f0215324_13544734.jpg


それはもうーーーー


思索する椅子・・


というか、


思考がどんどん巡る椅子・・


そこに身体をしずめるだけで、


最高のリラックスが感じられて


かつて乗馬したフォンテーヌブローの森の木漏れ日を


思い出すような(笑)


この椅子と共に、人生を歩みたい・・


なんて思える、


自分の人生と寄り添ってくれるチェアなんです。


 


 


こういう椅子が一脚あるだけで、


自宅が一気にインテリジェンス溢れる空間に。


 


お値段は386000円〜。


 


もうーーーなんとなく手が届きそうでしょ(笑)


ナチュラルカラーもあって、


こちらもとっても素敵。


 


お問い合わせはデパドヴァ(ブランカ)まで。


電話 0797−26−8050

 

 

 



by madamregina | 2018-01-19 13:50 | De Padova | Comments(0)

コートは上等なのを着なさい   

2018年 01月 14日


f0215324_14313606.jpeg



1月は行く、

2月は逃げる

3月もあっという間…ですわね。


で、3月と言えば、

卒業式のシーズンよね。



私にもし息子がいたら、

卒儀式には、

やっぱりお洒落に命かけると思うねん(笑)



そう言えば、

私がチビだったころの記憶…。

卒業式や参観日は、

そりゃママたち、凄かったよ。

着物も、どんだけ〜みたいな、

まるで粋筋かっ、というマダムや

(実際いらっしゃいましたがww) 

有名な男優さんの娘もいたんで、

そのママもカッコ良かった。




ハンドバッグやジュエリー、

時計も、いまのファッション雑誌なんか、太刀打ち出来ないぐらい、

強烈な世界でした。 



いやある意味、異様な学校でした(笑)

うちのママも、頑張ってた。

確か大島のなんたら作を着ていく…

とか卒業式の前は、

まるで自分の晴れ姿のような、感じで。



私は女子校出身ですが、

先輩も同級生たちも、

小生意気で

ブランド好きで、

おしゃれなやつばっかで、

いま思えば彼女たちのお洒落の先生は、ママだったんだね、と思う。


彼女たちは何か行事があると、

運転手付きのメルセデスやリンカーンや、黒塗り車がやってきて、

ここはマフィアの溜まり場か、

みたいな(笑)



だから、娘の私らも、

ブランドものや世界の高級品の

洗礼を、チビのときから浴びてるわけやん?

困るよね。 



いまはもう誰も買ってくれる人いないし、欲しいもの、

自力で買うには高すぎるねんっ。

ふがふがっ。



そう言えば、うちのママの口癖は、

 「コートは上等なのを着なさいね」

でありました〜 




だからか、

もー、コートばっかり買ってるのよー。

家の中、コートだらけ。

その中にはもちろん、 

獣関係も多いけど、


まぁ、「猛獣づかいの壱」と呼ばれとりますしww,



しかし、

私がいちばん好きなのは、

カシミヤのコートです。



それも100%じゃないと、あきません。

ビキューナでもいいけどな。 



でも、ビキューナはメンズのイメージがあります。 

で、上質なカシミヤよ。 



ふんわり、軽くて包まれるような、

あの、リッチな温かさ、いいようのない心地よさ。

大好きです。 



今年の冬はそんなエルメスさんの

カシミヤ100%のネイビーのコートを良く着てます。



f0215324_14322277.jpeg

 

これが、もうーーー

不思議なんだけど、

会う人会う人が、

それどこの?とっても素敵と

褒めてくれる。 

いやもう照れますやん。

って、まあ、

わたしを褒めてくれているんじゃなくて、コートですけどね。 



めっちゃオーソドックス。

なのに、

どんな年代の人にも

どんなお洒落スタイルに人にも

このコートは素敵に映るようです。


f0215324_14325404.jpeg


 少し前のParisで運命の出会いをしました(デターーー) 

エルメス店内でシックなのに

すっごいオーラーを放つこのコートをガン見していたら、 

スタッフの美しいマダムが、

ちょっとお召しになったら? 



