レジィーナ・ロマンティコの服に恋して   

2010年 03月 01日
f0215324_151273.jpg


みなさま、はじめまして!

そして、愛すべき、おなじみのみなさまには、これからこちらでもどうぞよろしく!


マダム松澤こと、松澤壱子です!

本日より、Regina Romanticoさんとのコラボでブログを発信することになりました。


このブログをご覧になっている方の中には、

レジィーナ・ロマンティコの大ファンよ!という人から、

知らなかったわーという人までさまざまだと思います。


でも、ひとつだけ、言えることは、

こちらのお洋服を身に着けたら、もう、虜よっ。


これほど、女性をきれいに見せてくれる服を、

わたしはこれまで知りませんっ。


f0215324_2195086.jpg
























f0215324_2221133.jpg























はじめて帝塚山のお店で、写真のひょう柄スーツを試着したとき、

鏡に写ったわが姿、別人に見えましたっ。


思わず、統括ディレクター&店長の壁野さんに、

「あわわわわーっ。も、もしかして、この鏡って、普段の半分に見える、うぬぼれ鏡ですかっ?」

とまじで聞いたほどです。



それほどまでに、自分の姿が、めっちゃイケてるように見えたんです。

ウエストがきゅっと締まって、

スカートからのぞく足は、まるでハリウッド女優のごとき、筋足(きゃっほー)。

胸元の絶妙なあき具合が、エレガントなセクシーさを醸し出し、

ものすごーく自分がいい女になった気分に浸れたんです。


なにせ、最近のわたくし、ほとんどカジュアル路線一辺倒で、

アバクロのボーイズカーゴがお仕事服というていたらく(ひえええーっ)


f0215324_2364382.jpg
   LAでロケの合間に、フォトグラファーのデビッド(右)と映画脚本家のロンちゃんと。

f0215324_241158.jpg
                 昨年9月、ロンドンのBrowns Hotelにて。

f0215324_3103787.jpg
                    ハワイのKAHALAにて。

こんなわたしが、レジィーナ・ロマンティコのお洋服を着たとたん、

えええーっ。まるでグレース・ケリーかっ?(こりゃ言いすぎです。すいませんっ)

これって、マジで、魔法ですか?

とほんとに世界がひっくりかえるほどの大革命。大感動!

いやあ、自画自賛にもほどがあるわー。ほんと、お許しを(えへへ)




このオリジナルのデザインをされているのが、

オーナーでもいらっしゃる阪口元美さん

BMWを颯爽と乗りこなす、すっごく美人でチャーミングな女性です。

f0215324_213546.jpg


彼女はいつも自分がデザインしたお洋服を着ていらっしゃいますが、

それを見た人が、「ぜひ!わたしも着たい!」

という輪が広がって、現在、大阪帝塚山店のほかに、

f0215324_2173261.jpg


東京、福岡、名古屋と全国展開されていて、

この2010年、8月には苦楽園店もオープン。



そういえば、芦屋マダムのMさんや、Fさんも

レジィーナの大ファンでいらっしゃったのですが、

「レジィーナのお洋服は、構築的というか、ほんとうにボディを
きれいに際立たせてくれるんですよ。
ウエストラインの優美な流れはどんなファーストブランドにも
負けない究極の女性美を演出してくれます!」

と大絶賛でした。



そして、旅が多いわたしが特にうれしいのは、

軽くて、扱いやすくて、シワになるのも気にせず、

スーツケースにがんがん入れていけるところです。

それでいて、ものすごーく着映えがします。

華やかで、インパクトがあって、パーティでも主役になれること間違いなし!



これまで有名どころのあのブランドにあのメゾン・・・とあらゆる服を着倒してきた、


[服道楽人生]をたくましく歩んできた人たちが

レジィーナ・ロマンティコの魅力に続々とハマっています



そんなわけで、

これから、レジィーナ・ロマンティコのお洋服の真髄について、

阪口社長のデザイナーとしての天才的資質について、

わたしたちの出会い、7年ぶりの奇跡の再会などについて、

そして、

こんなわたしが、レジィーナ・ロマンティコのお洋服でどう変身していくかなどなど

書いていきたいと思います。

先日行ったハワイでは、レジィーナのお洋服をたくさん携え、

滞在した、大好きなホテル「Halekurani」や

モアナサーフライダーの「ザ・ベランダ」

やニーマン・マーカスの「マリポサ」などで、

たくさん激写しましたー。


また、あつかましく、掲載させていただきたいと思います(笑)

ちなみに

上の迷彩カーゴ、通称ベトコンパンツ(ひーっ)の私と比較していただければ、

レジィーナ・ロマンティコのお洋服の凄さをご理解いただけると思うのであります。

そんなわけで、

みなさま、どうぞ、これからもよろしくねっ!

by madamregina | 2010-03-01 00:40 | ごあいさつ