NYは今日も快晴です!   

2005年 02月 02日


朝目覚めてカーテン明けると、
ゴージャスなセントラルパークが見えるっていうのも
なかなかいいっ(笑)
私がいま泊まってるのは、
プラザのroom821。
おそらくNYで最も美しい眺めを持つ部屋のひとつでしょう。

でも、このホテルももうすぐ幕を閉じる。
めちゃお金持ちのなんとかって人が(忘れた)
このホテルを買い取り、一部屋30から40億っていう
NYはじまって以来ぐらいの高級レジデンスに
建て替えるらしいです。

7年前ぐらいにここにとまったときも、
すでにサービスの衰えやなにやら悪い「気」が
たちこめて気になってたけど、
やっぱりホテルとしての営業をやめることになった。

でもプラザといえば、華麗なるギャッツビーや
追憶や、映画の舞台としてはNYでおそらく
最も数多いロケ記録を持っているホテル。

追憶のハベルとケイティを真似て
SATCのキャリーがこのホテルの前で、
あいつと別れた場所のモニュメントもここから
見えます。

このホテルは
かつてJFKとマリリン・モンローが密会してたり、
フィッツジェラルドも大好きだった。
ブロードウエィの劇作家たちが
その舞台の成功を祝ったレストランもある。

ジョンとヨーコが好きだったオイスターバーの
セントラルパーク沿いの窓際の席。

2月いっぱいで、そんな思い出も取り壊されてしまう。
サミシイです。

気にあるのは、
湯水のごとき成金趣味で飾り立てられた天井やはりや
由緒ある家具たちはどこへ売られていくんだろうーってこと。
出来れば、この部屋にあるチェスト、
私ちょっと欲しいんだけど。
それとスワロスキーのシャンデリアも。
安く譲ってもらえないかしら?

窓から見えるセントラルパークは息をのむほどきれいです。
NYは今日も快晴。

# by madamregina | 2005-02-02 23:27 | NY | Comments(0)

今日もNYは快晴です!   

2005年 02月 02日

朝目覚めてカーテン明けると、

ゴージャスなセントラルパークが見えるっていうのも

なかなかいいっ(笑)

私がいま泊まってるのは、

プラザのroom821。

おそらくNYで最も美しい眺めを持つ部屋のひとつでしょう。



でも、このホテルももうすぐ幕を閉じる。

めちゃお金持ちのなんとかって人が(忘れた)

このホテルを買い取り、一部屋30から40億っていう

NYはじまって以来ぐらいの高級レジデンスに

建て替えるらしいです。



7年前ぐらいにここにとまったときも、

すでにサービスの衰えやなにやら悪い「気」が

たちこめて気になってたけど、

やっぱりホテルとしての営業をやめることになった。



でもプラザといえば、華麗なるギャッツビーや

追憶や、映画の舞台としてはNYでおそらく

最も数多いロケ記録を持っているホテル。



追憶のハベルとケイティを真似て

SATCのキャリーがこのホテルの前で、

あいつと別れた場所のモニュメントもここから

見えます。



このホテルは

かつてJFKとマリリン・モンローが密会してたり、

フィッツジェラルドも大好きだった。

ブロードウエィの劇作家たちが

その舞台の成功を祝ったレストランもある。



ジョンとヨーコが好きだったオイスターバーの

セントラルパーク沿いの窓際の席。



2月いっぱいで、そんな思い出も取り壊されてしまう。

サミシイです。



気にあるのは、

湯水のごとき成金趣味で飾り立てられた天井やはりや

由緒ある家具たちはどこへ売られていくんだろうーってこと。

出来れば、この部屋にあるチェスト、

私ちょっと欲しいんだけど。

それとスワロスキーのシャンデリアも。

安く譲ってもらえないかしら?



窓から見えるセントラルパークは息をのむほどきれいです。

NYは今日も快晴。

# by madamregina | 2005-02-02 00:43 | NY

マノロ!マノロ!マノロ!   

2005年 02月 02日


「NYタイムスの5センチ角ぐらいの広告に、

マノロ・ブロニクSaleの文字を見つけたよ、行こうか!」

という仕事仲間のコーディネーターMさんのお誘いで、

5番街と6番の間の54丁目の店に突入。

店内ではミンクやセーブルの毛皮を着た

NYマダムたちが目を血走らせながら、

ありとあらゆるマノロを履きまくっていて、熱気ムンムン。



私たちも負けずに7ハーフ持ってきて、8持ってきて!と

スタッフにお願いして、履いたそばから、

「はい、これいただくわ!」と目の前にいつしかマノロの箱が

山積み!

だって、日本で10万円のマノロが約2万円と聞けば、

これを買わねば、女がすたるってもんでしょう。



もはや脅迫観念にも似た高揚した感情を抱きつつ、

瞳孔開きっぱなしで、息もたえだえ。ぜぃぜぃ状態。

私はわずか30分の間に

1400ドル→375ドルになったヘビ皮のハーフブーツ。

めちゃフォルムの美しいお出かけ用クロのスエードのミュール。

そしてスクエアの光モンがパキっと付いたパーティー用のミュール1足。

スエードのターコイズカラーのミュール一足の計4足一気買い。

ヘビ皮のブーツは、派手だしどうしよう?と迷ってたら、

ふわふわのフェンディの毛皮を着た超べっぴんのチャイニーズマダムが

「あら、それちょっと見せてくださる?」」

と目ざとく見つけて、

「ねえ、これもし買わなかったら、譲ってね」と一言。

なんだかそういうこと言われると闘志剥き出しになるのが私の悪いクセ。

ぜったいに譲りたくない状態に(笑)。

で、結局買ったけど、あとの2足のミュールはその彼女が

すごーくいいわ!を連発するので思わず購入したってわけで。



久々にAMEX切るとき、お買い物のカイカーンってやつを思い出した次第です。

ああ、やっぱり楽しいな。お買い物。

ホテルに帰ってからも、鏡の前で何度も履き比べて大満足。

少しぐらいサイズが大きくったって、いいのよ。

マノロだから。

靴のロールスロイスだから。

持っているってことに価値があるんだから・・・・。

と何度も言い聞かせた。

だって、どれも少しずつ大きくかったり、痛かったり、

きっと靴箱で永眠状態になるヤツも出現するだろうなーと

予感したから。





そういえば、今日ソーホーのバルザバールで、

牡蠣とシャンペン食べてると、

なんとジャン・レノが登場!

映画で見るよりほっそりしてて、セクシーでめちゃカッコいい。

思わずファンに。どうせなら、握手でもお願いすれば良かったわ。

ちなみに一緒にいたのは、ラルフ・ローレンのモデルをしていた、

元トップモデルと彼女の息子らしきティーンエイジャーの男の子

この3人どんな関係なのかしらん?



PS

マノロのセールは2月4日まで。

急いでNYくればまだ間に合うよ!

# by madamregina | 2005-02-02 00:40 | MANOLO BLAHNIK