日本のランチは世界一!   

2006年 12月 08日


来週からまたミラノ出張です。
でも!!!!
ユーロの上昇が止まらないので、頭痛めています。

現在1ユーロ約155円!
えーって感じですよね。
ちょっと前は125円でした。
去年、140円ぐらいになったときも怒り心頭でしたが、
150円を超えると、怒りより、うなだれるばかり。

いいかげんにしろ、ユーロ!であります。
誰かとめてくれぇええええ。

食費もほんとバカになりません。
しょうもないパスタ2000円ぐらいするお店も多い。
バールでもパニーニ一個だいたい1000円。
それに飲み物をつけると1500円です。

ちなみにアメリカもランチ事情はかなり悪い。
現在、ドルはそれほど高くないですが、
アメリカはチップがつくのでこれまたランチはかなり割高。

だからビジネスマンが多いニューヨークでは手軽に安く食べれる
ベンダー(屋台)が大人気。
お昼時、
ホットドッグやファラフェル(ヒヨコ豆をつぶして揚げたコロッケで中近東の代表料理)、
シシカバブなどの屋台の前には、ブルックスブラザーズのスーツをパリっと着たジェントルマンたちが
群がっていることも珍しくありません。

同じようにお昼時、5番街を歩いていると、ビジネスマンが紙袋をさげて
颯爽と歩いている姿にも良く出くわします。
中身はオーボンパン(アメリカで人気のパン屋さん)のサンドイッチと
コーヒーだったりします。
それでもちょっとサンドイッチとサラダとコーヒ-で1000円はしますかね?


そこへいくとほんと日本のランチは世界一バリューがある!

生ハムとルッコラの前菜、牡蠣のクリーム煮パスタ、
その上、デザートにスイーツとエスプレッソまでついて1000円なんてお店はザラだもんね。
なんて、えらいんだ、日本は!

おうどんでも中華でもイタリアンでもフレンチでも
気の向くまま。
予算と目的、好みに合わせてチョイス出来るバリエーションの
豊富さも世界一だと思いますね。


そんなわけで、今年は2回ミラノに行きましたが食事情はタイヘン厳しいものでした。
しかし!そんなミラノで唯一これはお得!と思ったのが、
ミラノの一大ブランドストリート、モンテナポレオーネにある老舗カフェ「COVA」(上写真)。

普通に朝はクロワッサンとかカフェオレとか、
卵料理が出ますが、そういうのはかなりお高い。
でも、お昼時になると、アルコール系飲料を注文すれば、
ものすごくお得なアレコレが無料でついてくるのであります。


わたしもランチ時にアルコールを飲むのはどうもなぁ、と思いつつ、 他のお客がほとんどビールやワインやシャンパンを注文していて、 そこに必ず美味しそうなカナッペがついているのを横目で見ながら、 カンパリオレンジを注文。

すると、きました、きました。
にんじんやセロリ、アンディーブなどのスティックサラダに 小エビとアスパラガスのマヨネーズ和え、生ハム、オリーブス、 アンチョビなどがのっかったカナッペがこれでもかとついてきます。

スタンディングなら、カウンターにサラダやオリーブス、カナッペ、 チーズパイなどがずらりと並んでいて、こちらは食べ放題。

だからランチ時になるとビジネスマンがCOVAに押しかけ、 ビールやワイン、カクテルを注文。
無料でついてくるカナッペやサラダをご飯がわりにするというわけです。 もちろん、ランチ以外の時間帯でもこのサービスは同様。

小さなサラダひとつが3000円もする!というミラノで
これは驚くべき、リーズナブルなスタイル。

COVAはチョコレートやマロングラッセでも有名です。
東京の有楽町にも支店があるというから、さすがニッポン。


ミラノ本店のようなカナッペやサラダのサービスはあるのかしらん?
そこが問題だっ!