と、着てみたら… 

あかん。

やっぱり最高、

この上質なカシミヤの肌触り。



洋服とボディの間にふんわりと漂う上品な風(笑)



軽いわ。あったかいわ。

もはやうっとり。

だけど、

エルメス印のカシミヤ100%の

コートは、ちょっと怯むようなお値段です。

まぁ、こういうのを躊躇なく買える方がうらやましー。

いや、お買い物の醍醐味は少ない予算と欲望のせめぎ合い!

お金持ちにはわかんない

この悩み。どーだまいったか?


しかしコートにこんなお値段出せます?


毛皮だって買えそうよ。

ずっと気になっていたお家のリノベートもできます。

どーする? 



しっかし。気がついたら、 

カード切ってました。 

なのになのに、

清水の舞台を頭に乗せるほどの覚悟で、命がけで( 笑)

買ったのに、

その年の冬は一度も袖を通しませんでした。 



なんとも地味で、

ちょっとズドンとした感じで

あまりに普通すぎて、

似合わなかったんよね。 



ところが!

この冬着てみたら、

もうーーーー

一生脱ぎたくないほど、

心地いいんです。 



NYの凍てつく冬だって、

シベリアだっていけるほど、

あったかい。 




そう言えば、

光野桃さんのエッセイに、

向田邦子さんのお洒落哲学について

書かれていたものがあり、


向田さんは実はとてもファッションについて深く考えていた方で、

子供の頃、

ぱっと思いつきで買った黄色のコートが気に入らなくて、

お父様もあまり好きじゃなさそうな気配で


それ以来外出する回数も減って、

だからこれから服を買うときは、

ぜったい後悔しないよう、

吟味しつくして買う、と自分を戒める。



それからは、一生つきあっていけるような、

つまり命がけの買い物をするようになった…

みたいなことが書かれていて。 



ひぇー。

そ、そんなん、私なんか、

どーなりますのん?奥さん。

いままでの人生、

思いつきでばかりで買い漁った服やバッグや靴の嵐で、


クロゼットをはみ出してもはや樹海よ。だけど、

このコートは、

そんなわたしのクロゼットで、

唯一、一生つきあっていけるコートです。


f0215324_14332227.jpeg



で、すいませんが、

いままで思いつきで買ったあれこれをどなたか引き取って頂けませんでしょか?



ちょっくら欲しい別のカシミヤのコートを見つけたので。


ひぇえーっ。





by madamregina | 2018-01-14 14:25 | Comments(0)

日曜日のグラホ朝定食   

2018年 01月 14日
f0215324_12392324.jpg


今日の朝ごはん。

のどぐろの焼き、に命かけました(笑)

f0215324_12394006.jpg


鰤の粕汁には
グラホで買った有機ごぼうとにんじん。

f0215324_12545555.jpeg

寒い日には染みるにゃー。

f0215324_12395647.jpg


お宝卵の卵焼き。
太陽梅干し。

そして、
沙織ちゃんから
頂いた
とってもとっても貴重な糠床で
漬けたお茄子のお漬物。

f0215324_12401351.jpg


さおちゃんの、ぬか漬けは
世界一!
ほんっとに美味しすぎます。

納豆は、阿蘇の大豆ふくゆたか。
阿蘇の農家で
昔から柔らかく煮た大豆を
わらすぼに包み、
一昼夜寝かせて
作られていた
「わらすぼ納豆」の風味を
そのままに
食べやすくした納豆。
f0215324_12403275.jpg


コクのある納豆、大好き。

お友達もみんな大ファンの納豆です。

f0215324_12475467.jpeg

のどぐろ以外は全部グラホ。
ご飯も
グラホで買った新米、稔。



グラホ朝定食。
おいしかったー。


お米や、納豆、いろいろオンラインでも
注文できますよー。



by madamregina | 2018-01-14 12:38 | Comments(0)

【いまいちばん欲しいモノ】   

2018年 01月 08日


f0215324_16315452.jpeg





f0215324_16033313.jpeg



なんといいますか、

お洒落も好みも生き方も

このスタイル!

と一生変わらず暮らして行く人はそれはそれで

素晴らしいけれど、

わたしは

やっぱり

お洒落も生き方も

いろんな刺激を受けて

どんどん新しい世界の扉をあけて、

楽しむこともまた

人生の醍醐味と思うんだけど、

どう?

