我がNYのレストラン狂時代   

2005年 02月 05日

日頃は11時ごろまでベッドでぐだぐだしてる

なまけものの私ですが、NYでは非常に規則正しい生活ざんす。

今日なんか、朝6時に目覚めたわ。

6時半ごろから、やっと

セントラルパークも目覚めてプルシャンブルーに染まりだします。



昨日、食べにいったジョーズ上海は最悪だった!

チャイナタウンにあるお店は美味しかったのに。

クライアント連れていったのにさー。

面目丸つぶれじゃないっすか?

みなさま、申し訳ございませんでした。



実はトライベッカのブーレーを予約してたんだけど、

なんかもう、3時間かけて(ここはそれぐらいかかる)フレンチ

食べるのもなんだかなーと思ってキャンセルしたのが、

間違いだったわ。

まお値段は天と地の差があるけどね。



ブーレーといえば思い出すのは、ZAGATでぶっちぎりの

快進撃を飛ばしていた90年代だ。

この店の予約を取るのはローマ法王に会うより困難とされていて、

私は、ブーレーのプラチナシートをゲットすることを

マジで、人生の全ての目的!とさえ信じていたことがあったぐらい、

死ぬほど魅惑的な店だった。

(なんちゅーアホでしょうね。あの頃は胃も元気でした)

夜中の12時過ぎに、ブラックタイとソワレの美しいカップルが

食事に来るような店でした(そんな時間しか予約取れなかったから)



日本から予約の電話をするといつもビジー状態。

繋がっても「ホールドオン」といわれて、国際電話なのにさー。

でも切れません。こんどいつ繋がるかわかんないから。

このラインだけが生命線って感じで受話器握り締めてたわよ(って大袈裟)。

後半はオーナーシェフのデビッド・ブーレーと

(NYタイムズが「彼は神だ」とたたえたNYNO1のスターシェフ)

仲良くなって、キッチン直通の電話を教えてもらったけど、

いつもいっそがしい時間に「デビッド、予約を取って」と言われるのは

さぞかし迷惑なことだったに違いない。

でもデビッドはいつも和やかで優しくて、だからブーレーの料理には

彼の人柄がそのまま出ていて、食べる人すべてをシアワセにしたんだろう。





やっと予約が取れたある冬の日、その日はあいにくの大雪で、

マンハッタンの交通網さえ麻痺しそうな悪天候。

50センチほど雪が積もって、車で前まで行っても、

長靴はかなければ、歩けないってほどの雪。

きっとブーレーもキャンセル続出だろうなーと思って

古びた木のドアを開けて入ると、すっごい喧騒。

ふだんはクールなメートルのドミニコが

「一組のキャンセルもなかったよ」とめちゃうれしそうな顔してたのも

印象的。

私も、バーニーズで買ったドレスでお洒落してたけど、

足元は長靴・・・。



ここではいつも

男も女も着飾って映画のようなシーンを繰り広げてました。

それにしてもあの頃のブーレーはほんとに夢のように美しかったわ。

ティファニーのブルーの箱やキスや涙や、

ケンカや愛があちこちのテーブルで飛びかっていて・・。

食事の途中で言い合いして、泣きながら席を立った女の子がいたり。



ニューヨークの恋人たちはここでドラマを作ってたっていう、そんな店。

いまのNYは好景気で新しいレストランも続々出来てるけど、

あの頃のブーレーのような店はもうない。

それに、いま新しく生まれ変わったブーレーにさえ、あの頃の面影はない。

ちなみに2005年のZAGATではベルナルデンが王者に君臨してます。

ティム&ザガット夫妻が好きなフレンチだから、まあ、しょうがないのかな?



