機内食   

2007年 11月 07日


飛行機に乗るたびいつも思うのですが、
機内食って、機内食って、率直に言って、まずい泣き

なので、時間があるときは和久傳さんの鯖ずしを持っていったり、
柿の葉ずしなんかを持参いたしますが、
いつも今回こそは、もしや・・・・と淡い期待を胸にオーダーするのですが、
ま、今回もこんなもんやなーって感じでした。

しかし、はっきり言って

JALのビジネスのハワイ線かっなりショボイです(ファーストクラスはありません)

そのくせ、マイルを使ってアップグレードするのは北米線と同じマイル(許せん)
ビジネスセーバーの料金は欧米線より少し安いか(どちらでも許せん)

まず、シートは欧米線のようなシェルフラット(170度傾斜)ではありません。
なんと、10度のみ(ぎょえええええ)

さらにさらに、機内食ではコシヒカリの炊きたてを出してくれるはずのJALですが、
こちらもプラスティックの皮に包まれたおにぎりよっ。

おいら、これからはエコノミーで行きますから!




だからでしょうか?
今回「この方はどう考えてもビジネスにお座りの様子」と堅く信じた、
熟年&ハワイ通ぶり指数MAXなカップルもエコノミーでした。
いや、しかし、この年になってエコノミーはきっついのですが、
なんとか耐え忍ぶことにしましょう。




シートはこんな感じで若干余裕ありますが、10度しか傾斜しないって、どういうこと?
おいらは一番前の1ACがお気に入り。




一応シャンパンも出ますがアミューズがおかきとドライ納豆だけじゃ、サミシイっ。




カリフォルニアの赤ワイン(名前忘れた)は美味でした。




デザートはフルーツとチーズだけにしました。




窓から見えたワイキキの景色は、きれいでしたが、
ああああ、一生居続けたかったよ~、HAWAII!!

by madamregina | 2007-11-07 11:15 | Diary | Comments(0)