昨年もほんとにたくさんの刺激をいただく人との出逢いがありました。

長いキャリアと功績を持つ

インテリアコーディネーター、

前田和子さんもその一人。


f0215324_16044582.jpeg

彼女は芦屋にオフィスを構える

株式会社ブランカの代表でもあり、

「上質な普段着のように、

長く愛されつづける空間演出」

をテーマに、インテリアや空間、デザインの演出、

個人邸宅から高級マンションまでトータルで

プロデュースする会社です。

そして、そんな上質な普段着を代表するような、

最高級イタリアン家具、

DePadovakakko

(デパドヴァ)の日本総代理店もされています。

f0215324_16081957.jpeg

また、芦屋の人気イタリアン、

オステリアヴィヴァーチェ byデパドヴァも経営されています。

こちらはイタリアン家具を店内にあしらった

DePadovaとのコラボレストラン。



和子さんにお会いするたび思うのが、

そのシックで知的なファッションスタイル。

たとえば上質なカシミヤのニットに

気品あるパール、

なんでもない黒のジャケットに

キラリと光るこれみよがしじゃないダイヤ。

ジュエリー使いもほんっとに素敵。

そんな和子さんがコーディネートされた、

F,FDePadovaのショールームが

ほんっとにかっこいいんです。


f0215324_16101627.jpeg

ミラノ発のデパドヴァの家具は、

イタリアの上流階級はじめ、

美意識の高い人たちの間で

つとに人気のある高級家具です。


f0215324_16111032.jpeg

和子さんはおっしゃいます。

「若い頃にはどんどんアクティブに外に出かけていって、

素敵な旅を体験して・・というライフスタイルから、

だんだん年を重ねていくと、

日々暮らす自宅の空間を豊かにしたい・・

というお客様が増えています。

そんな心が落ち着く上質な空間で

かつて旅したときの思い出を振り返る、

自宅をそんな場所に出来たら素敵ですよね」

わあ、ほんっとにそう。

わたしもそろそろ自宅をそんな

心から居心地のいい場所に変えたいっ。

正直これまでの私は、

お家の家具より、

やっぱりエルメスのカシミヤのコート・・

とか、マノロやルブタンのヒール、

はたまた、

カルティエの時計・・

の方が圧倒的に価値があると、

自分の家のインテリアを

後回しにしてきたわけよね。

だって、家のものって高いだけで、

外で自慢できないし(笑)

だけど、DePadovaのショールームに

いくたび、

和子さんとお話するたび、

その空間の素敵さに

ぐんぐん魅せられて、

お家の家具をDePadovaで揃えたい・・

と思うようになりました。

そんなわけで、

いまわたしがいちばん欲しいデパドヴァは、

こちらのガラスのテーブルと

レザーをあしらったチェア。

f0215324_16144853.jpeg


写真のブラックも素敵ですが

我が家に似合うのは

たぶんキャメルかな?


f0215324_16121430.jpeg

写真を見るだけでは

なかなかこの魅力はわからないと思うだけど、

実際に手で触れたり、

そして座ってみると、

もう、すっかり虜になっちゃいます。

店内にさりげなーく置かれている、

小物類がまたスタイリッシュでかっこいいんです〜


f0215324_16153999.jpeg


f0215324_16163369.jpeg

そのひとつひとつが

和子さんのセンス。

例えば、

コードレスのライト、


f0215324_16203311.jpeg

f0215324_16171612.jpeg


f0215324_16213418.jpeg


センス溢れるテーブルウェア、

f0215324_16181393.jpeg

肌にこよなく優しい贅沢タオル、


f0215324_16191892.jpeg


f0215324_16200037.jpeg


そして、

セレブの人たちも大好きな

ルームフレグランス、

フィレンツェ発の

ドットール・ヴラニエスの香り…


f0215324_16222547.jpeg

f0215324_16323451.jpeg

こちらは赤ワインを

モチーフにした、

ロッソ。

いちばん人気の香り。


f0215324_16273448.jpeg


バーニーズNYは、

店内をロッソの香りに統一しています。


デキャンタとセットになった

ギフトは新築などの

贈り物にぴったり。



f0215324_16262877.jpeg


f0215324_16255512.jpeg


f0215324_16281640.jpeg



f0215324_16330636.jpeg


空間づくりに大切なのは

確たるスタイルと

バランス。

でもなかなかわたしたちは

それがわからないので、ついつい

自分の好きなものだけ集めて

コーディネートしがちです。

欧米では

プロに任せるのが当たり前なのに、

日本ではその分野が著しく劣っているような気がするの〜

だからすっごいお金持ちのお家でも

妙に浮いた壁紙とか(笑)

