デルヴォー大阪のイベントへ。   

2018年 12月 15日
f0215324_21455382.jpg

f0215324_21460439.jpg


今日は、
ホリデーシーズンでキラキラなミナミへ。

美奈子さんにお誘いいただき、
多恵さん、Memeさんたちと、
「デルヴォー大阪」の素敵なイベントにお邪魔いたしました。

f0215324_21465445.jpg

f0215324_21465653.jpg


デルヴォーは、1829年に創業した、ベルギーを代表する世界最古のファインレザーグッズ ブランドです。

f0215324_21471623.jpg


ヨーロッパを旅していると、
デルヴォーを持つマダムたちをよく見かけました。

それがなんとも洗練された素敵なマダムたちで、
他のハイブランドとは一線を画した品格があるんですよ。

ベルギーに行ったときも
アントワープやリールの街のデルヴォーのお店も良く行きました。

今回はじめて、大阪店に伺いましたが、

ブティックのコンセプトは官能と洗練。
まさにデルヴォーを象徴するような美しくかっこいい空間!

f0215324_21481288.jpg

f0215324_21481800.jpg

f0215324_21482505.jpg


今日のイベントは、
川井郁子さんのヴァイオリンや、
カラーコーディネーターの山田智子さんのトーク、
そして、リレイちゃまのお花に、

f0215324_21521460.jpg



三好万記子さんのケータリング…

f0215324_21495301.jpg

f0215324_21495547.jpg

f0215324_21495883.jpg


f0215324_21500503.jpg

という、ゴージャスなコラボレーション。
シャンパーニュはルイナールでしたよ。

みんなでデルヴォーを持って記念撮影!

f0215324_21484850.jpg


わたしが欲しいのは…
もう、ずっとずっと前から持ちたかった
「これはデルヴォーではありません」と書かれた、バッグ。

ますます、欲しくなっちゃった。
f0215324_21530488.jpg

タカラヅカのキラッキラな夢の世界も素敵だけど、
歴史あるブランドのパワーって、
やっぱり素晴らしい!

帰りには多恵さんとヴァンクリへ。

お茶をいただきながら、
二階のゆったりとしたソファで、
ヴィンテージアレファンブラを
見せて頂きましたよ。

f0215324_21592248.jpeg

f0215324_21594403.jpeg

これも、欲しいよね。



もー、ホリデーシーズンのブランド梯子は、
危険だわ。

f0215324_21571764.jpg



#デルヴォー #delvaux #デルヴォー大阪 #欲しいバッグがいっぱい

# by madamregina | 2018-12-15 21:43 | event | Comments(0)

フォーシーズンズホテル京都でプレス会   

2018年 12月 09日
f0215324_11403107.jpg



先日、フォーシーズンズホテル京都で、

メディアのみなさまをお招きした

Press Luncheonをお手伝いさせていただきました。



集まって頂いたのは、私が日頃、公私ともに親しくさせて頂いている、関西を代表する必殺仕事人の方々。


もう何十年も前から一緒にお仕事をさせてもらったメンバーもいて、

久々にお会いする方もいて楽しかったー。


まずは、FS kyotoの特別なお部屋、

2ベッドルームのレジデンスでウェルカムドリンクからスタート。


リビングには大人気のサルヴァトーレ フェラガモ クリスマスアフタヌーンティ がディスプレイされて、

気分は一気に華やかなクリスマス。


f0215324_11413190.jpg

f0215324_11413409.jpg


そして、居心地のいいソファに座って、

広報の徳永さんから

フォーシーズンズホテルブランド、

そしてFSkyotoについての魅力を聞きました。





f0215324_11422114.jpg

f0215324_11422690.jpg

f0215324_11422837.jpg


FSは世界の最高峰ホテルブランドでありながら、肩肘張らないホスピタリティで、個性豊かなスタッフが人と場所を繋ぐ素敵な架け橋の役割を担っているのも素敵です。


FSkyotoは、

京都の豊かな歴史や自然美、

そしてゲストに、茶の湯に代表されるキメ細かな、日本人ならではのおもてなしの心や美意識を感じて欲しいという思いがこめられていながら、

心からリラックスできるアーバンリゾートとしても愛されるホテルを目指しています。


f0215324_11424948.jpg


そんな中、レジデンスルームは、

観光を目的とした滞在とは違って

京都に暮らすような、ロングステイが楽しめるようキッチン、洗濯機なども備えなれていました。



いままで敷居が高い…と

思っていたFSブランドの奥に隠された思いや

エピソードもたくさん聞けて、 

何より徳永さんのお人柄で、

楽しく笑いが絶えないブリーフィングのひとときでした。



話はちょっと変わりますが(っていつもだけどw)


