SEX AND THE CITY 再び!   

2008年 08月 11日


我ら女子のバイブルSATCの字幕版が
いまWOWOWで放映中。
しっかし、夜中12時から朝の4時まで~という
おっそろしい時間帯なので、

一応ダビングしとりますが、
昨晩も原稿書きの合間に、見ちゃったわよ~。

ま、DVDを買うほど入れ込んでいたわけではないっすが、
やっぱし、このドラマ、素晴らしすぎますっ。

何度見ても、おおおーっと共感しまくりで、
ハートをぐっと鷲づかみされる
キラ星のごときセリフが炸裂です。



曰く

「男はドラッグのようなもの。ハイになったり、落ち込んだり~」

ま、美味しい料理も、シャンパンも旅もミュージカルも、
おいらの場合、すべてドラッグのようなものですけどね。
そう、厳しい現実をつかの間忘れるための~(えっ)


年下の男とのアバンチュールでキャリーが悟るこの言葉もいいっ。

「彼はDKNYのドレス。好みじゃないけど、あれば着る」

(ぎょええええええーっ。おいら、ユニクロでもあれば着てしまいそ)


女の若さと美については

「格安の高級アパートだ。相応しくない人が住んでいる(ひーっ)」


シリーズ1の#1は、見てなかったので、新鮮でした。

権力を手に入れたNYの女たちはもはや恋や結婚など
やっかいもの~という時代に、


女たちにとって、感情抜きのSEXこそ意義があるのでは?
とセックスコラムへの取材をはじめるキャリー。

そんな彼女がミスター・ビッグと出会って、彼に言われた一言に、
ドキっ~。


「You never been in love.(本当の恋を知らないんだね~)」

ぎゃああああーっ。

マンハッタンを歩くキャリーたちの
ファッションもやっぱし、素敵!

あるときはエルメスのスカーフに、
キャリーが一生の稼ぎを注いでいいと愛しているマノロの靴だったりして、
ときめくわね~。

はじめてSATCがWOWOWで放映された頃って、
何年前になるのか、定かじゃありませんが、

あの時代、アメリカはサブプラ問題などに
悩まされることなく、めっちゃ元気だったような。

おいらも、NYに行くたび、
セントラルパークが見渡せる、
金粉を撒き散らしたような
キャビアレストランで、シャンパンとキャビア三昧したり、
(このペトロシアンって店、知らない間につぶれてました)

100トン分ぐらいのショッピングバッグを抱えて、
イエローキャブを乗り継ぎ、
born to shopな日々を送っていたっけ(遠すぎる目)。

バーグドルフもヘンリも、サックスも
ブルーミーも
燦然と輝いておりました(遠い目)。



ウッドベリーのラルフでは、
3000ドルのソワレが300ドルになってて、即購入。

2000ドルのガウンも299ドルになってたからゲット。


いや、それが。

そんなガラクタとも宝物ともいえない服や靴やアクセサリーが
いまや瓦礫の山としておいらの部屋をむしばんでいるという現実(ひーっ)


いまだに一度も袖を通してないドレス多数。
だいたい、あんなパリの晩餐会に着ていくようなソワレ、
いったいいつ着る?

マレーネ・デートリッヒが劇場のドレスルームではおりそうな、
漆黒のシルクのガウンなんて、どこで着る?

いまや、欲しいものは、
芝刈り機だけ(ひえええーっ)


まさか、このような時代が来るとはね~。

せめて、
SATCでも見て、昔の夢をもういちど~。


8月26日からはいよいよ映画が公開されますわよっ。
TVから映画という作品は、いまいち期待ハズレな場合が多いようですが、
NYで見た友人が、最高!と言ってました。







オフィシャルムービーブログのサイトはこちら


いやああ、いまこれ書いてたら、
北島康介、100メートル金メダル獲得よっ!
しかも世界新の快挙。

インタビューではあのちょい生意気な(えっ)
北島選手が嗚咽してました。

おいらも朝からもらい泣き~。
超キモチイイッ!!

by madamregina | 2008-08-11 11:49 | Diary | Comments(0)