キッチンに唐突にバーカウンターがあったり、

調度品もやたらとデコラティブだったり・・・。

せっかくお金をかけているのに

なんか、ちぐはぐ・・

そんなインテリアが多い。

でも和子さんのようなプロに任せたら、

自分たちではとうてい思いつかなかった

アイデアをどんどん出してもらえて、

さらに、

ちょっとした小物一つ置くだけで、

一気にお部屋が素敵になる・・

という神業的コーディネートもしてくれます。

そして、

大切なのは照明。


f0215324_16292941.jpeg

デパドヴァのショールームに行くと思います。


f0215324_16311329.jpeg


f0215324_16301530.jpeg

日本人は照明の使い方もほんとに苦手。

もっとお料理がきれいに見える照明、

もっと肌がきれいに見える照明、

そして気持がおだやかになり、

優しい気分になれる照明があるはず。

そんなわけで、

今年はお家を居心地いい空間にするのが夢。

そう。

上質な普段着のようなライフスタイルを

実践していきたいと思います。

こちらのデパドヴァのショールームは

誰でも訪れることができるんです。

ここにいると、

いろんな贅沢を知り尽くした人が

求める居場所

そんな気がしてきます。



だからまず、その空間に自分の身を置いて、

また飾られた小物や、

ドットール・ヴラニエスの実際の香りなどを

体験しながら、

あなたがほんとにくつろげる空間・・

を見つけてみてくださいね。

それがまず居心地のいい自宅を作り上げる第一歩です!

DePadova Ashiya Showroom

f0215324_16345243.jpeg
 
659-007 
TEL :0797−23−5204
営業時間 : 1000 - 18:00
定休日 : 水・祝

※DePadvaについてはこちらのBlogもご覧くださいね

by madamregina | 2018-01-08 15:51 | De Padova

エルメスの罠 再び   

2018年 01月 08日
f0215324_00380201.jpg




これまで、世界を旅する中で、


素敵すぎるエルメスマダムを


たくさん、見てきました。 

フォーブルサントノレの、


Parisエルメスの聖地内で見かけた、


グレース・ケリーみたいなマダムもそのひとりだった。 

上品なグレーのカシミヤのセーターに、


ブルジョワ族のお約束、


42センチのパールのネックレスとピアス。


時計はジャガールクルトのレベルソ。


ベルトはもちろんクロコのグレー。 

顔見知りの店員さんに、 「娘に孫が出来たお祝いに、


バーキンをオーダーしたいのだけど…」。 エルメスに口座をお持ちのVIPでいらっしゃいますね。 

彼女の手にはかなり年代物のケリーが。


それを、


ディーン・アンド・デルーカの紙袋みたいな感じで、持ってました。 

また、NYの私の大好きなホテル、


カーライルのパウダールームで見かけたエルメスも忘れられません。 

鏡の前の大理石の上に、


クロコのブラックとグリーンの二つの馬琴が、


ゴロンと大変無造作に乗っかってます。 

まるで、置き捨て。


誰かに取られちゃったらどーするねん?と、


ハラハラしていたら、


トイレから70代ぐらいのマダムが


別々に出てきました。 

彼女たちは友人のようでしたが、


その会話からして、


この近くのアッパーイーストに


お住まいの様子でした。


はー。 

こんな風にね、


娘に孫が出来たお祝いに馬琴をオーダーしたり、


トイレにクロコ置き捨て…、 みたいな人のために、


たぶん、んびゃくまんえんの馬琴は、あるんだと思います。 

で、かつて聞いた、エルメスのこの、


マーケティング用語(笑)を思い出した。 『ここに置いているのは


単なる商品ですが、


売っているのは、


エルメスと言う名の幸福です…』 おお!


