編集者という存在   

2008年 07月 26日


昨日はずいぶん前から約束していた
女4人の楽しい宴があり、
はじめて芦屋の「あーぼん」に突入。

いやあ、噂にたがわず、マジで美味しすぎました。
特に最初に出された上品な春巻きスクエアとフォアグラに萌え~
最後にご挨拶に来てくださった
ご主人を見て激しく納得。

美味しい幸せを運んでくださる笑顔に溢れてはりました。

しかし、わたしの心には一抹の翳りが・・・。
ああーん。こんな楽しい宴なのによー、
2次会のすってきな芦屋のバーでモヒートを一杯飲んで、
おいらひとり先に、
涙ながら最終バスに乗って山の家に帰りました。


というのも、原稿締め切りに遅れていて、
昨日中になんとしても書かなければ!という崖っぷち状態。

これがもう、なんというか、久々に真面目に書く原稿なので(えっ)、
肩に鉄板入りまくって、力みまくりの文章しか書けず、
読み返すたびに、我ながら寒気さえ覚えました~。

うーんと唸っていたら、
大好きな編集者であり優れた書き手である
青山ゆみこさん

が苦しむおいらを救済するメールを何度もくださり、
そこには決して「がんばってください」なんて文字はなく、
「私的な原稿やし大変やと思います。でもふわっと書いていただいて
大丈夫です。読む方もふわっと読む媒体ですもんね」


その心遣いとアドバイスが憎らしいほどピンポイントで、
彼女が本当にデキる編集者であることに改めて感動。

そんな感じで一気に鉄板がぬけ、
なんとかふーふーいいながら書いた原稿を
昨日の真夜中に送ったら、朝いちばんにおほめのメールを頂いた。

以前、いろんな作家にインタビューしたことがあったけど、
森搖子さんが編集者について語ったことばがすごく印象的だった。

「編集者と作家の関係は、一心同体、運命共同体みたいなものです。
原稿をいちばん最初に読んでくれるのも編集者なわけで、
だからわたしはただ彼らにほめてもらえる文章を書こうとがんばれる」


というようなことをおっしゃっていた。

もちろんわたしは森先生のような著名な人間でもなく、
また書く文章も彼女とは比較にならないほどヘボだけど、
そのスタンスは同じです。

今回の原稿も、青山さんにまず褒めてもらおう。
そんな気分で書きました。

しかし、デキる編集者というのは、
書き手をいままで登ったこともなかったチョモランマにまで
挑戦させてくれるし(あくまでも挑戦だけですけどね)

どこまでもいい気にさせてくれるし、
そこからまた自分でも思ってもいなかった
鉱脈を見つけることだってある(かもしんない)


もう、しばらくきちんとした原稿を書くのはやめたい(えっ)
いや、書けない
と思っていたけれど、

ま、その要因は運命共同体で、突っ走る気の合う編集者が
周りにいなかったということもありますが、
(青山さんも別の仕事で忙しく、おいらなどもはや相手にもしてくれないしさ)

でも久々に彼女と一緒に仕事して、
久々に褒めてもらって、
なんだか、
またちゃんと取材して、ええ原稿書こうと思った次第です。


いやあ、日々ぐーたらしているナマケモノ松澤を
こんな風に思わせてくれる編集者、
青山さんこそ、凄すぎる人ですわー。

PS
なんでハワイの写真なん?
いや、8月末からハワイ行き決定。
それまでは仕事仕事仕事なんでありますっ。

by madamregina | 2008-07-26 12:08 | Diary | Comments(0)