世界一のバトラー、Satya/June 09'(1)   

2009年 07月 04日



いやあ、いまもまだ、
わが心は、バリのウブドに置いていったままよっ。

社会復帰はかなり遅れております(ひぃ)。


今回のバリの旅で、
印象的だったことのひとつが、

ウブドの森の、ジャングルの中のリゾート、

コモ・シャンバラ・エステート

に宿泊し、3泊4日のウェルネスプログラムを受けたこと。



コモ・シャンバラ・エステートの魅力については、
また詳しく追ってレポいたしますが、

このリゾートは、
いろんな意味で、わたしの人生観さえも
かえてくれた、すっごいところでした。


スタッフの質もとてもレベルが高かったのですが、

特に印象に残ったのは、

専属のバトラーになってくれた、
Satya(サティア)のことです。


これまであらゆるホテルで、
素晴らしいスタッフのホスピタリティに触れてきましたが、

彼、サティアは、わたしが出会った中で、
史上最高のホスピタリティを持つ人でした。

バリニーズの人たちのサービスは、
その誰もが本当に心からの笑顔でゲストを
もてなしてくれるのですが、

サティアにはそんな優しくおだかやな
バリニーズのホスピタリティに、

NY的ともいえる、洗練されたサービス精神が
備わっていて、

まるで日本の名旅館の女将のような、
細かな心配りもあり、

絶対的な信頼を寄せられる、

まさにサービスの天才といえる人でした。



そして何より、
受け答えのセンスの良さも、別格で、
ユーモア精神もバツグン!


彼の左手に巻かれている
ブレスレットが気になっていたので、
「どうしたの?」

と聞くと、

ここに来たゲストからのプレゼントということでした。

インドの特別なお守りのひとつらしいのですが、

きっとそのゲストもサティアから計り知れない幸せを
受け取ったに違いありません。

ホテルの魅力って、
ロケーションや、
インテリアや機能や、
ハード面ももちろんとても大切ですが、

その真髄は

ゲストをいかにハッピーにさせる
真のホスピタリティ精神に溢れた、

サティアのような優秀なスタッフが
いるかどうかにつきる・・・・と

つくづく思った旅でもありました。

いやあ、出来ることなら、
彼を連れて帰りたかったです(えーっ?!)




もしわたしがホテル王になったら、
真っ先にサティアをヘッドハンティングしたい!

と心に誓ったぐらい、
究極に素晴らしいバトラーでした。

サティア、本当にいろいろありがとうございました!

あなたのその笑顔は、
バリの楽園そのものです!


COMO Shambhala Estate
PO Box 54, Ubud, Gianyar 80571 Bali, Indonesia
Tel: +62 361 978 888
Fax: +62 361 978 889
Email: info@cse.comoshambhala.bz
URL: http://www.cse.como.bz/



■予約・問い合わせ
コモ・シャンバラ・エステート
コンシェルジュ・サービス
TEL: 03-3403-5355
FAX 03-3403-5329
E-mail: c_service@kentosnetwork.co.jp

by madamregina | 2009-07-04 01:03 | Diary | Comments(0)