何と言う名言。


そうよ。


誰もが、みんな幸福を求めて、


エルメスを買う権利はあるのね。 

しかし。


私たちってば、


一生懸命稼いだお金で、


百万以上の馬琴買ったりして、


ばかばかばか。 

なんという無駄遣い。 

まあ、


オットやパパに買ってもらうという人もいるだろう。


そりゃ、ラッキーだ。 

また、この馬琴は母のお下がりです…


なんて言うのも素敵です。 

でも、私はやっぱり、


自分が一生懸命汗水垂らして稼いだお金で、 「この馬琴を買ったの!」 と言う人を見ると、 「良かったね、


エルメスと言う名の幸福が買えて…。」 と心の中で祝福したくなります。 

お買い物こそ、すべての原動力。 

いや、


無駄遣いなくして、


何のための人生よっ。 ※写真は30年前ぐらいに買った、


コンスタンス。


素材はリザード。


でも、なんか似合わなくて


この30年間で使ったの10回未満。


およよ。


by madamregina | 2018-01-08 00:36 | Hermes | Comments(0)

グラホのバーニャカウダはそうとう、凄い!   

2018年 01月 05日
f0215324_14373901.jpg



みなさまーーーーっ。

私の愛する芦屋のグランドフードホールは

今日からオープンですよ〜。

 
f0215324_14380001.jpg

f0215324_14380152.jpg


いやもう、何買う?

と迷っているあなたに、

 

いまいっちばんおすすめしたいのが、

グラホのオリジナル新商品、

バーニャカウダですっ。

 
f0215324_14385905.jpg


これ、このお正月どれだけ使ったことかっ。

 

わたくしこれまで

バーニャカウダといえば、

野菜スティックにつけるディップよね・・・

ぐらいの認識しかなく・・。

 

 

まったくもって、

何もわかってなかった。

 

 

いや、

グラホのバーニャカウダは、

生クリーム、オリーブオイル、

にんにく、ナチュラルチーズ、

バター、アンチョビ、レモン果汁を

バランスよく配合し、

何度も何度も試作を重ねて

ようやく生まれた

完全無欠の

魔法のソースなのですよ。

 

 

グラホバーニャ(略)は、

クリームやチーズを加えたクリーミータイプ。

定番の野菜やパン、ソーセージなど、

ディップとしてはもちろん、

 

生クリームや

オリーブオイルでのばしてパスタに絡めると、

さっと出来て美味しいパスタソースとして大活躍。

 


そして。

私のお料理の師匠の、

グラホバーニャの活用法を聞いて、

これまた目からウロコでしたーーー。

 

その裏技とは・・・

 

パスタにはベーコンとキャベツがバッチリ。

コップなどにバーニャカウダ適量入れて、

その上に牛乳、あれば鷹の爪、

なければブラックペッパーを加えて混ぜて、

バスタにからめるだけでオッケー。

美味しそう。

 

 

意外なのが、ごぼうを炒めて混ぜると素晴らしいワインのアテに。

鳥と長ネギのコンビで炒めてもおいしい。

 

また、クリームシチューにちょっといれて隠し味に。

じゃがいも、アスパラ、ベーコンの炒め物は鉄板とのことで、

グラホバーニャ、ほんっと頼もしーーーっ。

 

 

わたしはこの前、

ちょっとお正月らしく、

鮑のバター炒めに、肝をとろりんちょとからめて、

くつくつとしてきたら、

そこにひとさじのグラホバーニャを投入。

 
f0215324_14401290.jpg


ひっえええええーーーー。

f0215324_14404282.jpg


鮑、肝、バター、グラホバーニャの桃源郷的味のハーモニーが、

もう、奥さん、

美味しすぎて、

卒倒するかと思いました。


f0215324_14410526.jpg

 

またそのソースの中に固めのご飯を入れて、

リゾットにしたら、

あかん、あかんっ。

やばやばやばーーーー。

 

これまた気絶級の美味しさですよ〜。

 
f0215324_14413141.jpg


サザエなどを使ってお家でエスカルゴ風前菜も

これひとつで作れます。

 

ちなみに、

バーニャカウダはイタリアの北部、ピエモンテ州の代表的な郷土料理です。

ピエモンテ語でバーニャが「ソース」、カウダが「熱い」という意味。

 

「フォイョ」と呼ばれる陶器のフォンデュっぽい小鍋をテーブルにおいて、

温めながら、野菜や鶏肉などを食べるスタイル。

 

イタリアでは「冬の鍋料理」として親しまれています。

 

ソースが少なくなると、最後に卵を割りいれてスクランブルエッグにして食べるのも本場流。

 