# by madamregina | 2006-12-08 11:22 | Diary | Comments(0)

伊賀肉   

2006年 12月 07日





昨日は、取材をかねて奈良方面に行き、
帰りに三輪神社によりました。

もう、ずっと昔から我らは愛情をこめて「三輪さん」と呼んでおりますが、関係筋(どんな?)に聞くところによると、三輪さんは、日本の神社の中でもかなりの魔力をお持ちらしい。

まず天空にそびえるようにしてたつ、鳥居を見るだけでぞぞぞーっと聖なる霊気を感じます。

ここから先はまるで「魔界」。
何千年も昔からあるような大木を見上げながら、境内を歩いていると、なにやら不浄なものが少しずつ浄化されていくようにさえ、感じる。

さらにお参りに来ておられる人の様子も何やら、ただならぬ気配。地面に膝をついて、コーランの祈りのようなカッコウでおまいりをしている人もいます。

まあ、そんな中でおいらもいろいろお願いごとをして、名張まで足を伸ばし、山水園っていう旅館の温泉に入りました。

あああ、ひっさしぶりの温泉。
なんて気持ちいいんでしょう。
やっぱり海外のスパより日本のスパよっ。

帰りは伊賀肉の炭火焼きで有名な
三太夫にて夕食。

炭火で焼いたロース肉、地鶏、野菜たちの美味しいこと!朴葉の上にきのこ類と魚のイワナの骨を練りこんだ自家製味噌をあえていただく朴葉焼きも絶品でありました。

いいねー。日本のカントリーサイド





炭火焼食事処 三太夫
三重県名張市安部田字阿清水520番地 
TEL 0595-64-0055 

# by madamregina | 2006-12-07 02:02 | Diary | Comments(0)

ひのなのお漬物   

2006年 12月 02日


写真は先日訪れた伊賀上野の陶器の町「丸柱」の工房の片隅に

干されていただいこんとひのなです。

わたしは食いしん坊のせいか、野菜や果物、ワインやチーズなどの
西洋でいうところの「STILL LIFE」(静物)の写真や絵画に心惹かれます。

こういうのを見ると、美味しそうで、なんか、希望がわくと思わない?

ちなみに伊賀上野のお味噌屋さんで買った
新物ひのなの糠漬けはめちゃくちゃ美味しかった!

ちっとも塩辛くなくて、手作りの優しくまろやかな味わい。
ご飯を食べ過ぎて困るんだけどね。

でも、こんなご飯を食べてると、
つくづく日本に暮らすシアワセを噛み締めるよねー。

# by madamregina | 2006-12-02 11:45 | Diary | Comments(0)

伊賀焼き   

2006年 11月 29日



先日伊賀上野の旅で、伊賀焼きの里「丸柱」を訪れました。

すぐ近くの信楽焼きに比べるとちょっと地味な印象の伊賀焼きですが、
実は1200年もの歴史を持つ陶器。

苔肌といわれる、ゴツゴツとした土肌と素朴で温かい雰囲気が特徴です。
一見備前焼きにも似ていますが、
写真のような神秘的なブルーやグリーンが表現されるのは伊賀焼きならでは。

深い湖のようなグリーンは自然の風物。
松の灰が高温で焼かれるとこんな風な神秘的な緑に変わるのだとか。

だからひとつと同じ色合いはありません。

ターコイズブルーの色合いは、
苔肌に蒼色をかぶせて出しているそうです。

写真は伊賀焼き作家の秋野さんの作品。

今回見た伊賀焼き作家の中で群を抜く素晴らしさでした。

このブルーの銘々皿で1600円というお値段も素敵でしょ?

# by madamregina | 2006-11-29 01:01 | Diary | Comments(0)

家族ひよこ   

2006年 11月 26日


ひよこまんじゅうって1~2年に一度ぐらい、
無性に食べたくなります。

先日実家に帰ったら、母がご近所の人にいただいたの!と
「家族ひよこ」なる籠を見せてくれました。

ひやああ。
小さな竹かごのなかに父ひよこ、母ひよこ、子ひよこ2匹の
計4人家族のひよこが、まるで巣にいるように入っているではないですか?


もう、めちゃくちゃかわいいっ。

いつも普通ひよこを食べるとき、
ちょっとあんこが多いな・・糖分取りすぎかも・・と
心配でしたが、子ひよこなら普通サイズの半分ぐらいの
大きさで、あんこもミニミニサイズ。
どちらかというと皮部分が多いので、さらにうれしい(あんこより皮好き)

写真は子ひよこを一匹食べてしまったので、
3人家族になっていますが、
ほーんとにかっわいいでしょ?

# by madamregina | 2006-11-26 22:57 | Diary | Comments(0)