朝食ミーティングまで時間があるので、思わず昔の思い出に

浸ってしまった私です。



それにしても、昨日逃したマノロは大きかった。

ああああ、あの靴さえあれば、パーフェクトだったのにぃいぃぃ。

# by madamregina | 2005-02-05 00:47 | NY

NYハニー大興奮!続マノロ   

2005年 02月 04日

一昨日マノロのセールで散々買い倒したのに、

欲どおしい私は、

本日朝11時にミーティングというのに、

仕事の場所がマノロの店に近かったんで

10時からお店に突入しよと行ったら、

開店10時半〜。



しかし、すでにお店にはNYハニーたちが

列をなし、戦闘態勢に入ってます。

おっし、と私も待ちましたとも。



で、友達のAちゃんも買ったという

ハラコのビューティフルなヒールを

履いて、鏡で見てると、

またもや年のころなら70歳!ぐらいのセーブルマダムが

「あら、それいいじゃない?」

と褒めてくれた。

でもやっぱりもう少しゆっくリ見てから買いたいと

思って先にミーティングに。

(これでも一応マノロより仕事優先してます)。



その後、仕事をかねて新生MOMAを見学。

GUCHIさまの建築はもう大変に素晴らしいです。

しかし私はマノロが気になるーー。



そうしてなんとか午後3時すぎに

マノロの聖地に到着したところ・・・

な、な、な、なんと!

ドアに張り紙が・・・いやーな予感。

「本日PM2:00にて閉店」

ガーン、ガーン、ガーン

そ、そ、そんな無体な・・・。

あまりのショックでその場に座りこみそうになりました。

なんとか体制立て直して、サックスのセールに。

そこでみた靴の値段を見て再び、

貧血状態に。

だってー

めちゃしょうもないヒールがセールで250ドルよ。

私が目をつけていたマノロのヒールは

175ドルだったのにぃいいい。



はー。逃したマノロは大きかったぜ。

# by madamregina | 2005-02-04 00:45 | MANOLO BLAHNIK

NYは今日も快晴です!   

2005年 02月 02日


朝目覚めてカーテン明けると、
ゴージャスなセントラルパークが見えるっていうのも
なかなかいいっ(笑)
私がいま泊まってるのは、
プラザのroom821。
おそらくNYで最も美しい眺めを持つ部屋のひとつでしょう。

でも、このホテルももうすぐ幕を閉じる。
めちゃお金持ちのなんとかって人が(忘れた)
このホテルを買い取り、一部屋30から40億っていう
NYはじまって以来ぐらいの高級レジデンスに
建て替えるらしいです。

7年前ぐらいにここにとまったときも、
すでにサービスの衰えやなにやら悪い「気」が
たちこめて気になってたけど、
やっぱりホテルとしての営業をやめることになった。

でもプラザといえば、華麗なるギャッツビーや
追憶や、映画の舞台としてはNYでおそらく
最も数多いロケ記録を持っているホテル。

追憶のハベルとケイティを真似て
SATCのキャリーがこのホテルの前で、
あいつと別れた場所のモニュメントもここから
見えます。

このホテルは
かつてJFKとマリリン・モンローが密会してたり、
フィッツジェラルドも大好きだった。
ブロードウエィの劇作家たちが
その舞台の成功を祝ったレストランもある。

ジョンとヨーコが好きだったオイスターバーの
セントラルパーク沿いの窓際の席。

2月いっぱいで、そんな思い出も取り壊されてしまう。
サミシイです。

気にあるのは、
湯水のごとき成金趣味で飾り立てられた天井やはりや
由緒ある家具たちはどこへ売られていくんだろうーってこと。
出来れば、この部屋にあるチェスト、
私ちょっと欲しいんだけど。
それとスワロスキーのシャンデリアも。
安く譲ってもらえないかしら?

窓から見えるセントラルパークは息をのむほどきれいです。
NYは今日も快晴。

# by madamregina | 2005-02-02 23:27 | NY | Comments(0)

今日もNYは快晴です!   

2005年 02月 02日

朝目覚めてカーテン明けると、

ゴージャスなセントラルパークが見えるっていうのも

なかなかいいっ(笑)

私がいま泊まってるのは、

プラザのroom821。

おそらくNYで最も美しい眺めを持つ部屋のひとつでしょう。



でも、このホテルももうすぐ幕を閉じる。

めちゃお金持ちのなんとかって人が(忘れた)

