シャンパンとリアルラボとヘブンリーベッドの休日   

2009年 05月 29日



気がつけば、今年ももう半分経過っ?!

早いね~。月日がたつのは(しみじみ~)

そんなある日、
いつものスイートがあいているとのことで、

こちらに行ってきました~。

GW,まるこさんも行かれていて、
その楽しそうな、お写真を見ると、、
なんだかとっても行きたくなりました。

なにせ、アワジアイランドは、我が家からドアツードアで、40分ですからっ。
日帰りでもぜんぜん行ける距離なんですが、

やっぱりあのホテルのあのヘブンリーベッドにたまには泊まりたい。

わたくしは秘かにアワジアイランドのことを、
「南仏プロヴァンス」か「イタリアのトスカーナか?」
と勝手に呼んでいますが、

淡路島の空気感って、
ほんとに南国的島スピリッツがぎゅっとつまってて、
ヒーリング効果もばつぐんです。


ついてすぐに海の見えるバスルームでバスタイム。
これこれ、これが楽しみだったのよ~。



アメニティがモルトンブラウンから、
ロクシターヌに変っていました。



もちろん、リアルラボのトライアルセット、持ってきました。
ジャクージにゆるーくつかりながら、
メイク落とし「デュアルコンパチブルキッドクレンジング」で


しっかりとメイクとお肌の汚れを取り去ります。



ああ、気持ちいい。あっという間にクリーンな肌になっていきます。

お風呂から出た後は、最近旅先にいつも同伴してもらう、
ディープゴローイングマスクで、しばしお肌のリカバリー。



わああ、それだけで、
お肌ツルンツルン。
キュっとリフトアップされてます。

スッキリ、すっぴんになったあとは、

海をみながら、
シャンパンでもいっときましょか?




こちらに来る前、食いしん坊の間で人気炸裂の
お鮨屋さん、「林屋」でランチを食べたのですが、

いやあ、前回は休業されてて、涙のみましたが、
今回は久しぶりに、リニューアルされたカウンターへ。

すいません。写真はなしです。
気がつけば食べてしまってました(またかい?)

しっかしここのお魚はほんとうっまー、うますぎ~。

中トロにもがんがんときめきましたが、
アオリイカもカンパチも由良のウニも
おいしすぎます。

お造り1人前とお鮨のおまかせ、ビール1本、
赤だし、お土産の太巻きをお願いして、
2人で9760円ってどない?

感動のお味、感動のお値段でした。

林屋さんはお魚屋さんが営むお鮨屋なので、
帰り、淡路産由良のうにを買ってきてました~。
(おケイさんのブログでもおなじみの、あのうにの貴公子、由良のうによ~)

ラップ、つけたままの写真しかなくてすいません。
ちゃんと本わさび、つけてくれてます。
これ、ひと船で、この日は2200円でした。

3つぐらい買えばよかったわ~。



シャンパンと一緒にいただくと、
きゃあああーっ、絶叫の美味しさ。
なんじゃー、この甘さはっ?!

由良のうにに、身も心も捧げる気分になりましたっ

昼下がりのシャンパンをいただいたあとは、
ちょっとだけ惰眠をむさぼり、

その後はウエスティン泊まったら、
ここはお約束~マストゴーの

ボタニカルガーデン「奇跡の星の植物館」へ。

今回のテーマは(5月31日まで)「「ウィーン花物語―ハプスブルグ家の優雅な庭」。








そして、夜は再び、某鮨屋へ~(きゃーっ、ここは教えられないわ~)

いやああ、ほんまにやっぱり人生なんと言っても、

いちばん美味しいのは、結局のところ、

どう考えても、お鮨よね~。

ホテルに帰りつくと、

ヘブンリーベッドが待っていてくれていました~。



久々のワンデートリップで、またもや蘇生!
淡路島はやっぱりおいらの島ね~


ちなみに、ウエスティンホテルでは
6月1日から7月17日までの期間

デラックスルームのお部屋とコッコラーレのブッフェが
半額になるという、
お得なパッケージ、
ハッピースステイマイルブランが売りだされます。

一日5組限定。
これ、女友達で押しかけてもいいよね~。

島デビューする人にも
もってこいの最高のブランかと思います。

急いで予約してね~。











以前の淡路島レポはこちら

by madamregina | 2009-05-29 01:49 | Diary | Comments(0)