SPAで考えたこと   

2008年 05月 26日


思えばこれまだ数々のSPAで癒されてきました~。

ハワイ島の大自然に抱かれながらホットストーンマッサージ。
マウイの海の中で人生初の「アクア・クラニアル」。

パリのマダム御用達、ジョルジュサンクの豪華フェイシャル。
ビバリーヒルズの邸宅スパでフォアハンドマッサージ。

NYフォーシーズンズホテルのセレブ大好物リンパマッサージ。
ワイナリーを見下ろすNAPAのヒーリングスパ。

ドイツの森の中のホリスティックスパ・・・

と、いやああ、まだまだ書ききれないほどぎょうさんありますが、
大事なことは、
どこのスパでどんなトリートメントを受けたか?!
ということではなく、
誰にしてもらったか?ということなんですよね~。


つまり、どんなセラピストに施術をしてもらったのか、
SPAって、結局のところ、人にいきつくんだと思います。

フェイシャルにしてもボディにしても、
セラピストの体温や指って、
ダイレクトに自分の肌に伝わりますでしょ?

それはテクニックのよしあしとはちょっと違う次元の問題で、
彼らの「このゲストを癒してあげたい」という
プラスの波動って、ぜったいわたしたちに伝わると思うんですよ~。

トリートメントってある意味、施術する側とされる側の
エネルギートとエネルギーの交換。

お互いのプラスの波動が合致してこそ、
体だけでなく、心の凝りまでときほぐされ、
癒されるんだと思います。


そういう意味で、先日施術を行ったくれた、
チャクラ・スパbySUNDARI」のセラピスト、岸本さんは素晴らしい人でした!

その日は、肩も腰もガンガンに凝りまくり、おいらの体はヘロヘロ。

でも、たっぷり90分のボディマッサージ、
ストレスを取り除いてくれるという、「アヴィアンガ」のトリートメントと
はじめてのシロダーラ30分を終えた後、
おいらの、体に羽が生えたのかしら?って思いました。

家に帰ってからも、そりゃ、もう頭もスッキリ。
なんだか視力まで良くなった気がしましたもん。

テクニックがいくら優れてても、
「この人を癒してあげたい!」という気持ちがセラピストにない限り、
真に癒されることはないと思います。

素晴らしいスパを体験するたび、
人の持つパワーと治癒力を感じるわたくしでございます。


いやあ、それにしても、
シロダーラって、もうサイッコー。
90分のボディマッサージでめっちゃくちゃ癒された後に、
眉間にあったかいオイルをどんどん流されて、
髪の毛はべったべたでしたが、
ヘッドマッサージも死ぬほど気持ちよく、
あああ~天国でした。


岩盤浴やシャワーの後、ワッフル地のルームウエアに着替えて、フットスクラブです。


トリートメントルームにはスンダリのアロマキャンドルの香りが~




ライティングがすっごくお洒落です。


トリートメントが終わると、にんじんと豆乳の野菜ジュースにチャクラミールも出されます(5時まではフルーツ)

どこか高級な割烹で出てくるような前菜で、美味しかった~。


左が女性用のラウンジで右が男性用(焼酎だってありますわよっ)


お土産はこんなポーチに入ったSUNDARIのプロダクツ


チャクラスパのマスコットは例の本でもおなじみのガネーシャといわれる象さんでした。

by madamregina | 2008-05-26 17:47 | Diary | Comments(0)