私は昔からFSホテルがたぶんいちばん好きで、

自慢じゃないですが(いや、いつも自慢だけどw)

いままで旅した国すべてのFSに泊まっております。



はじめてステイしたのは、

マウイ島にFSがオープンしたとき。

もう20年以上も前ですね。


ミックジャガーがプライベートジェットで

お抱えの料理人を連れて来たり、

ハリウッドスターも数多く

訪れてそれは華やかでしたが、

何より驚いたのは、

ホテルスタッフの畏まらず、

どこか人なつっこく、

ゲストをハッピーにさせる魔法のようなホスピタリティでした。


それからすっかりFSの虜になったわたし。


ハワイ島のファラライはたぶん10回以上は訪れました。

こちらも大好きなリゾートです。


バリ島のFSも好きな場所。

ジンバランとウブドにありますが、

わたしはバリの歴史や文化を体現したような、

ジンバランのヴィラスタイルが好き。


FSは世界のリゾートを知り尽くしたホテルブランドだけど、

私は世界の都市に点在する、

キレッキレのエグゼクティブたちが集うFSも大好き。


NY、

Boston、

Milano、

Paris、

ロンドン、

香港、

東京…

海外出張では、その都市のF Sに泊まるのが何よりの楽しみです。


I.M ペイ氏が建築を手がけた、

これぞ摩天楼の空中都市にステイするようなNYのFS。


修道院を改装し、

国宝級のタペストリーや

天井画をそのままに、パテオを囲むように建てられたMilanoのFS。


ボストンコモンを一望できる

ボストンのFSもアメリカとヨーロッパが混在したかのようなテイストが素敵です。


そして、私が世界一好きなホテル、

と言っても過言じゃない、

Parisのパラスホテル、ジョルジュサンク!


ここはParisで仕事のときの定宿でした。


撮影でぼろぼろになって帰ってくると、

麗しいドアマンが

お帰りなさい…と温かな笑顔で迎えてくれ、

お部屋に戻ると、

スパークするエッフェル塔を眺めながら、

アメニティのアツアツの日本茶と和菓子を

頂くと、一気に疲れが取れました。


マライヤキャリーはじめキラ星のようなスターにもよく遭遇しました。


でも、何より印象的だったのは、

ロビーでまるでベルボーイのように忙しく行き交い、ゲストの質問に素敵な笑顔で応えていた紳士が、なんとジョルジュサンクのGM、総支配人だったこと。


GM自らが

ホテルの最前線に立ってゲストをもてなす姿に感動しました。


そこからますますFSフリークになった私。


京都はそんなFSでも、

温もりのあるホスピタリティで

海外の富裕層たちからも

高い評価を得ているスーパーラグジュアリーホテル。


だけどメインダイニングは、

テーブルクロスがないブラッスリースタイルだったり、

最高級ブランドのホテルでありながら、

肩肘はらず、

心からリラックスできるのも魅力です。


f0215324_12025435.jpeg


f0215324_12043330.jpeg



メディアのみなさまには、

ブラッスリーで

井料シェフが腕を振るう

シグニチャーコースを

召し上がって頂きました。


f0215324_12055001.jpeg



f0215324_12063367.jpeg

各お料理には、カレラ(Calera )のワインや甲州ワインなど人気のワインをペアリングしていただきましたが、

その美味しかったことと言ったら!