このホテルを買い取り、一部屋30から40億っていう

NYはじまって以来ぐらいの高級レジデンスに

建て替えるらしいです。



7年前ぐらいにここにとまったときも、

すでにサービスの衰えやなにやら悪い「気」が

たちこめて気になってたけど、

やっぱりホテルとしての営業をやめることになった。



でもプラザといえば、華麗なるギャッツビーや

追憶や、映画の舞台としてはNYでおそらく

最も数多いロケ記録を持っているホテル。



追憶のハベルとケイティを真似て

SATCのキャリーがこのホテルの前で、

あいつと別れた場所のモニュメントもここから

見えます。



このホテルは

かつてJFKとマリリン・モンローが密会してたり、

フィッツジェラルドも大好きだった。

ブロードウエィの劇作家たちが

その舞台の成功を祝ったレストランもある。



ジョンとヨーコが好きだったオイスターバーの

セントラルパーク沿いの窓際の席。



2月いっぱいで、そんな思い出も取り壊されてしまう。

サミシイです。



気にあるのは、

湯水のごとき成金趣味で飾り立てられた天井やはりや

由緒ある家具たちはどこへ売られていくんだろうーってこと。

出来れば、この部屋にあるチェスト、

私ちょっと欲しいんだけど。

それとスワロスキーのシャンデリアも。

安く譲ってもらえないかしら?



窓から見えるセントラルパークは息をのむほどきれいです。

NYは今日も快晴。

# by madamregina | 2005-02-02 00:43 | NY

マノロ!マノロ!マノロ!   

2005年 02月 02日


「NYタイムスの5センチ角ぐらいの広告に、

マノロ・ブロニクSaleの文字を見つけたよ、行こうか!」

という仕事仲間のコーディネーターMさんのお誘いで、

5番街と6番の間の54丁目の店に突入。

店内ではミンクやセーブルの毛皮を着た

NYマダムたちが目を血走らせながら、

ありとあらゆるマノロを履きまくっていて、熱気ムンムン。



私たちも負けずに7ハーフ持ってきて、8持ってきて!と

スタッフにお願いして、履いたそばから、

「はい、これいただくわ!」と目の前にいつしかマノロの箱が

山積み!

だって、日本で10万円のマノロが約2万円と聞けば、

これを買わねば、女がすたるってもんでしょう。



もはや脅迫観念にも似た高揚した感情を抱きつつ、

瞳孔開きっぱなしで、息もたえだえ。ぜぃぜぃ状態。

私はわずか30分の間に

1400ドル→375ドルになったヘビ皮のハーフブーツ。

めちゃフォルムの美しいお出かけ用クロのスエードのミュール。

そしてスクエアの光モンがパキっと付いたパーティー用のミュール1足。

スエードのターコイズカラーのミュール一足の計4足一気買い。

ヘビ皮のブーツは、派手だしどうしよう?と迷ってたら、

ふわふわのフェンディの毛皮を着た超べっぴんのチャイニーズマダムが

「あら、それちょっと見せてくださる?」」

と目ざとく見つけて、

「ねえ、これもし買わなかったら、譲ってね」と一言。

なんだかそういうこと言われると闘志剥き出しになるのが私の悪いクセ。

ぜったいに譲りたくない状態に(笑)。

で、結局買ったけど、あとの2足のミュールはその彼女が

すごーくいいわ!を連発するので思わず購入したってわけで。



久々にAMEX切るとき、お買い物のカイカーンってやつを思い出した次第です。

ああ、やっぱり楽しいな。お買い物。

ホテルに帰ってからも、鏡の前で何度も履き比べて大満足。

少しぐらいサイズが大きくったって、いいのよ。

マノロだから。

靴のロールスロイスだから。

持っているってことに価値があるんだから・・・・。

と何度も言い聞かせた。

だって、どれも少しずつ大きくかったり、痛かったり、

きっと靴箱で永眠状態になるヤツも出現するだろうなーと

予感したから。





そういえば、今日ソーホーのバルザバールで、

牡蠣とシャンペン食べてると、

なんとジャン・レノが登場!

映画で見るよりほっそりしてて、セクシーでめちゃカッコいい。

思わずファンに。どうせなら、握手でもお願いすれば良かったわ。

ちなみに一緒にいたのは、ラルフ・ローレンのモデルをしていた、

元トップモデルと彼女の息子らしきティーンエイジャーの男の子

この3人どんな関係なのかしらん?



PS

マノロのセールは2月4日まで。

急いでNYくればまだ間に合うよ!

# by madamregina | 2005-02-02 00:40 | MANOLO BLAHNIK