カウアイ島   

2006年 11月 22日




空港はまるでほったて小屋のよう。

ハワイの離島の中でもラナイ島についてプリミティブなアイランドカウアイ島。

でもわたしはこの島が大好き。

特にカウアイピープルが・・・かな?

以前写真のプリンスビルのホテルに泊まったとき、
ルームサービスに和食を頼んだはずなのに、
やってきたのは、アメリカンブレックファスト。

係りのおじさんに
「あのーわたしが頼んだのはジャパニーズブレックファストなんだけどなー」
と言うと、
すごく困った風に、しばらく考え込んでいた。

でも突然、

「ルック!ルック!」
と部屋の窓の方を指差すではないですか?

もうっ、話をごまかそうとしてるのね(笑)

「ルック!レインボーだよ」

と彼の指差す方を見ると、すごーくきれいな虹が、

カウアイの山間にかかっていました。

そのときの彼のうれしそうな、シアワセそうな顔。

そんなノー天気な笑顔を見ていると、

朝食なんて、どっちでもいいわーと思えてきました。

ある日、ホテルとスパを結ぶシャトルに乗ると、車内のゲストはわたしひとり。

ドライバーがニコっと笑ってくれたけど、前歯が1本欠けてます。

まだ若いんだけど、なんというか、間抜けな顔に見える・・・・

「今日はサーファー日和だなー」とひとりごとのように言う彼。

「サーファーなの?」

と聞くと、「うん」ととってもうれしそう。

「ハッピーそうだね?」と言うと、

「僕はすっごいシアワセ。カウアイ島にいて。波が僕のお嫁さん」

だってさー。

そういう彼もこれまた、なんともストレスフリーな笑顔で・・・。

カウアイピープルを見ていると、

小さなことでアレコレ悩んでる自分が、ほんとバカらしく思えてきます。

by madamregina | 2006-11-22 00:29 | Diary | Comments(0)