愛しのイカリスーパー様へ   

2007年 12月 07日



わたくしは自他共に認めるイカリスーパーファンです。
(いちばん近いスーパーがイカリってだけでしょ?との声あり)

まあ、それなりに不満はありますが(鮮魚類がイマイチとかね)
フルーツ類はたいていあたりはずれはないし、
ステーキ肉はむちゃむちゃレベル高いです(お値段も高いけど)

良く行くのは芦屋岩園店と夙川店であります。

この両者の店員さんのサービスも素晴らしいっ。
お肉係りの方も野菜、スイーツ担当の方も。
レジの方々もね!


しかし、
昨日お買い物をしたのはJR大阪店。
ここのレジの男子店員さんの対応はかなりムカつきました。

おいら、しょぼく1000円ほどお惣菜を買って、とりあえずレジへ。
商品はビニール袋に入れてくれました。
で、それを自分のゴヤールのトートに入れようと思ったけど、
パンパンに膨らんで格好悪いので、
「すみませんが、紙袋に入れてくださいませんか?」
と低調にお願いしたところ、
返事もせずに、一度入れたビニール袋から商品をわざとらしく取り出し、
とりあえず、紙袋に入れてくれたはいいが、
「すみません。ありがとうございました」
とおいらが言ったその言葉に、返答なし。

どう?
この対応?
サービス業の人がお客に敵意見せてどーするんだよっ?!
ほんとに気分悪かったです。

そりゃあね、おいらだって、レジに立ってて、クソ忙しいときに
紙袋に入れなおすって、かなりムカつくかと思います。
でもぉぉぉ、スーパーのビニール袋を持って梅田界隈歩くのも、
なんだかなーでしょ?
ちなみにデパートは必ず紙袋にちゃんと入れてくれるもん。
さらに、JR大阪店はほかのイカリと違って、
ポイントもつかないしさー、
せめてそれぐらいのサービスは億劫がらずにしてよね。

名指しでこんなこと書いたらあきませんよねーと思いながら、
イカリスーパーをこよなく愛するいちファンとして、
今後のさらなるサービス向上を願って・・・書いちゃいましたああ。


あっ、ちなみに同じJR大阪店のほかの男子店員さんに
「カラスミはありますか?」
と聞くと、作業中にもかかわらず、ありとあらゆるところを探しに行ってくれ、
奥に入って、担当者にも問い合わせて、
「大変申し訳ありません。以前は扱っていたのですが、いまは置いていないようなんです」
とすっごく申し訳なさそうに言われて、
返って恐縮しちゃいました。

こういう心のこもった気持ちのいいサービスができる人も
JR大阪店にはいらっしゃること、
ここに付け加えておきたいと思いますです!

by madamregina | 2007-12-07 12:28 | Diary | Comments(0)