f0215324_12081946.jpeg


f0215324_12071494.jpeg


カレラのワインはロマネ・コンティに限りなく近づけたワインとして、

ワイン通が知る人ぞ知るワインです。


f0215324_12114346.jpeg


f0215324_12100778.jpeg




みんなで歓声をあげながら、最高にごきげんな宴となりました。



ちなみに、来年2月9日には、

カレラ、ワイナリーの創始者をお招きし、白2、赤3種、合計5種のワインとペアリングを楽しんで頂くワインディナーもありますよ。私もぜひ行きたいと思っています。


いや、ほんとに

フォーシーズンズ京都は、

ほんとに、昼も、夜も素敵。


f0215324_12123405.jpeg



f0215324_12135443.jpeg




f0215324_12142918.jpeg



f0215324_12155457.jpeg



f0215324_12163465.jpeg



f0215324_12171767.jpeg




京都にありながら、閉鎖的な空気はなく

開放的で明るく、エレガント。

とてもいい気が漂っています。


だけど、そこかしこに、

FSならではの別格の高級感と

ゲストもドレスダウンしているけど

きっと、ヨーロッパの王族か

アジアンリッチよね…みたいな方がいっぱい。

そこがほんと、かっこいい!ホテルです。


まだ、行ったことがない…という方、

全力でおすすめよ!


いままで私たちが気がつかなかった、

素敵なJapanの風景に

出逢えるはず。





# by madamregina | 2018-12-09 11:34 | Hotel(Japan) | Comments(0)

今日は伊勢志摩へ。   

2018年 12月 09日
f0215324_11252784.jpg


今日は伊勢志摩へ。
200年ぶりに伊勢志摩ライナーに乗りました。

f0215324_11255328.jpg

f0215324_11255601.jpg


しまかぜ、一度乗りたかったけど
大人気で乗れません。

しかし。
車内には、
さりげなく、
あこやパールのレリーフが飾られていて、
さすがやわ。

f0215324_11270831.jpg


#近鉄電車#伊勢志摩ライナー #今夜は素敵な方々と#素敵なイベント#列車の旅は気楽やね

#近鉄電車#伊勢志摩ライナー #今夜は素敵な方々と#素敵なイベント#列車の旅は気楽やね

# by madamregina | 2018-12-09 11:24 | Travel | Comments(0)

フォーシーズンズホテル京都へ @ Fourseason Hotel Kyoto   

2018年 12月 06日


f0215324_22420514.jpg

f0215324_22315108.jpg

f0215324_22321055.jpg

京都を旅してきました。

ちょうど紅葉が美しい時期。
京都…いいよね、やっぱり。


そして、今回はずっと泊まってみたかった、
フォーシーズンズホテル京都へ。

神社仏閣が立ち並ぶ東山の一画。
2016年10月15日にオープンした、
世界屈指のラグジュアリーホテルブランドです。

シャンパンディナーや、
フェラガモアフタヌーンティーなどで
何度か訪れていましたが、
宿泊ははじめて。


エントランスへと続く竹林のアプローチが、
なんとも非日常への架け橋という感じで
いいんです。


和傘をイメージした正面玄関 ポートコーシェ。
ここまで来ると空気感が一気に変わるんです。
和を感じさせるのに、
とってもモダンでスタイリッシュ。

f0215324_22373714.jpg


今回のお部屋は800年の歴史を紡ぐ名庭、
「積翠園」に面したプレミアムルーム。


窓から美しい庭園が一望できる、
特等室。

f0215324_22395324.jpg

f0215324_22400967.jpg

f0215324_22402579.jpg


ウェルカムフルーツが、
あんぽ柿。
いや、しぶいです。

f0215324_22414621.jpg



そして、
まずは、お茶室へ、シャンパンを頂きに。


お庭へと続くロビーラウンジには、
ゴージャスなツリーが。

f0215324_22493391.jpeg

f0215324_22563185.jpeg


積翠園のお庭は、紅葉が美しい!


