運気が上がる?!セレブな歯科医院   

2008年 08月 08日


今日は久々に歯のクリーニングに行ってきました~。

わたしが、3年前からかかっている、
芦屋のタバタデンタルクリニックです。

院長の田畑勝彦氏は、
インプラントや審美歯科の分野で
日本屈指の名医と評判です。

一般歯科、小児歯科もあるし、
もちろん虫歯だけでも治してくれます。
でも、このクリニックが目指すのは
「からだにいい歯の治療」

阪神タイガースの今岡選手や
あの新庄選手の輝くばかりの白い歯、
グレーのテルさんなど、
セレブな人も多数通っておられます。

最近では清原選を手がけられたとか。

患者さんは日本全国どころか、
世界中からやってこられます。

ドバイからプライベートジェットで来られた
超セレブな人もいたらしい(ひえーっ)

いや、でもそんなことに関係なく、
わたしのような平民でも、もちろん通えますねん。

わたしがいつも見ていただくのは、
ホテルのスパにあるような光り溢れるプライベートルームです。

椅子にはテンピュールのマットが敷かれ、
座ると、クリーニング仕立ての上質なひざ掛けをかけてくれます。


もちろん普通の診察台もありますが、
ちゃんとパーテーションで区切られていて、
とっても清潔でファッショナブル。

治療の間待ち時間が長いときは、
写真のウェイティングルームで待機するようになっています。


わたしは世界一歯医者さんが怖い人間ですが、
タバタデンタルクリニックに行くときだけは別。

ほんとにちょっとお洒落して、
ルブタンの靴でも履いて行きたい感じ。

そして、何より、クリニック全体に流れる「気」がめっちゃいいんですね~。

それは田畑院長がイケメンというだけでなく(またかい?)
とにかく、腕がいいのはもちろんですが、
すっごい前向きで、院長と言葉を交わすだけで、
急激に運気が上がってくる気がするから不思議。

院長をサポートする小林副院長やその他ドクターのみなさんの
レベルもすっごく高い。

受付の応対は、フォーシーズンズホテルのごとく。
笑顔とホスピタリティに溢れ、
気遣いもハンパじゃないです。


院長は、こんな本も出しておられます。

今日は、大阪市内に住む某友人をこちらのクリニックに紹介したのですが、

「こんな清潔で、ゴージャスな歯科医院は見たことないっ。
治療を待ってた患者さんも、みんなお洒落でまるでホテルのロビーやね」
といたく感激しておりました。

しかし、何より、このクリニックの凄いところは
歯の治療をしてくれるだけでなく、
精神的にめっちゃくちゃポジティブな気分に盛り上げてくれるところ。

治療を終えて、外に出ると、
なんだか自分が何でもできるような、
とてつもないパワーに包まれてる気がしたよ~(ひえええーっ)

ちょっと長いけど、以下は3年前わたしがはじめて
このクリニックに行ったときのレポでありますっ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


海外で仕事するたび、
モデルやスタイリスト、ジャーナリストや
コーディネーターの人たちの歯がきれいやわーと
いつもいつも思ってました。

このブログにも何度か書いてますが、
やっぱり歯の美しさはどんなエルメスにもまさる
ブランドです。

で、やっと私もNYのあつこと同じように、
究極のスマイルラインを手に入れようと決心。

噂のTデンタルクリニックへ突撃しました。
あの新庄選手の輝ける白い歯を手がけた
関西屈指の名医の元へ。

ひやー受付からして、ホテルだわ。
ビューティフルな
女性がいて、ホスピタリティー度も満点。
予約の時間きっかり名前を呼ばれ、
通された場所はなんとプライベートルームです。

えーっここが、ほんとにデンタルクリニック?
まるで南仏のリゾートホテルのスパの一室みたいな
ラグジュアリーな雰囲気っす。




まずは気になってた虫歯について質問すると、
「はい、やっておきましょう」
「ここも気になるんですよね」
「じゃ、そこも今日やっときましょう」
と約1時間で2本の虫歯治療完成。

自慢じゃないが私ほど歯医者さんが怖い人間は
この世にいないと胸はれるぐらい、マジで
世界一の恐がりです。
中学校のときは
あまりの恐怖で先生がちょっとハズしたすきをぬって、
すたこらさっさと逃げて帰ったことがあるほど。

そ、そ、それがT院長の治療は
まったくチクリともしないではないですか?!
アンケートに「とにかく痛くないように
最善の方法でお願いいたします」と書いたことも
影響したのか、麻酔をする前の麻酔までしてくれて、
いたれり尽くせり。

治療が完成して、歯医者さんを出ると、
もうまるでスパでトリートメント受けたみたいに
心うきうき。
さすが!人気の先生ねと感動しました。

で、2回目。ホワイトニングとかをして、
4本の差し歯をちょっと治療してもおうかな?
とお願いしたところ、
これもインフォームドコンセプト完璧!

「先生、私はこうしたいのだけど、だめでしょうか?」
というと、
「あ、そういう方法もありますね。じゃ、出来るだけ
そのように努力してみましょう」
と患者側にも立ってくれる。
さらに、その場で「ハウマッチ?」な商談も
されて、実に明快。

ま、エルメスのバーキン買えるぐらいの
金額を提示されたわけですが、
この先生になら、わたしの歯をゆだねたい!
と思わす何かがありました。
イケメンですし(笑)。
そういや、NYのあつこは
素晴らしいインプラントをしてくれた
ドクターのこと
「あれだけ貢いだ男はいないねー」
と言ってた。って治療費だろうが!(笑)

ちなみにT院長が師事するドイツのK先生の
元には古くではフランク・シナトラはじめ(古すぎた?)
ハリウッドスターが
プライベートジェットで大勢通っているとか?!


T院長の元にも
ショービズ関係の患者さん、多いみたいです。

林真理子がエッセイに
「女がお気に入りの歯医者と美容院を見つけるのは
結婚相手を見つけるより困難だ」
と書いてたけど、
生まれてはじめて最高の歯医者さんに
出会えた気分です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに
3年前、おいらが一世一代(大袈裟?)の治療をした、
タバタデンタルクリニック物語三部作はこちら~。


セレブな歯科医

クライマックスを迎えました


クライマックスはまだまだ

by madamregina | 2008-08-08 01:40 | Diary | Comments(0)