お茶問題   

2008年 02月 10日



先日仕事の打ち合わせで、出版社とともに、某社に伺いました。
新しい編集物が出るとのことで、そのオリエンテーションが主な目的。

出席したのは、出版社社長と営業部長、わたくし、そして制作担当者の4名。

挨拶を交わすといきなり、クライアント担当者から
今回の編集物に対する、企画意図というものがとうとうと語られはじめました。

一方的に「わが社は・・」○○ではじまる、
格式ばった話。

これはコンペ(競合)なので、とりあえず
プレゼンする前に我らの会社の話をようく聞いておけよということらしかったのですが、

これが、まあ、まったく退屈というか、おもろないというか、
意味不明というか、おいら寝そうになりました。

隣りの出版社社長からも、
おもんないぞー。なんじゃこれという波動が伝わってきてます(笑)

担当者は1時間ほど延々と喋って
「ではご質問は?」

ときたので、すかさず出版社社長が切り出しました。

「で、いったい誰に向けて、どういうものを、どういう目的で作りたいんですか?」

担当者「モグモグモグ・・・・」

ちなみに、プレゼンにかかる費用はすべて出版社持ち。
そのクライアントはビタ一文出すつもりはないそうです。
それで選ばれなかったらすいません、というスタンスです。

それでももちろんかまいません。
そういうことはこの業界よくあることですから。

でもかなりのページ数なので、
プレゼン用のラフを制作するために、
デザイナーにもカメラマンにもライターにも
それなりのギャラを出版社が支払わねばなりません。

だから万一プレゼンが通らなければ完全に出版社のアカです。

にもかかわらず、
1時間以上の打ち合わせで、お茶の一杯も出なかったってどういうこと?

もちろん、大企業でも最近はいちいち打ち合わせだからって、
お茶なんか出ません。

でもそれはいいんです。お仕事もらっていってるわけだから。

でもこの状況で、お茶いっぱい出さないのは、
おいら、信じられなーいと思いました。

お茶一杯にその会社の気持ちって現れると思いません?
こりゃ、ここと仕事はじめたら、先が思いやられるわーと思いました。

で、打ち合わせが終わって、
担当者と別れたとたん、みなに
ちょっと、この仕事おりよか?」・・・・と言って、

おまえは甘い」とドヤされたわたくしです(汗)

by madamregina | 2008-02-10 12:52 | Diary | Comments(0)