f0215324_22505051.jpeg

f0215324_22550444.jpeg


f0215324_22575474.jpeg

お茶室でシャンパンは、FS京都でのお約束。
ほんとに素敵で落ち着く場所。

f0215324_22595215.jpeg

f0215324_23011865.jpeg


f0215324_23070909.jpeg



f0215324_22533282.jpeg

お抹茶セットも頂きました。


f0215324_23033311.jpeg

こちらのお菓子は、
京都 老松がフォーシーズンズ京都のために
特別に作ったもの。

見た目も愛らしい白餡と栗きんとん。
上品な甘さがシャンパンとも合いましたよ。

f0215324_23075134.jpeg


池を眺めながら、
優雅なひととき。
贅沢よね。

このお茶室での時間は、FS京都ならではの体験。
海外のゲストたちにも人気です。


f0215324_23085925.jpeg

f0215324_23125850.jpeg

すっかり気分が良くなったところで、
さあ、スパに行かなくちゃ。


続くから


# by madamregina | 2018-12-06 22:14 | Hotel(Japan) | Comments(0)

パーティーシーズンには、カラーストーンのリング!   

2018年 11月 29日
f0215324_23440817.jpg



さあ!

そろそろパーティーシーズン到来よね。


f0215324_23545885.jpg

f0215324_23550570.jpg


みなさま、今年はどんなパーティファッション?


楽しみでもあり、

いや、うれしい悩みのシーズンでもありますよね。


そしてー。

パーティドレスの仕上げは

やっぱりジュエリーですよね。


今年のパーティのドレスはまだ決めてないわたしですが、

つけるジュエリーだけは決まってる!



そうよ!

最近いつも肌身離さずつけている

ブルートパーズのリングです。


f0215324_23493499.jpg

f0215324_23494699.jpg


このリング、

10カラット以上の飴玉みたいに

大きなブルートパーズ。


f0215324_23502980.jpg


すっごく印象的でしょ?

さらに周りには

ダイヤがびっしり。


深い海のようなブルーに

水面をキラキラ照らす太陽の輝きみたいに華麗なメレダイヤ。


f0215324_23523593.jpg


これつけていると、

ジュエリー好きな人に必ず

わぁ、それどちらで作られたの?


って聞かれます。


バンコクを拠点に活躍される、

ジュエリー神吉の神吉佐知さんがデザインしてくださったリングです。


f0215324_00013244.jpg

f0215324_00014002.jpg


どこにもつけていきます。


こちらにも書きましたが、



ブルートパーズのパワーって

凄いんですよね。


【ブルートパーズは、

 

人の想いを強める力を授けてくれるそう。

 

わたしは根性がなく、

なんでもすぐにあきらめるんですが、

 

この石は、

途中であきらめることなく、

夢を実現させるようサポートしてくれる。

 

また、これすごく大事なんだけど、

持ち主に自信をもたらし、

魅力を高めてくれる効果もあるそうよっ。

 

 

ブルートパーズの明るいパワーは、

ヒーリング効果もあり、

恐怖心やネガティブな感情を取り去ってくれて、

精神的なストレスをも解放してくれるそう。

 

またここもめっちゃ大切なんだけど、

「富と幸運を象徴する」石なんです。

 

さらにさらに、

新しい事業を立ち上げるときのお守りとしてもつける人が多く、

人間関係を豊かに育むパワーも授けてくれる。

 

そして!

東洋では、不慮の事故や災難から身を守る石としても強く信じられています】

 


つけはじめてから、

ミラクルなことが次々起こって、

宝石が持つ力を

はじめて実感したリングなのー。


でも、そんなラッキージュエリーをつけるいちばんの効能は

自分自身に自信が持てて、

きっと、

いやぜったいミラクルなことが起こる!

と、信じることにあると思います。



デニムにもソワレにも似合う、

最高のわたしの相棒です。


そんなジュエリー神吉の

日本フェアが春に開催されます。



みなさま、

ぜひ、行ってみてください。


きっとあなたの人生を後押ししてくれる運命のジュエリーに出逢えるはず!




⭐️ジュエリー神吉 日本フェア 2019



◆東京フェア

4月11日~16日


◆福岡フェア

4月21日~23日


◆大阪フェア

510日~15





日本フェアについて
その他お問い合わせはメールから



佐知さんのブログも、

ぜひ

ご覧くださいね。



バンコクサロンのオープン日は

ウェブサイトから!!!



# by madamregina | 2018-11-29 23:39 | Jewelry | Comments(0)