ベルファストへ   

2007年 03月 15日
今週からまたもやUK取材で、海外旅がらす、ドサ回りのおいらであります。

最初に降り立ったのは、北アイルランドのベルファスト。

ベルファストはこれまで3回ほど来たことがありますが、
やはりこれといって華やかなところのない街でありますね(ごめんよー)

しかし!人は最高。ハートがとにかくあったかい。
そしてのんびりしてます。
あくせくしてません。

タクシーのドライバーも、「どっからきたことあるか?」(かなりナマっている)
日本から・・というと、
「おお、おいらの家では紀州犬を飼ってるんだよ」
と携帯の待ちうけをうれしそうに見せてくれ(運転中あぶないがな)
我が家犬自慢が延々と続く。
とにかく平和。
そしてピュアな笑顔。
スレてないですね~。


ホテルのコンシェルジュも、なんだか一見恐そうなのだが、
(さらにベルマンもかねてます)
「このあたりにフィッシュ&チップスの美味しいお店ありますか?」
と聞くと、もう、めちゃくちゃ懇切丁寧に、
アレコレ説明してくれ、
頼んでいない、アイリッシュリネンのお店や
アンティークジュエリーのお店まで一生懸命ピックアップしてくれます。

一軒、すごくおしゃれなホテルがあって、
今回は泊れなかったけど、次回は泊りたいと思って、
いきなり突撃。レセプションで、
「次泊りたいと思ってるのでお部屋をみせてくれませんのことか?」
とお願いすると、気持ち良く見せてくれ、
これがまた「ほんまにベルファストか」と思うほどスーパークール。

おっしゃれなバーも見せてくれました。
で、ランチに行った帰り、そこによって、カフェラッテを飲んでいたら、
部屋を案内してくれたホテルマンがやってきて、
「このカフェはおごりだよ!」
とラテをご馳走してくれました。

名刺だって渡してないし、どこのウマの骨ともわからん、おいらに
こんな親切にしてくれるなんて、
ほんと、ベルファストの人って最高でしょ?

若い女の子も男の子も素朴。

拝金主義じゃないところがいいよね~。
豊かさはお金じゃなくて、
ハートの持ち方にある!ってことをしみじみ教えてくれる町でありました。

by madamregina | 2007-03-15 08:21 | Diary | Comments(0)