我が家にはその小鍋がなかったので、

卓上タイプのミニホットプレートを置いて、

その上にグラホバーニャをたらりんちょ。

 
f0215324_14440121.jpg


グラホで人気の玄米ミルクバゲットや

野菜や焼いたお肉やサーモンをのせて、

あっつあつをいただきましたら、

 

もう、楽ちんなのに、

めっちゃレストランみたいな味が楽しめました。

シャンパンにも合うーーーーっ。

 
このグラホバーニャ、

スプーン一杯で、

ほんっとに美味しくなります。

 

まじで、

魔法のソース。

f0215324_14493661.jpeg

 

お料理好きな奥様へのプチギフトにも最高です。

わたしは同じくグラホの大人気オリジナル商品、

にんにくオリーブオイルとのコンビで贈り物にしたいです。

f0215324_14420868.jpg


ちなみに、このにんにくオリーブオイルも

バーニャカウダもグラホの社長が

お家のキッチンで1週間にひと瓶ずつ使い切るそうです。

 
f0215324_14432284.jpg


これでわかるよね。どれだけ美味しいか。

 
f0215324_14444763.jpg


 

えっ?まだ買ってない?

 

えええええええええええええええっ。

 

あり得へんわっ(笑)

 
f0215324_14485014.jpeg


オンラインでは、こちらから買えますよ〜



by madamregina | 2018-01-05 14:36 | Comments(0)

明けましておめでとうございますっ   

2018年 01月 05日
f0215324_13132570.jpeg


f0215324_13185734.jpeg

みなさまー。

元旦いかがお過ごしですか?



わたくしは、

怒涛の師走から気がつけば、

2018年の幕開け〜


大晦日には、

広島三次水産の女社長、

円ちゃんから

凄いトロ箱がどっさり到着っ。


ひっえー。


ふぐ、

渡り蟹

車海老

黒鮑

カラスミ

天然白子はなんとー、

2キロ近くよー。


ふぐ業者の方に

「天然白子、揃えておいてね。

1キロ以上ないといけんよーっ」


と、威嚇(笑)して、

集めてくれたそうです。


もー、その愛に泣けちゃう。


f0215324_13262521.jpeg


f0215324_13271758.jpeg


f0215324_13274972.jpeg

f0215324_13282877.jpeg

カラスミは三次水産オリジナル、

塩分控えめ、

しっとり、

こっくり、

むちゃくちゃ美味しいです!


f0215324_13293319.jpeg


そしてー。

広島黒毛和牛の

シャトーブリアンと

すき焼き用のお肉まで!


f0215324_13310051.jpeg



今井の年越しそばバージョンのうどん寄せで

年越ししました。


f0215324_13340052.jpeg

さて、

今年のおせちは、
大好きなグラホでした。


f0215324_13142850.jpeg

どれを食べてもしみじみ
美味しく、優しい気持ちになれる味。


歴代お節ではじめて

ぜんぶ食べきりました。




お雑煮は、
相方のお母様直伝の鴨だし。
相方が作りました。

京都から取り寄せた合鴨、
祐子ちゃまにいただいた
希少なお米屋さんのお餅ときずし、
ごまめ。

f0215324_13150316.jpeg



円ちゃんから頂いた

渡り蟹に、
いくら。


f0215324_13154214.jpeg

シャンは並べただけ(笑)


私は子持ち数の子を漬けただけ。


これ、大好物なんです。


f0215324_13324050.jpeg

グラホで買った赤葡萄ジュースが

年末から飲んで食べてな、

胃腸のやさしくて、
おいしー。


f0215324_13162272.jpeg



また、年末には

フラワーアーティストの

お友達、よしかちゃんから、

アイロニー仕込みの

センスばつぐんのお花をいただき、

お部屋が一気に華やかに。

f0215324_13195919.jpeg



f0215324_13210865.jpeg

また、Mちゃんからも

とってもラブリーなお花をいただいて、

素敵なお正月となりました。


f0215324_13214080.jpeg


今年もたくさん
ご機嫌なことが起こる予感、満載っ。


そして、

いつも私のブログをご覧くださっている

愛すべきみなさまにも、


素晴らしい年となりますように。



今年もどうぞよろしくお願いいたします。





by madamregina | 2018-01-05 13:09 | Comments(0)